慰安婦問題について、いろんな報道: サンタクロースの追跡もしている北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)、米国:分析北朝鮮、核搭載可能ミサイルを実戦配備

Translate

2015年4月8日水曜日

サンタクロースの追跡もしている北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)、米国:分析北朝鮮、核搭載可能ミサイルを実戦配備


毎日新聞 2015年04月08日 20時58分
【ワシントン西田進一郎】
北米大陸を防衛する北米航空宇宙防衛司令部
NORAD)のゴートニー司令官は7日、国防総省で記者会見し、
北朝鮮が小型化した 核弾頭を搭載することのできる 
移動式大陸間弾道ミサイル(ICBM)「KN08」を
既に実戦配備しているとの見方を示した。



発射前に探知するのは難しいと したが
「米国に向かってくれば撃墜できると確信している」と語った。
KN08は、北朝鮮が開発中の米本土にも到達可能とされる新型のICBM。
北朝鮮の軍事パレードで登場したが、発射実験などは確認されておらず、
能力や信頼性は不明だ。
 ゴートニー氏は「北朝鮮が核兵器を(小型化して)KN08に搭載し、
米本土を狙って発射する能力を持っているというのが、
われわれの評価だ」と語った。
既に運用可能な状況だと分析し、
米軍として発射に備えていることも明らかにした。
 一方、米ジョンズ・ホプキンズ大の米韓研究所は同日、
北朝鮮の核ミサイル能力などに関する報告書を出し、北朝鮮が
日本や韓国を射程圏に収める弾道ミサイルを約1000基保有しているとの分析を
発表した。同研究所は最悪の場合、2020年までに北朝鮮が
100発の核弾頭を保有する可能性があると警告 している。

海国防衛ジャーナル  KN-08
●(2015年04月08日) 北朝鮮:新型弾道ミサイル?を試射する兆候
●(2014年03月06日) 北朝鮮の新型移動発射式弾道ミサイル「火星(ファソン)13」
●(2013年04月09日) ミサイル防衛(PAC-3)無効論を斬ってみる
●(2013年04月04日) 北朝鮮の弾道ミサイルに備え、THAADのグアム配備決定
●(2013年03月16日) 北朝鮮のKN-08迎撃のためにアメリカがGBIを追加配備
●(2013年02月17日) テポドンよりも実戦向き!北朝鮮新型弾道ミサイル「KN-08」とは?
●(2013年02月12日) 北朝鮮が3度目の核実験強行 今後のポイント
●(2012年04月27日) 北朝鮮の新型長距離弾道ミサイルは模型:独専門家 NORAD Tracks Santa

Come back Dec. 1, 2015
To see what NORAD does the rest of the year,
visit us at NORAD.mil 
コロラド スプリングスに拠点を置く
シアーズ ローバック社が、子供向けに「サンタへの直通電話」を開設したときに、 
誤った電話番号を広告に掲載したのがきっかけとなって始まりました。 
サンタにつながるはずのその番号は、なんと CONAD の司令長官の
ホットラインの番号だったのです。 
子供たちからの電話を受けた当時の司令官ハリー シャウプ大佐は、
サンタが北極から南に向かった形跡がないか部下にレーダーで確認させました。 
そして、電話を掛けてきた子供たちに
サンタの現在地の最新情報を順次伝えたことから、この伝統が生まれました。
1958年、カナダと米国の両政府は「北米航空宇宙防衛司令部(通称 NORAD)」
として知られる両国が共同運営する北米防空組織を創設しました。 
そしてそれが、サンタの追跡という伝統も引き継いだというわけです。

北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)では、毎年、特設サイト
「NORAD Tracks Santa」が設置され、 2014年も、12月1日より以下の特設サイトにて
オフィシャル・カウントダウンが始まりました。
英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、
中国語、日本語で配信! .
2014 Norad Tracks Santa Trailer  NORADTracksSanta
別冊戦争映画観戦記 ここは「ATFの戦争映画観戦記」の
元管理責任者ATF観戦武官長のブログです。
戦争映画や軍ヲタ向け動画の情報を中心に紹介しております。
since2010.6.21 【引用した動画は予告なく削除されている場合があります】 
それは偶然の出来事から始まった・・・
以下、私ATFの想像を多いに含みます

この〝サンタの追跡〟作戦が開始されたのは、実は今から60年近く前の

1955年の事だそうです。ご存じの通り、1955年と言えば東西冷戦の真っ只中。
切欠は、この年のクリスマス商戦。コロラド州にある大手スーパーチェーン

のシアーズ(Sears)が、クリスマスのおもちゃ販売キャンペーンとして
〝サンタクロースと話せる電話(サンタ・ホットライン)〟と言う企画を立案し、
早速専用電話回線を開設。そしてクリスマス・イブ当日の新聞紙上広告に、
その電話番号を掲載しました。
シアーズ側は本部の専用電話の前にサンタ役のスタッフを何人も揃え、

万全の態勢でスタンバイしていました。
ところが、そのサンタ・ホットラインには
1本の電話も掛かって来ませんでした・・・一体何故?
実は新聞広告に掲載されたサンタ・ホットラインの

電話番号が間違っていたのです。
そして、その間違った電話番号は、よりによってとんでもない
・・・誰の予想にも寄らない場所の電話番号でした。
その日・・・合衆国空軍中央防衛航空軍(CONAD/NORADの前身)の司令部では、

当直のハリー・W・シャウプ空軍大佐が当直指揮官として任務についていました。
彼は戦闘機パイロット出身の空軍士官。
折角のクリスマスに当直に当たってしまい家族と過ごせず、
ちょっと残念な気分でいました。

そんなシャウプ大佐が座る指揮官デスクの上に置かれた電話が
突然鳴り響きました。
実は、この電話は国防総省と直通のホットライン電話で、
シャウプ大佐の上官である
全米防衛空軍司令官アール・E・パートリッジ空軍大将と繋がっていました。
この直通電話が掛かってくると言う事は、何か不測の非常事態が発生したと
言う事に他ならない・・・核ミサイルが発射されたのか、
所属不明の航空機が領空に侵入したのか、すわ第三次大戦の勃発か?
緊張しながらも、素早く受話器を取り上げたシャウプ大佐・
・・受話器に向かい・・・
こちらシャウプ大佐であります
と答えた。

暫く時を置いて受話器の向こうから聞こえてきたのは
パートリッジ大将の声ではなく、どことなく怯えた様な、不鮮明な、
何か子供の様にか細い声でしたが、まさかそんなはずはありません。
閣下、シャウプ大佐であります。どうされましたか?
と良く訓練された軍人らしい、はっきりと明瞭な声で問いかけました

・・・すると受話器の向こうから、
・・・ほんとにサンタさんなの?
と言う幼い声が聞こえてくるではありませんか。

シャウプ大佐は司令部の部下の誰かが、
クリスマスなのでイタズラ電話を掛けているのではないかと思い、
司令部内の部下達を見回しました。
しかし部下達みんなホットラインが鳴った事に気付き、
何事か起こったのかとシャウプ大佐の動向に注目しています
・・・すると、この電話の主は誰なのか。
そしてシャウプ大佐は確認の為、
受話器の向こうの声の主に対して再び話し掛けました・・・
・・・すまないが、もう一回言ってくれないか?

すると、また
・・・ほんとにおじさんはサンタさんなの?
という返事が返って来ました。

シャウプ大佐はこの時の事を、後にこう回想しています
・・・「おお、何てこった!と思ったね。
今でも忘れもしないよ。」すわ第三次大戦勃発か、
何て緊張した空気を一発で吹き飛ばす、
実に間抜けな光景だったそうです。
サンタ・ホットラインの電話番号として新聞広告に掲載された電話番号は、

全くの偶然にも最高機密であるはずの国防総省とCONAD司令部との
直通ホットライン電話の番号だったのです・・・
そんな訳で電話の向こうの主・・・子供は、電話に出た人物を

サンタクロースだと思っていたのです。
「サンタさんと話せる電話」だと思って電話を掛けてきたんですから。
この不測の事態に際しながらも、即座に最良な判断を求められる

戦闘機パイロット出身のシャウプ大佐は、優秀な軍人として
臨機応変で的確な対応をやってのけました。
電話の相手は、電話の主をサンタだと信じて電話を掛けてきた子供です。
その夢を壊す訳にはいきません・・・咄嗟の機転で
残念だが私はサンタではないんだよ。

でも今、サンタの住んでいる北極から、サンタが飛び立ったのを
追跡・監視して、よいこのみんなのところに
何時頃到着するかを確認する任務に就いているんだ・・・云々。
なんて事を受話器の向こうの子供に対して話聞かせました。

そして、その後次々に続々と掛かってくるホットラインに対し、
シャウプ大佐は全て同様の応答を続け、部下がレーダーで
サンタを追跡した結果のサンタの現在位置を伝え続けたのでした。
その後シャウプ大佐は、このハプニングを上官のパートリッジ大将に報告します。

本来ならば、この事件によって重大な国防任務が妨害されてしまったので、
国防総省は間違った広告を掲載した新聞や広告主のシアーズに対し、
厳重抗議をするところ。
しかしながら国防総省は、このハプニングをアメリカ式ジョークとして快く受け入れ、
更にはこの後CONADのクリスマス時特別任務として
〝サンタの追跡〟任務が追加される事になったのです。
そしてシャウプ大佐は、この一件以来一躍有名になり、
全米の子供たちから〝サンタ大佐〟と言う〝光栄なニックネーム〟
で呼ばれる様になりました。


1998年以降NORADは毎年クリスマス・イヴになると、
サンタの出発を〝レーダーで確認〟し、その飛行を
〝イージス艦や偵察衛星、世界中に設置されたサンタカメラネットワークで追跡〟、
戦闘機を発進させ、カナダのユーコンからメキシコのメキシコ・シティーまで
〝アメリカ防空領域内にいるサンタを追跡〟すると言った、
NORADが誇る有りとあらゆるハイテク設備機器を駆使して
サンタの追跡を行うシステムとなり、
現在では、これらの情報提供の為、多くの軍人や民間人スタッフが
ボランティアとして臨時司令部に待機し、
メールや電話等の応対任務に就いているそうです。

サンタ追跡
NORAD Tracks Santa
http://www.noradsanta.org/

慰安婦問題について、いろんな報道: 北朝鮮、弾道ミサイル ...
2014年11月03日
北朝鮮 弾道ミサイル発射可能の新型潜水艦建造 =韓国筋

 2014/11/02 09:56 【ソウル聯合ニュース】 韓国の政府筋は2日、
北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を搭載できる新型潜水艦を
建造したと明らかにした。ロシアが1958年に ...
2015年3月18日
THAADは韓国民守るシステムだ」 中国の懸念表明に米韓反発。
韓国企業が在日米軍の整備事業を落札の“筋違い” 
日本の安全保障はゆゆしき事態だ。
日韓、米経由で情報共有 北朝鮮の核・ミサイルで3カ国合意。
韓米日防衛秘密共有覚書 ...

0 件のコメント:

コメントを投稿