慰安婦問題について、いろんな報道: 「アベの米議会演説阻止」で自爆した韓国 ハルキも動員、韓国人の「聖戦」に疲れる米国人

Translate

2015年4月27日月曜日

「アベの米議会演説阻止」で自爆した韓国 ハルキも動員、韓国人の「聖戦」に疲れる米国人

「早読み 深読み 朝鮮半島」
「アベの米議会演説阻止」で自爆した韓国 
ハルキも動員、韓国人の「聖戦」に疲れる米国人
鈴置 高史 >>バックナンバー  
2015年4月27日(月)2/7 3/7 4/7 5/7 6/7 7/7ページ

安倍晋三首相の米議会演説を阻止しようとして韓国は失敗した。
そこで次善の策として、演説の中に
「韓国への謝罪」を入れさせようとしたのだが……。
普通の人から大統領まで
鈴置:安倍首相が訪米しました。
4月28日のオバマ(Barack Obama)大統領との首脳会談に続き、
29日には上下両院合同会議で演説します。
韓国ではこの演説に対し、異様な関心が集まっています。

なぜ、韓国人が関心を持つのですか。
鈴置:韓国は国を挙げて
「アベの米議会演説阻止」に取り組んできたからです。

「『安倍演説阻止』に向けた韓国の動き」をご覧下さい。
「安倍演説阻止」に向けた韓国の動き(2015年)
2月14日 聯合ニュース「在米韓国人、安倍首相の議会演説阻止に動く」と報道
3月4日 訪米した韓国国会の鄭義和議長、安倍首相の米議会演説に関し

       米下院議長に「日本の真の謝罪と行動が必要」
3月19日 聯合ニュース「米議会、安倍総理の

        上下院合同演説を許可する方向」と報道
3月20日 韓国外務省「安倍首相は米議会演説で歴史への省察を示すべきだ」
3月29日 韓国の尹炳世外相「安倍首相の米議会演説と70年談話が

       日本の歴史認識の試金石になる」
4月2日 鄭議長、訪韓した民主党のナンシー・ペロシ下院院内総務に

      「日本の首相は米議会演説で過去を認め謝罪すべきだ」
4月2日 尹外相、ペロシ総務に「安倍演説は侵略、植民地支配、

     慰安婦に関しすでに認めた立場を具体的な表現で触れねばならない」
4月2日 朴槿恵大統領、ペロシ総務に「慰安婦問題の解決は急務」
4月16日 日米韓外務次官協議で韓国の趙太庸第1次官

       「安倍演説は正しい歴史認識を基に」と注文
4月21日 韓国国会の羅卿瑗・外交統一委員長、

      リッパート駐韓米大使に安倍首相の歴史認識について懸念表明
4月21日 WSJ「韓国政府が安倍首相の米議会演説に

       韓国の主張を反映させるべく米広報会社と契約」
4月22日 韓国の柳興洙駐日大使、戦後70年談話で

      「(侵略、植民地支配、反省の)3つの言葉を使うよう期待」
4月22日 韓国外務省、バンドン会議での安倍演説に関し「

       植民地支配と侵略への謝罪と反省がなかったことが遺憾」
4月23日 米下院議員25人「安倍首相が訪米中に歴史問題に言及し、

       村山・河野両談話を再確認する」ことを促す書簡送る
4月23日 韓国系と中国系の団体、元慰安婦とともに米議会内で会見し

      「安倍首相は演説で謝罪を」と要求
4月24日 韓国外交部「尹外相とケリー米国務長官が電話、

       歴史対立を癒す努力で一致」と発表
4月24日 ブラジル訪問中の朴大統領

       「日本に、正しい歴史認識を基にした誠意ある行動を期待」
4月24日 ローズ米大統領副補佐官「安倍首相に対し、過去の談話と合致し、

      地域の緊張を和らげるよう働きかけている」
4月24日 メディロス米NSCアジア部長

      「歴史問題は最終解決に達するよう取り組むことが重要」
普通の人が加盟する在米韓国人団体から、外務省、国会議長、

はては朴槿恵(パク・クンヘ)大統領までオール韓国の体制を組んで
「アベの演説」に横やりを入れてきました。
あたかもジハード――民族の尊厳をかけた「聖戦」のようでした。

当初は演説の阻止が目的でしたが、それが困難と分かると
演説の中で韓国に謝罪させようとしました。
もちろんメディアも「アベは謝れ!」と声を合わせています。
最近も韓国各紙が“大合唱”したばかりです。

村上春樹に飛びつく
 小説家の村上春樹氏が共同通信のインタビューに答え

「相手国が『すっきりとしたわけじゃないけれど、
それだけ謝ってくれたから、わかりました。
もういいでしょう』と言うまで謝るしかないんじゃないかな」と述べました。
 この記事は4月15日に配信されました。

関東地方では4月17日に東京新聞が第6面全面を使って載せました。
すると翌4月18日、韓国各紙は一斉に引用したのです。
 東亜日報の高美錫(コ・ミソク)論説委員は

2人の春樹の無限謝罪論」(日本語版)を書きました。
 村上氏と、和田春樹東大名誉教授の謝罪論を引用しつつ

「安倍首相の米上下両院合同会議での演説には、
慰安婦問題解決の具体的な内容が
必ず含まれなければならない」と主張したのです。
 同日には中央日報も

村上春樹氏『相手国がもういいというまで日本は謝るしかない』
(日本語版)という記事に加え、社説でも取り上げました。
安倍首相、村上春樹氏の良心の声に耳を傾けるべき」(日本語版)です。
 中央日報はいずれの記事でも「村上氏のコメントは

戦後70年談話での謝罪を避ける安倍首相に
覚醒を促したもの」と書いていますが、
米議会演説での謝罪も催促するつもりで引用したと思われます。

首相辞意の日も謝罪要求
 朝鮮日報も

ハルキ、アベに一針……『相手国がもういいと言うまで謝罪せねば』
(4月18日、韓国語版)という
東京特派員電で村上氏の主張を報じました。
 韓国では4月に入ると

「韓国が期待するほどには安倍首相は謝らない」
との見方が次第に広がりました。
これに連れ、メディアの謝罪要求は日増しに激しくなりました。
 KBSは「米議会でちゃんと謝らないと、

アベは今夏の戦後70年談話で『きちんと謝罪しろ』と、
米国からさらなる圧力を受けるぞ」と威嚇しました。
 ここまで来るともう、捨て台詞です。

起立拍手と安倍総理の米議会演説」(4月20日、韓国語)がそれです。
 汚職スキャンダルで韓国の政局は大混乱。

4月20日には、朴槿恵大統領が外遊中と言うのに
首相が辞意を表明しました。
そんな中でも韓国メディアは「謝罪要求」を忘れませんでした。

「歴史カード」を磨く
韓国人はなぜ米議会での、

つまり第3国での演説にまで介入するのでしょうか。
鈴置:議会演説が固まった頃の、中央日報の

韓国、『安倍首相の米議会演説』悪材料?…対米外交失敗に映らないか負担
(3月20日、日本語版)が、彼らの思いを率直に書いています。
以下です。
韓国外交部が安倍首相の米議会演説という悪材料にぶつかった。

日本がこれを「免罪符」として活用する可能性があるからだ。

 朴槿恵大統領は慰安婦問題で

「日本が謝らない限り首脳会談はしない」と
強硬な謝罪要求を掲げてきました。
しかし日本はなかなか折れてこない。
そこで外交部は米国をして日本に圧力をかけ、
謝罪させようとしていました。

 そんな状況下で米国が議会での演説を許せれば、

アベは米国から免罪符を貰ったといい気になって
今後、韓国に謝らなくなる――と韓国人は懸念したのです。
 そもそも「歴史カード」は韓国の大切な武器です。

韓国は「慰安婦」や「植民地支配」を振りかざすことで、
日本に対し外交的にも精神的にも
「上位」の立場を保とうとしてきました。
 このカードは内政でも貴重です。

これらを使って反日気分を盛り上げ、自身への批判をかわすのが
歴代政権の困った時の手口です。
このため韓国は、機会あるごとに日本に謝らせ
「歴史カード」を磨いておく必要があるのです。

なるほど。日本の首相が米国に行った時にも

謝罪させておかないと統治の武器が鈍ってしまう、
ということですね。
鈴置:その通りです。

日本人には「免罪符を米国が発行する」
という発想も分かりにくいでしょうけれど。
韓国らしいというか、事大主義そのものです。

「カネでつかんだアベ演説」

この記事の見出し「対米外交失敗に映らないか負担」の意味は?

鈴置:大統領に怒られないか外交部が頭を抱えている、

ということでしょう。記事は以下のようなくだりに続きます。

外交部はさまざまな経路で安倍首相の演説への懸念を

米国側に伝えてきた。
そして日本の歴史認識問題に対する韓国の外交戦略が
ある程度の成果を出していると判断していた。
それだけに安倍首相が演説をすることになれば、
努力が水の泡とならないか懸念している。
今後、外交部は安倍首相の演説に過去の歴史に対する

反省などが入るよう外交力を集中する計画だ。
外交部関係者は
「演説の反対給付として過去の歴史に対する
正しい認識などが入るよう多様な経路を通じて要請している」
と述べた。

 この記事は3月20日に掲載されたものです。

先ほど申し上げたように、演説阻止に失敗したこの頃から、
韓国は演説内容を自分の思い通りにすることに
闘争目標を切り替えました。
同時に「日本のカネに負けた」と言い出します。

 中央日報の

日本、金・人脈がつかんだ『議会演説』…力で劣った韓国外交
(3月20日、日本語版)がそれです。

 なおこの記事は「日本がカネで勝った」ことを示す

具体的な証拠は提示していません。
韓国外交部の負け惜しみでもあり、
大統領と国民への言い訳でもあるのでしょう。

 さらになお、4月21日のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は

「South Korea Hires PR Agency Ahead of Abe Speech」
「韓国政府が、安倍首相の米議会演説に
韓国の主張を反映させるべく、米広報会社と契約した」
と報じています。 

押し掛ける韓国人、うんざりする米国人
韓国民挙げての「聖戦」の舞台にされて、

さぞ米国人も困っていることでしょう。
 

鈴置:ええ、米国人もうんざりしています
3月以降、米国の外交・安全保障関係者のもとに
韓国人が押し掛けてきては
「アベの演説をやめさせろ」とうるさく言ってきたからです。

 米国の外交関係者が日本人に会うたびに

「日韓関係は――韓国は何とかならないのか。
韓国人にはほとほと疲れた」とこぼすのが恒例になったそうです。

韓国人は米国の「韓国疲れ」に気がつかないのですか。

鈴置:一部の識者は懸念しています。

ヴァンダービルドというペンネームを使って韓国外交を
厳しく批判する識者が「自殺点と韓国疲労症
(4月3日、韓国語)なる記事を書きました。

 「『安倍演説阻止』に向けた韓国の動き」にも入れましたが、

ナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)米下院民主党院内総務が
訪韓した時の話です。
趙甲済(チョ・カプチェ)ドットコムに載せた記事のポイントを翻訳します。

哀れでもどかしい国
2007年に米下院が「慰安婦決議案」を採択した時の議長とはいえ、

韓国の国会議長、外交部長官、大統領から繰り返し慰安婦など
過去の歴史を聞かされて、
ペロシ議員もさぞ疲労感を覚えたと思われる。
米国など重要国の政治家は、訪韓すると必ず

「慰安婦」「性奴隷」「侵略」「人類の平和」を
聞かされるのが定番コースとなった。
(この政権は)「謝罪がない限りアベとは会わない」との、

自ら作った束縛から逃れようと
「日本に謝罪させてくれ」とすがりついているのだ。
その姿は哀れであり、もどかしくもある。

 日本への執拗な謝罪要求が米国の「韓国疲れ」を呼んだ。

オウンゴールになるぞ
――とヴァンダービルド氏は警告しているのです。

 なお、ペロシ院内代表は

「米議会でのアベ演説に謝罪を入れさせろ」
という韓国の要求を受け流しました。

 ソウルでの記者会見で

「彼(安倍首相)がどんな方法であれ謝罪することを望む」
としつつも「必ずしも(米国)議会で行う必要はない。
彼が(謝罪)声明を出すならば、他国でするよりは
おそらく自国でするだろうと考える」と答えています。

 以上はハンギョレの

ペロシ前米国下院議長『安倍首相は慰安婦謝罪声明を出すべき』
(4月2日、日本語版)で読めます。

肉弾阻止はやり過ぎ
ヴァンダービルド氏の意見は、

例によって韓国では少数派なのでしょうね。
鈴置:韓国メディアの中でこの人1人が朴槿恵外交に対し直言する、

というケースが目立ちました。
でも「韓国疲れ」に関しては、数は多くありませんが
大手メディアの記者も言及しました。

 朝鮮日報のイム・ミンヒョク記者は

すぐに出る米国の外交成績表
(4月3日、韓国語版)を書きました。要旨は以下です。
安倍首相の米議会演説に対しては「韓国の対米外交の失敗」

「我が国の外交官はなぜ、演説を阻止できなかったのか」との批判がある。
だが、これをもってワシントンが「韓日歴史問題で
日本の手を挙げた」と解釈すべきでない。
メディアや市民団体だけではなく、政府までが他国の首相の演説を

「肉弾阻止」すれば、韓国はやり過ぎと見なされ逆効果となるだろう。
ある外交官OBは「韓日戦ではない、他のすべてのゲームまで
日本が負けるようにするなんて不可能」と言う。
韓国外交の成否は演説の有無ではなく、

安倍演説の内容とそれへの米国の評価だ。
その評価こそが、歴史に関連した我々の論理が
米国の朝野にどれだけ浸透しているかを図る最高の尺度である。

 イム・ミンヒョク記者は

「韓国の主張を米国で浸透させること」
の重要性は強調していますが「やり過ぎ」に対しては
強く批判しています。

米議会闘争の次は……

 中央日報の「外交課題になった歴史の捕虜=韓国

(4月20日、日本語版)は「韓国疲れ」には直接は言及していません。
が、歴史にこだわることの危うさを指摘しました。
米国の韓国に対する視線が厳しくなっていることが
背景にあると思われます。

 書いたのはチェ・ビョンゴン・ワシントン特派員で、

記事の冒頭に米国が日本との「過去」を
どう扱っているかを記しました。
安倍首相の演説をめぐり、米国内の戦争捕虜支援団体が

反対声明を出した。 
しかしこれがすべてではない。

米国防総省は「過去の敵は現在の友」と題した
太平洋戦争に関する動画をユーチューブに載せた。
動画では米軍参戦勇士が

太平洋戦争当時の激戦地である硫黄島を訪問し
「我々は以前(日本と)敵だったが、今は友人」と話す場面が登場する。
日本を訪問したデンプシー米統合参謀本部議長が

安倍首相を表敬訪問し「米国と日本の“絆”はこれ以上強くなりえない」
と評価した直後だった。

謝罪は無限だ
韓国人は「米議会闘争」の次は何を日本に仕掛けるのでしょうか。
鈴置:米議会での安倍首相の演説が、韓国人にとって

満足のいくものならいったんは矛を収めるかもしれません。
でも、韓国人が満足することはまずあり得ません。

 そこで「戦後70年談話」に焦点を当てて闘争を展開することになるでしょう。

4月22日に柳興洙(ユ・フンス)駐日大使が都内で講演した際にも、
戦後70年談話には「(侵略、植民地支配、反省の)
3つの言葉を使うよう望む」と述べています。

本当に「3つの言葉」で収まるのですか、韓国は。
鈴置:韓国にとって、日本に謝らせることそのものが外交得点であり、

国内対策でもあるのです。
日本が何と謝ろうと、困った時には
「やっぱり不十分だった」と再び謝罪を求めてくるでしょう。

 先ほど、東亜日報の高美錫論説委員のコラムを引用しました。

見出しが「無限謝罪論」であることを思い出して下さい。

なるほど、「謝罪は無限に続くべき」なのですね。


「世界で孤立し自滅する日本」
鈴置:そこです。「無限」という言葉に韓国人の本音がよく現れています。

村上春樹氏は無限に謝罪しよう、とは主張していません。
「相手が納得するまで」と言っているのですが、
韓国人は納得するつもりは全くないので
謝罪は無限に続く」ということになるのです。

 もっとも、それとは正反対の「反日限界論」も登場しました。

4月21日にヴァンダービルド氏が
残念ながら『反日祭り』は終わった
(韓国語)という記事を書いています。
要点を訳します。
これまで米国は韓国の反日感情に考慮して、

歴史問題については日本に多くの圧力をかけてきた。
「反日」は対国内、対日、対米の3つの面で効果を発揮してきた。
しかし、国内用を除きもう、効果がなくなったことがはっきりした。

韓国の反日に日本が露骨に対抗し始め、
米国も問題視し始めたからだ。
その背景には中国の拡張的な動きがある。
世の中が根本的に変わっているのに、韓国人は全く気づいていない。

なぜなら韓国メディアは依然としてハトヤマ、ムラヤマ、
カン・ナオトのような日本でも宇宙人扱いされる人々の
例外的な意見ばかりを載せているからだ。
「日本に一針」式の記事に慣れた韓国人は

世界が「反日」で満ち溢れ、
日本が孤立し自滅の道を歩んでいると思い込んでいる。
国際的な勢力均衡を崩し始めた中国を懸念する米日が、

中国と協力して反日を固守する韓国をどう見るだろうか。
私たちは「反日」を感情次元ではなく、
国の安全保障の観点からコントロールすべきだ。

日本を許す米国は許さない
「謝罪や反日は無限どころか、

そろそろ限界だぞ」という意見ですね。

鈴置:そうです。ここまではっきりとは書かないけれど

「日本との関係を改善すべきだ」との意見が
韓国紙に相次ぎ載るようになりました。

 「慰安婦」で国を挙げて頑張っても、

思い通りに米国を動かせない。
それどころか、韓国を置き去りにして
日米関係は深まる一方だからです。

 それに4月22日、インドネシアのバンドン

で習近平主席も安倍首相と会うなど、
中国も日本との関係改善に動きました。

 「日本を孤立させた」と政府や

メディアが言うので喝采を叫んでいたら、
実は韓国が孤立していたではないか
――と韓国人も朴槿恵外交を疑い始めたのです。

 しかし一方では、東亜日報がいみじくも書いたように、

韓国では「無限謝罪論」が常識です。

 気になる記事があります。

韓国人の心の奥底を覗いては日本語で解いてみせる
シンシアリー氏が
「韓国は、安倍談話をきっかけに、
中国との関係を深めることになるでしょう」と断言したのです。

あのシンシアリー氏が断言したのですか。
反日を捨てられない韓国は中国に行く

鈴置:だから不気味なのです。

4月10日の
共通点と、皮肉な矛盾~儒教とプロテスタンティズム~
と言う長いブログの、最後のくだりです。

 過去よりも現在が大事な米国と、過去の「恨(ハン)」を

永遠に引きずる韓国は、いつかは価値観が衝突する。
米国が日本の過去を許せば、反日を捨てられない韓国人は
米国を離れ中国に向かう――との見立てです。

結局、韓国は「反日共闘」のためにも中国側に行くのか、

米国との同盟を維持するために「反日」を自制するのか、
どちらなのでしょうか。

鈴置:今時点では判断できません。

1つ言えることは、どちらに向かうにしろ
それに必要な指導力が
朴槿恵政権にあるとは思えないことです

0 件のコメント:

コメントを投稿