慰安婦問題について、いろんな報道: 安倍首相、慰安婦問題に言及  「人身売買の犠牲」 朝日新聞。

Translate

2015年4月28日火曜日

安倍首相、慰安婦問題に言及  「人身売買の犠牲」 朝日新聞。

米ケンブリッジのハーバード大学ケネディ行政大学院で27日、
講演する安倍晋三首相=飯塚晋一撮影 


「人身売買の犠牲」
ケンブリッジ〈マサチューセッツ州〉
=大島隆、村山祐介
2015年4月28日02時25
訪米中の安倍晋三首相は27日、
ハーバード大学ケネディ行政大学院で講演した。


講演後の質疑応答で、旧日本軍の慰安婦問題について
「人身売買の犠牲となって筆舌に尽くしがたい思いをした方々のことを思うと、
今も私は胸が痛い。
この思いは歴代の首相の思いと変わらない」と話した。
 首相は、「河野談話について継承することは何回か申し上げてきた。
このような立場から慰安婦の方々の現実的救済の観点から、
様々な努力を積み上げてきた」
「20世紀には紛争が 起こると女性の人権が深く傷つけられた。
21世紀はそういう世紀、時代にしてはならない」とも語り、
日本政府として戦時下の性暴力をなくすことに取り組ん でいくとした。
 首相は3月のワシントン・ポストのインタビューでも
「人身売買の犠牲となり、筆舌に尽くしがたい痛みと苦しみを経験された人々を
思うと心が痛む」と話しており、同様の言い方をしたものだ。
 首相はまた、中国・韓国との関係について
「日本は先の大戦に対する深い反省の中で平和国家としての歩みを続けてきた。
中国や韓国との関係改善にさらに努力する」と発言。
一方で、「中国の南シナ海や東シナ海における振る舞いに対して
日本を含めアジアの多くの国が懸念を持っているのは事実であり、
軍事費の拡大についてもそうだ。
地域の責任ある大国として平和的な台頭を求めていきたい」とも述べた。
 会場の外ではハーバード大学の学生ら数十人がデモをし、
慰安婦制度の運営に日本が国家として
関与したことを認めるよう安倍首相に求めた。
 首相は28日にワシントンでオバマ大統領と会談し、
29日には日本の首相として初めて、米議会の上下両院合同会議で
演説をする予定だ。(ケンブリッジ〈マサチューセッツ州〉=大島隆村山祐介

安倍首相「先の大戦に深い反省」
ガジェット通信=米学生相手に質疑応答[時事]
 DATE:2015.04.28 00:14 時事通信社
【ボストン時事】安倍晋三首相は
27日午前(日本時間同日夜)、
ハーバード大学ケネディスクールを訪れ、学生を前にスピーチした後、質疑に応じた。 
アジア地域の緊張緩和策を問われたのに対し、首相は
「日本は先の大戦に対する深い反省の中で、
                 平和国家としての歩みを70年間続けてきた」
と強調した上 で、中国、韓国との関係改善に引き続き努める考えを示した。
 いわゆる従軍慰安婦問題に関し、
学生が「政府と軍の関与を否定するのか」と質問。
首相は「人身売買の犠牲となり、筆舌に尽くしがたい思いをされた方々のことを思うと、
今でも私は胸が痛む」と述べた。
旧日本軍の関与を認めて謝罪した河野洋平官房長官談話について
「継承することは今まで何回か申し上げ ている」とも語った。
 これに先立ち、首相は2013年4月に発生した
ボストンマラソン爆破事件の現場を昭恵夫人とともに訪れ、献花した。 [時事通信社

0 件のコメント:

コメントを投稿