慰安婦問題について、いろんな報道: 【歴史戦】韓国、カナダで初の慰安婦像目指す  現地日系人が反発、1万人署名集めて市長に抗議へ。慰安婦像設置、カナダで動き。韓国の姉妹都市が反日提案、姉妹都市の釧路市も対応を検討・・・。日系二世 朝鮮戦争志願兵 20歳 和田氏、死を覚悟して朝鮮に向かう途中、 横須賀で出会った少女にもう一度会えたら

Translate

2015年4月3日金曜日

【歴史戦】韓国、カナダで初の慰安婦像目指す  現地日系人が反発、1万人署名集めて市長に抗議へ。慰安婦像設置、カナダで動き。韓国の姉妹都市が反日提案、姉妹都市の釧路市も対応を検討・・・。日系二世 朝鮮戦争志願兵 20歳 和田氏、死を覚悟して朝鮮に向かう途中、 横須賀で出会った少女にもう一度会えたら

 カナダ-バナビー
今度はカナダで「慰安婦像」案 韓国の姉妹都市が反日提案
韓国、カナダで初の慰安婦像目指す 
現地日系人が反発、1万人署名集めて市長に抗議へ
2015/4/ 3 19:37 J-CASTニュース
韓国による慰安婦像の設置計画が、
アメリカのカリフォルニア州グレンデール市などに続いて、
カナダ西部のブリティッシュコロンビア州バーナビー市で進んでいる。
   設置時期など具体的なことは決まっていないが、
地元メディアや現地の日系紙で取り上げられ、
地元日系人の間ではすでに反発が広がっている。
韓国メディアなどで設置に向けた機運が高まっている
韓国メディアなどで設置に向けた機運が高まっている
 
華城市が5000万ウォンを提供
   地元メディアや現地の日系紙などの情報をまとめると、
2015年3月ごろ、バーナビー市に姉妹都市の
韓国・華城市から慰安婦像を設置したいと提案があったという。
設置予定場所はセントラルパーク内にある
朝鮮戦争戦没者記念碑の近くだ。
http://www.v-shinpo.com/index.php



バーナビー市セントラルパークへの慰安婦像建立に反対する
日系団体のプラットフォームとして「期成同盟会」が
地元住民たちにより結成され3月31日発足した。
 同会の実行委員長はゴードン門田氏、委員として
バーナビー市在住の久保克己氏が会の根幹で
活動をリードすることになるが当面は、
早急に会の立ち上げに重点を置いたため、
充分な人員が出そろったとは言えず、今後は委員を増員し、
組織の充実をはかりたいとしている。
いよいよ地元住民の声が直接伝えられる活動が始まる。
後の活動の具体的なことなどは
同会のミーティングで決められ必要に応じて広報される。
 この同盟会はこの事案の終了と同時に解散される。
署名用紙には英語、日本語で活動の主旨(文言)が書かれている。
用紙の入手先などは本紙次週号(4月9日)に掲載予定。
反対の意思伝達には地域団体による
申し入れ書を市長に提出するものと、個人で署名するものとがある。
 個人で署名する人は肉筆で署名する。
担当者が各班(未定)から用紙を回収し
最終的には会のリーダーなどが直接バーナビー市長に手渡し説明する。
 地域の団体の場合は、市長宛の申し入れ書を各団体が提出する。
 申し入れ書の参考文は、同会にも用意されており、
必要とする各団体は、
それぞれの特徴に合わせて作成することが可能である。
 なお同会では、グレーターバンクーバーの各地域で、
署名用紙を置くための場所提供の協力と用紙の配布、
回収などのボランティアを探している。
 連絡はバンクーバー新報まで。
意志伝達は冷静に良識を持って
慰安婦像建立は各人の暮らしに直結



  
現地の日系紙「バンクーバー新報」によると、
デレク・コリガン市長は華城市から
慰安婦問題を忘れないため設置したい、
と提案されたことを認めた。
ただ現在は関係各所から意見を聴取する段階で、
実際に設置するのかを決定する具体的な時期は
決まっていないという。
   韓国による慰安婦像は11年11月、ソウルの日本大使館前に
初めて設置されて以降、アメリカに複数存在する。
グレンデール市のほか、ミシガン 州デトロイト市に完成し、
カリフォルニア州のフラートン市でも設置予定だ。
バーナビー市で実現するとカナダでは初めての慰安婦像となる。
   韓国国内ではすでに機運が高まっている。
ハンギョレ新聞によると、華城市は地元の女性団体と
設置委員会を立ち上げ、5000万ウォンを提供する方針だ。
京畿日報は同市の公職者が次々と募金に参加していることを伝えた。

日系人から電話があって初めて知り、驚いた
   現地の日系人からは大きな反発が起きている。
地元メディア「バンクーバーナウ」は設置に反対する
日系カナダ人が抗議していることを紹介。
20人ほどのメンバーが公園などに集まって抗議運動をしているという。
   また「バンクーバー新報」によると、
反対する日系人の団体「期成同盟会」が3月31日に発足。
署名を集めて、市長に手渡し説明する方針だ。
23日の段階ですでに1万人以上の署名が集まっているという
関係筋の話も取り上げられている。
   バーナビー市側もこうした動きを把握している。
同紙の電話取材に応じたコリガン市長は、
慰安婦像が日韓両国間で問題があることを
日系人から電話があって初めて知り、驚いたという。
姉妹都市との友好のために提案を受けただけで、
日本や日系人を非難する意図はないと説明している。
   日本では外務省が4月2日、自民党の
「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」の会合で
経緯を説明。韓国では、日本の報道を引いて、
現地日系人の反発があることを伝えている。
今後、両国間で慰安婦像をめぐる争いが続きそうだ。


Friday, April 3, 2015  4:55 PM
JP Michael Yon Michael Yon JP
Canada: Excellent letter from Australia-Japan about the Korea-China comfort women scam
オーストラリアで慰安婦記念碑設置反対運動で活躍している  
Australia-Japan Community Network(AJCN) が カナダで慰安婦像計画のある
バーナビー市長宛てに慰安婦像反対の手紙を出しましたのでご紹介します。
AJCNは、オーストラリアで他のエスニックグループとの連携も模索し、

NSW州の政府機関で多文化社会、移民社会のいろいろな問題点の解決を
担当する Community Relations Commission for Multicaltural NSW に対しても、
「慰安婦像のような移民の母 国間での政治問題を
オーストラリアの持ち込むべきではない、まずコミュニティのハーモニーを
第一に考えるべき」と訴えて活動しています。

慰安婦像設置、カナダで動き
BIGLOBEニュース   読売新聞 4月2日(木)23時54分
 外務省は2日、カナダ西部のバーナビー市が、姉妹都市の
韓国・華城(ファソン)市から
慰安婦像の設置を提案されていることを明らかにした。
いわゆる従軍慰安婦問題を巡り、
国際社会の誤解を解く方策を検討している
自民党の「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」
の会合で出席議員に説明した。
 カナダで慰安婦像設置の動きが判明するのは初めて。


2015.4.2 20:52更新 産経ニュース2/2ページ
カナダ慰安婦像問題 外務省、
昨年9月から情報収集 
「設置阻止へ積極的働きかけ」も
自民党は2日、
「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」
(委員長・中曽根弘文元外相)を党本部で開き、
カナダ西部のブリティッシュコロンビ ア州バーナビー市で浮上した
慰安婦像設置の動きに関し、外務省から説明を受けた。
同省は「昨年9月から情報収集に努めている。
設置阻止に向けて、『静か』 だが
積極的な働きかけをしている」と説明した。
 外務省担当者は、日本政府の対応として、
姉妹都市の釧路市による働きかけの側面支援、
日加協会や日系企業などとの情報交換を挙げたが、
「働きかけ」の具体的な内容については
釧路市の意向などを踏まえ「つまびらかにできない」と明かさなかった。
 出席者からは「抜本的に国際社会への正しい情報発信ができないか」
「戦時中でも国際法上許されない人権抑圧行為はなかったと、
もっと発信すべきだ」などの意見が相次いだ。
韓国がベトナム戦争時、サイゴン(現ホーチミン)市内に設置した
慰安所でベトナム人女性に売春させていたことについては
「(同委が5月頃にまとめる提言で)言及してはどうか」との提案があり、
中曽根氏ら幹部が慎重に取り扱うとして引き取った。

2015.4.2 05:00更新 【歴史戦】 2/2ページ
今度はカナダで「慰安婦像」案 韓国の姉妹都市が反日提案
カナダ西部のブリティッシュコロンビア州バーナビー市で、
韓国の姉妹都市が慰安婦像設置を求める提案を行い、
現地在住の日本人やカナダ人らが反対活動を
本格化させたことが分かった。
カナダで慰安婦像設置の動きが浮上したのは初めて。
米国同様、姉妹都市提携から反日行動を展開する韓国側の戦略が
カナダにも拡大した実態が浮かび上がった。(バーナビー 中村将)
 像設置を提案した韓国の姉妹都市は華城(ファソン)市で、
提携は2010年9月から。
関係者によると、華城市側はバーナビー市の広大な森林公園
「セントラルパーク」(約86ヘクタール)内にある
朝鮮戦争戦没者記念像の近くに、
慰安婦像を設置することを提案したとされる。
 バーナビー市公園管理当局は
像設置の提案があることを認めた上で、住民らの意見を聴きながら、
市議会に議案を提出するか判断したいとしている。
市議は市長を含め計9人。うち2人は日系以外のアジア系。
 現地在住の日本人らは直筆の反対署名を提出したり、
各地から市に郵送するなどしており、
今後も重ねて反対理由を説明していく。
数日間で500人分の署名を集めたグループもあり、
日本の姉妹都市、釧路市も対応を検討している。
慰安婦像設置を市議会で否決した
米カリフォルニア州ブエナパーク市在住の
朝鮮戦争退役軍人の日系米国人、ロバート・ワダさんも
設置反対の書簡をバーナビー市長に送付するなど、
反対の声は広がっている。
 地元のカナダ人男性(48)は産経新聞の取材に、
「私たちの公園に無関係な紛争の種を持ち込まないでほしい」と話した。
 米国ではカリフォルニア州グレンデール市に
韓国以外で唯一の慰安婦像が、その他6カ所(私有地を除く)で
慰安婦碑が、それぞれ設置されている。

2015年3月21日土曜日
バー ナビー訪問団募集へ/釧路。カナダ=慰安婦像建立問題は未定=バーナビー市長に聞く =「衝突を引き起こすことは市議会の本意ではない」。続・慰安婦騒動を考える、カナダの慰安婦像反対署名 進化するカウンタープロパガンダ。【魔都見聞 録】カナダ・バーナビー市 慰安婦像反対!ご協力を![桜H27/3/16]。ずんこが語る、韓国、カナダに「慰安婦像」計画  自民・三原じゅん子女性局長は…あきらめてはダメ。 バーナビー慰安婦像設置 反対署名のお願い。カナダの慰安婦記念碑設置報道 外務省「状況を複雑化する。さて、バーナービー市と姉妹都市の釧路市の対応は? 続・慰安婦騒動を考え る、華城市がカナダに慰安婦像を、予定地には日系人などの戦没者の慰霊碑 。華城市、カナダのバーナビー市に「平和の少女像」建立

アメリカ社会の差別に「命を賭けて」勝利した日系人
2015-01-06 06:00:00  本当の日本の歴史
第二次世界大戦中、悲しい皮肉であるが、
日系二世はアメリカ市民でありながらも、
アメリカ市民であることを
「証明」しなければならなかった。

そのために、彼らは銃を取って戦場に赴き、
米軍史上、連隊規模としては最大の死傷者を出した。
1946年7月15日、
トルーマン大統領は、パレードを終えた
第442歩兵連隊の日本兵、観衆を前にして、
日系兵の戦場における勇敢な行動を称えた。
「諸君は国家の自由のために我々とともに戦った。
諸君が成し遂げた偉業にアメリカ国民が
どれほど感謝しているか、
私の言葉では表現できない。
諸君は戦地で敵と戦ったばかりでなく、
アメリカ内の偏見とも戦った。
そして、勝ったのである。
諸君は、今、それぞれの郷里に帰るところである。
偏見との戦いは今後とも続けていかなければならない」
日系人部隊 442連隊   作者: tofurukawa  7 本の動画
映画『442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』予告編 シネマトゥデイ
2010/11/16 にアップロード
2010年11月13日(土)より新宿K's cinemaほか全国順次公開
第2次世界大戦時に日系人で編成された部隊・アメリカ陸軍442連隊に迫る
ドキュメン­タリー。人種差別と戦いながら、父母の祖国・日本と戦う
苦悩と葛藤(かっとう)を抱え­た兵士たちの揺れる心を、
当事者たちの証言でつづっていく。
監督は、前作『東洋宮武が­覗いた時代』が高い評価を受けた
名誉のために命を懸け、偏見と戦っ­た兵士たちの真実に注目だ。
配給:フィルムヴォイス オフィシャルサイト http://www.442film.com/

日系人写真家が見た強制収容所:「東洋宮武が覗いた時代」
2009/06/02 にアップロード
日系人写真家が見た強制収容所:「東洋宮武が覗いた時代」
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-ni...

汚してはならない日系元兵士の誇り
「われわれは韓国の自由のために戦った」

2014-02-18 20:00:00 戦車兵のブログ

2014.6.8 12:00更新 【アメリカを読む】
巨大官僚機構に敗れた日系閣僚、シンセキ氏

小島健一の議
 神奈川県議会議員小島健一の日々の活動と言論の記録
慰安婦像設置抗議のための訪米録3日目

1月16日(木)11:30~ 
姉妹都市である東大阪市が1974年に寄贈した
日本庭園・茶室を見学。
昨年、抗議に来た東大阪市議の樽本氏に対する

グレンデール市の非礼については、同じ地方議員として、
やはり看過できないものがある。
が、姉妹都市ゆえに、今後の慰安婦像撤去に向けての行動にも、

正直、期待するところだ。
グレンデール7
 グレンデール8
1月16日(木)13:00~日系2世 ロバート・ワダ氏の
Japanese American Korean War Musium を訪問。
ワダ氏は、第2次世界大戦中、日系人収容所で過ごし、

1951年、20歳で海兵隊員として朝鮮戦争へ志願参戦。
日系アメリカ人として韓国を命懸けで守り、解放。
彼は、ブエナパーク市等へ手紙を書き、

慰安婦像設置阻止に尽力された功労者である。
グレンデール10

グレンデール9
日系二世 朝鮮戦争志願兵 20歳 和田氏 
死を覚悟して朝鮮に向かう途中、
横須賀で出会った少女にもう一度会えたら 
September 14, 2013

なでしこアクション Japanese Women for Justice and Peace

日系二世 ロバート和田氏 
1951年、20歳、米海兵隊志願兵として、
死を覚悟して朝鮮半島に向かう途中
寄港した横須賀で出会った花売りの少女とその母親
「私たちはあなたの無事な米国への帰還を祈っています」
その言葉と祈りを信じて 生還できた 今でも目頭が熱くなる
もう一度、会ってお礼を言えたら、、、、、
当時のロバート和田氏
当時の和田氏
***************************************
カリフォルニア州ブエナパーク市在住、日系2世の 
Robert M. Wada(和田)氏が日本人女性を探しておられます。
和田氏は、現在(2013年9月時点)83歳、

この度のブエナパーク市の慰安婦像設置反対運動では、
その阻止に貢献された方です。
和田氏が反対意見を投書した
Rafu Shimpo(2013年8月7日付記事)

KOREAN WAR VET SOUNDS OFF ON PROPOSED 
COMFORT WOMEN MONUMENT

氏はWWⅡ中、12歳の時、日系人収容所で過ごしました。
朝鮮戦争では米海兵隊に志願、1951年の5月から

52年の4月までの1年間、朝鮮戦争で戦いました。
その時に幼馴染の親友を亡くしています。
その後、朝鮮戦争日系在郷軍人会の初代会長も務めました。
***************************************  
Robert M. Wada 
和田 氏 からのメッセージ 私が横須賀で出合った少女
私は、1951年の5月、米国から釜山へ向かう途中、
横須賀に輸送船で寄港しました。
当時の横須賀は大変貧しく、街頭には売春婦や物売りが
米艦船の周囲に群がっていました。
横須賀には米軍兵士は沢山いましたが、海兵隊の軍服で
日本人の顔をし、日本語を話す兵士の私は
珍しかったと思います。
上陸最初の夜、遊んだ後で船に戻る途中、
10歳くらいの少女が造花を海軍基地の入り口で
売っているのを見つけました。
片手には造花、もう一方の手には
沢山のおカネを握っています。
もう真夜中近いので、
「こんな遅くにここに来てはダメだよ」と言って、
残りの造花を全部買い、家まで送ってあげました。
翌日、船に戻る途中の深夜、昨晩の少女が
また同じ場所にいるのを見つけました。
私は少女を叱りました。
ところがその子は、「ちょっと待って下さい」 と日本語で言い、
通りを駆けて行って6、7人の婦人集まっているところまで行くと、
一人の女性の手を取って急いで戻ってきたのです。
その女性は少女の母親でした。
母親は私に昨夜のお礼を言い、
「私たちはあなたの無事な米国への帰還を祈っています」
と言いました。そして2人は去っていきました。
これだけの話です。
でも私はこの名も知らぬ親子の事をずっと忘れられません。
当時20歳だった私は、
自分は恐らく戦場から生きては帰れないという恐怖を
胸中深く秘めていました。
この少女と母親の親切な言葉と祈りを信じることで、
私は無事に生還できたのです。
あの晩のことを思うと、今でも目頭が熱くなると言います。
そして、今では多分70代になっているであろう、
あの少女にもう一度会ってお礼を言いたいと願っているのです。
Robert M. Wada
Sgt., U. S. Marine Corps
Korea, 1951-‘52

※情報提供は、こちらのメールフォームから
なでしこアクションまでお願いします
当時の和田氏とお母さま
                       当時の和田氏とお母さま
1098181_342791805854848_605169377_n
          2012年日系ウィークでの日系朝鮮戦争帰還兵のパレード
Members of Japanese American Korean War Veterans in last year’s 
Nisei Week Parade. (Rafu Shimpo photo)
******************************
<和田氏が書いた、慰安婦記念碑反対のメッセージ>
※原文英語は日本語の下にあります。

慰安婦記念碑反対について 米国各機関 宛て 手紙
差出人:ロバート.M.和田    日付:2013年9月10日
韓国慰安婦像記念碑の承認について

私はブエナパーク在住30年、
その前はラ・ミラダに23年間住んでいました。
日系二世で、カルフォルニアのレッドランズで生まれ育ち、
教育を受けました。
第二次世界大戦中、私が12歳の少年の時、
米国西海岸の日系人12万人以上が送られた
強制収容所で過ごしました。
日系人強制収容所の経験にも関わらず、
朝鮮戦争時の1950年、私は米国海兵隊に志願し、
米国と私にとって見知らぬ人たちを護る為に戦いました。
この戦争で私の大切な親友二人が戦死しました。
一人は幼稚園時代からの友達です。
今でも彼の死に責任を感じています。
日本から移住した私の両親には5人の息子がいますが、
皆、米国の戦争に行ってい ます。
2人は第二次世界大戦中、陸軍442日系部隊に、
私を含め3人は朝鮮戦争に同時に行っています。
私は韓国慰安婦記念碑が米国に建つことに反対ですが、
日本を擁護するという意味ではありません。
もし慰安婦問題が真実だと証明されれば私も驚きを禁 じ得ませんが、
この手紙で訴えることで、米国日系人社会の誠実さを守りたいのです。
謝罪は日本の責任であり、米国政府機関や、個人は関係ありません。
この問題は外国の二国間の問題なのです
ブエナパーク市議会(2013年7月23日)公聴会をテレビで視ました。
まだ若い韓国人が数字や統計を用いて日本の残弱行為を語っていました。
日本人強制収容所がいかに酷かったかを聴衆向けに
大げさに語る若い世代の日系人とこの韓国人は似ていると思いました。
公聴会の登壇者は関係の無い外部の人は除き、
地元在住者に限ったほうが良いと思います。
思い出していただきたいのは、第二次世界大戦よりずっと前、
オレンジ郡は日系一世、二世の農場でした。
韓国人が来る遥か前から、農業を営んでいたのです。
第二次世界大戦中の日本の悪行について1900年代初めに
この地に来た日系人一世を責めるのは正当ではありません。
カルフォルニア州立大学に日系人農業博物館がありますが、
オレンジ郡には記念碑は一つもありません。
慰安婦問題のような論争となっている問題についての記念碑は
米国のどの街にも益が無いと思います。
これは二国間の問題であり、慰安婦記念碑は問題を更に悪化させ、
米国の多様な社会の一部の人達だけが利するものとなります。
そうなると、黒人奴隷制記念碑、ヒスパニック移民記念碑、
ユダヤ人処刑記念碑、 日系人強制収容所記念碑も
建てなくてはならないことになるのではないでしょうか。
提案されている慰安婦記念碑は外国の問題についての碑です。
朝鮮戦争で命がけで戦った5千人以上の日系人、
戦死した256人の日系人の為の碑ではありません。
私たちは祖国への愛と韓国の人々の自由の為に戦い死んだのです。
韓国人が米国に移住して
私達の先人を貶める為に戦ったのではありません
全米には多くの高齢の日系人がいます。
彼らも私と同様強く反対していますが
それを表明できないでいることを理解していただきたい。
韓国人は、日本人への憎悪感を、日本国内の
日本人に対してだけでなく、米国にも持ち込み、
日系人も対象にしています。
2007年、ソウル大学の外国人教授から私にメールが来ました。
彼の質問は、
「何故、韓国の大学は未だ反日教育をしているのか。
日系米国人まで反日の対象にしている。」
私は「なぜ日系米国人まで対象にするのか全く分からない」
と返信しました。
日系人がそのような無礼な扱いを受ける筋合いはありません
韓国人は、日系人が朝鮮戦争で勇敢に戦い、
米国にやってくる自由が持てたことを感謝すべきです。
韓国の反日について重要な例外が一つあります。
朝鮮戦争の韓国退役軍人は日系退役軍人の
犠牲と苦労を理解しており、
戦友である日系退役軍人に対して敵意を示すことはまずありません。
1997年、私は朝鮮戦争日系退役軍人会を組織し、
最初の4年間、代表を務めました。韓国人と
日系米国人の間の憎悪の溝の架け橋となるべく、
退役軍 人会は韓国政府の許可を得て、
北朝鮮との非武装地帯の近くに、朝鮮戦争で戦死した256人の
日系軍人の名前を刻んだ記念碑を建てました。
記念碑は坡州市の 臨津閣(イムジンガク)に建っています。
他国の非道を訴える慰安婦記念碑は何の解決にもなりません
坡州市の日系軍人記念碑が築いた良好な関係を傷つける だけです。
日本と韓国を公正に見て決議して下さい。
正義の国際的貢献になります。
もし、慰安婦記念碑が建ったとしたら、憎悪の継続と増長で
米国日系人が辛い思いをするだけです。
2013年8月29日、カルフォルニアのブエナパーク市議会では
同市内に慰安婦像記念碑を建てることに
反対を表明したことを最後に加えます。
朝鮮戦争に志願した日系米国人を理解する為に、
私の書いた二つの書籍をご紹介します。
From Internment, to Korea, to Solitude
Americans of Japanese Ancestry in the Korean War
これらの本のタイトルからも朝鮮戦争で

韓国の人々の自由を護る為に戦い犠牲となった
日系人の役割をお分かり頂けると思います。
ロバート M. 和田
米国海兵隊
朝鮮戦争 1951~1952年


ヒラサキ・ナショナル・リソースセンター

ヒラサキ・ナショナル・リソースセンターについて
ホームにもどる ヒラサキ・ナショナル・リソースセンター資料一覧
日系アメリカ人強制収容所の概要
第二次世界大戦中に行なわれた
日系アメリカ人強制収容所の概要を解説しています。
この解説は、「
アメリカの強制収容所-日系アメリカ人の
体験を語り継ぐ」展のために編集されたものです。
日系アメリカ人強制収容所 Q&A
質問・回答形式で、日系アメリカ人強制収容所の
歴史的背景をわかりやすく解説しています。
このQ&Aは、
「アメリカの強制収容所-日系アメリカ人の体験を
語り継ぐ」展のために編集されたものです。
日系アメリカ人強制収容所のデータ
日系アメリカ人強制収容を管轄した政府機関、
集合センターや収容所のリストなどの
基本データをまとめました。
日系アメリカ人強制収容所の関連年表
第二次世界大戦中に強制収容された
日系アメリカ人の体験の歴史。
 アメリカのために戦った日系アメリカ人の関連年表
アメリカ人として第一次世界大戦、第二次世界大戦、
朝鮮戦争、ベトナム戦争で戦った日系アメリカ人の歴史。
国際日系リサーチ・プロジェクト
国際日系リサーチ・プロジェクトは、アメリカ、日本、
そして日系人の住む各国の研究者が協力し、
お互いの日系社会と文化の情報、研究成果を
交換することによって、相互理解を
深めるために始められました。
日本語、英語、スペイン語、
ボルトガル語の4ヶ国語で研究成果を報告しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿