慰安婦問題について、いろんな報道: 漂着ゴミの流出元、韓国が最多…中国からも多数

Translate

2015年4月6日月曜日

漂着ゴミの流出元、韓国が最多…中国からも多数

住友金属鉱山の日向精錬所の違法廃棄物処分を学ぶ
漂流・漂着ゴミの実態(平成19年度、20年度)


番外編  韓国ノリに発がん性の疑い 

韓国から証拠の危険物が海岸に漂着、
撤去に巨額税金 2014.06.12

漂着ゴミの流出元、韓国が最多…中国からも多数
2015年04月06日 07時42分 YOMIURI ONLINEホームへ
日本の海岸に漂着するペットボトルやライターの流出元について
環境省が調査したところ、日本海沿岸では
韓国が最も多かったことがわかった。

 中国からも多数の漂着があり、沿岸の自治体は、
漂着ゴミの実態を海外の関係者に知らせる取り組みを検討している。

 同省は2010年度から、山口県下関市や長崎県対馬市、
石川県の日本海側3地点と、沖縄、鹿児島、茨城、兵庫4県の計7地点の海岸で
実態調査を開始。年に1~2回、漂着物を収集し、
このうちペットボトルとライターについては、印字された文字から流出元を推定した。

 同省は13年度までの4年間で、ペットボトル3802個の流出元を推定。
日本海側3地点が約6割の2197個を占めた。
3地点での内訳は、韓国が最多で1080個(49%)、中国が573個(26%)
日本が460 個(21%)だった。
このほか沖縄県石垣市では571個(81%)が中国と推定された。
ライターは823個の流出元を推定。
うち、日本海側3地点が627 個と約8割を占め、韓国232個(37%)、
日本186個(30%)、中国177個(28%)の順だった。

 こうした現状を受け、山口県や長崎県はそれぞれ今年秋頃をめどに、
国際会議を開く予定。韓国など海外の関係者を招き、
流出防止策について協議することなどを検討している。
環境省:Ministry of the Environment
                 ▼平成16年度 全国漂着ゴミマップ
漂流・漂着ごみ対策
海上保安レポート 2004
                  海洋環境保全対策
20150406105053_63_1
                  悪いのは宗主国様だそうです。


0 件のコメント:

コメントを投稿