慰安婦問題について、いろんな報道: 1日に2本だけ… 秘境駅中の秘境駅 「上白滝」は鉄道ファンなら誰もが知る聖地

Translate

2015年2月28日土曜日

1日に2本だけ… 秘境駅中の秘境駅 「上白滝」は鉄道ファンなら誰もが知る聖地

           
石北本線の路線図

産経ニュース2015.2.28 13:00更新 【北海道検索中】
2/4ページ3/4ページ4/4ページ
1日に2本だけ…
秘境駅中の秘境駅「上白滝」は鉄道ファンなら誰もが知る聖地
秘境駅がブームだという。ファンは、たどり着くのさえ大変な思いをして出掛ける。
人は何を求めて秘境駅に行くのだろうか。
 北海道の駅はどこもかしこも秘境駅のようなもの。
なかでも1日に2本しか列車が停車しない、秘境駅中の秘境駅が石北本線
(新旭川-網走駅)の「上白滝駅」だ。
鉄道ファンなら誰もが知っているのだという。

 この駅では、下りは午前7時4分に1本、
上りは午後5時半に1本の計2本の列車が止まるだけ。
日本一本数の少ない駅だ。
 朝の列車も不便だから、ここを訪れる人たちの多くは車で来る。
しかし、秘境駅を訪れるファンは、自分の足で歩くか、
列車を利用しないといけないのだという。
隣の白滝駅には一部の特急列車も止まるので、これを利用して、そこから雪の中を
約3・3キロ歩くことができる。
その白滝駅で降りたのは私一人だけ。
ここも秘境駅のようなものだ。
列車を降りてから駅舎まで跨線(こせん)橋がないので、線路を歩いて渡る。
 旭川方面から上白滝駅-白滝駅-旧白滝駅-下白滝駅と4つの駅に「白滝」が付く。
全国的にも同じ地名の駅名が続くのは珍しいことから「白滝シリーズ」と呼ばれ、
鉄道ファンからは聖地といわれているとか。
 今回、雪の中を歩くために、長靴を用意してきた。
長靴で雪まつりの取材をすることはあるが、長距離を歩くのは初めてだ。
 途中、合気道のゆかりの碑と上白滝神社があるが、そのどちらも深い雪のなかで、
近付くことさえできない。雪解けまで仕方がないのだろう。
 よく見ると雪の上にうっすらと靴の跡がある。
かなり前に歩いた跡だ。朝の列車で着いた人が歩いて、白滝駅まで行ったのだろう。
約1時間かけて歩き、上白滝駅に着いた。
ここは道内でも一番古い現役の木造駅舎だという。
周辺に家がないわけではない。
だから「秘境駅」と呼ぶには違和感もある。
 駅のなかにはノートが置かれて、全国各地からここを訪れる人がいて、
元旦にも訪れた人がいたことが分かる。
 片隅には漫画本や梶井基次郎の『檸檬(れもん)』や太宰治の『人間失格』の文庫本が
置かれているが、誰も手にしないのか、すっかりほこりをかぶっている。
 この日、上白滝駅で出会ったのは古い駅舎を撮影するのが趣味だという1人だけだった。
午後4時すぎになると、近所の委託を受けた人が駅の前やホームの除雪を行う。
いくら乗降客が少なくても、本数が少なくても、こうした除雪が行われる。
午後5時半の列車を待つ。待合室はあるが、雪が吹き込んで積もっていた。
温度計はマイナス5度をさしていた。しかも暗い。
午後5時すぎになってやっとあかりがともった。
それだけで温かさを感じるから不思議だ。
 午後5時半すぎに、真っ暗な雪の中から、列車の明かりが見えてきた。
2両編成の列車は定刻より少し遅れてきたが、ほっとする。
足の指先まで冷えていたが、乗り込んだ列車の車内は温かく、
やっと生き返った気がした。(松垣透)
関連ニュース

【北海道検索中】「狸小路が廃れたら札幌も廃れる」 外国人観光客、LED街灯、
大型ビジョン…札幌を代表する商店街の郊外店との戦い
【北海道検索中】「狸小路が廃れたら札幌も廃れる」 外国人観光客、LED街灯、大型ビジョン…札幌を代表する商店街の郊外店との戦い
【ご当地アイドル発見】北海道・北斗夢学院桜組(上)祝新幹線開業・4人のソロの、ど派手ステージで夢届け
【北海道検索中】たばこどころかフライパンもない喫茶店 中学時代からコーヒー一筋のオーナー(43)が求める「珈琲道」
【北海道検索中】おまかせ「1万円選書」に注文殺到 砂川市の書店「雑誌や新刊でなく、本を売りたい」
【北海道検索中】B級グルメ「ゲソ丼」 イカ足の空揚げに風味

0 件のコメント:

コメントを投稿