慰安婦問題について、いろんな報道: 「FC2」開設者を国際手配 米在住、わいせつ動画公開容疑。 その他関連

Translate

2015年4月25日土曜日

「FC2」開設者を国際手配 米在住、わいせつ動画公開容疑。 その他関連

http://fc2.com/
2015/04/23/Thu 本日の報道に関しまして
〝違法動画の温床〟との指摘もある人気動画投稿サイト「FC2」をめぐる構図。
本社が米国ラスベガスにあって「国境の壁」に阻まれてきたが、
京都府警などの捜査で実質的に国内で運営されている疑いが濃厚になっている
京都府警が押収したパソコン149台の一部=23日午後、
京都市中京区、久保田侑暉撮影

「FC2」開設者を国際手配日本経済新聞
米在住、わいせつ動画公開容疑
2015/8/20 13:00 
インターネット動画投稿サイト「FC2」をめぐる事件で、
京都府警などは20日までに、わいせつ電磁的記録媒体陳列の疑いで、
サイト開設者で米国在住の40代会社員の男の逮捕状を取り、
出入国時に身柄を押さえられるよう「国際海空港手配」の手続きをした。
 京都府警などはこれまでサイトの実質的運営者らを立件してきたが、

開設者も刑事責任追及が可能と判断。捜査関係者によると、
男が実質的運営者らとやりとりした記録を押収しており、
サイトの運営に関わっていたとみて調べている。
 逮捕状の容疑は、ネット関連サービス業「ホームページシステム」
(大阪市)の社長、足立真被告(40)=公然わいせつ罪などで起訴=らと共謀し、
2013年6月、登録会員の男性らが送信したわいせつ動画を
利用者が閲覧できるようにした疑い。〔共同〕
 
FC2動画の運営者逮捕 
日刊ゲンダイネットが落胆する一方で喝采を送る業界も
AV業界喝采 「FC2」捜査のメスで無料アダルト動画崩壊か
2015年4月25日 10時26分 日刊ゲンダイ  ライブドア・ニュース

「無料アダルト動画が見られなくなるんじゃないか」
――ネット住民は悲鳴を上げている。
 動画サイト「FC2」の運営会社「ホームページシステム」
社長の足立真(39)と、相談役の高橋人文(38)の
両容疑者が23日、京都府警などの合同捜査本部に
公然わいせつで捕まった。
ちなみに高橋人文容疑者はFC2の創業者、高橋理洋氏の実弟だ。

「昨年6月に『帽子君』と名乗るFC2ユーザーが
女性とわいせつな行為をしているところを生中継し、
現行犯逮捕された。
それをきっかけに、9月にホーム社をガ サ入れした。
FC2の本社は米国にありますが、ユーザーの9割以上が日本人。
明らかに米国は隠れみので、“無法地帯”と化していた
無料アダルト動画サイトにメスを入れるべく、
逮捕に踏み切ったわけです」(捜査事情通)
 FC2は1999年設立、会員は2000万人以上と
国内最大級の動画サイトだ。
何度か“お世話”になった読者も多いだろうが、
実態はよく知られていない。
「今でもFC2の経営は理洋氏と
人文の兄弟が中心といわれていて、
理洋氏は米ロサンゼルスに豪邸を建て、
人文は大阪の高級マンションで
暮らしているそうです」(マスコミ関係者)
 ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。
「FC2 は昨年の家宅捜索以来、割と従順に違法だったり
過激なアダルト動画を削除してきた。
FC2そのものはなくならないでしょうが、ただ今回の一件で、
他の動画 サイトもリスクを避けるため、
自粛する方向に向かうと思います。
アダルト動画見放題時代の終わりの始まりかもしれません」
 夜な夜な閲覧していたネットユーザーが悲鳴を上げるわけだが、
2人の逮捕に喝采を送っているのがAV業界だ。
「FC2には新作AVもすぐにアップされ、
AV業界はそのあおりを食ってきました。
以前は1万本を超えるヒット作もありましたが、
FC2ができてからはジリ貧に。
中には、売り上げが半減したというメーカーもあります」
(AVライターの梶山カズオ氏)
 13年10月には、大手AVメーカー7社がFC2を相手取り、
海賊版動画の削除と6500万円の損害賠償を求めて
東京地裁に提訴。現在も係争中だ。
 まあ、何でも無料で楽しめるほど、世の中甘くはないか。

「FC2」運営会社捜索で怯える人たち 
エロ動画など違法投稿者、一斉摘発の可能性も
2015/4/24 19:35 J-CASTニュース
京都府警などの5府県警による合同捜査本部は、
動画投稿サイト「FC2」の実質的な運営会社とみられる
「ホームページシステム」への家宅捜索でパソコンを押収した。
この中にはFC2会員2600万人の情報が含まれているとみられる。
著作権法に抵触する動画など違法アップロードした

投稿者の存在が明らかになれば、一斉摘発が行われる可能性はある。
押収されたパソコンにはFC2会員2600万人の情報も
押収されたパソコンにはFC2会員2600万人の情報も
サイト内に違法動画が蔓延

今回の家宅捜索は、ホームページシステム社長の
足立真容疑者(39)と元社長でFC2創業者の弟とされている
高橋人文容疑者(38)の
公然わ いせつ容疑での逮捕にともない行われた。
2人には、女性との性行為を撮影し有料動画を配信していた
自称ネット配信業の男(懲役3年執行猶予4年が確定)と共謀し、
動画を不特定多数が閲覧できる状態にしていた疑いがある。
同社は14年9月にも家宅捜索を受けていたが、
今回は同社のパソコン100台以上が押収された。
パソコンやサーバーなどには、有料、無料会員合わせて
約2600万人の会員情報が含まれていたとみられる。
FC2にはわいせつな動画のほかテレビ番組や映画、
アニメなどが多数投稿されている。
同サイトには有料動画があり、投稿者にはユーザーが
視聴する際に購入したポイントの金額の一部が
配当される仕組みがある。
そのため同サイトには違法動画が蔓延、
ネット上の違法アップロードの温床の1つとされて きた。
実際に違法アップロードで逮捕された投稿者もいる。
14年9月にはテレビドラマの動画を約2年間で
2000本近く無断投稿したとして、静岡県の男が
著作権法違反の疑いで逮捕された。
また13年6月にはわいせつ動画を投稿したとして
愛知県の男性が
わいせつ電磁的記録媒体陳列容疑で逮捕された。
同社がどんな会員情報を管理していたかは分からない。
しかし今回、捜査関係者が会員情報を解析し、
違法投稿者が明らかになれば
一斉摘発されてもおかしくない。
視聴しただけの会員にも不安広がる
また今回の報道を受け、違法動画などを
視聴した経験があるユーザーらからは
自身も何らかの罪に問われるのではないか、
と不安にかられている。
会員2600万人のほとんどが日本人とされているだけに、
身に覚えがある人は少なくないのかもしれない。  
違法動画の視聴自体は違法行為にはあたらない
文化庁の公式サイトにも「違法に配信されている音楽や
映像を見たり聞いたりするだけでは(中略)違法ではなく、
刑罰の対象とはなりません」と明記されている。
ただし動画を見るだけではなく、ダウンロードをした場合は
著作権法に違反する可能性がある。
2012年の著作権法改正により、違法にアップ ロードされた音楽や
映像だと分かっていながら、ダウンロードした場合も2年以下の懲役
または200万円以下の罰金あるいはその両方が科せられることになった。
なお刑事罰の規定は著作権者からの告訴が必要な親告罪だ。

2015.4.24 10:23更新 産経WEST
【FC2幹部逮捕】
米サーバーに大量接続 

システム社が管理か
インターネット投稿サイト「FC2」を運営していたとみられる
「ホームページシステム」(大阪市北区)社長の足立真 容疑者(39)らが
公然わいせつ容疑で逮捕された事件で、システム社から
米国のFC2サーバーへの接続記録が大量に残されていたことが24日、
捜査関係者 への取材で分かった。
 システム社側はFC2の米国法人が管理運営の主体だったと主張しているが、

京都府警と三重、島根、山口、高知各県警の合同捜査本部は、
システム社が米国サーバーを
国内から直接管理していた可能性が高いとみて調べる。
 捜査本部によると、システム社の関連先でこれまでに押収されたパソコンから、

同社が米国のFC2サーバーに接続した記録が大量に見つかったという。
 また、FC2のサイトの管理者が他のサーバーにアクセスした記録を

ネットに詳しい関係者が解析したところ、
ネットワーク名やIPアドレスなどからアクセスが
システム社によるとみられることが判明したという。

「もっと動画投稿して」  朝日新聞デジタル
国吉美香、大久保貴裕
2015年4月24日07時12分
動画投稿サイト「FC2」のわいせつ動画配信容疑事件で、
逮捕された実質運営会社「ホームページシステム」(大阪市北区)元社長の
高橋人文(ともん)容疑者(38)らが、人気の高い動画投稿者に
投稿を促すメールを送っていたことが京都府警への取材でわかった。
府警は、23日の同社への家宅捜索などでパソコン149台を押収。
違法な動画で多額の視聴料を稼いでいたとみて裏付け捜査を進める。
 府警によると、高橋元社長と同じく
逮捕された社長の足立真容疑者(39)は、高い閲覧率を見込める
動画投稿者にメールを送信。
投稿数を増やす見返りに、投稿者が動画の閲覧で得られる
収益の取り分を通常の投稿者より1割多くする条件を示していたという。
 高橋元社長らは、昨年6月に大阪市の自称ネット配信業の男
=公然わいせつ罪で有罪=が投稿した性行為の様子を
不特定多数が閲覧できる状態にしたと して同容疑で逮捕された。
この男も人気の投稿者だったとされ、府警に逮捕された際、
「運営者側からポイントの還元率(取り分)を上げるから、
もっと動画を 投稿してほしいとメールで伝えられた」と供述したという。
 府警によると、FC2の会員数は昨年9月現在、2600万人。
動画を中継で見られる「FC2ライブ」の利用者は226万人で、
そのほとんどが日本人という。
ライブの視聴料やサイトの広告収入などにより、
売り上げは昨年9月までの1年間だけで
約98億円にのぼったとされる。(国吉美香、大久保貴裕)

2015.4.23 23:18更新
性行為ライブ配信 FC2会員2600万人のデータ 

押収パソコンに 
動画投稿サイト「FC2」の性行為のライブ配信をめぐる
公然わいせつ事件で、京都府警などの合同捜査本部が
インター ネット関連会社「ホームページシステム」から
押収したパソコン内で、FC2の会員情報約2600万人分が
管理されていたことが23日、分かった。
捜査本部 は、同社がFC2を日本国内で
実質運営していたことを裏付ける証拠とみている。
 捜査本部は昨年9月以降、大阪市北区にある同社などの
関係先を複数回家宅捜索し、パソコンやサーバーなど727品目
約1千点を押収していた。
パソコンは149台あり、データを解析した結果、
FC2の会員約2600万人分のIDなどの情報が管理されていた。
FC2は 13カ国語に対応しているが、
ユーザーの大半が日本人だという。
 一部の配信の視聴に必要な換金可能なポイントなどによる
収支を示すデータもあり、平成25年10月からの1年間で、
ライブ配信で約29億円の売り上げがあったことも判明。
売り上げは配信者に7割、運営サイドに
3割という比率で分けられていたという。
FC2全体での 年商は約98億円に上ったという。

2015.4.23 11:54更新 【FC2幹部逮捕】
創業者の実弟も逮捕 「事実とは違う」と容疑を否認 
動画投稿サイト「FC2動画」で性行為のライブ配信に関与したとして、
京都府警などの合同捜査本部は23日、
公然わ いせつの疑いで、大阪市北区中之島の
インターネット関連会社「ホームページシステム」代表、
足立真容疑者(39)=大阪市天王寺区清水谷町=に加え、
同社 の元社長で相談役、高橋人文(ともん)容疑者(38)
=同市福島区福島=についても逮捕した。
 京都府警によると足立容疑者は「間違いです」、
高橋容疑者は「事実とは違う」といずれも容疑を否認している。
海外に拠点を置く動画投稿サイトの運営側の摘発は全国初という。
 捜査関係者によると、高橋容疑者は、FC2の創業者の実弟。
 FC2は米国・ラスベガスに本社があるとされ、
外国語でのサービスも展開しているが、日本語のページのみに
広告が表示されることなどから、
日本向けに運営している会社が存在する可能性が高まり、
ホームページシステムが浮上した。
 その後の捜査で捜査本部は、日本国内では実質的に同社が
FC2を運営していたとの疑いを強め、昨年9月、
公然わいせつ幇助(ほうじょ)容疑で同社などを家宅捜索。
押収資料の精査などを通じて運営への関与を裏付け、
2人の逮捕に踏み切った。

2015.4.23 11:18更新 【FC2幹部逮捕】 2
わいせつ動画、リベンジポルノ
…違法動画の「インフラ」 京都府警、実態解明急ぐ
問題が指摘される動画投稿サイト 「FC2」の運営幹部の男らが
23日、京都府警などの合同捜査本部に逮捕された。
FC2動画は、わいせつ動画や著作権法違反の動画などが数多く投稿され、 
全国で投稿者の摘発が相次いでいる。
本社は米国・ラスベガスにあるとされ、動画投稿サイトに限らず、
ブログなどのサービスを各国向けに展開し、規模を拡大 してきたという。
合同捜査本部は逮捕を足がかりに実態解明をさらに進める。
 FC2動画は、投稿動画の視聴回数に応じ、

換金可能なポイントが投稿者に与えられる仕組みを確立。
違法な動画が次々と投稿され、人気サイトの一つとして定着していた。
 違法動画の投稿が相次いでいたが、これまでは警視庁などが、

米国の運営法人に対し、違法な動画投稿を防ぐための措置を講じるよう
通知を行うなどにとどまっていた。
サイバー犯罪の温床となっていながら、強制捜査の手が
運営側に及んでいなかったのには、
サイトの運営元が 米国にあるとみられていたことが大きい。
 しかし、京都府警などの合同捜査本部は、国内では実質的に

ホームページシステム社が運営していたことを突き止め、
昨年9月に公然わいせつ幇助容疑で家宅捜索。
初めて運営者サイドに捜査のメスを入れた。
 FC2に限らず、動画投稿サイトは、著作権法違反の動画やわいせつ動画、

社会問題にもなっているリベンジポルノなど、
さまざまな犯罪の「インフラ」となっているともいわれている。
 捜査本部は今回、違法動画が投稿される可能性が高いと

認識しながらサイトを運営し、性行為の配信に密接に関与したとして、
代表らを公然わいせつ事件の「共犯」として立件した。
運営者サイドにも責任を突きつけ、
これまで明らかになっていなかった実態の解明を進める。

【FC2幹部逮捕】わいせつ動画、リベンジポルノ…違法動画の「インフラ」 京都府警、実態解明急ぐ
性行為ライブ配信にメス…犯罪のインフラ「FC2動画」の実質的運営者を逮捕 京都など5府県警
【衝撃事件の核心】性行為ライブの〝温床〟に捜査のメス 端緒は「帽子君」…謎多き「FC2」野放しの背景
「犯罪のインフラ」FC2にメス 運営実態解明なるか
投稿はアウト!「ガキ使」を動画サイトに無断アップ 著作権法違反容疑で女を逮捕 京都
性行為ライブ配信 FC2会員2600万人のデータ 押収パソコンに

0 件のコメント:

コメントを投稿