慰安婦問題について、いろんな報道: 【戦後70年】安倍談話を考える[桜H27/8/18]。読売、首相、独自「カラー」抑える…過去の談話を継承。朝日、安倍談話、発表の舞台裏 「おわび」最後の最後に引用。70年談話有識者懇、報告書。“謝罪”盛り込まない方向で最終調整。#村山談話 の「#侵略・おわび」、 #安倍首相 「再度書く必要ない」

Translate

2015年8月18日火曜日

【戦後70年】安倍談話を考える[桜H27/8/18]。読売、首相、独自「カラー」抑える…過去の談話を継承。朝日、安倍談話、発表の舞台裏 「おわび」最後の最後に引用。70年談話有識者懇、報告書。“謝罪”盛り込まない方向で最終調整。#村山談話 の「#侵略・おわび」、 #安倍首相 「再度書く必要ない」


【戦後70年】安倍談話を考える[桜H27/8/18] SakuraSoTV
2015/08/18 に公開 ◆安倍談話を考える
パネリスト: 小川榮太郎(文芸評論家) 澤村修治(評伝作家)
 高山正之(ジャーナリスト) 西岡力(「救う会」全国協議会会長・東京基督教大学教授)
 水間政憲(ジャーナリスト) 三輪和雄(「日本世論の会」会長・「正論の会」代表)
 渡邉哲也(経済評論家)  司会:水島総
2015年08月15日 08時53分 YOMIURI ONLINEホームへ
14日に閣議決定された戦後70年談話を巡り、
安倍首相は自らの「カラー」を打ち出すことにこだわってきたが、
結果としては「歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎない」として、
過去の首相談話を継承した。 
 「私はこれからも、謙虚に、歴史の声に耳を傾けながら、
未来への知恵を学んでいく姿勢を持ち続けたい」
 首相は14日の臨時閣議の後の記者会見で、談話についてこう強調した。
 首相は以前から過去の植民地支配と侵略への謝罪を表明した「村山談話」
(1995年)の見直しに意欲を見せてきた。
 2012年9月には、当時野党だった自民党の総裁選への出馬表明後、
テレビ番組に出演し、戦後70年にあたる15年に、
「村山談話」に代わる新たな談話を打ち出す考えを表明。
政権交代の後に「安倍談話」を作成する考えを明らかにした。
「おわび」最後の最後に引用
冨名腰隆  2015年8月15日08時48分
安倍晋三首相が14日、
戦後70年の談話(安倍談話)を発表した。
かつて戦後50年の村山談話を「一面的」と批判し、
当初は上書きを目指した首相だが、歴史認識をめぐる表現は
周囲の進言にも配慮して最終的に文言は踏襲した。
ただ、この談話が幅広い層に受け入れられ、
信頼を勝ち得るかは見通せない面もある。
 「8月は、私たち日本人にしばし立ち止まることを求める」
 14日午後6時過ぎ、首相官邸。地元・山口から帰京して会見に臨んだ首相は、
こう切り出した。首相は談話を20分以上かけて読み上げ、
「一部を切り取って強調するより、
談話全体としてのメッセージを見て受け取ってほしい」と訴えた。
 談話の文言をめぐる調整は最終盤まで続いた。
 戦後50年の村山談話と 戦後60年の小泉談話は、
先の大戦における「植民地支配と侵略」によって
多大の損害と苦痛を与えた事実を認め、「痛切な反省」と
「心からのおわび」の気持ちを表明した。
二つの談話を「全体として引き継ぐ」と繰り返していた首相だが、
4月の民放番組では
「同じ単語を入れるのであれば、談話を出す必要はない」 とも語っていた。
 首相は8月に入り、与党幹部や閣僚らに根回しを始めた。
5日に自民党の谷垣禎一幹事長と二階俊博総務会長を個別に官邸に呼び、
原案を示して同意を求めた。
翌6日には稲田朋美政調会長のほか、公明党の太田昭宏国土交通相ら
閣僚が次々と官邸を訪ね、原案を示された。
複数の政権幹部は、この時点では
「原案にはおわびにつながるような表現は見当たらなかった」と打ち明ける。
 7日夜、官邸近くの日本料理店で首相と谷垣氏、 
菅義偉官房長官が公明党の山口那津男代表と井上義久幹事長と向き合った。
この場で原案を見せられた公明側は、過去の談話を念頭に
「歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないもの」と記された部分について、
「それが何を示すのか、国民や国際社会に
意味が伝わるようなものにしてほしい」と求めたという。
村山、小泉両談話の趣旨をより明確に踏襲すべきだとの要求だ。
 首相は最終的に安倍談話でも、過去の談話の
「痛切な反省と心からのおわび」という表現を引用した。
侵略については、武力の威嚇や行使を「国際紛争を解決する手段としては、
もう二度と用いてはならない」、植民地支配は「永遠に決別」と言及した。
 この日の会見で、首相は
「より多くの皆さんの賛同をもらえるものを、と考えた」と繰り返した。
だが、当初目指していた内容とはかけ離れたものとなったことは明らかだった。
 2009年の雑誌「正論」の対談で、首相は村山談話を
「あまりに一面的」と批判し、
「村山さんの個人的な歴史観に、日本がいつまでも縛られることはない」と断じた。
会見では、今回の談話と過去の発言の整合性を問われたが、
「日本がどのような国を作り上げていくべきか、
戦後70年の大きな節目にあたって取りまとめた」などと述べ、
正面からは答えなかった。

■有識者会議が思わぬ展開
 首相にとって、安倍談話を出すことは第1次政権からの悲願だった。
09年の雑誌「WiLL」のインタビューで、政権時代を振り返ってこう語った。
「総理になった時、村山談話を踏襲すると言った。
できれば、歴史認識に立ち入らない安倍談話を出したかった」
 その思いは再び首相に返り咲いた後も続いた。
今年2月に有識者会議「21世紀構想懇談会」を立ち上げ、
周到に準備を進めてきた。
 だが、国会では首相が最優先課題に掲げる安全保障関連法案の審議が難航。
衆院憲法審査会に招かれた憲法学者から6月、安保法案について
「憲法違反」との見解が飛び出した。
野党や世論の批判が高まり、政権は戦後最長の9月末までの会期延長を
選択せざるを得なくなった。
 政府は「7月末には安保法案を成立させ、静かな環境で
8月の談話を迎える」(政権幹部)ことを目指した。
だが、国会開会中の談話の発表を余儀なくされ、首相周辺は
「安保法案への影響を考え、
野党に攻撃材料を与えるような談話は出せなくなった」と語った。
 国民に支持を広げる目的で設置した有識者会議も、思わぬ方向に進んだ。
会議では、従来の首相の主張とは異なる歴史認識が相次いで示された。
今月6日に提出された報告書は、先の大戦における
日本の侵略と植民地支配の事実が明記されるなど、
結果的に有識者会議の存在が首相を追い込む流れを生み出して いった。
 談話発表後の14日夜、NHK番組に出演した首相は、
「侵略の主語がはっきりしていない。
日本が侵略したという認識なのか」と問われると、
言葉を選びつつ、こう語った。
 「なかには侵略と評価される行為があった。私もそう思います」

■「らしさ、何もない」党内からも不満
 安倍談話は過去の村山・小泉両談話のキーワードを用いる一方、
歴史認識については直接の言及や評価を避ける「間接話法」が目立った。
バランスに配慮した結果だが、そのあいまいな姿勢が
親安倍・反安倍の双方から不評を買った面も否めない。
 自民党のベテラン議員は
「かなり苦しい内容だった。安倍さんらしさなんて、何もない。
少なくとも新味はない」と不満を漏らす。
首相の政策的ブレーンとされる保守系団体「日本会議」の幹部は
「いろいろ政治状況が難しかったのだろう。仕方がない」とこぼした。
 一方、村山談話を出した村山富市元首相は
「(村山談話を)否定もしていないし、踏襲もしていない。
引き継がれた印象はない」と強調。
その上で「(安倍首相は)もっと本心を素直に、
きちんと述べた方が良かった」と指摘した。
 自民党のある派閥会長は「あちこちに配慮した結果、
キーワードを全部入れざるを得なかったのだろう」と評しつつ、こう漏らした。
「談話を出さないことが、一番良い選択だったかもな」(冨名腰隆)

2015年8月11日火曜日
【安倍晋三】戦後70年談話と自民党総裁選、
20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための
有識者懇談会を終え、記者の質問に答える西室座長(21日午後、首相官邸)
70年談話有識者懇「欧米交え歴史研究を」 近く報告書
2015/7/22 0:58日本経済新聞 電子版
 安倍晋三首相が発表する戦後70年談話を巡って有識者が話し合う
「21世紀構想懇談会」は21日、最終会合を開いた。
近く報告書をまとめ、首相に提出する。
歴史共同研究はこれまでのように中韓両国だけでなく、
欧米諸国の研究者も交えた多国間の枠組みを提唱する見通しだ。
先の大戦への「謝罪」や「おわび」 の文言については賛否が割れており、
どういった提言をするかが焦点だ。 
首相は報告書を踏まえ、中韓両国の反応も見極めながら表現を調整し、
8月に談話を発表する。
 懇談会の座長を務める西室泰三日本郵政社長は会合後、
首相官邸で記者団に
「途中経過でどんな議論があったかを(首相は)しっかり勉強なされている」と述べた。
 報告書はA4用紙で30枚強になる見込みだ。
政府が近現代史教育を拡充する必要性を提言する。
 過去の歴史共同研究は日中間では南京事件の犠牲者数などで、
日韓間では戦時中の労働者の強制連行の問題で、それぞれ見解の対立が際立った。
有識者からは「2国間で共同研究しても歩み寄りは期待できない」との意見が出ていた
  談話の焦点となる「謝罪」や「おわび」を巡っては、有識者の間でも
「日本の侵略とアジア諸国への植民地統治が、大きな悲劇を生んだことは事実だ」
「アジア 諸国との和解に必要なのは謝罪ではない。
未来志向で交流を深めていくことが大事だ」など意見が割れた。
西室氏は21日に「まだ委員の意見を集約しきってい ない」と明らかにした。
両論併記の可能性もある。
 首相が報告書をどこまで自らの談話に反映させるかは定かではない。
首相自身は70年談話で先の大戦への「痛切な反省」を表明する意向を示しているが
「謝罪」や「おわび」を盛り込むかは明言していない。
報告書には日本が他国を「侵略」したとの 認識を盛り込む方向だが、
首相が採用するとは限らない。
 首相周辺は
「首相はおわびをするしないで悩むのは自分で最後にしたいという考えだ」と解説する。
「謝罪ばかりでは、中韓両国からいつまでも外交上の『歴史カード』に使われる」
(首相に近い自民党議員)との考えもあるようだ。
70年談話 “謝罪”盛り込まない方向で最終調整
(07/22 00:05) ANNnewsCH安倍総理大臣が夏に発表する戦後70年談話について、
政府の有識者会議が最終の会合を開きました。
これまでの議論では、「謝罪」といった表現は必要ないとの意見が相次いでいます。
 有識者会議は2月から7回にわたって行われ、
「20世紀の経験から汲(く)むべき教訓」や「アジアの国々との和解」などについて
議論してきました。
総理談話に「侵略」や「謝罪」といった表現が盛り込まれるかどうかに
注目が集まっていますが、 
有識者会議では「侵略」の定義を巡って見解が分かれた一方、
「いたずらに謝罪すればいいものではない」という意見が相次ぎました。
また、未来志向のメッセージを打ち出すべきだという点ではほぼ一致し、
近く安倍総理に報 告書を提出します。
安倍総理は報告を踏まえて、来月15日より前に戦後70年の
総理談話を発表することにしています。 

2015.7.21 22:59更新 産経ニュース
21世紀懇最終会合 70年談話
謝罪盛らず 報告書「侵略」調整へ 
安倍晋三首相が8月に発表する
戦後70年談話に関する有識者会議「21世紀構想懇談会」
(21世紀懇、座長・西室泰三日本郵政社長)は
21日、報告書のとりまとめに向けた最終会合を官邸で開いた。
月内にも首相に提出する最終報告書では、
70年談話には旧来の「謝罪」を盛り込まず、未来志向の文言に
重点を置くべきだと提言するとみられる。
ただ、先の大戦について「侵略」という文言を明記すべきだとの意見もあり、
調整を急ぐことになる。
  会合では、西室氏と座長代理の北岡伸一国際大学長が取りまとめた
素案が提示された。「20世紀の経験からくむべき教訓」
「戦後の欧米や中国・韓国との和解の道」「21世紀の日本の国際貢献のあり方」
といったこれまで6回にわたる議論を踏まえ、
最後に国際貢献の推進や歴史教育の充実などの提言が盛り込まれ た。
 会合では、提言に盛り込むべき内容や表現、
「侵略」をめぐって委員から注文があり、今後、西室、北岡両氏が調整した上で、
最終報告書をまとめる。
両氏は月内にも最終報告書を完成させ、首相に提出したい考えだ。
会合には首相と菅(すが)義(よし)偉(ひで)官房長官も出席した。
 西室氏は会合後、
記者団に「首相が掲げる『積極的平和主義』の方向付けについて、
われわれとしてまとまった考えを出せる段階に近づいたことに、
首相のねぎらいの言葉があった」と述べた。
 これまでの21世紀懇の会合では、技術協力や政府開発援助(ODA)といった
国際貢献に今後も取り組む決意を談話に盛り込むべきだとの意見が目立った。
中韓との和解については、中韓の歩み寄りも不可欠だとの認識を共有し、
談話では「謝罪」ではなく、未来志向の文言に重きを置くべきだとの意見が
大勢を占めている。 首相は最終報告書の内容を踏まえつつ、
来月15日の「終戦の日」の前に70年談話を発表するとみられる。
首相が21世紀懇を立ち上げたのは、
自身が目指す未来志向の談話発表に向けて環境を整える狙いがあり、
報告書を踏まえた未来志向の談話となる公算が大きい。
戦後70年談話 「公明党と相談」 首相、公明・山口氏と会食
国際貢献示す70年談話を 有識者会議の議事要旨
新華社も三菱マテ批判「アジアの隣国には横暴」「中国への謝罪がない」
「韓国人被害者を無視」 日本企業謝罪に韓国で批判
強制労働の元捕虜に謝罪 戦後70年で三菱マテリアル
台湾、旧国民党軍の再現軍服は「人民解放軍のもの」? ネット指摘で謝罪

戦後70年談話 安倍首相、「侵略」など「もう一度書く必要な...
(15/04/21 04:46)  FNNnewsCH
インフラ銀には「G7と懸念を共有」
安倍晋三首相は20日夜、
BSフジの番組に出演し、
今年夏に発表する戦後70年談話に関し、
過去の日本の植民地支配と侵略を認めた
戦後50年の村山 富市首相談話や
戦後60年の小泉純一郎首相談話の文言をそのまま盛り込むかどうかについて
「歴史認識においては基本的な考え方を継ぐ。引き継ぐと言っている以上、
もう一度書く必要はない」と述べた。
 村山談話などには「植民地支配と侵略」のほか「心からのおわび」が入っている。
安倍首相は「私の考え方がどう伝わるかが大切だ。
同じことを言うのであれば(新たな)談話を出す必要はない」と強調した。

  中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に関しては
「悪い高利貸からお金を借りた企業は結果として未来を失う。
アジアの一員として、そういうも のにしてはならないという思いが強くある。
米国やオーストラリア、他の先進7カ国(G7)も同じ懸念を持っている」と述べ、
参加を決めた主な国にも公平性 や透明性で懸念があると指摘した。
 その上で「中国に対してこうした懸念への答えを求めていくことで一致している。
6月にドイツで開催される主要国首脳会議(サミット)でも
議論することになろう」と述べた。

朝日新聞デジタル村山談話の「侵略・おわび」、
首相「再度書く必要ない」
2015年4月20日22時00分
 安倍晋三首相は20日夜のBSフジの報道番組で、
戦後70年の節目に出す「安倍談話」をめぐり、
戦後50年の「村山談話」などにある「植民地支配と侵略」
「心からのおわび」などの文言を使うかどうかについて、
「同じことを入れるのであれば談話を出す必要はない」と述べた。
 番組は生放送で、約50分間出演した。
首相は村山談話や戦後60年の「小泉談話」について、
「村山総理は村山総理として語られ、閣議決定した。
小泉総理の時には村山総理の談話を下敷きにしているという感じはある」とした上で、
「(同じものを出すなら)名前だけ書き換えればいいだけの話になる」と語った。
 また、「(村山、小泉両談話の)基本的な考え方を継いでいくということは
もう申し上げている」と言及。
「引き継いでいくと言っている以上、
これをもう一度書く必要はないだろうと思う」と強調した。
 中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB) については、
「まずしっかりとしたガバナンスがあるということ。そ
うしたものを見ていくことが大切だ」と指摘。
「いわば悪い高利貸からお金を借りた企業 は、その場しのぎではあっても
未来を失ってしまう。そういうものになってはならない」とし、
「前提条件が満たされるかどうか、慎重に考えていくのは当然。 
米国はもちろん、参加を表明しているG7の国々も
基本的に同じ懸念を持っている」と語った。
 21日からのインドネシア訪問にあわせ
中国の習近平(シーチンピン)国家主席と首脳会談を行う可能性については
「まだ何も決まっていないが、自然な形で機会が設けられるなら、
お目にかかる用意はもちろんある。
意思疎通していくことは、両国にとって必要ではないか」と意欲を示した。

4月20日(月)
『安倍首相が久々に登場 大型外交前に何を語る 戦後70年と対東アジア』  

安倍首相がスタジオ生出演。
21日から始まるアジア・アフリカ首脳会議(通称・バンドン会議)への出席。
そして26日から訪米し、日米首脳会談、そして 日本人首相としては
54年ぶりとなる米議会での演説に臨むのを前に、外交・安全保障、
そして「戦後70年」にどのようなビジョンを示すのか。
 後半は日米関係、日中関係の専門家を招き、
アジア・太平洋外交のあり方と今後について聞く。 
 
ゲスト 安倍晋三 内閣総理大臣 自由民主党衆議院議員(前半)
村田晃嗣 同志社大学学長 国際政治学者(後半)
凌星光 社団法人日中科学技術文化センター理事長(後半) 

2015年7月18日土曜日
岩田温、安倍談話に「侵略」、「お詫び」の文言を
挿入せよと主張する共同声明について。
侵略の定義を国連で決議したのは1974年。
70年談話で学者ら74人が声明を発表、
一九三一年の満州事変から四五年までの太平洋戦争を
日本の侵略戦争と明記するよう主張。
※侵略(しんりゃく、aggression)とは、・・・・
 
国際連合による侵略の定義の決議
※決議は1970年代であり、それ以前の大東亜戦争に遡及することは
法理からして不可能。
1974年になってからであり、12月14日に国際連合総会決議3314が成立した[8]
2010年6月11日、カンパラで開かれた国際刑事裁判所ローマ規程 
再検討会議において、国連総会決議3314を下地に
規程独自の定義を盛り込んだ同規程の改正決議が採択された。
同規程の改正は2012年5月現在発効していない
・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿