慰安婦問題について、いろんな報道: 翁長沖縄県知事が「瑕疵を正す」と中国で国を批判。普天間基地移設問題 安倍首相、翁長沖縄県知事と初会談も平行線。安倍首相と翁長知事、17日会談へ  知事就任後初めて。辺野古移設に理解を =沖縄知事「新基地は不可能」-菅官房長官。4日に沖縄入り表明  県知事と会談へ。辺野古停止で農水相「無効」に 沖縄「翁長氏」手詰まり …官邸は会談探る。農水省 沖縄県知事の指示の効力一時停止を決定。

Translate

2016年4月12日火曜日

翁長沖縄県知事が「瑕疵を正す」と中国で国を批判。普天間基地移設問題 安倍首相、翁長沖縄県知事と初会談も平行線。安倍首相と翁長知事、17日会談へ  知事就任後初めて。辺野古移設に理解を =沖縄知事「新基地は不可能」-菅官房長官。4日に沖縄入り表明  県知事と会談へ。辺野古停止で農水相「無効」に 沖縄「翁長氏」手詰まり …官邸は会談探る。農水省 沖縄県知事の指示の効力一時停止を決定。

訪問先の北京で取材に応じる
沖縄県の翁長雄志知事=12日(共同)

沖縄県の翁長雄志知事は12日、訪問先の北京で
記者団に対し、米軍普天間飛行場返還の日米合意から
20年を迎えたことに関連し、移設先の名護市辺野古沿岸部の
埋め立て承認について
「瑕疵はある。知事の権限として正さないといけない」と述べ、
移設に反対する考えを重ねて示した。

 辺野古移設を巡る訴訟で国と沖縄県が和解し、
工事が中止された後も政府が
「辺野古が唯一の解決策」と強調している点に触れ
「どんなことをしても辺野古に基地を造ろうとしている。
和解の信頼関係を国の方が先に壊している」と批判した。(共同)

初会談を前に沖縄県の翁長雄志知事(左)と握手する安倍首相
沖縄県の翁長(おなが)雄志(たけし)知事と首相官邸で会談し、
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)の
名護市辺野古移設について
「一歩でも二歩でも進めていかなければならない。
唯一の解決策だ」と述べ、理解を求めた。
 これに対し、翁長氏は「沖縄の全ての選挙で『辺野古新基地反対』という
圧倒的な民意が示された」と反論。
「(政府は)『嫌なら代替案を出せ』という。
こんな理不尽なことはない」と移設反対の姿勢を曲げず、「平行線」に終わった。
 首相と翁長氏の会談は昨年12月に翁長氏が知事に就任して以来、初めて。
菅(すが)義偉(よしひで)官房長官と安慶田(あげだ)光男副知事も同席した。
 これに先だち、菅氏は17日午前の記者会見で
「これを機会に沖縄県との話し合いを進めていく。
首相が直接、知事と会うことに意義がある」と述べた。
 翁長氏は5日に菅氏と那覇市内で会談した際、
首相との会談を要請していた。

朝日新聞デジタル安倍首相と翁長知事、17日会談へ 
知事就任後初めて
2015年4月16日16時40分
菅義偉官房長官は16日午後の記者会見で、安倍晋三首相と
翁長雄志・沖縄県知事が17日に会談すると発表した。
首相が知事就任後の翁長氏と会うのは初めて。  
菅氏によると、会談には菅氏と安慶田(あげだ)光男・副知事も同席し、
30分間程度の見通し。政府高官によると、
会談は官邸で午後1時半ごろからの予定という。
 首相との会談は、菅氏が沖縄を訪問して5日に翁長氏と会談した際、
翁長氏側から要請を受けていた。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3e/bc/11d1d076e46eb7d383f953b9c4516043.jpg
 http://blog-imgs-73.fc2.com/j/y/o/jyouhouwosagasu/20150331220333aspdo@1.jpg

時事通信社辺野古移設に理解を
-菅官房長官
 菅義偉官房長官は5日午前、沖縄県の翁長雄志知事と
那覇市内のホテルで会談し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の
名護市辺野古への移設計画について
「日米同盟の抑止力の維持を考えたとき、
辺野古移設はぜひ進めたい」と述べ、理解を求めた。
翁長知事は昨年の同県知事選などを踏まえ
「県民の圧倒的な反対が示された」と強調。
「新基地は絶対建設することはできない。不可能となるだろう」と語った。
(2015/04/05-10:22)
NIPPON CHANNEL03 
《菅官房長官》沖縄・米軍キャンプ瑞慶覧
「西普天間住宅地区返還式」
朝日新聞デジタル菅官房長官、4日に沖縄入り表明 
2015年4月1日21時21分
 菅義偉官房長官は1日夕の記者会見で、
4日に沖縄県宜野湾市で開かれる米軍キャンプ瑞慶覧(ずけらん)の
西普天間住宅地区返還式典に出席する意向を表明した。
また、普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する
翁長雄志(おながたけし)・沖縄県知事と「ぜひお会いしたい」と述べ、
政府の立場を説明する考えを示した。
普天間移設問題をめぐり沖縄県との対立が深まる中で、政権が動き出した。
 翁長氏も1日、「いつでも面談したいということは私からもずっと言ってきた。
これは了解です」と記者団に語り、会談を受け入れる姿勢を示した。
官邸関係者によると、5日に会談する方向で調整している。
 翁長氏は先月、沖縄防衛局長に対し、
辺野古への移設作業を止めるよう指示を出した。
これに対して、林芳正農林水産相が
知事による指示の効力を一時的に停止するなど、
政権と沖縄県との対立が続いていた。
 沖縄基地負担軽減担当相を兼務する菅氏は
昨年11月の県知事選で当選した
翁長氏とは、これまで一度も面会していない。
ただ、菅氏はこの日の会見では
「普天間飛行場の移設に関する政府の考え方、
危険除去について翁長知事と意見交換したい」と話した。
 一方、政府は1日、仲井真弘多・前沖縄県知事時代から約5年間、
知事公室長を務めた又吉進氏の外務省参与への登用も決めた。
この人事について、政府高官は
「米軍を含めた人脈を期待しての起用だ」としている。 
http://cdn-ak.b.st-hatena.com/entryimage/246084313-1427843475_l.jpg
外務省は1日、沖縄県で県内の基地問題を担当してきた
又吉進・前知事公室長(59)を同省参与に任命する人事を発令した。  
同省幹部は起用の理由について「沖縄の基地問題に豊富な知見があり、
様々な助言を得たいと思い、お願いした」と話した。
米軍の沖縄県についての理解促進や事件事故対応のほか、
沖縄県の魅力を海外に発信する国際交流事業などについても
助言を得る方針だ。
 又吉氏は沖縄県出身で1979年に県庁に入庁。
仲井真弘多(なかいまひろかず)前知事時代に、基地対策課長などを経て、
2010年4月から約5年間、知事公室長として基地問題に取り組んだ。
翁長雄志知事の就任後、今年1月に知事公室参事監に異動。
3月31日付で退職した
米軍、西普天間地区を返還
時事通信 3月31日(火)18時41分配信  
米軍キャンプ瑞慶覧(沖縄県宜野湾市)内にある「西普天間住宅地区」の土地
約52ヘクタールが31日、日本に返還された。
2013年に日米両政府が合意した、
嘉手納基地より南の米軍施設・区域返還計画に基づく措置。
政府や沖縄県は、同地区に高度医療施設や研究機関を集めて
国際医療拠点にすることを検討して いる。
 同地区は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の北側に位置し、

東京ドーム11個分の広さ。
今後、防衛省沖縄防衛局が同地区内の建物149棟を取り壊し、
土壌調査などを行う。地権者には2、3年後に返還される見通しだ。 

産経ニュース辺野古停止で農水相「無効」に
沖縄「翁長氏」手詰まり
…官邸は会談探る
2015.3.31 00:28 2/2ページ
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の作業停止を求めた
沖縄県の翁長雄志知事の指示について、
林芳正農林水産相が効力を止める執行停止を決定したことで、
防衛省が指示の「取り消し」を求めた審査請求についても林氏が認める公算が
大きくなった。指示を根拠に岩礁破砕許可の取り消しに踏み込むという
翁長氏の算段は崩れつつあり、次の一手に頭を悩ませそうだ。
 「普天間飛行場周辺の危険性や騒音の継続」 「日米の信頼関係への悪影響」
 林氏が執行停止を決めた論拠はこの2つの損害だ。
指示に基づいて作業を停止すれば辺野古移設は大幅に遅れ、
普天間飛行場の危険性は除去できず、日米同盟の信頼関係も損なうとの
防衛省の主張を受け入れた上で、決定書はこう結論づけた。
 「効力の停止以外の措置で損害を避けるという目的を達することはできない」
 2つの損害を避けることは辺野古移設の意義そのものだ。
普遍的な論拠でもあるため、防衛省幹部は
「審査請求の裁決でも重視されるはずだ」と指摘し、
裁決で指示が取り消されることに手応えを示す。
翁長氏は指示を出した23日から1週間後の30日までに防衛省が
作業を停止しなければ、辺野古沖での岩礁破砕許可を取り消す考えを示していた。
指示が効力を失ったことで、水産庁幹部は「指示に基づいて許可を
取り消すことはできない」との認識を示した。
  指示により移設反対派の喝采を浴びたのもつかの間、翁長氏は反対派から
移設阻止に向けた代替策を迫られる。
作業の差し止めを求める訴訟の提起や、別の理由 による岩礁破砕許可の
取り消しが想定されるが、県幹部は「政府に比べて準備不足は否めない」と漏らし、
危機感を強める。
 政府が海底ボーリ ング調査を進め、夏にも埋め立て工事に
着手するにあたっては実施設計に関する県との事前協議が必要だ。
産経新聞とFNNの合同世論調査では、安倍晋三首相や
菅(すが)義(よし)偉(ひで)官房長官が翁長氏と会談すべきだとの回答が
86・9%に上っており、事前協議の前に会談時期を探ることになる。(半沢尚 久)

NHKニュース農水省 
沖縄県知事の指示の効力一時停止を決定
TNO News 3月30日 12時29分
沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、沖縄県の翁長知事が
名護市辺野古沖での作業を中止するよう指示したことについて、農林水産省は
知事の指示の効力を一時的に停止する措置を決定し、
30日、沖縄防衛局と沖縄県に通知しました。

アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡って今月23日に、沖縄県の翁長知事が
沖縄防衛局に対して、名護市辺野古沖での埋め立て工事の前提となる作業を
1週間以内に中止するよう指示し、従わない場合は埋め立て工事に必要な
岩礁を破壊する許可を取り消す姿勢を示していました。
これに対して沖縄防衛局は、関係する法律を所管する農林水産省に
知事の指示の効力を一時的に停止するよう申し立てを行っていました。
審査の結果、農林水産省は沖縄防衛局の申し立てを認めて、
知事の指示を一時的に停止すると決定し、30日、
沖縄防衛局と沖縄県に通知しました。
決 定の理由について、農林水産省は知事の指示により
作業を中止すれば普天間基地の移設が大幅に遅れ、
基地周辺の住民にとって危険性や騒音の損害が続くこと
日米両国間の信頼関係に悪影響がおよび、外交・防衛上の
損害が生じることなどを挙げており、こうした損害を避ける緊急性があるため、
沖縄防衛局の申し立ては 相当であるとしています。
農林水産省では沖縄防衛局が同時に申し立てている

知事の指示の取り消しについて、審査を続けることにしています。 
農相「両方の意見を勘案」

林農林水産大臣は記者団に対して、
「沖縄防衛局は埋め立て工事に必要な知事の許可を取ってやっているので
知事の指示の効力を一時的に停止する申し立ての適格はあると判断した。
沖縄防衛局と沖縄県、両方の意見を勘案して決定を行った。
知事の指示を取り消すかどうかの不服審査請求の裁決については
期限を定めるものではなく、内容を十分に検討して適切に対応したい」と述べました。
沖縄県知事「じっくり精査する」

沖縄県の翁長知事は30日朝、県庁で記者団に対し、
「じっくり精査して、記者会見したい」と話しています。
「より沖縄に寄り添う対応を」
民主党の枝野幹事長は、国会内で記者団に対し「政府には、
より沖縄に寄り添った対応を改めて求めたい。
適正な法の執行は重要だが、法を振りかざして沖縄を切り捨てたり、
沖縄の心情に目を背けることを繰り返せば、
本当に抜き差しならない状況に陥りかねないと強く危惧している。
単に実務的に処理する ことにとどまらず、
政治的、心情的な対応を求めたい」と述べました。

「作業を粛々と進めたい」
菅官房長官は午前の記者会見で「沖縄防衛局からなされた申し立てに対して、
水産資源保護法を所管する農林水産大臣が、公平、中立な立場から審査し
執行を停止した。政府としては、引き続き、沖縄の負担軽減に取り組むと同時に
普天間飛行場の一日も早い返還を実現することが重要だと考えており、
ボーリ ング調査などの作業を粛々と進めたい」と述べました。
そのうえで、菅官房長官は、沖縄県の翁長知事が作業中止の指示に
従わない場合は埋め立て工事に必要な岩礁を破壊する許可を取り消す姿勢を
示していることについて
「今回の判断はあくまでも作業中止の指示に対する執行の停止だ。
今後、どういう判断をするかは沖縄県知事の判断だ」と述べました。

検索キーワード「辺野古」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2015年3月23日月曜日
防衛相が沖 縄県批判 岩礁破砕取り消し検討で 普天間飛行場辺野古移設。
知事「7日以内に作業停止」官房長官「この期に及んで」。
沖縄知事、辺野古海底作業停止を指示 手の平返した県
 …昨年は図面・協議「不要」 「知事の意くみ豹変」県幹部指摘。
辺野古ゲート前の沖縄左翼を道交法違反の疑いで排除中の警官ら
2014年11月19日水曜日
反対派テント撤去求め 文書で注意。政府、翁長氏説得へ
…不承認強行なら行政訴訟も。 
沖縄県知事選 新人の翁長氏が当選。読売の解説。 
毎日新聞の呆れた反日記事。
2015年3月3日火曜日
教科書訂正要求は「注意喚起」 =佐々江駐米大使。
米歴史学者の日本批判集団声明を主導、日本人を敵視するとんでも学者、
ダデン教授に聞く、朝鮮日報。 
ダデン教授はいわゆるイデオロギー学者、米国左翼だった・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿