慰安婦問題について、いろんな報道: 甘利大臣会見「説明責任果たしていく」。官房長官「政治家は自ら説明を」。衝撃告発「私は甘利大臣に賄賂を渡した!」、甘利明大臣にワイロ1200万円疑惑浮上、現場写真と音声も公開、 口利きの見返りに大臣室で現金収賄、週刊文春。「政治とカネ」政治資金規正法のポイント。その他関連。

Translate

2016年1月20日水曜日

甘利大臣会見「説明責任果たしていく」。官房長官「政治家は自ら説明を」。衝撃告発「私は甘利大臣に賄賂を渡した!」、甘利明大臣にワイロ1200万円疑惑浮上、現場写真と音声も公開、 口利きの見返りに大臣室で現金収賄、週刊文春。「政治とカネ」政治資金規正法のポイント。その他関連。

撮影は清島所長が
甘利明経済財政・再生相を巡る
政治とカネの問題が取り沙汰されていることについて
「いろいろな噂はあるが、一般論として
政治資金の取り扱いに疑問があれば
政治家自らが説明することが必要だ。
政治家は真摯に説明する必要がある」と述べた。
21日発売の週刊誌で同問題が報じられる見通し。
2016.01.20 16:00 週刊文春
甘利明大臣にワイロ1200万円疑惑浮上 
現場写真と音声も公開 
口利きの見返りに大臣室で現金収賄
甘利明TPP担当大臣(66)と公設秘書に、
政治資金規正法とあっせん利得処罰法違反の疑いがあることが
週刊文春の取材でわかった。
千葉県内の建設会社の総務担当者が週刊文春の取材に応じ、
メモや録音を基に金銭の授受を証言した。

 この男性によれば、独立行政法人都市再生機構(UR)が行っている
道路建設の補償を巡り、甘利事務所に口利きを依頼。
過去3年にわたり、甘利大臣や地元の大和事務所所長・清島健一氏
(公設第一秘書)や鈴木陵允政策秘書に資金提供や接待を続け、
総額は証拠が残るものだけで1200万円に上るという。

2013年11月14日には、大臣室で甘利大臣に面会。
桐の箱に入ったとらやの羊羹と一緒に、
封筒に入れた現金50万円を「これはお礼です」と渡したという。

 面会をセットした清島所長は、週刊文春の取材に
「献金という形で持ってきたのではないですか」と回答した。
ただ、甘利氏の政治資金収支報告書に記載はない。

 元東京地検特捜部検事で弁護士の郷原信郎氏は、
一連の金銭授受は政治資金規正法違反、
あっせん利得処罰法違反の疑いがあると指摘した。

 TPPが国会承認を控える中、
甘利大臣の適格性を問う声が上がりそうだ。
日本経済新聞

■「政治とカネ」 安倍内閣から民主にも
衆院予算委で答弁する上川法相。右端は安倍首相(2月27日午前)
首相が代表を務める自民党支部は2013年に「宇部興産」から50万円、

「電通」から10万円、12年に「東西化学産業」から12万円の献金を受けた。

岡田氏が代表を務める党支部は11、12両年に、子会社への国の補助金交付が

決まっていた「日清製粉グループ」から計48万円の献金を受け取っていた。
岡田氏の事務所は「補助金受領は別法人の子会社で違法性はない」としている。

望月義夫環境相と上川陽子法相は2日の衆院予算委員会で、2013年に加え
11~12年も国の補助金を受けた総合物流会社の鈴与から献金を受けていたと認めた。
「法に抵触しない」と主張した。

辞任した西川公也農相の「疑惑」の多くは政治資金規正法上の問題だ。

同法は国からの補助金交付決定から1年以内の政治献金を禁じている。
西川氏が代表を務める政党支部は、補助金を受けた会社から献金を受け取っている。

政治資金規正法は資金管理団体から政治家個人への寄付を禁じており、

江渡聡徳前防衛相は「事務的なミス」と説明した。
2015/3/3 10:54 (2015/3/313:16更新)
衆院予算委で答弁する安倍首相(3日午前)
衆院予算委で答弁する安倍首相(3日午前) 
 林芳正農相と甘利明経済財政・再生相も同日の記者会見で、
国の補助金交付が決まった企業から献金を受けていたと明らかにした。
両氏とも補助金の交付を知らなかったとしている。

 首相は衆院予算委員会で、閣僚や野党議員の献金問題に関して
「国民に疑問を持たれないためにも、どうしたらいいかという
観点から各党会派において議論していくということだ」と
再発防止策の協議を与野党に呼びかけた。 
江渡氏の政治資金問題、寄付なら違法(14年12月25日)

■政治資金規正法のポイント
 安倍首相に辞表を提出し、記者の質問に答える西川農相=2月23日午後、首相官邸
安倍首相に辞表を提出し、記者の質問に答える西川農相
=2月23日午後、首相官邸
政治資金規正法は第22条の3で、国から補助金を受け取っている会社が交付決定の通知から1年以内に、政治活動に使うため寄付することを
禁じている。
政党となれば、企業・団体献金が年間1億円、個人献金が
2000万円まで受け取れる。
大きく分けて企業や業界団体がお金を出す「企業・団体献金」と、
個人で出す「個人献金」がある。
政党活動に必要な資金の大半は国からの交付金で
まかなわれているが、足りない費用を補う役割がある。
政治献金の規制とは(2月28日) 

西川農水大臣が辞表提出 自らの献金問題で(15/02/23) ANNnewsCH 
総理慰留も「本人の意思固く」 
西川大臣の辞表受理(15/02/23) ANNnewsCH 

国会荒れ模様… 西川大臣辞任、林氏再登板
テレ朝news  (02/24 05:50)
 西川農林水産大臣が政治献金を巡る一連の問題を受けて辞任しました。
後任には、林芳正前農水大臣が5カ月半ぶりに復帰しました。
 西川前農水大臣:「私がいくら説明しても、分からない人は分からないと。
こういうことで、私は農林水産大臣を辞任するように辞表を出してきました。
これから農水改革やるときに、内閣に迷惑掛けてはいけないと」
 西川氏は、政府からの補助金を受けた地元企業から献金を受け、返還したほか、

TPP(環太平洋経済連携協定)交渉の対象品目である砂糖業界側からも献金を受け、
「違法ではない」と説明してきました。しかし、
「耐え難いイメージを作られた」として辞表を提出し、安倍総理大臣はこれを受理しました。
 安倍総理大臣:

「任命責任は私にあるわけでございますので、国民の皆さんにおわびを申し上げたい」
 一方、野党側は、突然の辞任劇を批判しています。
 民主党・岡田代表:「何のために辞任したのかという説明すらされていないから、

これからしっかり説明してもらわなければいけない。
辞めたから済む話じゃないし、辞めたから任命責任が無くなるわけではない」
 野党側は、予算審議中の辞任に反発し、全閣僚による質疑のやり直しを求める構えです。

政府・与党は予算案の年度内成立を目指して審議を急ぎたい考えですが、
野党側との調整は難しく、24日の予算委員会は開かれない見通しです。
農相辞任受け与野党の攻防へ                   NHKニュース
2月24日 4時14分

安倍総理大臣は、西川農林水産大臣が
みずからの政党支部が国の補助金を受けた
企業などから献金を受けていた問題で辞任したことを受けて、
後任に林前農林水産大臣を起用しました。
政府・与党は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定交渉や
農政に通じている林氏の起用によって、大臣辞任の影響を最小限に抑え、
国民の信頼回復に努めたいとしているのに対し、野党側は、安倍総理大臣の
任命責任を厳しく追及するなど、攻勢を強めることにしています。

西川農林水産大臣は、みずからの政党支部が国の補助金を受けた企業などから
献金を受けていた問題で、これ以上、国会審議に影響が出ることは
避けたいなどとして23日、安倍総理大臣に辞表を提出しました。
安倍総理大臣は慰留しましたが、最終的に本人の意向を尊重してこれを受理し、
後任に去年9月まで農林水産大臣を務めていた林芳正氏を起用しました。
安倍総理大臣は記者団に対し、

「任命責任は私にあり、国民の皆様におわび申し上げたい。
しっかりと政策を前に進めていくことによって、責任を果たしていきたい」と述べました。
政府・与党は、農林水産大臣経験者でTPP交渉や農政に通じている林氏を
直ちに起用することで、大臣辞任の影響を最小限に抑え、国民の信頼回復に
努めたいとしており、新年度・平成27年度予算案の早期成立を目指すとともに、
安倍総理大臣が
「戦後以来の大改革」と位置づける農協改革を実行するために必要な法案などを
確実に成立させたいとしています。
これに対し野党側は、民主党の岡田代表が「辞めたから済む話ではないし、
辞めたから任命責任が無くなるわ けではない」と述べるなど、
「辞任による幕引きは許さない」としており、安倍総理大臣の任命責任を
厳しく追及すべきだという意見や西川氏は説明責任を果た すべきだといった声が
上がっています。
民主党、維新の党、共産党の国会対策委員長は23日夜、会談し、
24日に予定されている衆議院予算委員会の 一般質疑について審議を行える
環境にないとして、応じられないという認識で一致し、これを受けて与党内にも、
新年度予算案の年度内成立は難しくなってきた という見方が出ています。
民主党などは、安倍総理大臣とすべての閣僚が出席する予算委員会の基本的質疑を
やり直すよう求める方針で、政府・与党への攻勢を強めることにしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿