慰安婦問題について、いろんな報道: 辻元議員ら、ピンクの鉢巻き姿で現れ、 衛視に注意される 「示威行為に当たる」。野党女性議員ピンク鉢巻隊、野党の「セクハラ」作戦に反撃 参院議長が女性衛視投入 民主・小宮山泰子氏が「女を利用するな!」。民主党歴代代表も集団的自衛権を認めていた …自民・佐藤正久氏の暴露に民主党猛反発。民主党の小西ひろゆき議員。

Translate

2015年9月18日金曜日

辻元議員ら、ピンクの鉢巻き姿で現れ、 衛視に注意される 「示威行為に当たる」。野党女性議員ピンク鉢巻隊、野党の「セクハラ」作戦に反撃 参院議長が女性衛視投入 民主・小宮山泰子氏が「女を利用するな!」。民主党歴代代表も集団的自衛権を認めていた …自民・佐藤正久氏の暴露に民主党猛反発。民主党の小西ひろゆき議員。

本会議中の傍聴席に「怒れる女性議員の会」のピンクのハチマキを巻いて現れ、注意を受けた辻元清美議員ら=18日午後、国会・参院本会議場(鈴木健児撮影)
本会議中の傍聴席に「怒れる女性議員の会」のピンクのハチマキを巻いて現れ、
注意を受けた辻元清美議員ら
=18日午後、国会・参院本会議場(鈴木健児撮影)

2015.9.18 22:35更新 【緊迫・安保法案】産経ニュース
辻元議員ら、ピンクの鉢巻き姿で現れ、
衛視に注意される 「示威行為に当たる」
安全保障関連法案の行方が最終盤を迎える中、
民主党の辻元清美、阿部知子両衆院議員らが18日夜、
「怒れる女性議員の会」と書かれたピンクの鉢巻き姿で
参院本会議の傍聴に現れたが、
衛視から「示威行為に当たる」として注意を受けた。

 鉢巻きは、16日に参院平和安全法制特別委員会の開会を阻止するため、
国会内の廊下を占拠するなどした際にも着用していた。
「怒れる女性議員の会」と記されたピンク色のはちまきを巻いて
参院第一理事会室前に集まった議員=16日夕
理事会の開会を前に集結、記念撮影する共産、民主の女性議員=16日午後、国会内(酒巻俊介撮影)
理事会の開会を前に集結、記念撮影する共産、民主の女性議員
=16日午後、国会内(酒巻俊介撮影)
野党の「セクハラ」作戦に反撃 参院議長が女性衛視投入 民主・小宮山泰子氏「女を利用するな!」
http://www.sankei.com/photo/images/news/150917/sty1509170003-f1.jpg
2015.9.16 23:04更新 【緊迫・安保法案】
野党の「セクハラ」作戦に反撃 参院議長が女性衛視投入 
民主・小宮山泰子氏「女を利用するな!」
参院平和安全法制特別委員会は16日、断続的に理事会を開催。 
理事会室前から動かない野党の女性議員の集団を排除するため、
山崎正昭参院議長が女性の衛視を出動させたが、
野党側は「こんな時に女を使うな」などと激しく抵抗。
鴻池祥肇委員長は室内で事実上監禁状態に置かれ、
安全保障関連法案の締めくく り総括質疑が始められない状態が続いている。 
理事会室前にいた民主党の小宮山泰子衆院議員は
「女を利用するな!こんな時だけ女性を前に出 して。
女をこうやって使うんだな。今の政権は!」などと絶叫。
ただ野党の女性議員は、排除しようとした与党の男性議員に
「触るな!セクハラだ!」などと抵抗し、鴻池氏の退室を拒んでいる

2015.9.16 21:48更新 【緊迫・安保法案】産経ニュース
「触るな! セクハラだ!」の警告に鴻池委員長、
入室できない状態つづく 
元近鉄の石井議員も“冤罪”被害か
参院平和安全法制特別委員会は16日夜、
安全保障関連法案の締めくくり
総括質疑を行うための理事会を断続的に開いている。
しかし野党側は女性議員を 理事会室前のドアに多数配置し、
排除しようとする与党議員に「触るな!セクハラだ!」などと抵抗。
事実上、「女の壁」で鴻池祥肇委員長を室内に監禁し、
質疑開始を妨害している状態だ。
 理事会室前には、社民党の福島瑞穂前党首や民主党の小宮山泰子、
辻元清美両衆院議員ら複数の野党女性議員が、
いずれもピンクのハチマキ姿で集結
与党の男性議員が触れるたびに「セクハラを働いた」などと騒いでいる。

 理事会室前には多くの与野党議員が密集。

ある野党の男性議員は
「自民党の石井浩郎参院議員がセクハラしました」と大声を上げ、
押されただけの石井氏が激高するシーンもあった。

 国会関係者によると、野党側は理事会室から隣室に通じる

室内ドアも長椅子で封鎖したという。
野党側は16日中の委員会採決を阻止し、参院本会議での
法案採決を土曜日の19日まで遅らせる戦術とみられる。
参院平和安全法制特別委員会で質問する自民党の佐藤正久氏
=14日午前、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

佐藤正久が暴露!【岡田克也 野田佳彦が集団的自衛権を絶賛!】
 2015年9月14日【 民主が発狂! 巨大ブーメラン】
安倍総理 国会 安保 最新 作者: 【国会政治】

2015.9.15 12:28更新 【安保法案】2
産経ニュース民主党歴代代表も集団的自衛権を認めていた
…自民・佐藤正久氏の暴露に民主党猛反発
 14日の参院平和安全法制特別委員会で、
民主党の岡田克也代表ら歴代代表が以前、
「集団的自衛権の行使を容認すべ きだ」と主張していたことが明るみに出た。
質問に立った自民党の佐藤正久氏が“暴露”した。
民主党議員らはなぜか反発して議場はヤジに包まれ、審議は一時 中断した。

 佐藤氏は、岡田氏の発言が掲載された平成15年5月の読売新聞と
「中央公論」17年7月号、野田佳彦元首相の著書
「民主の敵」から発言を抜き出してパネルに示した。
佐藤氏の求めに応じ、石川博崇防衛政務官がパネルを読み上げた。

  「日本を防衛するために活動している米軍が攻撃された場合、

日本に対する行為と見なし、日本が反撃する余地を残すのは
十分合理性がある。
今の憲法は全ての集団的自衛権の行使を
認めていないとは言い切っておらず、
集団的自衛権の中身を具体的に考えることで十分整合性を
持って説明できる」(岡田氏、読売新聞)

 「仮に集団的自衛権を憲法なり、法律なりで認めるとしても

きちんと制限を明示したほうがよいだろう。
いずれにせよ、より具体的な形で議論すべきだ。
最後にはその時々のリーダーが政治生命をかけて
決断しなければならない」(岡田氏、中央公論)
  「いざというときは集団的自衛権の行使に相当することも

やらざるを得ないことは、現実に起きうるわけです。
ですか ら、原則としては、やはり認めるべきだと思います。
認めた上で乱用されないように、歯止めをかける手段を
どのように用意しておくべきかという議論が
大切に なってくるわけです」(野田氏、著書)
 佐藤氏は

「まさに必要性を認めている。
しかしなぜか6月の党首討論で岡田氏は
『集団的自衛権は必要ない』と断言し た」と指摘。
岡田氏が米艦防護は個別的自衛権や警察権で
対応できると主張を変えたことについて
「外形上、他国防衛を集団的自衛権でなく
個別的自衛権で行う のは危険だ」と切り捨てた。 
 また、佐藤氏は、前原誠司元外相や
長島昭久元防衛副大臣も行使を認める立場であることも付け加えた。 
バイオレンスなムード漂う夜の国会前 安保反対集会 
「警官隊は市民に対する不当な挑発をやめなさい」 機動隊とつかみ合いも
FNN世論調査で分かった安保反対集会の実像 「一般市民による集会」というよりは…
【安保法案】菅長官「決断が必要」
大詰め安保法案、首相「議論尽くせば採決」「派遣」国会関与、閣議決定へ
【国会前反安保集会】民主・岡田氏「皆さんが頼り」 
共産・志位氏「みんなの力で安倍政権打倒」などなど…
「安倍はサタンだ! 私たちに正義あり」 国会前で辺野古移設反対集会
社共議員も参加、安保法案廃止を熱弁
民主党の小西ひろゆき議員 
安倍晋三首相の演説に「ちゃんと練習しろ」
2015年4月30日 17時11分 ライブドア・ニュース
◆安倍首相の演説を酷評する小西ひろゆき氏
民主党・小西ひろゆき議員、安倍晋三首相の
米議会演説を酷評「ひどい棒読み」
2015年4月30日 17時11分トピックニュース 
 30日、民主党政調副会長・小西ひろゆき参議院議員が
自身のTwitterで、安倍晋三首相の演説を酷評した。

同日未明、安倍首相は
アメリカ議会上下両院の合同会議において英語で演説した。
演説で安倍氏は、第二次世界大戦への歴史認識や
集団的自衛権の関係法案の設立を明言している。

安倍氏の演説を中継で見ていた小西氏は「ひどい棒読みだな。

単語を読み上げているだけ。日本の高校生よりひどい。
せめてちゃんと練習ぐらいして行けと」と自身のTwitterに投稿した。
続けて、「なんで、ここで詰まるんだ、というところで詰まりまくっている。
聞いていて非常にイライラする」と怒りをあらわに。

続けて、小西氏は「内容以前に。これは、歴史的に演説だ。

英語の読み上げすらできなかったという意味で」と酷評した。
また「素直に最初から日本語でやればいいのに。
なぜ、格好をつけるのだろうか」などとも疑問を呈した。

小西氏は演説を聞いた上で、安倍首相が

「演説の内容が日本語として理解できていない」
「一つ一つの英単語の意味が理解できていない」
「英語の文章としても内容が理解できていない」などと指摘し、
演説をその3つが一体となった「世紀の国辱技」なのだと表現した。

一連の酷評を連投した上で、小西氏は「あのような喋り方で

米国議会で演説ができる(許される)ということは、
日本中の国会議員に大きな(誤った)希望を与えたと思う。
私も頑張りたい」と皮肉たっぷりにコメントしている。

0 件のコメント:

コメントを投稿