慰安婦問題について、いろんな報道: オタクが風刺画やクソコラ以上にイスラムを不快にさせる可能性・・・ ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト?。ムハンマド侮辱画像投稿で徳島県に警察出動

Translate

2015年2月7日土曜日

オタクが風刺画やクソコラ以上にイスラムを不快にさせる可能性・・・ ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト?。ムハンマド侮辱画像投稿で徳島県に警察出動

mr
mr
意見をつなぐ、日本が変わる。BLOGOS数多久遠  2015年02月07日 14:51
オタクが風刺画やクソコラ以上に
イスラムを不快にさせる可能性
日本のオタクが、シャルリー・エブド以上に、
ISだけではない一般のイスラム教徒にまで、
不快な思いをさせる可能性が高まっています

それは、キリスト教の聖遺物の名を付けたオブジェを、イスラムのシンボルである
月に突き刺すという行為です。

詳細に言うと、アニメ「エヴァンゲリヲン」に出てきた「ロンギヌスの槍」を、ロケットで

月まで運び突き刺そうというものです。
時に、西暦2015年 「エヴァ」のロンギヌスの槍を月に突き刺すプロジェクトが始動

ねとらぼ150130)
形状は、アニメで描写された形状ですが、

「ロンギヌスの槍」という名前は、キリストの死を確認するために突き刺された槍で、
刺したローマ兵の名前をとって「ロンギヌスの槍」と呼ばれています。
キリストの血が付いた物体として、聖骸布や聖杯と並ぶキリスト教における
聖遺物の一つになっています。

聖槍(せいそう、仏: Sainte Lance、独: Heilige Lanze、英: Holy Lance)は、
磔刑に処せられた十字架上のイエス・キリストの死を確認するため、
わき腹を刺したとされる槍である。
イエスの血に触れたものとして尊重されている聖遺物のひとつ。新約聖書
ヨハネによる福音書」に記述されている(19章34節)。
ヨハネ伝の作者は、仮現説論者に対し、この箇所で、イエスが一度死んだことを
強調しているとも考えられる。
またキリスト受難の象徴でもある。
槍を刺したローマ兵の名をとって、
ロンギヌスの槍」(仏:lance de Longin, 独:Longinuslanze, 英:Lance of Longinus)
とも呼ばれる。聖遺物崇拝が高まった時代にいくつかの「聖槍」が発見され、
現在も複数が保存されている。

その名前が付いたミニチュア大のオブジェを、実際に月に刺そうというのです。
一方で、月はイスラムのシンボルとなっており、多くのイスラム教国の国旗に使われている他、

Flag_of_turkeysvg
イスラム圏における赤十字が、赤新月となっています。
トルコ国旗(wikiより)

この行為に対して、金木犀氏が、ブログ「文系宇宙工学研究所」において

『ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト』に反対します
という記事を書いてから注目が集まり、資金を集めるクラウドファンディングのページにも
反対意見が集まるようになってきています。
ネトラボも、反対意見を報じています。
「ロンギヌスの槍を月に」プロジェクトへ反対意見広がる 宗教的イメージ懸念、

ネットでは賛否両論」(ねとらぼ150204)

この問題に対しては、私も金木犀氏と全く同意見で、プロジェクトには反対です。
プロジェクトを立ち上げた方々には、悪意は無いのでしょうが、思慮が足りないと

言わざるを得ません。
これによって、テロが惹起されるかどうかまでは分かりません。
しかし、不快な思いを抱くイスラム教徒がいることは間違いないでしょう

キリスト教徒にしても、聖遺物の名を冠した物体を勝手に使われ、イスラムとのもめ事の
ネタになりかねない行為は、迷惑と思うかもしれません。

このクラウドファンディングは、目標金額1億円として1月30日に始まり、

わずか1週間あまりで3400万あまりを集めています。
このペースで集金が進むと、〆切りの4月5日までには、余裕で1億円の集金を

達成する見込みになっています。(日程消化12%で、達成率34%)
Photo_2
クラウドファンディングREADYFORのスクショ
エヴァンゲリオン20周年ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト

プロジェクトを立ち上げた方々は、営利だけが目的で、シャルリー・エブドのような政治性は、

全くないのでしょう。
そのため、金木犀氏の反対意見に対して、「ウザイ!」と言った罵声めいた意見を言う

アニメファンもいます。
しかし、誰であれ、その行為によって嫌な思いをするのであれば、そのような行為を
しないのが日本人の美徳であるはずです

実際に資金が集まってしまえば、打ち上げを請け負うのがアメリカ企業であるため、

アメリカ政府及び日本政府がストップをかけるかもしれません。
しかし、その前に反対意見を盛り上げて、このプロジェクトを推進している

「『ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト』実行委員会」と「HAKUTO」が、
プロジェクトを中断してくれることを望みます。

この実行委員会は、有志企業、メンバーなどにより構成されているとありますが、

ちょっとググっただけでは、どこがスポンサーなのかは分かりませんでした。
ですが、恐らくエヴァの版権を持つ企業その他でしょう。
企業が判明すれば、そこに抗議すべきと思いますが、分かりませんでしたので、

こうして声を上げることにしました。

ただし、月はイスラムのシンボルとは言え、現実の月というより、トルコ国旗や

赤新月旗にあるような三日月の形象がシンボルとなっています。
これには、もともとこの三日月がビザンチオン(現イスタンブール)の

シンボルだった事が関係しており、コーランとの関係が薄いため、それほど
不快感をあたえるものではないかもしれません。
しかし、ほとんど意義のない趣味の行為に関わらず、懸念だけがあるのですから、

やはり不適切なのは間違いありません。

なお、このニュースについては、既にAFPが海外にも報じていますが、

今のところ海外からの反応はわかりません。
「ロンギヌスの槍を月に刺そう!」エヴァンゲリオン20周年」(AFP150207)

しかし、海外の反応より前に、日本人の手で止めさせるべきです。 


2015.1.30
民間月面探査チーム「HAKUTO」がエヴァンゲリオンとコラボ!
 「エヴァンゲリオン20周年 ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト」
に技術協力
 pr-head
株式会社ispace(東京オフィス:東京都港区麻布台)が運営する
日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO(以下 ハクト)」は、
「ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト」実行委員会が主催する
「エヴァンゲリオン20周年 ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト」に技術協力致します。


2015年2月3日火曜日
すでに「戦争」始まって いる…「敵」国内にも 佐藤優氏。「組織」の観点から「イスラーム国」の台頭をみる ―その封じ込めに必要なもの。日本は密かに勝利していた・・・、クソコラグランプリに翻弄されたISILは対抗として残虐な画像を貼り、リツイートしたば かりに、アカウントの大量凍結に追い込まれていた・・いわゆる荒らし行為。
ムハンマド侮辱画像投稿で徳島県に警察出動
2015.02.04 18:00 「週刊文春」編集部
「徳島県警関係者によれば、同県警は今、最高度に緊迫しています。
なぜならば、東京の警察庁のトップから、極秘の緊急指示を受けたからです。
指示の中身は『日本でテロを起こさせるな』。
2001年の“9・11”以来の緊迫感です」(在阪の全国紙記者)
 きっかけは、ツイッターで投稿された1枚の「風刺画」だった。
キリスト教三大天使のひとり、ガブリエルがムハンマドの額を拳銃で撃ち抜いている
過激な「侮辱画像」だ。
 ネット上ではすぐさま「A」という人物が投稿者ではないかと名指しされ、実名、
徳島市内の自宅住所、アルバイト先の飲食店『N』などの情報が晒された。
さらにイスラム国関係者と思しき人物たちもこれに反応し、〈地獄の洗礼を約束〉などと
「殺害予告」をツイッターに書き込んだ。
 この騒動にいち早く動いたのが警察庁だった。冒頭の全国紙記者の話。

「殺害予告」がツイッター上に次々と……「徳島県警に下された具体的な指示は、『(画像の)投稿者の自宅を完全秘匿で
遠くから監視できる固定カメラを多数設置し、警備部の公安捜査官を24時間態勢で
張り付かせよ』という厳格なものでした」
 徳島県警警備部公安課の捜査員が小誌の取材に答えた。
「我々は、すでに徳島市内に住む30代の男性を(ネット接続業者との契約情報から)
特定しています。現在、彼の自宅の周辺警戒を行っております」
 たった1枚の投稿画像がテロを引き起こす危険を孕んでいるのだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿