慰安婦問題について、いろんな報道: 韓国系が日系取り込み「慰安婦像推進委」発足  設置保留のカナダ・ #バーナビー市で。 #慰安婦像 設置は「当面保留」 カナダ西部 #バーナビー市 日系住民の反対奏功。 バーナビー訪問団募集へ/釧路。

Translate

2015年4月26日日曜日

韓国系が日系取り込み「慰安婦像推進委」発足  設置保留のカナダ・ #バーナビー市で。 #慰安婦像 設置は「当面保留」 カナダ西部 #バーナビー市 日系住民の反対奏功。 バーナビー訪問団募集へ/釧路。

 【ロサンゼルス=中村将】韓国の 姉妹都市、
華城(ファソン)市から提案された慰安婦像設置の判断を当面、
保留することを決めたカナダ西部ブリティッシュコロンビア州バーナビー市で、
韓国系住民らが「平和の少女像建設推進委員会」を
新たに発足させたことが分かった。 
「平和の少女像」は慰安婦像を意味する


戦時中にカナダで苦難を味わった日系2世らを取り込み、
「韓日双方の合意」として像設置案を再提出する戦略が見え隠れしている。
 関係者によると、韓国側は最近、像設置に反対した日系住民のうち、
戦前生まれの2世有力者と接触した。
地元の韓国系メディアは「予想以上に肯定的な意見交換だった」とする
推進委関係者の言葉を報じた。日系人側の反応は不明。
 日系住民による反対運動で、肉筆500人分以上を集めたり、
市当局に対し、反対理由や慰安婦問題をていねいに説明したのは、
主に戦後に日本から移住するなどした日系住民(新住民)と
地元カナダ人だったが、推進委はこうしたグループとは接触していない。
 カナダの日本人移民や日系人は米国などと同様に、
先の大戦中には収容所に送られたり、帰国を余儀なくされたりし た。
韓国側は「戦争の犠牲者」という感情の共有を通じて、
日系2世らの取り込みを画策。
慰安婦像ではなく、「平和の少女像」を強調することで懐柔しようとしている、
との指摘が反対派新住民側からあがっている。
 米カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像を説明するプレートも
「平和記念碑」となっているが、
そこには「20万人以上の女性を強制的に
日本軍の性奴隷」などと刻まれており、
「平和の少女像」を受け入れる反対派新住民はいないという。
 バーナビー市のコーリガン市長は今月15日、設置判断の保留を表明した際、
「日系と韓国系の双方が納得する提案がなされれば、
そのとき検討する」と含みを持たせていた。
韓国側が動き出したことで、“火種”がまたくすぶり始めた。
2015/04/20 06:48  続・慰安婦騒動を考える
バーナビーの慰安婦像一旦保留、日系から韓国系へ話合い持ちかけも
訪韓した推進派の韓国系議員(右)
バーナビーの件は 一旦保留となった。
産経も書いているように、日系人の”一部”は韓国系に話し合いを持ちかけている。
自分の従兄弟も二世だが、アジア系はアジア系で仲良く暮らしているというのが
なかなか日本では理解されない。
アメリカに反日を持ち込んでいるのは、韓中国系の新移民であり(例外はある)、
現地化した中国系と 日系人は
東京で暮らす福島と山口出身者みたいな関係だったりする。
古参の日系人が話し合いたいというのは、 
ジャパン・ディスカウントについて実感が乏しいせいもあるだろう。
推進派だって悪意はないのかもしれない。
KACEのようなあからさまな反日団体もいれば、人道問題だと
本気で信じている推進派もいるはずである(日本の地方議会にも一杯いた)。
話合いを望む日系人グループも
「とにかく話がしたいです。韓国側が応じてくれるか分りませんが」
ちょっと甘いのでは?と思うが
 話し合いを望むという(一部の)日系人を非難は出来ないと思う
(あまり賛成ではないが)。
カナダでの騒動が完全に鎮静化したわけではない。
人権問題だと言うのなら、こちらから提案してみるのもいい。
・・・洋公主の像を建てるのはどうかと。
像の設置は朝鮮戦争戦没者記念像のそばを予定しているのだから、
こちらの方が相応しいはず。これで相手の”正体”が分る。
※ 現地の日(本)系人の考えは大まかに三つに分かれているという印象である。
幸い、グレンデールの時のように対立には至っていない。関係者に敬意を表したい。
カナダの慰安婦像、手続き中断…議論必要と市長 
2015年04月19日 09時41分YOMIURI ONLINEホームへ
【ロサンゼルス=加藤賢治】慰安婦像の設置問題が浮上している
カナダ西部バーナビー市のコリガン市長は声明を出し、
設置に関する判断を当面見送る方針を示した。
 コリガン市長は、15日付の声明の中で、日系住民らから
「(設置への)懸念が示されている」とし、
住民間の議論の必要性を強調した。
その上で、「住民の意見がまとまるまでは手続きを進めない」と述べた。
 同市によると、慰安婦像は、韓国系住民や
姉妹都市の韓国・華城ファソン市が提案し、
朝鮮戦争の記念碑などがある公園への設置を求めている。


産経新聞慰安婦像設置は「当面保留」 
カナダ西部バーナビー市 日系住民の反対奏功
2015年4月18日 7時4分 産経新聞 ライブドア・ニュース
【ロサンゼルス=中村将】カナダ西部のブリティッシュコロンビア州バーナビー市に、
韓国の姉妹都市や現地の韓国系住民らが慰安婦像の設置を提案していた問題で、
同市のコーリガン市長が像設置の判断を当面保留する決断をしたことが分かった。
 
地元日系住民らの反対が奏功した形だ。
  コーリガン市長は15日に発表した声明で、
「(韓国側からの)提案を検討する初期段階で、情報収集したり、
住民らの意見を聞いたりした結果、地元の日系カ ナダ人社会などにおいて
懸念が生じる可能性があることに気づいた」とし、
現状のままでは設置計画を進めないことを表明した。
今後については、
「日系と韓国系の双方が納得する提案がなされれば、そのとき検討する」
と含みを持たせた。
 韓国側からの提案が表面化して以降、日系住民側は直筆の反対署名を
少なくとも500人分以上集め、市に提出。
このほか、インターネットで1万3千人分以上の反対署名が集まった。
市や公園管理当局に現地の日系人らが 反対理由を直接説明したほか、
米国の日系人らも反対の手紙を送るなどしていた。
 韓国側の提案は、バンクーバー市との境にある森林公園
「セ ントラルパーク」内にある朝鮮戦争戦没者記念像の近くに
慰安婦像を設置するもの。2月には除幕式を行い
姉妹都市の華城市の市長も参加する計画だったとされ る。
碑文に「韓国の女性が日本軍に強制連行され、性奴隷にされた」
などと記されることも提案されていたという。
保留になったことで韓国側の働きかけが強ま る可能性もある。
 一方、声明には
「最近、日系社会と韓国系社会が和解と協力を促進するための
対話への意思を示している」とし、
双方が納得する提案があれば、改めて検討するとしている。
ただ実際にそうした動きは見られないため、
「懐柔策」との疑念を持つ日系住民もいる。
 カナダで慰安婦像設置の動きが浮上したのはバーナビー市が初めて。
自民党の「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」
でも取り上げられた。

2015年03月21日 
釧路新聞Title バーナビー訪問団募集へ/釧路 
カナダ・ブリティッシュコロンビア州
バーナビー市との姉妹都市提携50周年を迎え、
釧路商工会議所企画の市民訪問団
「バーナビーとバンクーバー訪問7日間の旅」
(7月7日~同13日)の募集が4月1日から始まる。
蝦名大也市長をはじめとした釧路市の公式訪問団
(20人)と一緒に同市を訪れ、記念パーティーに出席できる。
市は市民の参加を呼び掛けている。 

カナダ ブリティッシュコロンビア州バーナビー市は釧路市の姉妹都市
NEW !  十三夜日記三軒目
慰安婦像設置の蠢動があるバーナビー市は、釧路市の姉妹都市!

こういう偏向した活動は友好都市としていかがなものでしょうか?
という釧路市民のメールは

バーナビー市に効くそうです。
姉妹都市に姉妹都市らしい行動して戴くのは
市・市民の当然の権利です(≧∇≦)。


速報!カナダ・バーナビー市の慰安婦像設置の危機は遠のきました。
2015-03-20 12:55:00 なでしこりん 最終決着ではないしろ、
4月半ばまではとりあえず先送りされたそうです。
カナダ=慰安婦像建立問題は未定
=「衝突を引き起こすことは市議会の本意ではない」
2015年3月19日 
ニッケイ新聞はカナダの邦字紙
「バングーバー新報」の許可をえて、
この記事を転載する。
「北米報知」同様に、お互いの必要に応じて今後、
記事を交換していくことになった。(編集部)

 【バンクーバー新報3月12日付け】
ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市デレク・コリガン市長は10日、
バンクーバー新報の電話インタビューに応じ、第2次世界大戦中の慰安婦像
(平和の少女像)の建立についてまだ議論している段階と語った。
 市長によると、姉妹都市の韓国のファソン市から、同市セントラルパーク内にある

朝鮮戦争戦没者記念碑の近くに、慰安婦問題を忘れないため慰安婦像を
建立したいとの提案があったという。
  市長は、この提案について検討することを、その時ファソン市側に示唆したと語った。

「しかしその時は、この件について、問題があるとは知らなかった」と明かした。
これほど、大きな議論が巻き起こるとは思っていなかったという。
日系の人から電話がかかってきて初めて、
この件が大きな問題を内包していることを 知った。
「そういう意味では、我々がナイーブだった」。
日系コミュニティの人々からのこの件に関する反応にかなり驚いたとも語った。
 市として は、この提案がなされた時、姉妹都市との友好のために受けただけで、

議論を巻き起こすためにやったわけではないし、日本や日系カナダ人、
日本人を非難しよ うとしたわけではないと説明した。
他の姉妹都市とも同様の関係を築いてきたという。
バーナビー市は、釧路市とも姉妹都市である。
 現在はこの問題について、勉強し、さまざまな角度から検討しているという。ア

メリカに建立された同様の像も、コミュニティに大きな議論を巻き起こしたことも知った。
この件が、現在以上の衝突を引き起こすことはないかなど、
まだまだ議論する必要があると語った。
 姉妹都市の要請を受けることも、こうして議論をしていくことも、

我々のコミュニティの調和のためのもので、さらなる衝突を引き起こすことは
市議会の本意ではないと説明した。
 今後は、様々な人々の意見を聞いて、この問題について検討していくとしている。

「この提案について決定するのはその後で、いつになるかは分からない」と、
この件について未定であることを強調した。
 市長は、公開での意見交換会などは開く予定はないが、関係者による会議を開いたり、

広く人々の声を聴きたいと語った。この件について建設的な意見(英語)がある人は、
同市のウェブサイトにあるフィードバック・フォームから意見を提出するか、
市長の電子メールアドレス、mayor@burnaby.ca(英語)にも
直接意見を送ってほしいということだった。
 バーナビー市ウェブサイト www.burnaby.ca/Home.html 

(フィードバック・フォームは、Contact Usのページに用意されている)
(取材 バンクーバー新報 編集部)

慰安婦像建立は各人の暮らしに直結

 去る3月16日、 
logo日ごろコミュニティで活動している人たちが
非公式に声をかけあい集まり、
バーナビー市セントラルパークへの
慰安婦像建立反対の
活動方針について話し合った。
 個人または団体が署名を集め、
バーナビー市 長(市議会)に提出するなど
いくつかの方法は現在すでに行われているものもあり、
それはそれで大変効果的だと思われるが、また同時に日系コミュニティが
結束して反対の署名を持ち寄り、バーナビー市長に伝えるのも日系コミュニティにとって
大変意味のあることだという意見も出された。

 この度の慰安婦像問題は、現地の住人ひとりひとりの暮らしに直結しており
市民が主役となる問題でもある。それだけに関心も高い。よ
くあちらこちらで聞かれる
「多民族がそれぞれの文化を尊重し調和して平和に暮らしている現在、
この様な像の建立は、コミュニティに石を投げ込むようなもので分断を招きかねない。
学校で子供がいじめにあうという心配もある。
何としても建立には反対する」という声、これこそが
建立に反対するコミュニティの人々の共通認識であり、建立反対活動の原点ともいえる。

 現在、日系コミュニティでは、個人または団体などの集めた署名を
一括して代表者など数人でバーナビー市長に手渡しするという方向で動いている。
数日後には、より現実的で具体的な活動方針が示されることが期待される。
15/03/18 (16:27)
バンクーバーの日系社会も困惑
Flag_brazil  今年は戦後70年。
節目の年なのだが、
日本は中国とは尖閣諸島問題、
Flag_japan韓国とは慰安婦問題でぎくしゃくしており、
修復が進まない。
韓国は民間団体が韓国国内 ばかりではなく、
米国各地に慰安婦像を建立し、
日本だけでなく米国国内でも議論を呼んでいる。
そんな折、今度はカナダのブリティシュ・コロンビア州バーナ ビー市と姉妹都市となっている
韓国の京畿道華城市(ファソン市)が、バーナビー市に慰安婦少女像を建立するという話が
広まり、近隣のバンクーバー地域の日系コロニアも困惑している。
この慰安婦像の建立は北米の韓国系社会が進めているのだが、
ブラジルも対岸の火事と傍観するわけにはいかない。
サンパウロには 韓国系コロニアがあり、いつ飛び火するか分からない。
 韓国の新聞は既に建立が本決まりになったと報道しているが、
同州のバンクーバー市の邦字紙・バンクーバー新報がバーナビー市の
デレク・コリガン市長に独占インタビューしたところ、「慰安婦像建立は未定」と発言。
同紙の津田佐江子社長は、 
「インターネット上であたかも建立が本決まりになったことが流布されているので、
カナダ・バンクーバーでも日系コミュニティが大変困惑混乱しており、
市長に直接インタビューした」と語っている。
 バンクーバー新報の報道によると、バーナビー市と姉妹都市を結んでいる
ファソン市から「慰安婦問題を忘れないためにバーナビー市セントラルパークにある
朝鮮戦争戦没者記念碑の近くに慰安婦像を建立したい」との申し入れがあったという。
  コリガン市長は、ファソン市に対して、提案を検討すると示唆したという。
コリガン市長は、「その時はこの件について様々な問題があることを知らなかった」 
 とインタビューに答えている。
地元の日系人からコリガン市長に電話がかかってきて初めてこの件が大きな問題を
内包していることを知り、日系コロニアの人々の反応に驚いた、と発言している。
 コリガン市長は、米国に建立された同種の像の建設で社会に大きな議論を
引き起こしていることを知り、「姉妹都市の要請を受けることも、こうして
議論していくことも我々のコミュニティの調和のためのもので、さらなる衝突を
引き起こすことは市議会の本意ではない」と説明している。
 同市では今後、公開での意見交換会などを開く予定はないが、
関係者による会議を開いたり、広く人々の声を聞きたいとしており、
今後の成り行きが注目される。 2015年3月18日付

「これは、高度に政治的な問題です」
カナダの慰安婦像反対署名 進化するカウンタープロパガンダ
Hazama Hisatake 続・慰安婦騒動を考える  2015/03/17 16:05
カナダのバーナビー市慰安婦像の設置計画が持ち上がり
これに反対する署名活動が始まっている。
英文と日本文からなる請願書を眺めていたら、
英文の内容の方が感じがいいことに気づいた。
そこで英文の方を紹介しようと勝手に訳してみた。
目を引くのは、この文章がバーナビーの住民向けになっていることだろう。
日本の為に反対するのではなく、カナダの多文化社会を脅かす物として
慰安婦像に反対している。
同時に韓国や慰安婦を批判するのではなく、日韓関係の複雑さを説明し
暗に干渉しないよう忠告している。
歴史論争については、敢えてだろう、触れていない
呼びかけ側は、オーストラリアで成功したシドニー・モデル意識されているようである。
騒ぎ立てるほど逆効果などと批判されたが、日本側のカウンターも
着実に進歩している。
文中の強調は原文のまま。署名はコチラ
 

ブリティッシュコロンビア州バーナビー市が中央公園に慰安婦の像/慰安婦の
記念碑を作ることに反対する請願です。
なぜ反対するのか?

慰安婦問題は意見が大きく分かれ、センシティブであり、現時点で日本国と韓国の間で

最も解決が難しい政治紛争の一つなのです。
例えば、韓国は日本に慰安婦への明白な公式謝罪をと要求しますが、

日本は日本の首相が韓国に何度も公式に謝罪したと言っています。
韓国は日本からの賠償を要求しますが、

慰安婦らを助ける為に日本によって創設されたアジア女性基金の
4700万ドルの寄付は、韓国人慰安婦を満足(すら?)させませんでした。
両国は何年にも渡り、この高度に政治的な問題を巡り合意出来ずにいます。
このような像が既にアメリカに存在することをご存知ですか?
 

像は、示威運動の根拠地となっており、その結果子供たちが、
日本人の両親を持つという「罪」だけの理由でイジメられるという事態に至っています。
この町にこの様な像を作ることを許せば、移民のコミュニティが

自分たちの出身地の歴史的な不満を持ち出し他の移民コミュニティを
非難することが許されるという誤ったメッセージをカナダ全体に送ることになります。
慰安婦記念碑が建てられたフェアファックスやグレンデールといったアメリカの町は、

その後コミュニティ内で大変な騒動を経験し、日本人と韓国人のコミュニティの
分裂を引き起こしました。
私たちはこの像をカナダに必要としているでしょうか?

Noです!! カナダのような多文化社会の中で繁栄することは、

全ての人にとって最善の利益なのだと私たちは信じます。
人種や民族の調和などといった沢山の素晴らしい果実をもたらし、
ヘイトや暴力を許さない目的で力を合わせていく為にも。
私たちのこの多文化社会の中で、お互いと調和をもって生きる事を選択し、

この請願に署名しましょう。紛争の種となりかねない
BC州バーナビーの慰安婦の像の建立にNoと言う為に。change.com [2]
Dear Mayor Derek Corrigan - "Is Burnaby pro North Korean sir?!"
 [Yujiro 谷山雄二朗 Taniyama] コリガン市長への手紙  YujiroTaniyama.com
2015/03/17 に公開
Truth is the bedrock of Democracy. Untold side of the controversy. 
We broadcast, you decide. http://JapanBroadcasting.net/Scottsbo... 
コリガン市長への手紙「バーナビー市は、親北朝鮮ですか!?」
 

【魔都見聞録】カナダ・バーナビー市 慰安婦像反対!ご協力を!SakuraSoTV
[桜H27/3/16] 2015/03/16 に公開
ジャパンディスカウント運動を加速させている北米の韓国系住民は、
遂にカナダに慰安婦­像を設置する行動を起こした。
カナダ在住の邦人から寄せられている訴えを御紹介しなが­ら、
日本の名誉と在外邦人の安全を守るため、そして多民族国家カナダの
価値観を守るた­め、皆様に慰安婦像設置阻止運動にご協力下さるよう、
呼び掛けさせて頂きます。
三原氏は、カナダでの慰安婦像設置への対抗策を語った夕刊フジ

韓国、カナダに「慰安婦像」計画 
自民・三原じゅん子女性局長は…
2015.03.16 (2/2ページ)
韓国・華城(ファソン)市が、カナダにある姉妹都市バーナビー市に、
同国初の慰安婦像を設置する計画があるという。
朝日新聞が大誤報を認めたことで慰安婦 問題の核心は消滅したが、依然として、
日本と日本人を貶めるつもりのようだ。
自民党の三原じゅん子女性局長が、許し難い隣国の暴挙への対抗策を語った。
 ハンギョレ新聞(日本語版、6日)は、華城市のチェ・インソク市長が
バーナビー市を訪問した際、日本軍慰安婦の人権と名誉回復、
国際社会の平和を念願する「平和の少女像」を設置する場所を、
バーナビー市が提供する意向を明らかにしたと報じた。
 バーナビー市は、カナダ西部の大都市バンクーバーに隣接するベッドタウン。

同紙によると、カナダでの像設置は初めてで、華城市は女性団体とともに
月末まで5000万ウォン(約540万円)を募金するという。

 三原氏は、韓国紙の報道を受けて、

「残念ですね。ここまできましたか…」といい、続けた。

  「慰安婦になった女性たちの境遇は大変気の毒ですが、この問題の本質は

女性問題ではなく、(1965年の日韓請求権協定で解決済みの)日韓問題です。
それ を韓国側がすり替え、元慰安婦を反日プロパガンダに利用している。
朝日新聞も昨年、大誤報を認め、『慰安婦=強制連行』を否定しました。
われわれは真実を訴えていかなければいけません」

事実、日本人や在留邦人、日系人が協力して、

慰安婦像設置を踏みとどまらせた例もある。
オーストラリア・シドニー郊外のストラスフィールド市で昨年4月、
中国系と韓国系の団体主導で、慰安婦像設置計画が持ち上がった。
日本の駐シドニー総領事が同市を訪問して関係者に説明するとともに、
多くの日本人が同市に慰安婦問題の真実を訴えるメールを送った。
その後、討論会が開かれて双方が主張しあった結果、設置計画は保留となったのだ。

 実は、今回設置計画が浮上したバーナビー市は、北海道釧路市と1965年から

姉妹都市の関係にある。
50周年を迎えた今年、釧路市からは100人規模の親善使節団を派遣する予定で、
当然、慰安婦像設置計画についても「情報収集に努めている」
(市民協働推進課の担当者)という。

 三原氏は「日本政府と国民が協力して行うべきです。

あきらめてはダメ。慰安婦問題の真実を訴え続ければ、必ず世界は分かってくれます」
と語っている。 (ジャーナリスト・安積明子)

なでしこアクション Japanese Women for Justice and Peace
<日本の名誉を護る在カナダ邦人の会 よりお願い>
◆バーナビー市慰安婦設置反対 署名サイト
 http://chn.ge/1C2soWv
◆肉筆署名が公式扱いになりますので、こちらも書面のダウンロードなど
お願いします。

Jpcanada阻止に協力してくれるバーナビーの邦人を探しています。
バーナビー市に慰安婦像設置
2015-03-13 19:44:45 CA

バーナビー慰安婦像設置 反対署名のお願い

2015-03-12 20:45:07 CA
カナダBC州バーナビー市の公園セントラル・パークに慰安婦像が建つことになりました。  
市当局は今後遅くとも2か月以内に本決まり、4月~5月上旬までに議会で
最終決定されるようです。
カナダは多文化主義政策を実施しており人権にも敏感な国です。
そのカナダで日系人家族も多数暮らすバーナビー市の大きな公園に
このような慰安婦像が建つと
 「旧日本軍は20万人~40万人の女性を拉致誘拐し性奴隷にし暴力を受け多くの女性が
亡くなった」という碑文が併設されるのは目に見えています。
このようなバーナビー市の慰安婦像設置は、日韓・日加関係の悪化、

そして民族間の反目を深めるだけであり、カナダの多民族国家政策や人権重視の政策に
反します。
また日本人家族や子どもたちへのさらなるいじめや差別を助長することは必至でしょう。
よってバーナビー市に慰安婦設置反対の要望・請願書を提出するため多くの方に

署名に参加していただけるよう心よりお願い申し上げます。
また同時にフェイスブックやツィッター、ブログ、口コミなどでこの件を早急に拡散、

バーナビー市には電話やメールで強く抗議、姉妹都市の北海道釧路市にも
慰安婦設置反対の協力要請をしていただけますようよろしくお願いいたします。
                        日本人の名誉を守るカナダ邦人の会(BC州) 



バンクーバー=横浜、バーナビー=釧路
姉妹都市提携50周年迎え

バンクーバーで祝賀の会
〈 リポート・妹尾 翠 〉 (2015年3月12日号
今年は日加両国の関係において、BC州のバンクーバーと横浜、
そしてバーナビーと釧路のそれぞれが姉妹都市提携50周年を迎える。
同じ時期に隣接しているバンクーバーとバーナビーが

日本の都市と姉妹都市50周年を祝うという同じ目的を持つことから、
在バンクーバー日本国総領事館では、2月25日、両市の
ネットワーキング・レセプション& ミュージック・パフォーマンスを同公邸で行った。
この日はバンクーバー、バーナビー両市の関係者ら約50名が出席した。


バーナビー市のデレック・コリガン市長

▲バンクーバー市のアンドリア・レイマー副市長

▲プロジェクトマネジャーのウィリアム・マクマイケル氏
岡田誠司バンクーバー総領事が祝賀メッセージを述べたあと、バーナビーの
デレック・コリガン市長がスピーチを行い、
「今年7月に釧路市から関係者を迎えるのを楽しみにしています」と語った。
バンクーバーのアンドリア・レイマー副市長は、天皇皇后両陛下をお迎えしたことや

バンクーバーの桜について語り、多くの記念イベントが開催されることを伝えた。
プロジェクトマネジャーのウィリアム・マクマイケル氏は、

日本訪問中の新朝日野球チームの横浜での親善試合などに触れ、
バンクーバー・横浜姉妹都市50周年記念ロゴも披露した。
スピーチではこのほか、アイスホッケー、ドラゴンボートなど

スポーツの親善交流イベントの紹介、姉妹都市関係の重要さ、交換留学など
過去の交流イベント、バンクーバーの桜の多くは
日加の記念行事で植樹され現在では3万7千本にも達していることなどが述べられた。

▲(左より)岡田誠司バンクーバー総領事、岡田寧子夫人、
パシフィック・ノース・トリオのアレクサンダー恵子さん(ピアノ)、
長井せりさん(ビオラ)、長井明さん(バイオリン)

岡田総領事の音頭で、2つの姉妹都市の50周年を祝って乾杯。
その後、名刺交換やビュッフェスタイルの食事に続いて、
パシフィック・ノース・トリオによるミニコンサートが行われた。
プログラムは、モーツァルト「バイオリンとビオラのための二重奏」、

ショパン「幻想即興曲」ピアノ・ソロ、M・バッハや
モーツァルトのピアノ・バイオリン・ビオラのトリオ曲が披露された。

岡田総領事は、「今回のイベントはネットワーキングと文化行事との組み合わせという

二つの目的で行いました。
政治・経済においての交流は政策・駆け引き・ 利害関係など
ギスギスした現実問題が生じることもありますが、その緩和役として
音楽などの文化交流は、共通のものを持ち合わせている中での心の交流ができ、
雰囲気をなごませる作用があります。
今回、初めての試みですが、文化面での絆(きずな)ができていけば
良いと思っています」と語った。  



カナダの慰安婦記念碑設置報道
外務省「状況を複雑化する
2015.3.11 18:05更新
外務省の川村泰久外務報道官は
11日の記者会見で、
産経ニュース韓国・華城市がカナダの姉妹都市
バーナビー市に慰安婦記念
「平和の少女像」を
設置するとの一部報道につ いて、
「慰安婦像や記念碑の設置は政府の立場と相いれず、極めて残念なことだ
このような動きが慰安婦問題を外交問題化して、状況を複雑化する」と述べた。

外務省 Ministry of Foreign Affairs of Japan川村外務報道官会見記録
(平成27年3月11日16時41分)
バーナビー市における慰安婦像建設問題

【フリーランス 安積氏】
 慰安婦の像の建設についてお伺い致します。
カナダのバーナビ-市,これが韓 国の京畿道華城(ファソン)市と姉妹都市提携を
しているらしいのですが,この京畿道華城市の方にバーナビ-市の方から
慰安婦の像の建設についての土地提供があったというようなことが
韓国のメディアで報道がありました。
 日本の方では,釧路市がバーナビ-市と提携していまして,今年で50年目になります。

慰安婦の像の建設というのは,極めて日本に対して威嚇的な意味を含みますので,
これに対して外務省の方はどういうように対応されているのか,
それと釧路市の方が情報収集をしている最中だというんですけれども,
釧路市の方 から何か外務省の方に問い合わせ,
ないしはそれに類似したものがあったのかどうか教えてください。

【川村外務報道官】
 今ご指摘がありました件ですが,韓国の方で報道が出ているということは
承知しておりまして, 我が方としてはこの報道をふまえまして,
情報を収集しているところであります。
その上で我が国の基本的な立場ということで申し上げれば,北米における慰安婦像,
あるいは碑の設置等は我が国の政府の立場やこれまでの取り組みと
相容れない極めて残念なことと受け止めております
 このような動きが慰安婦問題を政治問題,外交問題化して

状況を複雑化させるものであると考えております。
慰安婦問題の解決に資するかと言えば,このような動きはそういうことではなく,
元慰安婦の1人1人の幸せのためになっていない,また多様な民族,
あるいは文化的なバックグラウンドを持つ住民から成る北米の
地域社会を分断させるということに繋がりかねないということを憂慮しています。
 このような個別の事案への対応ということを具体的に詳らかにすることは

差し控えたいと思いますが,我が国としましては現地の総領事館等を通じて
慰安婦問題についての我が国政府の考え方やこれまでの取り組みを
様々な形で説明しているところであり,これを続けていきたいと思います。

バーナビー(英語:City of Burnaby)は、カナダのブリティッシュコロンビア州南西部に
位置する都市。メトロバンクーバーに属し、その行政府が置かれている。
GVRD Burnaby.svg
西はバンクーバーと接しており、人口規模は、バンクーバーとサレーに続く州内第3位。       
メトロバンクーバー内の位置) 座標:北緯49度24分 西経122度96分  公式サイト
人口動勢
2001年度の統計に基づくと、メトロバンクーバー地域の4%の面積に対し、人口は
同地域の10%を占める。また州内第3位の人口規模をもつ都市でもある。
メトロバンクーバーに見られるように市内も大きな民族グループと移民が存在する。
例えば市内北部には多くのイタリア系レストランが建ち並び、メトロタウンの南部周辺にある
高層コンドミニアムのタワーには台湾、香港、マカオからの移民を含めた中華系と、
韓国系、旧ユーゴスラビア系が多く含まれる。
日系カナダ人の歴史
 
ふるさと通信第31号 より抜粋
日本人登山家 藤原謙二氏、Mt.Manzo Naganoに登頂 
 一八七四年(明治七年)十九歳の口之津町出身、
永野萬蔵は英国船にボイラーマンとして乗り込み、
船上で英語を覚え、
一八七七年(明治十年)カナダ、バンクーバー近くに上陸。 
永野萬蔵は日本式の投網で、川をさかのぼるサケを一網打尽にして財をなした。
「塩ザケ王」「カナダ大尽(大金持ちの意)」 と呼ばれ、
カナダの産業発展、鉄道建設などに協力した。
今も一八九八年に萬蔵が建てたレンガ造りの三階建のナガノ・ビルが残っている。 
一九二四年(大正 十三年)故郷口之津で死去した。
(享年70歳)玉峯寺の墓にある戒名「千岳院萬山領実相居士」と刻んである。 
一九七七年に日系移民百年祭にカナダ政府が 
永野萬蔵をカナダ移民第一号と認め、ブリティッシュ・コロンビア州の山、
標高一、九五五㍍=六、四〇〇フィートの山を「マウント・マンゾウ・ナガノ」と命名した。 
日本人の名前がついた海外の山はグリーンランドに「ウエムラ岩峰」(植村直巳さん)、
南極に「ナガタ山」(永田武、南極観測隊長)があるくらいだろう。 
長崎県川棚町出身(神戸市在住)拓殖大山岳部OBの藤原謙二氏(60才)が
八月二十四日、七年間思い焦がれていた「マウント・マンゾウ・ナガ ノ」に登頂成功した。
参考資料/バンクーバー新報、北米新報、遠き旅路の声(高田光子著)

長野万蔵(goo) Manzo Nagano(Yahoo canada)
ジャパニーズ in the ワールド

パウエル街の繁栄と反日運動これらの町に劣らない繁栄を誇った日本人町が、
かつて、カナダのバンクーバーに存在しました。
それが「パウエル街」です。
もっとも繁栄していた1940年頃には、パウエル街の日系人口は8400人に達していたほど・・・。
人々は仕事に精を出し、暮らしのアメニティを充実 させ、余暇には野球に熱中しました。
町の日本人移民だけで結成した野球チームはどんどん強力になり、
日本から遠征にやってきた巨人軍と熱戦を繰り広げるま でになったそうです。
ところが、この日本人町は、ある出来事によって 
なんと一夜にして崩壊、消滅してしまったのです。

カナダに日本人が上陸したのは
1877年、長崎は島原藩出身の漁師の息子だった
永野萬蔵が最初だといわれています。
永野は、英国船にボイラーマンとして乗り込み、船上で英語を覚え、
バンクーバー近くで船から抜け出してカナダに密入国しました。
その後、日本式の投網で、川 をさかのぼるサケを一網打尽にして財をなし、
「塩鮭王」と呼ばれるほど名を馳せたのです。
いまも1898年に彼が建てたレンガ造りの三階建ナガノ・ビルが 残っています。
1977年の日系移民百年祭では、カナダ政府が彼をカナダ移民第一号と認め、
BC州の標高1955mの山を「マウント・マンゾウ・ナガノ」 と命名しました。
そんなBC州には永野萬蔵が上陸した当時、多くの中国移民がいました。
その数はすでに1万人に達しており、木材伐採や鉄道工事に従事する中国人によって
中国人村が出来上がっていました。
カナダへの日本人の移民が本格化したのは1880年代に入ってからで、
彼らは漁業や森林業の、安い労働力として迎え入れられたのです。
1891年、横浜出身の石川勝蔵がパウエルストリートに日本人向けの旅館
「JAPAN ROOM」を開くと、その場所を中心に日本人のコミュニティーが
徐々に形成されていきました。
当時、日本人や中国人の移民は、白人が経営する製材工場で、 
木材を積み降ろす過酷で危険な肉体労働しか割り当てられませんでした。
それでも、日本人は持ち前の器用さと勤勉さで重宝がられ、
着実に移民の数も伸ばして いったのです。彼らが夢見たのは、市民権を獲得し、
カナダ国民と同等の権利を持つことでした。
ところが、日本からの移民が急増するに伴い、白人社会との間に摩擦が生じ始めます。

日本人労働者が仕事をすればするほど、
白人労働者たちの失業、賃金の引 き下げへと繋がり、
市民の間に反日感情が芽生えていったのです。
そして日本では、日露戦争の勝利に沸き上がっていた
1907年、その鬱憤がついに爆発しま す。
バンクーバー暴動」です。当時、白人社会で、
アジア人排斥運動の急先鋒だったBC州の検事総長によって、嘘の報告が
議会に提出されたのがそもそもの発端でした。そ
の内容は『5万人の日本人の移民がやってくる』というもの。
当時、白人社会の人口は7万人程度。そこに5万人がやって来るというデマは
パ ニックを引き起こしました。5000人におよぶ白人群集が市役所前に集まり、
日本人町を襲撃すべく移動を開始したのです。   
この時、数千人にまで膨れ上がっていたパウエル街の日本人たちは、
一致団結し、日本刀や木刀を振りかざし防戦したのです。
この組織的な抵抗に、白人たちは驚き、撤退を余儀なくされました。
結局、パウエル街の被害は、投石によって商店の窓ガラスが破損した程度で
収まったのですが、このバンクーバー暴動を機に、カナダ政府は日本からの移民を
年間400人に制限することを発表しました。
しかし、皮肉にも自由な往来を制限したことが、日本人の定住を
促進させることとなるのです。

パウエル街に定住を決意した日本人労働者たちは、安定した生活を求め、
妻子あるものは妻や子供を日本から呼び寄せ、家庭を持つようになりました。
しかし、独身男性は嫁を探そうにも、カナダには独身の日本人女性はほとんどおらず、
日本へも自由に行き来が出来ない状態。
そこで日本の独身男性たちが考え出した嫁探しの方法とは『写真婚』です。
パウエル街の独身日本人男性たちは、日本にいる独身女性と写真を交換して、
お互いに同意した時点で花嫁が海を渡る『写真婚』と呼ばれる
嫁探しの方法を考え出したのです。
ところが、中には、自分の容姿に自信がなかったためニセモノの写真を送ったり、
立派な建物の前で借り物の服を着て金持ちを装うような写真を撮ったりと、
トラブルも絶えなかったそうです。
 家庭を持ち、子供が生まれると、次に考えなくてはいけないのは子供の教育です。
 そのためパウエル街には、学校、病院、協会、新聞社などが次々と生まれていきました。

そこで生まれ育ったカナダ国籍の2世たちが、巧みな英語力で
両親の仕事を助けていったのです。
バンクーバーで唯一の大学ブリティッシュ・コロンビア大に進学するものも現れましたが、
白人社会での就職への門戸は依然、開かれていませんでした。
 2世たちの中には勉学の世界だけではなく、スポーツの世界でも

頭角をあらわす者もいました。
1914年に日系2世の少年野球チームとして始まった朝日野球団は、
彼らの成長とともに強くなっていき、ブリティッシュ・コロンビア州の
シニアリーグに所属するノンプロチームへと発展。
シニアリーグで幾度も優勝を 果たす実力があり、彼らはパウエル街のみならず、
アメリカの日系人たちにとってもヒーローとなりました。
日系人街パウエルでの試合は、鈴なりの観客が囲み、
巨人軍が1935年に北米遠征した際には、
伝説の名投手・沢村栄治ともあいまみえているのです。
 
一夜にして消滅したパウエル街
しかし、そんな明るい兆しに暗雲が立ち込めました。
1937年、北京郊外の蘆溝橋で日中両軍が衝突。
日中戦争が勃発したのです。
12月に南京を占領すると、
カナダにいた中国系市民から
激しい反発を買い、日本製品の不買運動が…。
チャイナタウンとパウエル街は隣り合わせで、
長い間、両者は上手く共存しあっていました。
それだけに隣町の抗日運動はパウエル街にとって大きな打撃となったのです。
やがて、ボイコットの輪は中国人への同情から他の移民やカナダ市民にまで
広がっていきました。
さらに、窮地に追い込まれた日系社会をどん底に陥れる決定的な出来事が起こりました。
1941年12月7日、日本軍によるハワイ真珠湾への奇襲攻撃です。
4分の3世紀もの歴史を歩んできたパウエル街の崩壊は開戦の日に始まりました
開戦の速報から2時間後にはカナダ警察によって多数の日本人が
危険人物として逮捕され、更に、その日のうちに日本語新聞は発行停止処分、
日本語学校も強制的に閉鎖されました。
そしてついに、カナダ政府はBC州の全日系人を海岸線から100マイル以上離れた、
荒れ果てた内陸部に追放することを決定。
カナダの市民権 を持っていようと、日本人の血が流れる者は全て「敵国人」と見なされ、
48時間以内の強制移動が命じられたのです。
その数、実に2万2000人
男たちは 森林伐採の仕事や道路工事に従事させるために、各地の労働キャンプへと
送られました。女性や子供は収容所に入れられ、家族は離れ離れに。
極寒の地での強制労働は過酷を極めました。
冬のロッキー山脈近郊の気温は氷点下40度にもなり、過労と空腹、
そしてその寒さから命を落とすものもいたといいます。
パウエル街に残してきた工場や住居など、全ての資産は押収され、
政府によって強制処分されました。
さらに、外出も制限され、会話をする自由さえも奪われたのです。 
それはまさしく地獄の日々でした。
日系人は長年かかって築いたすべてのものを、文字通り一瞬にして失ってしまったのです
 戦争での強制収容はロサンゼルスの「リトルトウキョウ」でも同じでした。

有刺鉄線と監視に囲まれた戦争捕虜収容所での生活に耐えられなかった
多くの日系人はアメリカに忠誠を誓い、
アメリカ軍兵士として戦地に送り込まれていきました。
サンパウロでも、日系人は財産を没収され、営業活動も停止されました。 
1942年には、ブラジルは日本との国交を断絶し日本語の使用禁止、
日本字新聞や雑誌の発行も禁止しました。
 1945年、第2次世界大戦が終結すると、ロサンゼルスのリトルトウキョウには

収容所から日系人たちが戻ってきました。
敗戦国という惨めな境遇下の中、 少しでも戦前の生活を取り戻そうと、
「日本人町」復興のため、尽力したのです。
そんな日系人の努力の甲斐もあり、各地で日本人町は復活しました。
しかし、 このバンクーバーのパウエル街だけは復興らしい動きは皆無でした。
なぜなら終戦後、日系人はロッキー山脈の東へと移動するか、
日本へ帰国するかの二者択一 を迫られたのです。
この政策の目的は、日系人をBC州から完全に退去させることでした
1947年にこの強制送還命令は取り消されますが、すでに多くの日系人が
パウエル街を去った後で、その後、街に戻った日系人もごくわずかでした。
しかも、そこには既に中国人やカナダの先住民族が住み着いていたのです。
その後も、カナダでパウエル街のような大規模な日本人町が
作られることはありませんでした。
 日系人による長期にわたった補償要求運動がやっと実を結んだのは

1988年になってからでした。
カナダ政府を代表してマルルーニ首相が、議会において、 日系人に対し
公式に謝罪し補償が行われたのです。
パウエル街はなくなってしまいましたが、この日本人町の消滅は、
逆に、広大なカナダの各地にあるコミュニ ティーに、日系人が溶け込み、
しっかりと根付くきっかけともなったのです。
そして、あの強豪野球チーム『ASAHI』も、その功績が認められ、
2003年 にはカナダの野球殿堂入りを果たしました。
今でも、パウエル街では、そこに日本人町があったことを忘れないために、
毎年8月に『パウエル街祭り』が開かれ ています。

メトロタウン
                                     朝鮮戦争メモリアル (慰安婦にあらず) 

華城市がカナダに慰安婦像を、予定地には日系人などの戦没者の慰霊碑 
2015/03/07  21:49 Hazama Hisatake 続・慰安婦騒動を考える

韓国の華城市が現地の韓国人会と協力し、姉妹都市であるカナダのバーナビー市
慰安婦像を建てようと画策。
ただし、コメント欄でこの件に関して、市議会はまだ決定を下してはいないと教えて頂いた。
          
地図を見ていてたまたま気づいたのだが、バーナビー市のセントラルパークには
朝鮮戦争メモリアルがある。
碑文によると、36人のブリティッシュコロンビア出身のカナダ兵が朝鮮戦争で
命を落としている。
その内の一人はタケウチ・タカシという名の日系人だったようである[ソース]
確か、テキサス親父は、アメリカのベテランメモリアルに
慰安婦の碑を建てられたことにかなり怒っていたと思ったが、厳粛な場所に
「将来世代に正しい歴史認 識を植え付けるため」と称して、
こういったプロパガンダ・モニュメントを設置するのは、道徳的にどうなのか。
像の制作には、キム・ウンソン、ソギョン夫妻が関わるようである。
くどいようだが、
上の写真は朝鮮戦争で戦死した兵士たちを追悼するモニュメントであって、
慰安婦とは関係ない。 
華城市は昨年自分たちの所でも慰安婦の碑を建てている
(このブログでは取り上げなかった)。
なお、華城市には慰安婦は一人も居住していないらしい。

華城市、カナダのバーナビー市に「平和の少女像」建立
京畿道の華城市は姉妹都市であるカナダのバーナビー市に「平和の少女像」を
今年中に建てる計画だと5日明らかにした。
市は地域の女性団体とともに建設推進委員会(℡031-267-8777)を作り、

5千万ウォンを目標額に今月末まで市民を対象に寄付を募る。
建設推進委員会はバーナビー韓人会と平和の少女像建立のためのMOUを取り交わし

具体的な業務協議を進めている。
平和の少女像はバーナビー市のセントラルパークに建設され、市側で設置場所を

無償提供することなった。
少女像の製作は日本大使館の前に建てられた平和の少女像を作った

夫婦彫刻家キム・ウンソン(51)、キム・ソギョン(50)氏が引き受ける。
華城市はこれに先立ち、昨年8月光復節を控えて東灘セントラルパークに 

平和の少女像を除幕した
平和の少女像は日本軍慰安婦被害者の名誉と人権を回復し、

将来世代に正しい歴史認識を植え付けるために国内外に相次いで設置されている。
聨合ニュース 2015.3.5[2]

慰安婦と縁のない華城市だが、
ブームに乗り中央公園に慰安婦像(2014.8)
参考: ハンギョレ日本語版 2015.3.5

 日本の旗 釧路市 (日本・北海道) バーナビー  姉妹都市

釧路市バーナビー市(姉妹都市)
釧路市とほぼ同緯度に位置するバーナビー市は、
太平洋をはさんで近距離にある
カナダ西海岸沿いの街で、都市の規模や形態が
類似していることから、昭和38年に駐日カナダ大使の仲介を受けたバーナビー市長から
姉妹都市提携の話が持ち込まれました。
バーナビー市の公式な招待を受け、昭和40年9月に釧路市長が バーナビー市を訪問。
その際にバーナビー市議会で姉妹都市提携盟約書を交換し、姉妹都市の縁組をしました。
バーナビー市 検索結果。

蝦名大也(えびな ひろや、1959年1月4日 - )は、日本の政治家。
北海道釧路市長(2期)。
北海道釧路市出身。北海道釧路湖陵高等学校卒、青山学院大学在学中に
中川一郎衆議院議員の秘書となる。
中川の急死後大学を中退し、中川の筆頭秘書であった鈴木宗男釧路事務所長となる。
自民党所属の釧路市議会議員を2期、北海道議会議員を3期務める。
2008年、伊東良孝釧路市長が第45回衆議院議員総選挙への出馬を表明し
市長を辞職したため、蝦名は2008年11月に道議を辞職。
自民党出身ながら民主党新党大地の支援も受けて、「市民党」を標榜、
無所属で釧路市長選挙に出馬し、当選
(自民党釧路市支部は、上田徳郎市議と共に市長選では異例の二名同時推薦という
機関決定で支持表明をした)。
厳しい財政状況、主要産業の長期低迷という悪条件の中で市政に取り組んでいる。
2012年10月21日、政党からの推薦を辞退 し、再び「市民党」無所属の立場で
市長選に臨み、財政再建の道筋をつけ、市民の創意工夫を重んじる市政が
市民各層の幅広い支持を受け、
中家治子氏(市民団 体役員・元横浜市議、共産党推薦)8,408票、
八村弘昭氏(浄土真宗本願寺派弘宣寺副住職、無所属)1,393票に対し、
40,977票を得るという圧 倒的大差で再選された。(投票率34.45%)
釧路市議会
請願・陳情の市議会への提出方法など

日加関係(にっかかんけい)では、日本とカナダの関係について述べる。
第二次世界大戦  
1941年に太平洋戦争が開戦すると、両国の外交関係は厳しさを極めた。
戦時中、カナダは国家安全保障を目的とする戦時措置法を可決し、
日系カナダ人を強制収容すると同時に、これらの日系カナダ人は職業選択の自由や
財産権など、多くの基本的な人権を剥奪された。
太平洋戦争において両国の戦力が直接に戦闘を交えたのは、真珠湾攻撃の8時間後に
勃発した香港の戦いのみである。
戦いは日本側の勝利に終わり、香港は日本に占領された。

日系カナダ人 (Japanese Canadian) は、日本人に家系起源を持つカナダ人や、
カナダ国籍を取得した日本人移民。
バンクーバートロントのような大都市を中心に居住している。
2011年時点で、日系カナダ人の人口は109,740人(その内、54,840人は混血)を数える。

抑留 1941年12月7日の日本軍の真珠湾攻撃から始まる大東亜戦争(太平洋戦争)の
さなか、日系カナダ人も1942年、深まる戦火の中で拘留された。
総数20,881人、そのうち75%がカナダ国籍を所持していた。
当時、アメリカでも同様の事態が起こった。
戦後、日系カナダ人の財産、不動産は没収され、連邦政府はロッキー山脈以東の
地域への移住、又は日本帰国を命じた。
その後1970年代後半から1980年代、日系カナダ人抑留に関する記録が公開され、
1983年から全カナダ日系人協会(NAJC)によって、損害賠償を請求する運動が開始された。
NAJCは、抑留によって生じた経済的な損失を算出すべく、
プライスウォーターハウスクーパースにその業務を委託し、1986年に抑留時に
4億4,300万ドルの損失があったことを訴えた。
この運動は、リドレス運動(redress movement)と呼ばれる。
1988年9月22日、 ブライアン・マルルーニー首相は損害賠償を行うことを決定
(1人につき、21,000ドル)。
賠償終了の1993年、約18,000人の抑留された生存者があった。
タシュミ(Tashme)日系人収容所(1942-46)の模型

カナダ日系人強制収容所 
日加間の開戦後すぐに日系カナダ人と在加日本人の財産は没収され、
さらに1942年初頭にバンクーバー島の軍施設が日本海軍の艦艇に攻撃されたことや、
その後もカナダの太平洋沿岸部で多くの連合軍の船艇が日本軍の潜水艦に
撃沈されたこともあり、ブリティッシュコロンビア州の内陸部にある
タシュミ強制収容所に移された後、ベイ・ファームスとレモン・クリークにある
強制収容所への移動を余儀なくされた。
なおこれらの強制収容所に抑留された日系カナダ人は、終戦後4年が経過した
1949年まで沿岸部160キロ以内に移動することが許されなかった。

ピヤラ アイヌ民族の今木が宿す時間と命、形に 
床ヌブリさんが残した作品 (2014/11/11)
 コタン・コロ・カムイ=1994年作
 ユーカラ クル=1989年作
 カムイ・ミンタラ=1983年作
異彩放つ「彫らない」表現
 10月上旬に77歳で亡くなった床ヌブリさん(釧路市阿寒町阿寒湖温泉)は

アイヌ民族の彫刻家の第一人者。
シマフクロウや抽象作品でアイヌ民族の心を豊かに表現した。
釧路市内にも多彩な作品が残る。一部を紹介する。(斉藤直史)
 アイヌ民族の守り神シマフクロウの彫刻作りは床さんが先駆けだ。
「コタン・コロ・カムイ」など穏やかさと鋭さを兼ね備えた作品を多く手がけた。
道立帯広美術館の五十嵐聡美学芸課長(50)は
「木と対話し、木が蓄えてきた時間や宿っている命を生かして制作している。
一見粗削りで未完成に見えても、作品とし て成立している床さんにしか
表現できない世界観があった」と語る。
 「ユーカラ クル」(アイヌ物語の語り部)も異彩を放つ。

ニレの埋もれ木を材料に彫る部分をできるだけ少なくして原木の質感を生かした。
床さんの長男、 州生(しゅうせい)さん(48)は
「月日を重ねるにつれ、彫らずに表現するようになった。
彫る時間より考える時間の方が長かったかもしれない」。
 釧路市立博物館に保管されている「カムイ・ミンタラ」は

縦2メートル、横6メートルのレリーフで、神々が遊ぶ庭を表現した。
別の作品の制作を手伝った弟の明さん(70)は
「繊細な作業は譲らず、必ず自分でした。寡黙に集中して彫る姿が印象的だった」。
 1990年には釧路市の姉妹都市カナダ・バーナビー市の公園に

カナダ杉約150本を使った高さ20メートルの木彫群15基を完成させた。
当時のバーナ ビー市長に協力を依頼するなど尽力した
元釧路市議の張江悌治さん(80)は
「計画は床さんのひらめきで始まった。
バーナビー市が作業所や宿泊場所などを援助してくれた」と振り返る。
 床さんは68年にユーカラ劇の「阿寒湖ユーカラ座」を結成。

76年にパリの国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部での公演を実現し、
演出や監督を務め た。
ともに公演に携わった友人の千家盛雄さん(74)は
「出演者に物語を丁寧に説明して理解してもらっていた。
衣装やストーリーの設定など夜通し話をした のが懐かしい」と惜しんだ。

2014年11月16のびのびカナダ留学と旅 バーナビーマウンテンパーク  
バーナビー市が北海道釧路市と姉妹都市提携している関係で、
BMP_Kushiro釧路から1990年に彫像群が贈られました。
BMP3_Statue
BMP4_Statue
BMP8_Statue

BMP1
こちらは丹頂鶴のオブジェ


姉妹都市提携25周年を
記念して
釧路市から寄贈されたと
石碑に日本語が
記されています。

西洋カラシでもないそうです!
Dsc_01712014年06月16日 
勇 往 邁 進!!
6月8日に
湿原の風アリーナ釧路にて釧路地区連主催の
カナダ杯争奪空手道大会が開催されました。
今回で30回目の節目を迎えた本大会は

バーナビー市国際交流記念大会として
位置づけられました。
試合結果は以下のとおりでしたが、

練習してきた事が発揮され次の目標が明確となった
良い機会となりました。
また、釧路市の姉妹都市である
カナダのバーナビー市よりはるばるバーナビー市空手道協会のフランク・マスタード氏が 
来釧され、大会では棒術の演武も披露されました。
「バーナビー市 釧路市」の画像検索結果
バーナビー山 2011年09月25日 (日) たかこ日記

0 件のコメント:

コメントを投稿