【1月30日 AFP】イスラム教スンニ派(Sunni)の
過激派組織「イスラム国(Islamic StateIS)」
との戦いは、戦場だけでなくオンラインでも繰り広げられている。
米専門家によると、マイクロブログのツイッター(Twitter)では、 
この数か月でイスラム国関連のアカウント1万8000件が凍結されたという。
 武装集団のソーシャルメディアにおける活動を監視する米シンクタンク
「ブルッキングス研究所(Brookings Institution)」の
J・M・バーガー(J. M. Berger)特別研究員は
27日、米下院外交委員会で「最も活発で影響力のあるユーザーらが
凍結処分となっており、
(イスラム国支持者らは)かなりの圧力を受けている」と報告した。
 バーガー氏がもう一人の専門家ジョナソン・モーガン(Jonathon Morgan)氏とともに
作成した報告書によると、昨年秋以降、
イスラム国のものと確認されたツイッターアカウント800件が凍結された。
だが、これは「氷山の一角かもしれない」という。
同時期にはイスラム国に「関連した」
1万8000件近くのアカウントが凍結されたからだ
 バーガー氏は下院外交委員会で、
現在もイスラム国に関連したツイッターアカウントは
数万件単位で存在するが、イスラム国の支持者らは大量のアカウント凍結を
壊滅的」と表現していると述べた。

■関連アカウントは4万5000件以上
イスラム国は最近まで、ソーシャルメディア上での活動が
比較的容易に行える状態にあった
 だがバーガー氏によると、イスラム国が
米ジャーナリストのジェームズ・フォーリーJames Foley)氏を
斬首する場面を写した残虐動画を昨年8月に公開してからは、
ツイッターや交流サイト(SNS)のフェイスブック(Facebook)、
動画共有サイトのユーチューブ(YouTube)は、
「テロリズム」を支援する投稿を特定するためにより厳格なルールを導入した
 ツイッターによる凍結措置は特に活発な一連のアカウントを対象に行われ、
イスラム国の宣伝活動の妨害につながったが、あまり活発でないアカウントは
対象外となっているため、情報機関による
イスラム国支持者らの監視に活用されているという
 またバーガー氏によると、イスラム国支持者のツイッターアカウントは、
凍結されたアカウントや最近作成されたアカウントも含めると4万5000件以上に上る。
そのうち特に活発なツイッターアカウントは「ISIS(イスラム国の別称)のメッセージを
増幅させるために連携を取り、ISISのプロパガンダへのリンクやハッシュタグを
不自然なほど速いペースで投稿し、検索結果の上位や、
第三者が収集するコンテンツに入り込んでいる」という。
さらにイスラム 国は「ボット(自動投稿プログラム)」を多数利用して
メッセージを拡散させてもいるとされる。

 同報告書はグーグル・アイデアズ(Google Ideas)の委託を受けて作成され、
3月に公開される予定。(c)AFP