慰安婦問題について、いろんな報道: TPPの議会承認に自信=普天間移設で「状況改善」-米大使。JR東海、 「超伝導リニア」の世界最速をさらに更新し 603km/hを達成 わずか5日で 有人走行最高速度の自己記録を更新。リニアが最速更新590キロ  21日に600キロに挑戦 ギネス記録塗り替えへ

Translate

2015年12月17日木曜日

TPPの議会承認に自信=普天間移設で「状況改善」-米大使。JR東海、 「超伝導リニア」の世界最速をさらに更新し 603km/hを達成 わずか5日で 有人走行最高速度の自己記録を更新。リニアが最速更新590キロ  21日に600キロに挑戦 ギネス記録塗り替えへ


日本記者クラブで会見するケネディ駐日米大使
=17日午後、東京都千代田区
ケネディ駐日米大使 会見
2015.12.17 jnpc
Caroline Kennedy, U.S. Ambassador to Japan
アメリカのケネディ大使が会見し、記者の質問に答えた。
司会 西村陽一 日本記者クラブ企画委員長(朝日新聞)
通訳 宮崎有美子、森万純(米国大使館)
http://www.jnpc.or.jp/activities/news...

TPPの議会承認に自信=普天間移設で「状況改善」-米大使
2015/12/17-18:32) 時事通信
ケネディ駐日米大使は17日、東京都内の日本記者クラブで会見し、
日米など12カ国が大筋合意した環太平洋連携協定
(TPP)の批准法案について「米議会は可決する」と言明、
法案の議会承認に強い自信を見せた。
2013年の着任後、ケネディ大使が記者会見を開くのは初めて。
 大使は「オバマ大統領はTPPに全力を傾けており、
大統領は関心分野で顕著な成功実績がある」と述べた。

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関しては、
現行計画が「最善」と強調。
「今後数年間が極めて重要になる。
(名護市辺野古への移設により)状況は改善する」と述べ、
早期の移設実現に向け着実に取り組む必要があるとの見解を示した。
  ケネディ大使は就任以降、広島、長崎両市の平和式典に

2年連続で出席しており、被爆地訪問は「強烈な経験だった」と語った。
一方、来年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせた
オバマ大統領による被爆地訪問の可能性について問われると
「(現時点で)大統領の日程を推測することはできない」
と述べ、回答を避けた。

検索キーワード「ケネディ駐日米大使」に一致する投稿を関連性の高い順に表示 
2015年7月24日金曜日
昭恵夫人が公邸中庭にミツバチの巣箱設置
 秋には蜂蜜収穫。3分でわかる日本蜜蜂
(ニホンミツバチ)の飼育の始め方。
ケネディ大使、もんぺ姿に 山口・下関で田植え体験。

JR東海、「超伝導リニア」の世界最速をさらに更新し603km/hを達成 わずか5日で有人走行最高速度の自己記録を更新 - トラベル Watch
トラベル Watch
JR東海、
「超伝導リニア」の世界最速をさらに更新し
603km/hを達成
わずか5日で

有人走行最高速度の自己記録を更新
2015/4/21 14:34
JR東海(東海旅客鉄道)は、
4月21日に行なわれた
「山梨リニア実験線」での有人走行試験で、4月16日に発表した
世界最高記録の590km/hをさらに更新し、603km/hを達成したと発表。
 達成したのは4月21日10時48分、600km/h以上の走行時間は10.8秒で
1.8kmを600km/hで走行したとのこと。これにより、
超電導リニア累計走行距離は122万3829kmとなった。 
超電導リニアについて


安倍首相がケネディ駐日アメリカ大使と500キロのリニアを試乗で大感激!I
 take a test ride by Ambassador Kennedy and linear of 311PMH taro momo
2014/12/14 に公開
安倍晋三首相は12日、山梨県の山梨リニア実験センターで
超電導リニア車両を視察し、­キャロライン・ケネディ駐日米大使とともに
リニア中央新幹線の実験線に試乗した。
また、アメリカの方々にも是非リニアの魅力を広めて欲しいと、
安倍首相自らリニアモー­ターカーをアピール!
でも本当にアメリカ全土を日本のリニアが走行したら凄い事ですよね。
是からが楽しみで­す。
L0系12両走行シーン 山梨県立リニア見学センター
2014/11/13 超電導リニア (L0系) 体験試乗
 (@山梨リニア実験線) 車内モニター映像 おがわひろし
山梨県立リニア見学センター21日に600キロに挑戦 ギネス記録塗り替えへ 
JR東海は16日、
山梨県の山梨リニア実験線
(総延長42.8キロ)で
高速走行試験を行い、時速590キロを記録したと発表した。
平成15年12月に記録した鉄道としての世界最高速度(時速581キロ)を
11年ぶりに更新した。JR東海は来週にも再び高速走行試験を行い、
21日に時速600キロを 達成する予定。
ギネスブックに認定された世界記録も塗り替えられる。

今回の試験は、リニアの高速域での空力特性などのデータを集めて、
安全性や乗り心地などを向上する目的で実施。
この日午前に行われた試験では、社員29人が乗った車両が
11時53分に590キロを達成し、最高速を約19秒間維持した。

同社はリニアの耐久性などを確かめる長距離走行試験も実施。
今月14日に1日の走行距離4064キロを記録し、
11年ぶりに従来の記録(2876キロ)を更新した。 
山梨県 Yamanashi Prefecture 
山梨リニア実験線

関連ニュース
6月にリニア体験乗車 JR東海、10日から受け付け開始
【鉄道ファン必見】ナマの「時速500キロ」に「凄い!」 山梨「どきどきリニア館」の迫力、入館者は見込みの倍以上
JR東海、リニア工事の測量作業を初公開 名古屋
長野のリニア効果、年336億円 県試算、1日5300人の観光・ビジネス客
【経済裏読み】「調査費」がクセモノ、リニア予算…センセイのごり押し「我田引鉄」にあきれ果てる【経済裏読み】「時速1200キロ」の衝撃、米「チューブ列車」構想が始動、中国は「4000キロ」で開発狙う

0 件のコメント:

コメントを投稿