慰安婦問題について、いろんな報道: 「安倍叩きは朝日の社是!」とかつて語った元朝日新聞主筆の若宮啓文さん死去。韓国中央日報、反日記事を連発しているのに何を思ったか若宮さんを使って韓国に苦言の記事をのせる・・・。若宮氏も韓国人のメンタリティーをわかってなかった模様

Translate

2016年4月29日金曜日

「安倍叩きは朝日の社是!」とかつて語った元朝日新聞主筆の若宮啓文さん死去。韓国中央日報、反日記事を連発しているのに何を思ったか若宮さんを使って韓国に苦言の記事をのせる・・・。若宮氏も韓国人のメンタリティーをわかってなかった模様

「安倍叩きは朝日の社是!」の朝日新聞元主筆・若宮啓文、
中国のフロ場に死す!  なでしこりん

2016.4.29 08:50 産経ニュース
元朝日新聞主筆の若宮啓文さん死去
元朝日新聞社主筆で
日本国際交流センターシニア・フェローの若宮啓文
(わかみや・よしぶみ)さんが28日午後、
訪問先の北京市内のホテルで倒れているのが見つかり、
死亡が確認された。
同センターが明らかにした。68歳だった。
東京都出身。
死因や葬儀日程などは明らかになっていない。
 センターによると、27日にソウルから北京に入った。
28日に連絡が取れないことを心配したセンターのスタッフが
滞在先のホテル従業員と室内に入り、浴室で倒れているのを発見。
その後、死亡が確認された。前夜「疲れた」と話していたという。
朝日新聞社で論説主幹や主筆を歴任した
ジャーナリストの若宮啓文(わかみや・よしぶみ)さんが28日、
訪問先の北京市内のホテルで亡くなっているのが見つかった。
68歳だった。シニアフェローを務めている
公益財団法人・日本国際交流センターから家族に連絡があった。
現地の警察当局によると、外傷はなく、病死とみられる。
北京で28、29両日に開かれる
日中韓3カ国のシンポジウムに出席するため滞在していた。
 27日、ソウルから北京入り。
同センターのスタッフと北京で合流したが、
同日夜から体の不調を訴えていたという。
28日昼過ぎ、電話をしても応答がないことを不審に思ったスタッフが
ホテルの従業員と部屋を確認したところ、浴室で倒れていた。
 1970年に朝日新聞に入社。長野支局時代に、
部落差別の現状を伝える連載キャンペーンを展開。
加筆して著書「ルポ現代の被差別部落」を刊行した。
 75年に配属された政治部では、
宮沢喜一氏らの宏池会などを担当した。
 2002年に論説主幹に就くと、「闘う社説」を掲げる一方、
国際社会の中で日本がとるべき針路を改めて問うた。
07年の憲法記念日に21本の社説を一挙に掲載した
「提言・日本の新戦略――社説21」を主導。
憲法9条は堅持しつつも、新しい平和安全保障基本法で
自衛隊の役割を位置づけるべきだと主張した。
 小泉純一郎首相の靖国神社参拝では、読売新聞の
渡辺恒雄主筆と雑誌「論座」で対談。
両紙を代表する2人が足並みをそろえて「参拝反対」を訴えた。
 12年3月には、大統領復帰直前のロシアのプーチン首相と
海外主要紙幹部とともに会見。
日ロ間の領土問題について、プーチン氏から
「引き分け」で解決しようとの発言を引き出した。
 朝日新聞退社後も追い続けたのは、
日本の保守政治の「アジア観」だった。
 日韓国交正常化50年の昨年、旧著に加筆して
「戦後70年 保守のアジア観」を出版。
昨年度の石橋湛山賞を受賞した。
日中韓を中心とする国際交流に尽くし、
韓国の大手紙・東亜日報にもコラムを書いていた。

検索キーワード「若宮啓文」に一致する投稿を関連性の高い順に表示

「日本人全体を敵にするべきでない…韓国は豹変の勇断を」(1) 
2015年05月08日08時54
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
日本国内の知韓派は、韓日政府間の葛藤より両国国民が
お互いに悪い感情を抱くことを韓日関 係の危機だとみている。
韓国人は「日本はひどい」と考え、日本人の間では
「韓国にうんざりする」という世論が強まっているということだ。
「日本の良心」に 危機の韓日関係を解決する方法を尋ねた。
若宮啓文元朝日新聞主筆には5日に電話インタビューで、
小倉和男元駐韓日本大使と
真鍋祐子東京大東洋文化研究所教授には
韓中日3カ国協力事務局(TCS)が主催する
3カ国記者団交流プログラムの一環として
先月17日に東京で会って話を聞いた。

若宮元主筆は「朴槿恵(パク・クネ)政権は努力してきたが、

今はもう方向を転換する時」と助言し、
小倉元大使は
「日本のナショナリズム表出は自信を失っているという意味」と診断した。
真鍋教授は
「韓国に対する日本人の認識の基底には無関心がある」と伝えた。

◆韓国がきっかけ作れば安倍政権に変化も
若宮元朝日新聞主筆
安倍政権内にも韓国と関係を改善するべきだという人たちが確実にいる。

韓国がきっかけさえ作れば、安倍政権は変化が可能な雰囲気だ。
しかし韓国は
「責任は100%日本にあるので日本が自らすべて解決するべき」というようだ。
これは無責任であるだけでなく「韓国は日本と関係をうまく築いていく考えがない」
と感じさせる。
韓国に愛情を抱く私が見ても、今の韓国の対日外交は
日本人全体を敵に回している。悲しいことだ。
普通の日本人のうち安倍政権を批判する人たちも
「(韓国からの)批判はもういい」
「もうかまわないでほしい」というように変わっている。
韓国の原則過剰外交にぞっとしている。
国の指導者は自国の未来のために勇断を下さなければいけない。
「君子は豹変す」という言葉がある。
妥協の技術でもある外交ではなおさら重要な言葉だ。
朴大統 領が執権3年目を迎え、韓国の国益のために
直ちに外交基調の方向を「リセット」する必要がある。

「日本人全体を敵にするべきでない

…韓国は豹変の勇断を」(2)
◆日本、韓中への悪感情ピーク…長い不況で自信喪失
  小倉元駐韓日本大使

  韓中に対する日本の大衆の悪い感情が過去最高レベルにある。

これは過去10-15年間、日本の経済が悪化すると同時に
中国と韓国が急速に浮上し、日本人が自信を失ったことで生じる現象だ。
ナショナリズムの表出も同じだ。
これは自信ではなく自信喪失の表れだ。
自信喪失をナショナリズムで 突破しようとしている。
国力が高まる韓国・中国がこれを理解してほしいというのが私の考えだ。
しかしこれは両国の国内政治的な問題とも関係している。
現在、日韓間で
「第2の金大中(キム・デジュン)-小渕宣言」が可能かという疑問だ
(※小倉元大使は新しい韓日関係の基礎を築いたという評価を受ける
1998年の「金大中-小渕宣言」当時に駐韓国大使を務めた)。
当時は金大統領と金鍾泌(キム・ジョンピル)首相の意志が強かったが、
今は政治的な動力が足りない。
終戦70年を迎えて日韓中3カ国が
あまりにも政治的なイシューに没頭しないことを望む。
3カ国間には2000年の交流の歴史がある。
卵をすべて 同じかごに入れてはいけない」

  ◆韓国、親日烙印のため好感を表せない文化の克服を
  真鍋祐子東京大教授  

文化人類学的な観点で日韓関係を研究すれば、韓国に対する
日本人の認識の基底には無関心と関心回避がある。
その裏に韓流など文化的な 関心が存在する。
特に日本は戦後、国と個人のアイデンティティを分離して、
ほとんど問いただす経験なくここまできた。
これに対し李明博(イ・ミョンバク)前大統領が
独島(ドクト、日本名・竹島)に行った当時、多くの韓流ファンが
嫌韓に変わったとみる。
日本人にとって李前大統領は国を象徴する存在だったということだ。
韓流ファンは
「私は熱烈に韓流スターを愛したが、李大統領、すなわち韓国が私を裏切った」
と考えた。実際、底辺には相手を自分より低く見る無意識的
「日本式オリエンタリズム
(帝国主義的侵略と支配を正当化する歪曲された認識と態度)」がある。
日韓関係改善の開始は、日本国民の一人一人が
無意識的オリエンタリズムの構造を悟るところから始まるだろう。
韓国では親日という烙印のために日本に対して好感を表出しにくい文化がある。
韓国人の優先課題は日本に対するイメージを克服することだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿