慰安婦問題について、いろんな報道: “不倫の自由”と解釈か 姦通罪廃止の韓国 “不倫共和国化”に懸念も。韓国で「姦通罪」が廃止された裏事情、あの有名女優も有罪判決を受けた過去。

Translate

2015年2月28日土曜日

“不倫の自由”と解釈か 姦通罪廃止の韓国 “不倫共和国化”に懸念も。韓国で「姦通罪」が廃止された裏事情、あの有名女優も有罪判決を受けた過去。

COURT

“不倫の自由”と解釈か 姦通罪廃止の韓国
産経新聞“不倫共和国化”に懸念も
韓国で「姦通罪」が廃止された裏事情、あの有名女優も有罪判決を受けた過去
福田 恵介 :週刊東洋経済 副編集長 2015年02月28日 東洋経済オンライン 2
62年ぶりに、韓国で一つの罪名が消えた。それは、「姦通罪」だ。
韓国の憲法裁判所は2015年2月26日、姦通罪を違憲とする判断を出した。
韓国での姦通罪は刑法241条に規定され、罪が認められれば懲役2年以下の懲役となった
今回、「姦通を法律で処罰することは、国民の基本権を侵害する」として、
憲法裁判所の裁判官9人のうち7人が「違憲」と判断した。
この判断で姦通罪の効力は喪失し、また、2008年10月31日以降にまで遡及して
効力が発生する。
韓国では、これにより姦通罪で起訴された 3000人ほどが再審を請求するものと推定され、
すでに有罪とされた者のうち少なくとも110人程度が
刑事補償を求める可能性があるとしている。

妻からも夫を訴えることができた
韓国では、歴史的には古代から姦通罪が存在したとされたが、実際に法律として
定められたのは大韓帝国時代の1905年で、日本の殖民地となった後の1912年にも
刑法で規定されている。
日本では1947年の刑法改正で姦通罪は廃止された。
欧米諸国でも姦通罪は20世紀に入って廃止されていたが、韓国では残された。
ただ、韓国の姦通 罪が他国に存在したものと違うのは、女性からも姦通罪で
訴えることができるという点だった。
日本など他国の姦通罪は、夫が妻とその姦通者を訴えることはで きたが、
妻から夫を訴えることは法規定になかった。
韓国はこれまで、芸能人などの著名人が姦通罪で訴えられ、そのたびに
姦通罪の是非が議論になったことがある。
1970年代から80年代にかけて、 ロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)で活躍した
往年のプロ野球選手である白仁天(はく・じんてん、ペク・インチョン)選手が1983年、
韓国プロ 野球球団の監督在任時に姦通罪で逮捕され、これは日本でも話題になった。

2008年には、有名女優だったオク・ソリ氏が夫から姦通罪で訴えられた。
訴えられたオク氏は逆に「姦通罪は違憲」との訴えを出したが、当時は認められなかった。
最近でも人気タレントやテレビキャスターなどの有名人が、
姦通罪で訴えたり訴えられたりしていた。
憲法裁判所はこれまで、1990年、1993年、2001年、2008年と4回にわたり姦通罪は
合憲との判断を出してきた。
だが、時間が経つにつれ、過半数を占めることはできなかったにせよ、
「違憲」と判断する裁判官は増えていた。

かつては女性を守るために姦通罪が必要だった?
これについて、社会学が専門で韓国の事情にも詳しい、
東洋英和女学院大学の春木育美准教授は、
「不倫をされて辛い思いをする人たちはたくさんいたが、1990年代までは、
泣き寝入りせずに多額の慰謝料を取るためにも姦通罪は必要悪という考えがあった」という。
当時は働く女性は低所得層が多く、離婚したら生活できないという事情もあった。
また、韓国は道徳性を常に意識する社会であり、特に保守層の男性には 
「性道徳を守れ」という意識も強かった。
だが、「男性中心で女性だけに純潔を求めるのはおかしい」という意識もあり、
逆に女性からも訴えることができる姦 通罪は必要だという意識もあったようだ。
しかし、1990年代以降、韓国では女性運動がパワーを持つようになり、
女性差別的な法律の廃止・改正が相次いだ。
また、「2000年代に韓国でのグローバル化が進み、外の社会を知ることで価値観も多様化、
若い世代の性観念も同時に変わってきた」と春木氏は説明する。
今回の憲法裁判所の判断の中で、姦通罪は合憲という判断を下した2人の裁判官は
「姦通は一夫一妻制に基づいた婚姻制度を毀損し、家族共同体の維持・ 保護に
破壊的な影響を与えるため、性的自己決定権の保護に含まれると考えられない」
という理由を述べている。
だが、「姦通は倫理的非難の対象ではあるが、 国家が介入する犯罪ではない」
という判断が大勢を占めたようだ。

韓国で姦通罪廃止へ、コンドーム会社株が急騰
韓国の憲法裁判所が7対2で違憲判決2 3 4
62年間の法律に終止符   2015.02.27(金) アン・ヨンヒ
2月18日~20日までの旧正月連休に土、日まで含めて今年は5連休となった。
旧正月を迎えて多くの人たちは故郷に帰り祖先の墓参りや供養をしたり、
親戚と親睦を深めたりして、家族の絆を深めた。
旧正月明けに韓国社会を激震させた話題
韓国、姦通を合法化 禁止法に違憲判断
韓国ソウル市内のレストランで食事するカップル〔AFPBB News
 その連休が明けた今週、お休み気分が一気に吹き飛ぶような話題が韓国を駆け抜けた。
 韓国の刑法241条には姦通罪が記されている。
 第1項は、配偶者のいる者が姦通した場合、2年以下の懲役に処する。
その者と相姦した者も同じである。第2項は、前項の罪は配偶者の告訴がなければならない。
ただし、配偶者が姦通を促したり、許してしまった場合は告訴できない。
 2月26日、韓国の憲法裁判所は、「姦通罪は違憲」という判断を下した。
 これまで何度も憲法裁判所で議論され、時代遅れだと言われながらも
62年間存続してきた姦通罪がとうとうなくなってしまうのだ。
 ちなみに、憲法裁判所では裁判官9人のうち1990年が6対3、93年も6対3、2001年は
8対1で合憲との判断を下している。
それが2008年に初めて4対5と違憲判断が上回った。
しかし、韓国で違憲の決定には憲法裁判官6人以上の違憲判断が必要だったため、
違憲にはならなかった。
今回は、7対2で違憲とした裁判官が多く、姦通罪の違憲判断が確定した。 

立証が難しかった姦通罪
 これまで、姦通罪はあったとはいえ姦通罪を立証するためには
実際に男女がセックスしている現場などを具体的に証明する必要があった。
そのため実際には姦通罪で実刑判決を受ける例はそれほど多くなかった。
 配偶者を姦通罪で訴えようとする人は、私立探偵などを雇い、
男女の営みをしている現場を押さえ、さらにそこのゴミ箱などから使用済みの
コンドームを証拠として確保しなければならなかった。
 しかし、韓国では探偵業は違法であることもあり、不倫現場を押さえることは
自らも大きなリスクを背負うことにもなる。
 さて、そこまでして配偶者の不倫を罰したい人は、姦通罪がなくなることで
どうなるのであろうか。泣き寝入りをしなければならないのか。
 確かに、配偶者の不倫を刑法によって実刑を科すことはできなくなる。
しかし、刑法に代わって罰することが可能になる。
韓国の離婚法ではこれまで、婚姻生活で有責配偶者は原則的に相手の配偶者に
離婚を要求できないという有責主義を採用していた。
 この有責主義の反対概念が破綻主義である。これは、誰が見ても
夫婦の婚姻関係が事実上破綻した場合、善し悪しに関係なく離婚を請求でき、
これを認めることになる。日本もこの破綻主義である。

ラッキーな10月31日以降の人
 今回、姦通罪が憲法違反になったことで、不倫された側は離婚して慰謝料を
請求できるようになる。その際、今までのように不倫現場を押さえる必要がなくなるため、
相手を訴えるハードルが低くなることが予想される。
 つまり、刑法では罰せられなくても民事訴訟を起こして慰謝料を取り、
有責配偶者または相姦者を金銭的な面で懲らしめることができる。
 韓国では有名芸能人が姦通罪で訴えられ拘束されたりして、
スキャンダルになることが往々にあった。
直近では、奥さんに訴えられた某歌手出身のタレントや有名キャスターの夫が
離婚訴訟の途中に浮気をして他の女性に子供を産ませたため、姦通罪に問われていた。
 だが、今回の「姦通罪は違憲」という判断により、これらの裁判はすべて失効となる。
運が良いというべきか。このように係留中の裁判だけでなく、今回の違憲判決により、
前回の合憲判決が下された2008年10月30日の翌日である
31日から刑を受けている人たちは国から補償さえもらえる可能性があ る。
 なぜなら、憲法裁判法は、特定刑法条項が違憲決定された場合、
遡及して失効させるようになっているからだ。
特に、昨年改正された憲法裁判法によると、最後に合憲決定が下された翌日から
遡及失効が適用されることになっている。
2008年10月31日から犯した姦通行為で有罪確定判決を受けて処罰された人たちは、
憲法裁判所の違憲決定を根拠にして裁判所に再審を請求し、
無罪判決を受けることができる。
 法務部の資料によると、2008年から2014年まで姦通罪で起訴された人は6112人。
だが、実際拘束された人は22人。
実刑を受けた人たちは刑事補償金がもらえるのだが、
最高で1人当たり3000万ウォンになるという。

姦通罪を存続させるべきと答えた人は60.4%
 憲法裁判所は、国民の意見を反映させたとしているが、韓国女性政策研究院が
昨年6月全国の成人2000人を対象にアンケートした結果では、姦通罪を
存続させるべきと回答した人が60.4%と多かった。
 存続させたい理由は、姦通罪が廃止されれば性的概念が乱れるということだった。
だが、面白いのは同じ調査で、結婚した男性の37%が配偶者ではない女性と
性交渉をした経験があるという結果が出た(結婚した女性の場合は6%)。
 韓国の最近の流行語に「人がすれば不倫、自分がすればロマンス」という言葉があるが、
まさに、自分が不倫を経験している人と姦通罪に反対する人の比率が同じということだ。
 今回の違憲判決によって、思わぬ収穫を得た会社があった。
違憲の発表があった直後の2時20分頃から韓国証券取引所では、
コンドーム製造会社であるユニダスの株が急騰し、最高値を記録したのだ。
 株価は前日より14.92%上がり3120ウォン、出来高も300万株と通常の平均出来高の
10倍も取引された。
 これは、姦通罪がなくなれば不倫が増えることを予想した人が多かったということだろうか。
2月25日からすでに今回は違憲になるという予想はあったので、
この原稿を書く前にユニダスの株を買っておけばよかったかなと思ってしまった。

韓国の姦通罪、検事はこんなしょうもない捜査をしていた
投稿日: 2015年02月27日 18時18分 JST 更新: 2015年02月27日 18時18分 JST
금태섭 クム・テソプ 弁護士 The Huffington Post Japan
配偶者以外と性的関係を持った男女を2年以下の懲役に処する「姦通罪」(かんつうざい)が、
韓国で制定後62年たって廃止された
韓国の法律家なら、誰でも姦通罪にまつわるエピソードは1個や2個は持っている。
司法修習のときにこんな話を聞いた。ある検事が姦通事件の捜査で自白を得て、
調書にこう書いたという。

問:被疑者は家を出て○○○と3年間同居しましたか?
答:はい、そうです。
問:性関係はどれほど頻繁にしましたか?
答:毎日1回ずつしました。


この調書をもとに、検事は
「被告人は○○○と19××年×月×日から19××年×月×日まで3年間、
毎日1回ずつ性交し、もって姦通したものである」との起訴状を作成し、決済を仰いだ
(姦通罪は性交1回ごとに成立するので、1回ずつ立証しなければならない)。
起訴状を読んだ上司は、やや雑だとみたのか、3年間1回も休まず性交したことが
疑わしいとみたのか、「生理のときは?」とメモをつけて突き返した。
検事はまた被疑者を呼んで聴取した。

問:生理のときはどうでしたか?
答:生理のときはしませんでした。


検事は起訴状を書き直した。
「被告人は○○○と19××年×月×日から19××年×月×日まで3年間、
毎日1回ずつ(生理のときを除く)性交し、もって姦通したものである」
こ んな話には事欠かないが、私も新米検事の頃は姦通罪に苦労させられた。
姦通罪は「性交」しなければ成立しない。
すなわち男性器が女性器に挿入される行為がなければ、ほかに何をしようと処罰されない。
2人だけの密室空間で起きたことを頑なに否認されると、立証はとても難しい。
「抱き合ってキスして出てきただ けだ」と言われれば、反論のしようもない。
姦通容疑を否認する被疑者への取り調べで
「女と2人でホテルに入って何もしなかったのか? お前 は不能か?」
といった人格攻撃がしばしば行われたのもそのせいだ。
「健康な男女が一晩を共にしたのに容疑が立証できないなんて」
と告訴人からは抗議されるし、だからといって起訴する証拠もないとこうなる。
昔は姦通事件はほぼ無条件で逮捕され実刑判決を受けたので、被疑者の側も必死だった。
「あんなこともこんなこともしたけど、性器の挿入はしなかった」
と詳細に語られてはなすすべもない。「不能か?」といった攻撃も通じない。
現場を押さえていない以上、自白がなければ嫌疑不十分とせざるをえないが、
新米検事の頃、こんなことがあった。
ある会社の同僚が数人で出張に行った後、うち一人の男性の妻 が、
夫と同僚の女性を姦通容疑で告訴した。
その夫と、未婚だった同僚の女性は「何もなかった」と否認し、
特に証拠もなかったので嫌疑不十分の決定文を書い て決済を仰いだ。
すると上司は「女性被疑者に処女膜検査を」とメモをつけて返してきた。
メモを見た瞬間の衝撃は今でも忘れられない。
どこから異議を唱えればいいのかわからないほどだった。
いくら姦通容疑で告訴されているとはいえ、処女膜検査? 
もし処女膜がなかったという検査結果が出たら、 それで姦通行為の証拠になるのか? 
かといって嫌疑不十分にすれば当事者は何と言うだろう? 
現場経験の少ない公安畑の上司が机上の空論で出した指示だっ た。
そのメモを書類棚に押し込んで数カ月待ったら、
上司が休職したのでなんとかうやむやにできた。
一部の宗教国家を除けば、姦通を処罰する 国は韓国ぐらいではないか。
個人の私生活に国家が過度に介入するという理論的な批判はさておき、
互いに同意して愛し合う成人を前に、検事や警察官が
「不能 か?」を連発し、処女膜検査までしようとする。
こんな法律がなぜ今まで存在していたのか、何度考え直してもわからない。
韓国、姦通罪を廃止へ 違憲判決「私生活を侵害」
韓国:姦通罪は違憲…憲法裁判所 即時廃止に
韓国の憲法裁判所が姦通罪を廃止
韓国、姦通罪を廃止 憲法裁が「違憲」判断

0 件のコメント:

コメントを投稿