慰安婦問題について、いろんな報道: 曽野綾子さん「アパルトヘイト称揚してない」 。保守系の人に擁護しようという気になれない人が多いのは、曽野綾子氏が移民政策に強く反対しないからでは?

Translate

2015年2月17日火曜日

曽野綾子さん「アパルトヘイト称揚してない」 。保守系の人に擁護しようという気になれない人が多いのは、曽野綾子氏が移民政策に強く反対しないからでは?

朝日新聞デジタル曽野綾子さん「アパルトヘイト称揚してない」
2015年2月17日05時35分
 「アパルトヘイトを許容している」との抗議を受けたことについて
見解を求めたところ、曽野綾子氏は朝日新聞に
次のコメントを文書で寄せた。

     ◇
 私はブログやツイッターなどと関係のない世界で生きて来て、今回、まちがった情報に
基づいて興奮している人々を知りました。
 私が安倍総理のアドヴァイザーであったことなど一度もありません。
そのような記事を配信した新聞は、日本のであろうと、外国のであろうと、その根拠を示す
責任があります。
もし示せない時には記事の訂正をされるのがマスコミの良心というものでしょう。
 私は、アパルトヘイトを称揚したことなどありませんが、「チャイナ・タウン」や
「リトル・東京」の存在はいいものでしょう。
     ◇
 〈その・あやこ〉 1931年生まれ。堕胎を扱った「神の汚れた手」など著書多数。
2003年、夫の三浦朱門氏に続き文化功労者
13年1月に安倍政権の教育再生実行会議委員(同年10月辞任)。
保守派の論客として知られ、同年8月には週刊誌で「女性は赤ちゃんが生まれたら、
いったん退職してもらう」「職場でパワハラだセクハラだと騒ぎ立てる女性も、幼稚」
などと発言し、論争になった。
エッセー集「人間にとって成熟とは何か」は13年のベストセラー。


【文明の衝突】デンマークでのテロ事件、棲み分けと差別の牽強付会[桜H27/2/16] 
曽野綾子氏が指摘した「棲み分け」をアパルトヘイトに牽強付会して非難する論調
­に対し、その現実感覚の無さをこそ非難しておきます。SakuraSoTV
社会(時事通信) 2015 年 2 月 15 日 20:30 JST 更新 ウォールストリートジャーナル 
産経新聞社は15日付朝刊で、同紙が11日付で掲載した作家曽野綾子氏のコラムをめぐり、
南アフリカのモハウ・ペコ駐日大使から抗議を受けたことを明らかにした。

2015.2.14 19:50更新
曽野氏コラムで南ア駐日大使が本紙に抗議
  コラムは「労働力不足と移民」のタイトルで、日本の労働移民受け入れ論議に触れた上で
「外国人を理解するために、居住を共にするということは至難の業だ。 
もう20〜30年も前に南アフリカの実情を知って以来、私は、居住区だけは、
白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった」 と記した。
同社によると、抗議は文書で、「アパルトヘイト(人種隔離)を許容し、美化した。
行き過ぎた、恥ずべき提案。世界中のどの国でも、肌の色やほかの分類基準によって
他者を差別してはならない」と指摘したという。
同社は小林毅産経新聞執行役員東京編集局長名で「コラムについてさまざまな
ご意見があるのは当然のことと考えております。
産経新聞は、一貫してアパルトヘイトはもとより、人種差別などあらゆる差別は
許されるものではないとの考えです」とのコメントを発表した。

J-CASTニュース 2015/2/15 18:03南ア大使、曽野氏コラムで産経新聞に抗議
 産経新聞は同紙に掲載した作家・曽野綾子氏のコラムについて、南アフリカの
モハウ・ペコ駐日大使から抗議文を受け取ったと2015年2月14日付の紙面で伝えた。    
曽野氏は11日付朝刊に掲載されたコラムで、労働力不足と移民について論じる中で
「外国人を理解するために、居住を共にすることは至難の業 だ。
もう20~30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は、居住区だけは、
白人、アジア、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うように なった」などと記した。
   産経新聞によると、ペコ大使は
「アパルトヘイト(人種隔離)を許容し、美化した。行き過ぎた、恥ずべき提案」
「政策は人道に対する犯罪。21 世紀において正当化されるべきではなく、
世界中のどの国でも、肌の色やほかの分類基準によって他者を差別してはならない」
などと抗議した。
   これに曽野氏は
「私は文章の中でアパルトヘイト政策を日本で行うよう提唱してなどいません。
生活習慣の違う人間が一緒に住むことは難しい、という個人の経験を書いているだけです」
としている。
   東京編集局長の小林毅氏も「曽野氏ご本人の意見として掲載しました。
コラムについてさまざまなご意見があるのは当然のことと考えております。 
産経新聞は、一貫してアパルトヘイトはもとより、人種差別などあらゆる差別は
許されるものではないとの考えです」とのコメントを出している。

意見をつなぐ、日本が変わる。BLOGOS更新:2015年02月15日 11:05
曽野綾子  
1931年(昭和6年)生まれの作家。
保守論客の一人。

0 件のコメント:

コメントを投稿