慰安婦問題について、いろんな報道: 韓国が北より先に体制崩壊も …反日・反米の“従北派”が伸長中  西岡力氏分析。「こちらに来るなら3月中」と韓国を急かす中国 「駐韓米大使襲撃事件」を木村幹教授に聞く(2)。「反米民族主義」が復活する韓国 「駐韓米大使襲撃事件」を木村幹教授に聞く(1)

Translate

2015年3月20日金曜日

韓国が北より先に体制崩壊も …反日・反米の“従北派”が伸長中  西岡力氏分析。「こちらに来るなら3月中」と韓国を急かす中国 「駐韓米大使襲撃事件」を木村幹教授に聞く(2)。「反米民族主義」が復活する韓国 「駐韓米大使襲撃事件」を木村幹教授に聞く(1)

夕刊フジ韓国が北より先に体制崩壊も
…反日・反米の“従北派”が伸長中 
西岡力氏分析  2015.03.20 (2/2ページ)
北朝鮮より先に、韓国が体制崩壊-。
韓国・北朝鮮研究の第一人者である、
東京基督教大学の西岡力教授がこんな衝撃的分析を披露した。
親北活動家に、リッパート駐韓米国大使の襲撃を簡単に許すなど、
治安体制への不安が指摘される隣国だが、そんな事態があり得るのか。

 驚くべき分析は、第30回「正論大賞」(フジサンケイグループ主催)に
輝いた西岡氏が19日、大阪市内で行った「朝鮮半島の近未来と日本」というタイトルの
受賞記念講演会で明かされた。
 西岡氏は、韓国では1980年代に北朝鮮による民族主義が浸透し、

反日・反米の“従北派”が増えていると指摘。
「世襲独裁政権の北朝鮮と、従北派が伸長する韓国のどちらが先に
体制崩壊するかというほど緊迫した状況になっている」との認識を示したのだ。
 確かに、2012年の韓国大統領選挙では、当選した朴槿恵(パク・クネ)大統領の

対抗馬だった北朝鮮に融和政策を取る政党の候補者が48%もの得票率を獲得した。
西岡氏は「つまり、それほど“従北派”がいるということだ」と指摘した。

 異常な「反日」言動が目立つ韓国だが、体制崩壊があり得るのか?

 『ディス・イズ・コリア』(産経新聞出版)がベストセラーになっている

ジャーナリストの室谷克実氏は「西岡氏の言うとおり。同感だ」といい、こう続けた。
「韓国の憲法裁判所は昨年末、野党『統合進歩党』を、
北朝鮮の手先で自由民主主義体制を転覆しようとしたと認定して解散命令を出した。
同党は2012年4 月の韓国総選挙で10%以上もの得票率となった。
これは、西岡氏が指摘した大統領選の結果とともに、衝撃的な事実だ。
こうした流れを止めるには、朴政権は労働者を優遇すべきだが、
貧富の格差を広げる政策をとっている。
逆効果だ。マルクスが生きていたら『韓国で革命が起こる』というだろう」
 そして、続けた。
  「2017年末の次期大統領選で『親北派』『従北派』『親中派』の大統領が

生まれる可能性は十分ある。
そうすると、韓国は自由主義陣営とはいえない国になる。
朴政権がこの危機感を持つかどうかだ。
あの国は情報機関が本気になれば2、3年で変わる。
日米両国としても朝鮮半島に『親米政権』がないと困る。
影響力を強めることも考えるべきだ」



「早読み 深読み 朝鮮半島」
木村幹(きむら・かん) 神戸大学大学院・国際協力研究科教授、
法学博士(京都大学)。1966年大阪府生まれ、
京都大学大学院法学研究科博士前期課程修了。
専攻は比較政治学、朝鮮半島地域研究。
政治的指導者の人物像や時代状況から韓国という国と韓国人を読み解いて見せる。
受賞作は『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識
(ミネルヴァ書房、第13回アジア・太平洋賞特別賞受賞)と
韓国における「権威主義的」体制の成立』(同、第25回サントリー学芸賞受賞)。
一般向け書籍に『朝鮮半島をどう見るか』(集英社新書)、
韓国現代史』(中公新書)がある。
最新作は『日韓歴史認識問題とは何か』(ミネルヴァ書房)。ホームページはこちら

「こちらに来るなら3月中」と韓国を急かす中国 
「駐韓米大使襲撃事件」を木村幹教授に聞く(2)
鈴置 高史  2015年3月20日(金) 2  3 4 5 6
前回から読む)
 中国側に行くのか米国側に残るのか――。
韓国に対する「踏み絵」の期限が突然、3月末に繰り上がった。
揺れる韓国を木村幹・神戸大学大学院教授と読む
(司会は坂巻正伸・日経ビジネス副編集長)。

対韓融和派を傷つけた
大使襲撃事件により、米国は韓国への姿勢を変えるでしょうか?
木村:短期的には大きな影響はないでしょう。米国は1人の跳ね返りの犯行に怒って、
韓国への政策を変えるほど「子供」ではありません。
 でも構造的、あるいは長期的には影響が出るでしょう。犯人は大使、それも
「米中間で板挟みになりがちな韓国の立場にも配慮すべきだ」と説いていた 
対韓融和派の大使を傷つけてしまったのです。
この結果、ワシントンで対韓政策を決める際の勢力バランスが変わる可能性があります。
 朝鮮半島には関心が薄かったオバマ(Barack Obama)大統領も、
この事件で朝鮮半島情勢、とりわけ韓国社会の雰囲気の変化に注目したことでしょう。
「3・1節デモ」がいみじくも示したように、韓国の「反日」は「反米民族主義」を
カモフラージュする側面が強い。
それに気がついた米国人も多いと思います(「『反米民族主義』が復活する韓国」参照)。
 実際、米専門家の間では事件前から懸念が高まっていて、
生え抜きの外交官であるシャーマン(Wendy R. Sherman)国務次官が韓国に対し
「安易な民族主義の利用はやめるべきだ。そうでないと外交を誤ることになる」
と警告したばかりでした。

被害者ぶるな
鈴置:米国はこの事件をテコにして、朴槿恵(パク・クンヘ)政権の「二股外交」や
「離米従中」をやめさせるつもりでしょう。
 3月8日にリッパート(Mark W. Lippert)大使が入院先で語った
「これは米国への攻撃だ。米韓同盟を一層強固にすべきだ」 との発言が
それを物語っています。
 以下は私の見立てです。
まず、米大使は「米国への攻撃だ」という言葉で
「お前ら韓国人は被害者ではなく、加害者だろう。責任転嫁するんじゃない!」と叱った。
 韓国紙が社説で「大韓民国へのテロだ」などと自分も被害者に
なりすまそうとしていたからです(「『米大使襲撃』で進退極まった韓国」参照)。
 さらに米大使は「米韓同盟を強固に」という文言で
「米韓同盟を維持したいなら、二股外交をやめろ。
終末高高度防衛ミサイル(THAAD=サード)の配備ぐらい、さっさとのんだらどうだ」
と要求した――と読めるのです。
 韓国人もその辺の感じはよく分かっている。
日本人に向かっては「雨降って地固まる」などと強がってみせます。
でも内心は、米国の顔色を必死でうかがっています
(「『米大使襲撃』で進退極まった韓国」参照)。

THAADで与党と青瓦台が対立
被害者が言うならともかく、加害者側が「雨降って地固まる」というのも、
すごい話ですね。
鈴置:そこが韓国人の韓国人たるところです。
米国にすれば、逆手にとって「だったら地面を固めて見せろ。
THAADを配備に直ちに賛成しろ」と突っ込めるわけですが。
木村:文字通り、大使襲撃事件が韓国にとって
「中国側に行くのか、米国側に残るのか」の踏み絵となってしまいました。
 保守の与党、セヌリ党執行部からは早速「米国のTHAAD韓国配備に賛成すべきだ」
との声が上がりました。
しかし朴槿恵政権はおいそれとのむわけにはいかない。
 朴大統領は習近平主席から「配備を許すな」と釘を刺されているからです。
3月15日の与党と政府の政策調整協議会で、この問題も話し合いましたが、
結論は出ませんでした。
 踏み絵を迫られたのは、政府や与党だけではありません。
最大野党である新政治民主連合の文在寅(ムン・ジェイン)代表は3月13日、
フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで
「在韓米軍の役割は統一後も維持されなければならない」と語りました。
 THAADに関しては言及しなかったようですが、次期大統領選挙もにらんで
「右」に翼を広げた格好です。
THAAD配備に柔軟な態度を見せる伏線かもしれません。

始まった国論の分裂
鈴置:米大使襲撃事件の直後は「進歩派によるテロ」と批判され、
一瞬はうろたえた左派ですが、反撃に出ました。
木村:左派からは
「テロはよくないが、米韓軍事演習を減らせ」といった声も出てきました。
鈴置:左派系紙、ハンギョレの
韓国与党、従北世論つくりに続き、テロ防止法・サードまで推し進める
(3月9日、日本語版)や
米大使襲撃……それでも言うべきことは言おう」(3月13日、日本語版)
がその象徴です。
木村:左派は反米色が濃く、総じてTHAAD配備に反対です。
ただ、新政治民主連合は日本の民主党にも似て、様々のイデオロギーを持つ人が
存在します。下手するとこの問題で分裂するかもしれない。
鈴置:それは保守も同じことですね。
木村:ええ、青瓦台(大統領府)と与党はさらに関係が悪化するかもしれません。
韓国では国を挙げて「中国の言うことを聞くか、米国に頼るか」で
国論の分裂が始まったのです。

中国も韓国を「金縛り」
鈴置:見逃せないのは中国の動きです。文在寅代表はFTと会見した3月13日に、
邸国洪・駐韓中国大使とも会談しました。
 大使から中国訪問の要請を受け「できるだけ早い時期に訪中したい」
と答えています。
文在寅代表が次の大統領選で勝つ可能性もある。
そこで中国は「次期大統領」を取り込み、THAADなどでの「米国回帰」に
今から歯止めをかける狙いでしょう。
 米大使襲撃事件後、中国は形勢挽回に出ています。
野党の代表だけではなく、韓国全体を金縛りにしようと動いているのです
 3月8日に聯合ニュースが
中国外相 中朝首脳会談の開催可能性を示唆」(日本語)と報じました。
この記事をよく読むと「示唆」とまで書くのは踏み込み過ぎと思います。 しかし韓国では「大使襲撃事件を機に米国回帰しそうな韓国に対し、
中国が『それなら北朝鮮と関係改善するぞ』と脅してきた」と受け止められました。
 例えば、朝鮮日報の社説
朝中関係改善を懸念、韓国外交に新たな試験台
(3月11日、韓国語)が、そう書いています。

AIIBは3月末が期限に
中国が米国の無言の圧力を押し返すのに成功した、ということですか。
鈴置:いえいえどうして、中国の“反撃”に対しては米国も黙っていません。
3月12日には、米韓連合司令部が「THAAD韓国配備に向け、
候補地を非公式に調査済み」と公表しました。
 板挟みに困惑した韓国に泣きつかれたためでしょう、これまで米国は
「THAAD問題では韓国と話し合っていない」という公式見解をとっていました。
 でも、この発表で「中国などは気にせず、さっさと配備を受け入れろ」と
通告したも同然です。米韓連合司令部の副司令官は韓国人将官なのですから。

木村:韓国に突きつけられた踏み絵はTHAADだけではありません。
聯合ニュース(日本語版)は
中国主導のインフラ投資銀行への参加 今月中に結論」と3月15日に報じました。
 アジアインフラ投資銀行(AIIB)に関しては、米国からは「参加するな」と言われています。
韓国はTHAAD同様に、決断を先送りしていました。
 ところが最近、中国が「3月末までに加盟を決めないと創業メンバーに加われず、
不利な状況に置かれるぞ」と“忠告”したと言われています。
状況は急速に煮詰まっています。

米中がソウルで白兵戦
ぐずぐずするな。「踏み絵」は3月末までに踏め、という中国の要求ですね。
鈴置:その通りです。韓国は「米中二股」を決め込み、
THAADもAIIBに関しても曖昧な姿勢に終始してきました。
 でも突然に「中国側に行くのか、米国側に残るのか」立場を決めざるを得なくなりました。
米大使襲撃事件をきっかけに、一気に外交ゲームが加速した感じです。
 THAADについて韓国が態度を決める締め切りを米国は設定していないようです。
しかし、韓国内には「AIIBに参加し中国側に付くのなら、バラ ンスをとって
THAADでは米国側の言うことを聞く――配備を容認すべきだ」との声もあります。
AIIBにTHAADの問題が連動する可能性があるので す。
 3月16日は象徴的な日になりました。米中双方の外交当局の高官が
ソウルで“激突”したのです。
 訪韓した中国の劉建超外務次官補が同日、韓国政府に対し
「THAAD配備に憂慮」と表明したうえ「AIIBに参加を」と要求しました。
さらには2015年9月頃に開く、抗日戦争勝利70周年記念行事に
朴槿恵大統領を招待しました。
 一方、米国のラッセル(Daniel R. Russel)国務次官補は同日、
ソウルに到着、リッパート駐韓米大使を見舞いました。
そして翌17日に韓国外務省幹部と会談しました。
 会談後、記者団に「軍には北朝鮮の弾道弾の脅威に備えたシステムを
考慮する責任がある」と述べ、THAAD配備の必要性を訴えました。
 そのうえで「まだ配備もしていない、理論上の安全保障のシステムに対し、
第3国が大声を出すのはおかしな話だ」と中国を批判しました。
ソウルを舞台に、米中の白兵戦が始まったのです。

背景にはロシア
木村:ロシアの動きも見逃せません。
ロシアは朝鮮半島の取り込みに力を入れています。
2月25日にロシアは「南北朝鮮への電力供給と、北の鉄道改修を推進する」
と表明しています。
 中国は米国だけではなく、ロシアも念頭に置いて動かねばならないのです。
「中国外相が、中朝首脳会談を示唆」というのは韓国よりも、
ロシアを意識した動きでしょう。
下手すると、独占的だった北朝鮮への影響力をロシアに奪われますからね。
 2014年から、ロシアは北朝鮮との関係を急速に深めてきました。
中国との関係が悪化した北朝鮮には願ってもない話です。
そしてロシアはこれをテコに韓国まで「釣り上げよう」としているかに見えます。
 ロシアは5月に対独戦勝記念式典を開きます。
南北朝鮮双方の首脳に招待状を送っています。
ただ、ウクライナ問題でロシアと関係の悪化した米国は、
韓国に参加しないよう求めている。
 しかし朴槿恵大統領は、訪ロを簡単にあきらめられない。
ロシアに行けば、金正恩第1書記と会談できるかもしれないからです。
もし南北首脳会談を実現できれば、一気に人気を回復できる可能性が大です。

日米外して「大陸会議」
鈴置:朴槿恵大統領が5月の戦勝記念式典に参加するために訪ロすれば、
中国が9月にも開催を計画している抗日戦争の戦勝70周年記念式典にも
参加する可能性が高まります。
 韓国はロシア以上に中国の言うことを聞かざるを得ないからです。
でもそれは、中国と一緒に対日共同戦線を張ると受け止められるでしょう。
日本とだけではなく、米国との関係もさらにおかしくなるかもしれません。
木村:ロシアからの圧力は、対中接近の格好の「言い訳」として使える
――と韓国は考えているかもしれません。
THAAD問題では、中国だけではなくロシアも韓国配備に反対している。
ロシアも韓国の“米国べったり”には批判的なのです。
 そこで韓国は米国に対し「我々が少々、米国と距離を置くのを理解してほしい。
中国だけではなく、ロシアからも圧力が高まっているのです」と説明し得るわけです。
鈴置:確かに、韓国人だったらそんな言い訳を考えつきそうですね。
でも、米国はますます怒るかもしれません。
中国だけではなくロシアの言いなりにもなる――大陸側に完全に寝返る、
ということを意味するからです。
 これに関連、実に面白い記事を見つけました。
中央日報の「北朝鮮は核保有…ドイツのような統一はない」(3月13日、日本語版)で、
ロシア国立高等経済学院(HSE)のセルゲイ・カラガノフ教授が
以下のように語っているのです。

南北両首脳が(対独戦勝記念式典への)招請に応じれば、
実質的な会談をしなくても公式的な席で会えるため、
ロシア・韓国・北朝鮮には対話の開始点になる。
もし南北首脳が会談し、中国の習近平国家主席とプーチン大統領が会談に加われば、
南北中露4者会談という新しいフォーマットも可能になる。

 日米という海洋勢力を排除して、4カ国で「大陸会議」を作ろう、との呼びかけです。
北と一緒に南も取り込むロシアの作戦がよく分かります。

「反米」に中国の影
朝鮮半島を考える時に、ロシアを見落としていました。
鈴置:冷戦終結後は極東に関心を失ったかに見えたロシアが、
このところ明確にカムバックしてきました。
 ところで、前回の主要テーマとなった
「突然盛り上がった韓国の反米民族主義」について、木村先生に伺います。
 韓国の保守は、こうした“3流の民族主義”は北朝鮮が仕掛けたもの、
と見なしがちです(「『反米民族主義』が復活する韓国」参照)。
でも、中国が裏で糸を引いていても不思議ではないと思います。
木村:前回に紹介したデモなり運動団体が直接、中国につながっているとは思いません。
デモを主導した勢力は北朝鮮にシンパシーを抱いていても、
中国に対しては必ずしもそうした感情は持っていないからです。
 むしろ中国は、彼らに「反米材料」を提供することで
「上から目線で韓国を見る米国」への、韓国人の不満に火をつけることを
狙っていると思います。
 韓国に対する中国の働きかけに関しては、表面に出てくる動き以上に、
間接的な仕掛けを観察することが重要です。
巨大な中国を支配する共産党にとって、外国の世論への工作はお手のものですからね。

「反米民族主義」が復活する韓国
「駐韓米大使襲撃事件」を木村幹教授に聞く(1)
鈴置 高史 2015年3月19日(木) 2 3 4 5 6
「反日の日」に反米デモ
木村先生は3月5日のリッパート(Mark W. Lippert)米大使襲撃事件の当日、
ソウルにおられました。韓国の空気はどんなものでしたか。
木村:まず、その4日前にソウルで繰り広げられた
「3・1節」のデモに注目すべきと思います。
「反米」が全面に出ていたのです。
これには正直、驚きました。
 今回のソウル訪問の目的の1つは、例年行われるこのデモを観察することでした。
米大使襲撃事件を考えるために、韓国の変化を
くっきりと映したこのデモの話からいたします。
鈴置:1919年3月1日に起きた、日本からの独立運動が「3・1運動」。
それをたたえるデモですね。
この日は韓国では「反日記念日」です。
 私がソウルに住んでいたのは4半世紀前の話ですが、日本人は
この日は外出しないよう注意を受けたものです。
一方、米国は日本から韓国を救ってくれた恩人。
感謝されるべき日だったのですが……。
木村:だから、このデモで「反米」のメッセージが強く打ち出されたことに驚いたのです。
今年はソウル大学医学部近くのマロニエ公園から、
日本大使館そばの国税庁までデモ行進があるというので取材に行きました。
 集まったのは300人ほど。韓国の進歩派、
分かりやすく言えば左派が組織したデモでした。
しかもその中で、かなり過激な路線をとる主思派(チュサパ)
――北朝鮮の主導原理である主体思想を信奉する流れのグループです。
 デモの先頭に掲げられたのは「反日の日」だけあって、
さすがに日本を批判する「慰安婦」関連のプラカードでした。
しかし次に出てきたのは「GSOMIA反対」。ここで反米色が一気に強まりました。
デモ隊の先頭を行くのは「全国撤去民連合」の自動車。
過激なデモで知られる進歩系の団体で、その系列は一部では「主思派」に分類されている。このデモが古くからの運動家たちによって組織されていることが分かる。(現地撮影:木村幹教授、以下同)
青年団体「青春の知性」などによる、
「光復70周年3・1節記念大学生都心行進鳴梁海戦」での一場面
(以下同じ)。「わが国の政府は日本との軍事情報共有を中止せよ」
との巨大な垂れ幕。
安倍首相のお面を被って行進する大学生たち。
「安倍の妄言には終わりはないのか」と書かれたプラカード。
 
朴と安倍を操るオバマ
GSOMIAとは?
鈴置:2012年6月に日韓の間で結びかけたけれど、韓国が当日になって署名を
ドタキャンした軍事情報保護協定のことです。
日韓の軍事情報交換は日米韓の「中国包囲網」につながると懸念した中国が、
韓国に圧力をかけた結果でした。
 結局、「情報の交換は北朝鮮の核・ミサイルに限り、かつ米国経由とする」
と矮小化したうえ、覚書に格下げして2014年12月にようやく実現しました。
中国の顔色を見る韓国に配慮して「中国包囲網ではない」形をとったのです。
木村:もちろん、GSOMIAも覚書も米国が勧進元です。
だからデモ隊はこれをことさらに取り上げることで「危険な日本との軍事協力は、
実は裏でワシントンが仕切っているのだ」と訴え、
米国に対する拒否感を盛り上げたのです。
デモ隊のプラカードには「軍国主義日本との軍事協力とは何事か 
韓米日軍事情報共有MOU即刻撤回せよ」と記載されている。
 それを分かりやすく示すためでしょう、
オバマ(Barack Obama)大統領のお面をかぶった参加者が、
朴槿恵(パク・クンヘ)大統領と安倍晋三首相のお面をかぶった2人に
ヒモをつけて後ろから操ってみせていました。
オバマ大統領(中)に操られる朴槿恵大統領(左)と安倍首相(右)。
安倍首相の顔はその「二面性」を示すために2色に塗り分けられている。
鈴置:米大使襲撃犯が訴えた
「米国主導による日韓癒着」と全く同じ主張ですね。
日韓関係の悪化に悩むオバマ大統領が見たら
「そんな風に操れたらどんなにいいことか」と苦笑したでしょうけれど。
"習近平"もデモに登場
THAAD反対のプラカードを持つ大学生。
ミサイルに扮した学生たち。
 
木村:全くその通りです。デモ隊の話に戻りますと「GSOMIA」の次は
「NO! THAAD(サード)」が登場しました。
新聞用語で言えば「終末高高度防衛ミサイル」です。
THAADなど知らない人も多いからでしょう、紙で作ったミサイルをかぶった人がいました。
 デモの隊列もここまで後ろの方に来ると、先頭グループが訴えていた
慰安婦問題はもちろん「日本」そのものがどこかにすっとんでしまっています。
つまり「米中どちら側の言うことを聞くのか」
と国民に迫るデモになっているわけですね。
 米国は今、ミサイル防衛(MD)の一環として
在韓米軍基地にTHAADを配備しようとしています。
 一方、これを食い止めようと中国は今や、公式的にも反対している。
THAADは名目こそ北朝鮮のミサイルに備えるものだけど、
実際には中国の核戦力への防御手段である。
そんな中国に対する敵対行為は容赦しない――というわけです。
「中国から貿易黒字を稼いでいるのに、どうしてTHAADを配備するのか」と書いたプラカードを持つ
習金平の扮装。
 
 そして、それを裏打ちする形で、デモ隊の列の最後の方に、習近平のお面を
かぶった人が登場しました。そして“習近平”の手にはプラカードが。
 書かれた文句は「中国から貿易黒字を稼いでいるのに、
どうしてTHAADを配備するのか」――。
"習近平"は「米中どちらをとるのか」と、改めて韓国人に迫ったのです。
 このデモは、要は「今のままだと中国との関係も取り返しがつかないほどに
悪化するぞ。韓米同盟の危険性を見つめよう」――との呼び掛けでした。
そしてこれこそ、デモを組織した勢力が一番言いたいことなのです。
鈴置:彼らのシュプレヒコールは?
木村:最も多かったのが「戦争反対!」です。誰にでも受け入れられやすいからでしょう。
鈴置:韓国メディアによると、米大使襲撃犯も犯行直後に
このスローガンを叫んでいました。
米韓合同演習の最中で、これが北朝鮮との戦争につながると中止を求めてもいた。
木村:「戦争反対!」を除くとシュプレヒコールの順番は、
プラカードの並べ方と同じで「慰安婦」→「GISOMIA」→「THAAD」でした。
鈴置:韓国の民族主義の矛先が、日本から米国に向き始めたということですね。
少なくとも、そうさせようと狙う勢力がいるということですね。

活動家育てる巧みなデモ
木村:ええ、参加者に対する教育効果も狙っているのでしょう。
「戦争反対!」とか「安倍政権は慰安婦に謝罪せよ」とか、
若い学生にも共感できるスローガンを叫ばせる。
 そのうちに、もともとは関心の薄かった「GSOMIA」や「THAAD」にも反対させ、
無意識のうちに反米感情を彼らに植え付ける仕掛けと思います。
この辺りは韓国の運動体のデモはなかなか巧みです。
 こうした「反米」デモは韓国ではこの5年ほどすっかりなりを潜めていました。
それが今回、あまりにも露骨な形で登場した
――しかも、すっかりノンポリ化しているはずの大学生を動員して――です。
 韓国で「反米」が復活しつつあるのです。
まず、米国によって北朝鮮や中国との対立や戦争に巻き込まれる
――との恐れから。そして「格差」です。
朴槿恵政権が新自由主義的な経済政策をとっていることもあって、
それには火が付きやすい。
鈴置:若者の失業率の高さは日本とは比べものにならない。
それはいっこうに改善しませんし。
木村:ただ「韓米同盟破棄」というスローガンは私が聞いた限りはなかった。
そこまで一気にいくと、普通の韓国人は引いてしまうからと思います。

朴政権も「民族主義」の標的に
デモ終了後、サークル単位に分かれて記念撮影をする大学生たち。
学部の1、2年生が大多数。
 
参加者は素人だった、ということですか?
木村:要所は活動家が固めていましたが、多くは"初心者"でした。
例えばプラカードの持ち方がなっていない。
道行く人に見せるのではなく自分たちの方に向けていたりしました。
 デモを指揮する活動家が、交通整理の警官ともめ事を起こした時には、
"初心者"から「ムソゥオー」との声があがりました。
日本語に訳せば「怖わー」です。
 普通の学生が過半だったと言っていいと思います。
大学ごとに数10人のグループで参加していたようですが、彼らの話を聞くと
「慰安婦問題に関心があって参加した人」が目立ちました。
 こうしてみると「慰安婦」を主たる材料に
「反日民族主義」的な政策を打ち出してきた朴槿恵政権が、
逆にこの「反日民族主義」の標的になりつつあることも分かります。
「親日派清算」を求めるプラカード。
「親日派」の流れを引く朴槿恵政権の批判を意味している。
 学生らは「慰安婦」を入り口に運動に入る。
しかし、この問題を解決できない、あるいは米国の圧力もあって
一部では日本に協力せざるを得ない現政権を見て、批判を強める。
そして運動は次第に「反朴槿恵」的な性格を濃くしていく――という流れです。
 今後、朴槿恵大統領が「慰安婦」で少しでも日本に譲歩したと
受け止められるような動きをしたら、こうした民族主義者は黙っていないでしょう。
運動家は好機到来とばかりに、それを利用することでしょう。
鈴置:デモに参加した学生らは、まだきっちりと組織化はされていないのですね。

高齢化する保守層
木村:ええ。大学から参加した人に聞くと、お互いの関係はまだ
「デモ前に数回、集会で会ったことがある」くらいでした。
組織としては、これから育てていく感じでした。
 韓国は3月が新学期ですが、入学したばかりの学生もいました。
つまり、新入生は正式に入学する前から、このデモに勧誘されていたわけです。
 2014年12月に国会内では最左派の統合進歩党が解散させられたばかりです。
北朝鮮の指示を受け、韓国の政体を暴力で破壊しようとする団体と
憲法裁判所に認定されたからです。
 こうした北朝鮮に近い組織を再建するためにも
「3・1節デモ」が使われている側面があると思います。
鈴置:昔、この日は「反日」を叫ぶ保守派が活動の中軸だったのですが……。
木村:そこです、時代の変化を感じさせたのは。
今年は、保守派がいったんは申請したデモを取りやめたそうです。
理由は「主催者の体調不良」。
 デモに参加するような積極的な保守層は高齢化が進み、
まだ寒い3月初めのソウルの街頭に出るのはつらかったのかもしれません。
鈴置:300人のデモは数としては少ない気がします。
1987年の民主化闘争の頃は、数10万人規模のデモもしばしばありました。
ソウル市内タプコル公園で行われた、光復会による
「3・1独立運動犠牲者追悼式」。
保守系の団体の参加者は高齢者が多い。
ソウル市内光化門前で行われた「3・1節民族共同行事」。
こちらもお世辞にも人が集っているとは言い難い。
「3・1節」当日のソウル市庁舎。
写真は3・1運動当時に獄中死した柳寛順。
 
懐かしいスローガン、再び
木村:あの頃の韓国は政治の季節でしたからね。
学生はデモに参加するのが当たり前だった時代です。
 しかし今は「ノンポリの時代」です。
というのに突然「3・1節デモ」が最近にない盛り上がりを見せた。
反日デモで参加者が数百人の単位になったのは、久しぶりのことです。
 注目すべきは「反日の皮をかぶった反米」が顔をのぞかせたことであり、
突然に盛り上がった反米の空気の中で米大使襲撃事件が発生したことです。
これを見落としてはなりません。
鈴置:1980年代に日本で叫ばれたスローガン
「日米『韓』3角軍事同盟反対」を思い出します。
1983年に中曽根康弘首相が日本の首相として初訪韓し、
全斗煥(チョン・ドファン)大統領と会談しました。
 その後、日本では北朝鮮の意向を受けた団体が
「米国が日本と韓国を癒着させ、戦争の道に押しやっている」と主張しました。
おりしも米国はレーガン(Ronald Reagan)大統領の時代で、
共産主義との対決姿勢を鮮明にしていました。
 勤務地だった大阪市東部の歩道橋の上に
「3角同盟反対」の横断幕がかかっていたのを今でも覚えています。
彼らは韓国を国とは認めないので「韓」とカッコでくくり、
「3国」ではなく「3角」としたのです。
木村:同じ時期に韓国でも、日本以上に激しい「反日反米」運動が盛り上がりました。
今回の「反日反米」運動はまだ、立ち上がったばかり。
でも、あの時代の再来なのです。
 我々のように長く韓国を見ている人間にとっては「懐かしいスローガン」ですが、
今の韓国の若者にとっては新鮮に響くのかもしれません。
実際、デモに参加した学生たちはとても楽しそうでした。

「ここはイラクなのか?」
鈴置:韓国の保守も「突然に復活した反米」に警戒を強めています。
だから、米大使襲撃事件後、彼らは「米韓同盟強化」を
大声で叫ぶようになったのでしょう
(「『米大使襲撃』で進退極まった韓国」参照)。
 さっそく柳根一(リュー・グンイル)という保守の長老が筆をとりました。
襲撃事件当日の3月5日に趙甲済(チョ・カプチェ)ドットコムに
『3流エセ民族主義者』の蛮行を糾弾する」を掲載しました。
 柳根一氏は朝鮮日報の論説で鳴らした、韓国では知らぬ人のいない記者です。
記事からは韓国保守の焦りがよく分かります。要旨は以下です。

米国大使へのテロが起きるこの地は、イラクかアフガニスタンなのか? 
第3世界の近代民族主義は、もともと植民主義、帝国主義に対する
アンチ・テーゼから生まれた。
韓国社会の一角にはいまだ、韓国を帝国主義者が支配する植民地、
あるいは半植民地、貧農国家と見なし、それを支える韓米同盟を民族、
民衆、統一、平和の敵と敵視する時代錯誤の「3流のエセ民族主義」が残っている。
1980年代の新軍部(全斗煥政権)時代に、この「3流のエセ民族主義」が生まれ、
頂点に達した。多くの国民は(民族主義を唱え活動する)学生に対し
心のどこかで「彼らはそれなりの理由があって怒っているのだから、
あれだけやるのも……」と考えもした。
だが、今日の大韓民国がいけないというのなら、ほかに何があるというのか。
大韓民国が植民地というなら、休線ラインの北側は何だというのか。
今回の米大使へのテロで、犯人とその同志らは宣伝戦で相当の得点を稼いだ。
韓国があたかも反米運動の場であるかのように世界に宣伝した。
米国国民の情緒の片隅に「そんな国となぜ同盟を結ぶのか」
と反感を起こさせないとも限らない。 木村:保守派の危機感がよく現れた記事ですね。
ただ、北朝鮮の影響を大きく見過ぎてはいけないと思います。
重要なのは北朝鮮の動向以上に、「反米」が受け入れられやすい環境が
韓国に生まれていることなのですから。

0 件のコメント:

コメントを投稿