慰安婦問題について、いろんな報道: オスプレイが横田基地配備計画の矢先、事故報道。むしろ改善されるので安全性は高まる効果もあるわけですが・・・

Translate

2015年5月18日月曜日

オスプレイが横田基地配備計画の矢先、事故報道。むしろ改善されるので安全性は高まる効果もあるわけですが・・・

オスプレイが着陸失敗 1人死亡負傷者多数 ハワイ 
(05/18 11:53) ANNnewsCH

欠陥の有無、焦点の一つ=過去の墜落は「人為ミス」
-オスプレイ事故 (2015/05/18-16:14)
【ワシントン時事】米海兵隊は、ハワイ州で起きた垂直離着陸輸送機
MV22オスプレイの着陸失敗事故の原因究明を急ぐ方針とみられる。
オスプレイ配備を受け入れている日本では、
安全に疑念を抱く世論が根強く、政府は速やかに情報を提供するよう
米側に申し入れている。
調査の結果、構造的欠陥など機体の問題が判明すれば、
配備撤回を求める声が日本で急速に拡大するのは必至だ。

 ハワイの地元テレビ局が目撃証言として伝えたところでは、
オスプレイ3機が基地内で降下を始め、大きな土煙が上がった。
2機は上昇してきたが、残る1機の姿は見えず、
その後、黒煙が立ち上り始めたという。
 オスプレイには海兵隊仕様のMV22と

空軍仕様のCV22の2種類があり、
いずれも実戦配備後に重大事故を起こしている。

MV22は2012年4月、モロッコで訓練中に墜落し、
4人が死傷。CV22も同6月に米フロリダ州で墜落し、5人が負傷した。
  米軍はこのうち、モロッコでの事故原因に関し、
追い風を受けた際に副操縦士が操作を誤ったと指摘。
フロリダの事故でも、操縦士らが機体の位置を誤認したと 断定した。
いずれも「人為ミス」で、機体に問題はなかったとの結論だ。
米軍は事故後もオスプレイの運用を続け、
ネパール大地震の被災地支援などに投入してきた。
 だが、米軍がMV22を配備済みの普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)や

CV22を常駐させる予定の横田基地(東京都福生市など)は、
市街地にあり、敷地外での事故は許されない。
海兵隊当局者は地元テレビ局に
「オスプレイは信頼できる航空機だ」と強調したが、
機体に疑義が生じれば、
最低でも運用計画の見直しを迫られる可能性がある。

0 件のコメント:

コメントを投稿