慰安婦問題について、いろんな報道: 「われわれは愚かだった」米有力紙が“反省”誇張されすぎた被曝リスク。福島第1原発 ロボットが撮影した原子炉格納容器内部の動画公開

Translate

2015年12月20日日曜日

「われわれは愚かだった」米有力紙が“反省”誇張されすぎた被曝リスク。福島第1原発 ロボットが撮影した原子炉格納容器内部の動画公開

「われわれは愚かだった」と被曝リスクについての報道を
反省するウォールストリート・ジャーナルの記事
放射線被爆の危険度は誇張されてきた 
PHOTO: GETTY IMAGES

産経ニュース2015.12.20 12:00 【原発最新事情】2 3
「われわれは愚かだった」
米有力紙が“反省” 誇張されすぎた被曝リスク
東京電力福島第1原発事故以降、放射線被曝リスクに対し、
過剰に恐れる極端な反応もみられ、混乱と迷走を続けてきた。
そうした中、米有力紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が
12月3日付で、「原子力のパラダイムシフト」と題して、
被曝リスクは誇張され過ぎているとした上で、
「われわれはどれほど愚かだったのか」と自戒する記事を掲載した。
その理由と背景は何か。
被曝リスクについて振れ過ぎた針を戻す試みが、
海外から出てきている。(原子力取材班)

WSJの名物記者が執筆
Holman Jenkins
 記事を執筆したのは、WSJ編集委員で、
コラムニストのホルマン・ジェンキンス氏。
同紙のホームページによると、ジェンキンス氏は
1992年から同紙に所属、97年には、金融や経済分野で
優秀なジャーナリズムをたたえる
ジェラルド・ローブ賞」を獲得している同紙の名物記者だ。
現在は週に2回、「ビジネスワールド」という欄を担当し、
今回の記事もそこに掲載された。

 記事ではまず、パリで開催されていた
国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)を題材に、
フランス国民一人当たりの所得が世界20位にもかかわらず、
温室効果ガスの排出量はなぜ、
世界50位なのかという問いを投げかけている。
 答えは、フランスが電力の75%を原発でまかなっているからである。
その上で、記事は
「『放射線被曝はいつも被曝量に直接比例して危険である』
という根拠のないドグマ(独断)に、
世界は1950年以来、屈服してきた」と指摘する。
 ジェンキンス氏はこのドグマを
「秒速1フィートで発射された弾丸で死ぬ確率は、
秒速900フィートで発車された弾丸で死ぬ確率の
900分の1だと言っているものだ」と皮肉っている。

LNT仮説の欺瞞性 この記事が議論しようとしているのが、
閾値(しきいち)なしの直線仮説
 単純に言ってしまうと、放射線被曝線量と、
その影響の間には、直線的な関係が成り立つという考え方である。
 ところが、年間100ミリシーベルト以下では、
広島や長崎の原爆の被爆者を対象とした膨大なデータをもってしても、
発がんリスクの上昇は認められない。
つまり、100ミリシーベルト以下の低線量では、
どれだけ被曝しようと、直線的関係は成り立たないということだ。
 国際的に権威がある国際放射線防護委員会ICRP
LNT仮説を支持していないが、福島の事故以後、
「被曝すればするほどリスクが高まる」という言説が流布した。
 記事では、米国の原子力規制機関のトップが2001年、
「チェルノブイリ原発事故(1986年)に起因する
白血病の超過発病はなかった」と認めていることにも触れている。
 さらに1980年代、台湾で1700戸のアパートが、
放射性コバルトに汚染されたリサイクルの鉄を使って建設されたが、
2006年の調査で、住人のがんの罹患率が大変低いことが分かった。
その研究者は
「米国のリスク評価が修正されれば、
原発の稼働で多くの金が節約できるし、
原発の拡大が促進される」と主張している。

原子力のパラダイムシフトが起きている
 これを受け、ジェンキンス氏は
「放射線に対する過度な恐れが、原発の安全や廃棄物の貯蔵、
原発の許可費用にとって大きな問題となっている。
しかし変化は起きている。パラダイムシフトが起きつつある」とみている。
 米国の原子力規制委員会は、
安全基準を改定することに関して意見募集を開始。
変更を求めた申請者の大学教授が
「LNT仮説には根拠がない」と指摘したという。
著者:ウェード・アリソン
販売元:徳間書店
(2011-07-29)
アリソン教授「原発の被災者は帰宅させよ」
池田信夫 2011/11/03 にアップロード

福島の被災地を見て「大量­の被災者を放置するのは人道的に問題だ。
早急に帰宅させるべきだ」と述べた。
こうした­混乱の原因になっているのは、
ICRPの「バカげた被曝線量基準」であり、
その限度を­月100mSvに引き上げるべきだ、と彼は主張した。
ウェード・アリソン:「何故放射線は安全で、
全ての国々は核技術を尊重しなければならないのか」
James Hollow 2014/08/18 に公開

マサチューセッツ大学マースト校のエドワード・カラブレーゼ
(毒物学)の名前を挙げて、
「この2人は何十年も前からLNT仮説と闘い続けてきた」と称賛。
学術誌の10月号の論文では、
「1950年代のマンハッタン計画に関わった放射線遺伝学者が、
自分たちの研究分野の地位を高めるために、
わざとLNT仮説が採用されるように促した」という経緯を暴露した。
今では、何百もの論文がLNT仮説に反対する証拠を提出しているという。

大統領は屈服する?
 続いて、石炭火力と原子力について比較している
 石炭は21世紀初めに世界の主力なエネルギー源となった。
しかし、安全面や効率の点でどうだったかについて疑問を投げかけた。
 記事は「今なら中国もインドも石炭を選ばず、
先進国で開発された安価で安全で、クリーンな原発を選ぶだろう」
とした上で、「われわれは何と愚かだったのだろう」と嘆く。
 石炭は原子よりも危険であり、米国肺協会によると、
石炭火力発電所から排出される粒子状物質や重金属、
放射性物質で年間1万3200人が死亡していると試算しているという。
 ジェンキンス氏は最後に、温室効果ガス削減に前向きな
オバマ政権とリベラルなニューヨーク・タイムズ紙をチクリとやった。

 「オバマ大統領は気候変動問題で有益な態度を示しているが、
もしニューヨーク・タイムズが
『(原発の増設は)環境保護主義者への背信だ』
と社説で非難すれば、大統領は屈服してしまうだろう」
【原発潜入取材】世界最大の原発・柏崎刈羽原発はなぜ再稼働できないのか? 

【オピニオン】By HOLMAN W. JENKINS, JR.

【オピニオン】石炭は核よりも危ない
ホルマン・ジェンキンス 2011年 4月 14日 16:49 JST

福島第1原発 ロボットが撮影した原子炉格納容器内部の動画公開
04/13 19:46 FNNnewsCH
東京電力福島第1原発1号機の原子炉格納容器の内部に、
初めてロボットが入り、撮影した動画が、13日午後に公開された。
映像は、4月10日、1号機の格納容器に初めて遠隔操作ロボットを
入れて内部を撮影したもので、
格納容器の様子が鮮明に明らかになるのは、初めて。
塗装がはがれ落ちたり、変色が進み、格納容器に、
小さながれきのようなものが落下している。
格納容器内の放射線量は、1時間あたり、最大およそ10シーベルト(Sv)と、
極めて高く、画面に映るノイズは、強い放射線によるもの。
ロボットは、動画をおよそ3時間撮影したあと、動かせなくなり、
回収できなくなったが、東京電力は、
重要な設備に大きな損傷はなかったとしていて、
今後、格納容器のさらに底の部分を調査する予定。 

0 件のコメント:

コメントを投稿