慰安婦問題について、いろんな報道: フラガールが稲刈り、福島 風評被害払拭の願い込め。安倍首相 島サミットで「法の原則」強調 共同宣言

Translate

2015年9月27日日曜日

フラガールが稲刈り、福島 風評被害払拭の願い込め。安倍首相 島サミットで「法の原則」強調 共同宣言


福島県いわき市産のブランド米「いわきライキ」を収穫する
フラガールの寿々木麻美さん(右)と西尾涼子さん=27日 
スパリゾートハワイアンズ・公式ホームページ
0924ショー席

フラガールが稲刈り、福島 風評被害払拭の願い込め
2015/09/27 15:40共同通信
東京電力福島第1原発事故の風評被害を払拭しようと、
昨年から販売を始めた福島県いわき市産のブランド米
「いわきライキ」の収穫作業が27日、市内であり、
同市の温泉施設スパリゾートハワイアンズのダンスチーム
「フラガール」が稲刈りをした。

 カウボーイの衣装で参加したフラガールの寿々木麻美さん、

西尾涼子さんが鎌を手に、黄金色に輝く稲穂を刈り取った。
寿々木さんは
「猛暑と長雨の中、元気に育ったので全国の人に食べてほしい」とPRした。

 ブランド米は、放射性物質検査で

安全が確認されたコメのイメージアップを図ろうと、
市やJAなどでつくる団体が企画。 
20140719南国体験 寿々木麻美 yuijiji2013
南国体験 西尾涼子 yuijiji2013
島サミット
 
         いわき太平洋・島サミット2015応援隊任命式の様子
安倍首相
日本経済新聞島サミットで「法の原則」強調
共同宣言 2015/5/23 21:36
共同宣言は「福島・いわき宣言」と題し、
(1)防災(2)気候変動(3)環境(4)人的交流(5)持続可能な開発
(6)海洋・漁業(7)貿易・投 資・促進
――の7分野での協力強化を打ち出した。
首相は今後3年間で550億円以上の援助を表明。

「私たちの友好と協力の関係をさらに高い次元に
引き上げるための礎になった」と訴えた。
 中国を意識した対応として象徴的だったのは
「東アジアと米大陸を結ぶ重要な海上中継地点」(政府関係者)とされる
フィジーの厚遇ぶりだ。
フィジーは2006年のクーデターで軍政に転じた後、
島サミットへの首相招待を控えていたが、
14年の民政復帰を受けて9 年ぶりに招いた。
 安倍首相は19日、首相官邸でフィジーのバイニマラマ首相と会談し、
夜には公邸で昭恵夫人とともに夕食会でもてなした。 
人口90万人の国への接遇としては
異例の厚遇とした視線の先には中国がある。
軍政下のフィジーに日米が接触を控えていた間、
中国は経済支援を積み増し、 
14年には習近平国家主席も訪問していたためだ。
 島しょ14カ国のうち、中国と国交のある国が8カ国で
台湾と外交関係を持つのは6カ国。
今回は中国寄りに傾いた島しょ国を日米に引き戻し、
米国のアジア重視戦略を側面支援する意味もあり、
共同宣言は「フィジーの民主化の着実な定着」への期待を明記した。
 首相は島サミットで
「平和国家として国際協調主義に基づいた貢献をしたい」とも語った。
平和国家の歩みを訴える場とし、共同宣言では日本の姿勢に支持を取り付けた。
中国や韓国が歴史問題を国際社会に訴える「歴史戦」に備えた形だ。
 共同宣言は日本が目指す国連の安全保障理事会改革への協力も盛りこんだ。
島しょ国は小国でも集まれば国連加盟国数の約7%になる。
政権の支持基盤の保守層を意識し、戦没者遺骨収容への協力も確認した。

大洋州
外務省 Ministry of Foreign Affairs of Japan第7回太平洋・島サミット(PALM7)
 太平洋・島サミットは,
太平洋島嶼国・地域が直面する

様々な問題について首脳レベルで
率直に意見交換を行う ことによって,
緊密な協力関係を構築し,日本と太平洋島嶼国の絆を強化するために,
1997年から3年に一度開催されている首脳会議です。

これまで6回開催されています。
第7回太平洋・島サミット(PALM7)は,

2015年5月22日及び23日に福島県いわき市で開催しました。

第7回太平洋・島サミット(PALM7)
第7回太平洋・島サミット(結果概要)(平成27年5月23日)
第7回太平洋・島サミット(PALM7)「福島・いわき宣言
-共に創る豊かな未来-」(仮訳英文)(平成27年5月23日)
安倍総理大臣によるPALM7開会式基調演説 
対島嶼国外交の新たなビジョン(日本語英語)(平成27年5月23日)
安倍昭恵内閣総理大臣夫人静動 第7回太平洋・島サミット(PALM 7)配偶者プログラムの実施(平成27年5月23日)
第7回太平洋・島サミット 安倍総理夫妻主催晩餐会(平成27年5月22日)
第7回太平洋・島サミット 被災地視察(献花)(平成27年5月22日)
第7回太平洋・島サミット岸田外務大臣主催歓迎レセプション(平成27年5月21日)

二国間会談
安倍総理大臣
エテ・ソロモン諸島副首相による安倍総理大臣への表敬(平成27年5月23日)
日・トンガ首脳会談(平成27年5月23日)
日・バヌアツ首脳会談(平成27年5月23日)
日・ツバル首脳会談(平成27年5月23日)
日・クック諸島首脳会談(平成27年5月23日)
日・ニウエ首脳会談(平成27年5月23日)
ビショップ・オーストラリア外務大臣による安倍総理大臣表敬(平成27年5月23日)
日・サモア首脳会談(平成27年5月22日)
日・ミクロネシア首脳会談(平成27年5月22日)
日・パラオ首脳会談(平成27年5月22日)
日・ナウル首脳会談(平成27年5月22日)
日・マーシャル諸島首脳会談(平成27年5月22日)
日・キリバス首脳会談(平成27年5月22日)
日・パプアニューギニア首脳会談(平成27年5月21日)
日・フィジー首脳会談及び夕食会(平成27年5月19日)
岸田外務大臣
日豪外相会談(平成27年5月22日)
城内外務副大臣
城内外務副大臣によるクアルテイ・パラオ共和国国務大臣への表敬(平成27年5月20日)
城内外務副大臣によるナトゥマン・バヌアツ共和国首相への表敬(平成27年5月20日)
中根外務大臣政務官
中根外務大臣政務官とケイ・ニュージーランド防災大臣との会談(平成27年5月22日)

トピックス
第7回太平洋・島サミット「気候変動・開発フォーラム」の開催及び「緑の気候基金」に対する拠出(平成27年5月21日)
第7回太平洋・島サミット「気候変動・開発フォーラム」の開催(平成27年5月19日)
「いわき太平洋・島サミット2015応援隊」による城内外務副大臣表敬(平成27年3月30日)
清水福島県いわき市長による中根外務大臣政務官表敬(平成27年3月25日)
「地方創生支援 飯倉公館活用・外務省及び福島県共催レセプション」の開催(結果)(平成27年3月23日)
わかる!国際情勢「同じ太平洋の島国として。“第7回太平洋・島サミット”」(平成27年3月16日)
             フラガールに対する広報親善大使委嘱状の交付

第7回太平洋・島サミット高級実務者会合に際する中根外務大臣政務官主催レセプションの開催及びフラガールに対する広報親善大使委嘱状の交付(平成27年3月16日)
第7回太平洋・島サミットに向けた有識者会合提言書の提出(平成27年3月12日)
第7回太平洋・島サミット高級実務者会合の開催(平成27年3月2日)
政府広報ラジオ「Weekly ニッポン!!」への伊原アジア大洋州局長の出演(平成27年2月20日)
第7回太平洋・島サミット広報親善大使「フラガール」の世界らん展日本大賞2015におけるサミット開催記念特別ステージ(平成27年2月12日)
第7回太平洋・島サミット(PALM7)のキャッチフレーズの決定(平成27年1月8日)
第7回太平洋・島サミットのロゴマークの決定 及び記念事業の募集(平成26年11月19日)
第7回太平洋・島サミット(PALM7)のロゴマーク決定(平成26年11月19日)
「フラガール」に対する第7回太平洋・島サミット広報親善大使の委嘱(平成26年11月19日)

第7回太平洋・島サミット記念事業一覧

これまでの太平洋・島サミット
PALM6 第6回太平洋・島サミット(2012年,於:沖縄)
PALM5 第5回太平洋・島サミット(2009年,於:北海道)
PALM4 第4回太平洋・島サミット(2006年,於:沖縄)
PALM3 第3回太平洋・島サミット(2003年,於:沖縄)
PALM2 第2回太平洋・島サミット(2000年,於:宮崎)
PALM1 第1回太平洋・島サミット(1997年,於:東京) 関連リンク
太平洋・島サミット(PALM)

0 件のコメント:

コメントを投稿