慰安婦問題について、いろんな報道: 【戦後70年首相談話】 台湾も怒る中国の歴史修正プロパガンダ 河野氏「右翼政治」発言がどれだけ利用されやすいか分からないか。安倍談話、戦後の歩み論点に 有識者懇が初会合。中国の喧嘩腰のコメント、「歴史反省の態度を」「懇談会は安倍氏の道具」

Translate

2015年2月26日木曜日

【戦後70年首相談話】 台湾も怒る中国の歴史修正プロパガンダ 河野氏「右翼政治」発言がどれだけ利用されやすいか分からないか。安倍談話、戦後の歩み論点に 有識者懇が初会合。中国の喧嘩腰のコメント、「歴史反省の態度を」「懇談会は安倍氏の道具」

20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための
有識者懇談会であいさつする安倍晋三首相(右から3人目)
=25日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影)

2015.2.26 07:08更新 (2/3ページ)(3/3ページ産経ニュース
河野氏「右翼政治」発言がどれだけ利用されやすいか分からないか
これほどあからさまな歴史修正主義国はあるまい。中国の王毅外相が23日、
国連創設70年を記念する安全保障理事会の討論会で行った演説をみて、
その余りに堂々とした事実の歪曲(わいきょく)ぶりにかえって感心した。

 王氏は名指しこそしないものの
「過去の侵略の犯罪を糊塗(こと)しようとしている国がある」と日本を批判し、
中国の歴史について次のように語ったのである。
  「戦後70年間、国連の創設メンバーで、安保理の常任理事国の中国は、
常に国連憲章の精神に従い、国連の役割を支え、平和と安定を守ることに尽くしてきた。
今日の開かれた討論会が、反ファシスト戦争勝利と国連創設70年の記念の
序幕になることを望む」(25日付読売新聞朝刊)
 中国の言う反ファシスト戦争とは抗日戦争のことを指すが、これには台湾が
異議申し立てをしている。
「抗日戦争の主役は国民党が主導した『中華民国』の国軍だったという
歴史に向き合うべきだ」 台湾の国防部報道官はこうクギを刺している

また、立法院(国会)外交・国防委員会の有力者、林郁方氏は今月16日、
産経新聞の取材に「共産党軍が戦ったのは後方と辺境のゲリラ戦だけだ」と指摘した。
そもそも、中国は王氏が主張するような国連の創設メンバーではない。
国連が発足したのは1945年10月であり、中華人民共和国の建国は
その4年後の49年10月だ。
中国が台湾に代わって国連に加盟するのはさらに20年以上あとの
71年10月なのだから、もはや何をか言わんやである。 
ちなみに、国連憲章23条に安保理常任理事国として記されているのは
いまだに中華民国だ。
中国は手続き上、その権利を継承したとはいえ、
何でも自分の手柄にするのは無理がある。
 「人種、性、言語または宗教による差別なくすべての者のために人権および
基本的自由を尊重するように助長奨励する」
  国連憲章1条にはこう明記されているが、中国が常にこうした精神に従ってきたと
誰が言えるだろうか。
チベット、ウイグル、内モンゴル…反証を挙げれば枚挙 にいとまがない。
東シナ海や南シナ海で、「法の支配」の実現ではなく「力による現状変更」を
目指しているのはどの国か。
 そんな国が戦後70年の今年、臆面なく正義の味方面(づら)し、国際社会で
日本悪玉論を流布する宣伝戦を仕掛けてきているのである。
 「戦後70年間、日本は平和で自由で民主的な国を構築し、近隣諸国、
アジア諸国の発展のため支援し、貢献してきた。
こうした日本の歩み、正しい日本の姿を発信していきたい。
オールジャパン態勢で行っていくことが大事だ」
菅義偉(すが・よしひで)官房長官は24日の記者会見でこう述べた。
まさにその通りだと納得していたところ、同日に親中派で知られる
河野洋平元官房長官が講演で次のようなことを語っていたと知り、頭を抱えた。
 河野洋平氏「今は右翼政治の気がする…」  村山談話の踏襲求める。河野洋平氏「大きな間違いを私は犯した」 小選挙区導入を“懺悔” 。 テキサス親父が挑む河野洋平氏との“直接対決” 公開討論申し入れ 2014.05.31
「今は保守政治というより、右翼政治のような気がする」
 安倍晋三首相や日本政府に歴史修正主義者というレッテルを貼りたい中国や、
欧米の偏向メディアが「元政府高官で元自民党総裁の河野氏ですらこう言っている」
とお墨付きにして利用しそうなセリフである。
 何を口にしようと言論の自由だが、ホンの少しでも国民の迷惑も考えてもらいたい。
(政治部編集委員) 
河野洋平氏「今は右翼政治の気がする…」 村山談話の踏襲求める
「日本をたたくことによって習指導部は求心力を高める」王外相発言で中国共産党関係者
【中国展望】戦後70年「抗日戦争プロパガンダ」で再び反日感情を扇動か 習近平政権「国威発揚」の1年に
【戦後70年首相談話】中国、「歴史反省の態度を」「懇談会は安倍氏の道具」
【緯度経度】歴史認識が問われる韓国 ソウル・黒田勝弘
【世界を読む】「謝れ」はこっちの言うセリフ…中国の振る舞いが「不快」な理由  歴史覆す見解にも唖然

2015年2月24日火曜日
「日本、標的ではない」 安保理討論会で中国外相がコメント。

戦後70年に合わせて安倍晋三首相が出す「安倍談話」について
検討する、有識者による「21世紀構想懇談会」の初会合が25日、
首相官邸で開かれた。
首相は会合で、20世紀の教訓と戦後70年間の歩みを踏まえ、
日本が世界に対してどのような貢献を果たすべきかといった論点を提示。
首相は懇談会による夏ごろまでの議論を踏まえ、談話の作成に当たる方向だ。
 首相は会合冒頭、「未来への土台は過去と断絶したものではあり得ない。
先の大戦への反省、戦後70年の平和国家としての歩み、その上にこれからの80年、
90年、100年がある。
日本はどのような国を目指すのかについて考えていきたい」などとあいさつした。
 その上で、20世紀の世界と日本の歩みをどう考えるか
▽戦後70年、特に中国、韓国をはじめとするアジアの国々と
どのような和解の道を歩んできたか
▽21世紀のアジアと世界のビジョンをどう描くか、などの五つの論点を挙げた。
 懇談会の座長には西室泰三・日本郵政社長(79)が、
座長代理には北岡伸一・国際大学学長(66)が選ばれた。
今後、月に1回程度会合を開き、今年8月までに議論をまとめる方針だ。
ただ、懇談会は首相の私的諮問機関との位置づけにとどまり、談話の作成に
直接関わることは想定されていない。
懇談会の議論がどの程度まで談話に反映されるかについて、
北岡氏は終了後の会見で「(談話と)提言との関係は分からない」と話した。
 首相は安倍談話について、「植民地支配と侵略」「心からのおわび」などを明記した
戦後50年の村山談話と、戦後60年の小泉談話を「全体として引き継ぐ」と表明している。
一方で、「今までのスタイルを下敷きとして書けば、こまごました議論になる」とも語り、
過去の文言をそのまま継承することには慎重な姿勢を示している。
 安倍談話の内容に対しては、早くも国内外から関心が集まっている。 
米国務省のサキ報道官は1月、
「これまでに村山富市元首相と河野洋平元官房長官が(談話で)示した謝罪が、
近隣諸国との関係を改善するための重要な区切りだったというのが我々の見解だ」
と指摘。中国や韓国も過去の首相談話の継承を求める立場を繰り返し示している。
 国内でも、与党内から「政府・与党でコンセンサスが形成されるべきだ」
(公明党の山口那津男代表)などと談話の発表前に協議を求める声が上がっており、
政府・与党の調整も焦点となっている。(石松恒)
     ◇
【懇談会で示された五つの論点】
・20世紀の世界と日本の歩みをどう考えるか。私たちが20世紀の経験から
汲(く)むべき教訓は何か。
・日本は、戦後70年間、20世紀の教訓をふまえて、どのような道を歩んできたのか。
特に、戦後日本の平和主義、経済発展、国際貢献をどのように評価するか。
・日本は、戦後70年、米国、豪州、欧州の国々と、また、特に中国、
韓国をはじめとするアジアの国々等と、どのような和解の道を歩んできたか。
・20世紀の教訓をふまえて、21世紀のアジアと世界のビジョンをどう描くか。
日本はどのような貢献をするべきか。
・戦後70周年に当たって我が国が取るべき具体的施策はどのようなものか。

産経ニュース2015.2.25 21:38更新 【戦後70年首相談話】
中国、「歴史反省の態度を」
「懇談会は安倍氏の道具」
中国外務省の洪磊報道官は25日の記者会見で、安倍晋三首相が今夏に発表する
戦後70年談話に関する有識者懇談会の開催に関連し
「日本側が歴史を正確に認識、反省する態度を示し、アジアの隣国や
国際社会の信頼を得るよう望む」と述べた。
 洪氏は「地域と世界の平和や発展を守る」よう安倍政権に呼び掛けた。
  国営の中央テレビは25日朝から、懇談会の開催について繰り返し報道。
「懇談会メンバーの多くは安倍氏と立場が近く、会合は安倍氏に利用される道具にすぎない」
などと懐疑的な意見を伝え、
「過去の植民地支配と侵略への反省」を明記した戦後50年の村山富市首相談話の表現が
変更される可能性があるとの強い警戒感を示した。(共同)

2015.2.25 20:27更新 【戦後70年首相談話】2/2ページ
夏までに報告書 有識者会議初会合 首相、論点5項目提示
安倍晋三首相が今夏に発表する戦後70年談話に関する有識者会議
「21世紀構想懇談会」の初会合が25日、官邸で開かれた。
首相は「これから日本が アジア太平洋地域や世界のためにどのような貢献を果たし、
日本がどのような国になることを目指すのかについて考えていきたい」と述べ、
夏までの意見集約を求めた。
 首相は21世紀構想懇で検討する論点として、20世紀からくむべき教訓
▽戦後日本の平和主義などへの評価
▽日本が戦後歩んできた中国、韓国などの国々との和解の道
▽21世紀のアジアと世界のビジョンと日本の貢献
▽戦後70年の日本の施策-の5項目を挙げた。
 会合には有識者メンバーの16人全員が出席。
座長に日本郵政社長の西室泰三氏、
座長代理に国際大学長の北岡伸一氏が選出された。
今後、月1回程度のペースで会合を開き、夏までに報告書をまとめる。
首相は報告書を踏まえ、談話の内容を決定する。
 首相が21世紀構想懇を立ち上げたのは、自身が目指す
未来志向の談話発表に向け環境を整えるためだ。
 首相はこれまで70年談話の内容について
「歴史認識に関する歴代内閣の立場を全体として引き継いでいく」
と繰り返し強調してきた。
一方で過去の「植民地支配」や「侵略」を謝罪した戦後50年の村山富市首相談話の
文言をそのまま使用しない考えも示している。
連立を組む公明党は村山談話の見直しに慎重だ。
山口那津男代表は
「(過去の談話と)全く意味の変わるものにならないように」と強調している。
  自民党内も一枚岩ではない。
高村正彦副総裁は25日、
「世界の平和と安定にどう貢献していくのかに力点を置いたものになればいい」と述べ、
首相の考えに理解を示したが、二階俊博総務会長は
「各党と調整を図るのが当然だ」との立場をとっている。
首相は、自身の考えに近い“安倍人脈”を21世紀構想懇のメン バーにそろえて
「提言を踏まえる」という形与党内や世論の理解を得る考えだ。
 一方、中国外務省の洪磊報道官は25日、「日本側が歴史を正確に認識、
反省する態度を示し、アジアの隣国や国際社会の信頼を得るよう望む」
と牽(けん)制(せい)した。

1 件のコメント:

  1. 産経新聞はまさに「正論」を主張している唯一無二のマスコミです。
    覇権主義中共は自らの覇権拡張政策を棚に上げ、わが日本国につじつまの合わない言動をぶつけてくる。極東アジア東南アジアの安全保障にはわが国が先頭に立つことです。

    返信削除