慰安婦問題について、いろんな報道: 日韓慰安婦協議、合意にハードル 議題が判明 日本が財政支援 韓国は最終解決を保証、日経新聞。MERSで追いつめられた朴槿恵大統領、慰安婦「交渉最終段階」発言は目くらまし。日本側、官房長官会見にて従軍慰安婦問題「日本の立場変わらず」。外務省は寝耳に水?・・韓国大統領、慰安婦問題「相当の進展」とフカす 米紙に

Translate

2015年6月18日木曜日

日韓慰安婦協議、合意にハードル 議題が判明 日本が財政支援 韓国は最終解決を保証、日経新聞。MERSで追いつめられた朴槿恵大統領、慰安婦「交渉最終段階」発言は目くらまし。日本側、官房長官会見にて従軍慰安婦問題「日本の立場変わらず」。外務省は寝耳に水?・・韓国大統領、慰安婦問題「相当の進展」とフカす 米紙に


日韓慰安婦協議、合意にハードル 議題が判明
日本が財政支援 韓国は最終解決を保証 

2015/6/18 2:00 日本経済新聞 電子版
従軍慰安婦問題をめぐる日韓協議の議題の概要が分かった。
日本がとる措置には元慰安婦への財政支援や、安倍晋三首相による
謝罪や責任への言及を含む声明が 挙がる。
韓国がとる措置には朴槿恵(パク・クネ)政権での慰安婦問題の
最終解決への保証などを列挙している。
いずれも合意に向けたハードルが高く、結論は出ていない。

日韓両政府の外務省局長による昨年4月からの協議で、
ネックになってきたのは損害賠償を含む請求権の問題だ。
日本は1965年の日韓請求権協定により
「完全かつ最終的に解決した」との立場。
韓国は元慰安婦の個人請求権がなお残っているとして
日本の法的責任を明確にすべきだとしてきた。
日本は法的責任 をあくまで否定している。
 論争の結論は出ていないとみられるが、判明した日韓協議の議題からは、
それぞれがとるべき具体的な措置を議論している状況が分かる。
 たとえば元慰安婦への財政支援。韓国政府関係者は
「政府予算を使うことで『日本政府が国家の責任を事実上認めカネを出した』
と韓国国内に説明できる」と期待する。
 日本は90年代半ばにアジア女性基金をつくり、
募金で集めた償い金を元慰安婦に支給した。
人道措置との位置づけだった。
韓国側が法的責任を帯びた財政支援にこだわるなら、着地は難しい
  謝罪や責任への言及を含む首相声明も焦点だ。
首相は4月の訪米時の講演で
「人身売買の犠牲となった筆舌に尽くし難い、
つらい思いをされた方々を思うと非常に心が痛む」と語った。
旧日本軍の関与を認めた
93年の河野洋平官房長官談話も見直さないと明言している。
首相声明でさらに踏み込めば法的責任も絡んでくる。
韓国側には「実質的に
日本が責任を認めたと受けとれる表現でよい」との意見もある。
 韓国がとる措置もハードルが高い。
日本側は
「本当に朴政権がこの問題を蒸し返すことなく終わりにできるのか」と疑問視する。
韓国世論の反発により一方的に撤回される危険があるからだ
 ソウルの日本大使館前や米国で慰安婦を象徴する少女像を撤去することや、
米国で慰安婦をテーマに集会を開く市民団体などを後押ししている
とされることをやめることも、韓国がとる措置だ。
いずれも日本を納得させる根拠が必要だ。
 協議は慰安婦問題の包括的な解決を探っており、最終決着には
安倍首相と朴大統領の決断が欠かせない。
朴大統領は11日の米紙インタビューで「相当な進展があった」と述べた。
日韓がとる措置をめぐる話し合いを踏まえたとみられている。

MERSで追いつめられた朴槿恵大統領 
        慰安婦「交渉最終段階」発言は目くらまし
2015/6/16 19:07  J-CASTニュース
いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の発言が、
日韓の外交当局者を困惑させている。 
   朴大統領は米ワシントン・ポスト紙に
「相当な進展(considerable progress)」があり、
交渉は「最終段階」だと述べたのだが、
韓国メディアからは「進展」の内容が聞こえてこず、
日本側も
「発言の趣旨が明らかでは ないのでコメントは控えたい」
と、そっけない。本当に「進展」はあったのか。
日中の距離が近づくなか、朴大統領の外交姿勢をめぐっては
「対日強硬姿勢が韓 国の孤立を招いた」といった批判も根強い。
中東呼吸器症候群(MERS)の流行が支持率の低下に追い打ちをかけており、
根拠の薄い発言を「アドバルーン」 にして事態の打開を図った可能性もある。
朴槿恵大統領のインタビュー波紋を広げている


「進展」の具体的内容は「水面下の議論がある」と明らかにせず
   安倍晋三首相と朴大統領の首脳会談はいまだに実現しておらず、
日本側は「対話のドアは常にオープン」と繰り返す一方で、
韓国側は従軍慰安婦問題をめぐる謝罪が会談の前提だと主張し続けている。
   2015年6月11日に米ワシントン・ポスト紙が掲載したインタビューでは、
朴大統領は安倍首相と会談する予定があるか聞かれ、こう答えた。
「安倍首相とは、これまで何度も関わりがあった。

従軍慰安婦の問題では相当な進展があり、交渉は最終段階だ。
日韓国交正常化50周年は非常に有意義なものになると期待している」  

「進展」の具体的な内容については、
「明らかに水面下の議論があるので、議論の内容については公表を控えたい」
として言及を避けたが、安倍首相が慰安婦に謝罪する必要性については、
「被害者は52人しか生存していない。

さらに亡くなる人が増える前に、日本には(元慰安婦女性の)傷をいやし、
名誉をもたらす義務がある」 と述べ、
「謝罪」という単語を直接口にするのは避けた。

日韓外交当局は局長級協議を8回にわたって開催
   日韓の外交当局は慰安婦問題について
14年1月から局長級協議を繰り返し開いており、
6月11日には8回目の協議を開いたばかり。
   聯合ニュースによると、韓国外務省の高官は、
「(日韓の当局者どうしが)8回も会ったことを考えると
『相当な』進展がなかったというのも、おかしな話だ」 と話し、
協議で何らかの成果が出ているのは当然で、
大統領が取り立ててインタビューで
強調するほどのものではないとの見方を示した。朝鮮日報も、
「1年以上(慰安婦関連の)交渉を続けてきた。確かに進展はある」
「最終合意を楽観し過ぎたり、先走って考えたりもしないでほしい」
といった政府当局者の声を伝えた。
   日本側は、さらに朴大統領の発言を突き放しているように見える。
菅義偉官房長官は6月15日午前の会見で、
局長級協議の意義を強調しながらも、
大統領発言については「趣旨が明らかではない」と、そっけない。

「慰安婦問題を含め、日韓の間には様々な懸案がある。
これについては局長級の協議等で議論が行われており、
今後とも粘り強く協議 は続けていきたいと思っている。
朴槿恵大統領の発言の趣旨、これは明らかではないが、
これまでの局長級の協議、その経緯については
外交上のやり取りであっ て、
これまで明らかにしてきていないし、コメントは控えたいと思う」

慰安婦の賠償問題は

「完全かつ最終的に解決された」との立場変えず
日本政府としては、従軍慰安婦に関連する賠償問題は、
1965年の請求権協定で解決済みだとの立場だ。
菅氏も会見で「その立場は変わっていない」と述べた。
請求権協定では、日韓両国の国民の間の請求権についての問題が
「完全かつ最終的に解決された」としている。
   日韓の慰安婦問題をめぐる交渉では、
野田政権時代の2012年に日本側が
(1)首相が元慰安婦の女性におわびの手紙を出す
(2)「道義的責任」に基づく支援金を支払うことなどを骨子とした
妥協案を非公式に示したことがあるが、
「法的責任」にこだわる韓国側が受け入れなかったという経緯がある。
菅官房長官の発言からすれば「完全かつ最終的に解決された」という
日本側の立ち位置に変化はないことになり、
朴大統領が言う「相当な進展」が何を指す のかは見えづらい。 

従軍慰安婦問題「日本の立場変わらず」
NHKニュース6月15日 14時53分
菅官房長官は午前の記者会見で、
韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領が
いわゆる従軍慰安婦の問題に関する
日本との交渉が最終段階にあるという認識を示したことについて、
コメントは控えるとする一方、戦後賠償を巡る問題は解決済みだとする
日本の立場に変わりはないという考えを示しました。
韓国のパク・クネ大統領はワシントン・ポストとのインタビューで、
いわゆる従軍慰安婦の問題について「これまでにかなりの進展があり、
交渉は最終段階にある」として、日本との交渉が最終段階にあり、
解決に向けて進展しているという認識を示しました。
これについて、菅官房長官は午前の記者会見で、
「慰安婦問題を含めて日本と韓国の間にはさまざまな懸案がある。
日韓の局長級の協議などで議論が行われており、
今後とも粘り強く協議を続けていきたい」と述べました。
そのうえで、菅官房長官は
「パク・クネ大統領の発言の趣旨は明らかではないが、
これまでの局長級の協議は外交上のやり取りであり、
内容をこれまで明らかにしてきていないし、コメントは控えたい」
と述べるにとどめました。
一方で菅官房長官は、記者団が
「慰安婦問題はすでに解決済みだという立場は変わっていないのか」
と質問したのに対し、「日本の立場は変わっていない」と述べ、
戦後賠償を巡る問題は法的に解決済みだとする日本の立場に
変わりはないという考えを示しました。 

朴大統領、慰安婦問題「相当な進展」…米紙報道
2015年06月13日 09時12分 YOMIURI ONLINEホームへ
【ソウル=豊浦潤一】韓国の朴槿恵パククネ大統領は
米紙ワシントン・ポストのインタビューで、
いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる日本政府との交渉について、
「相当な進展があり、現在、最終段階にある」と述べた。 

 その上で、今月22日に日韓基本条約の調印から50周年を迎えることを踏まえ、
「我々は、大変意味のある日韓国交正常化50周年を期待できるだろう」と語った。
ただ、具体的な交渉内容については
「水面下で交渉が進んでいるので言及を控える」とした。

 「安倍首相が慰安婦問題に関連して謝罪することを望むか」との問いに対しては、
「慰安婦の被害者たちがこれ以上亡くなる前に、
彼女らの傷を癒やして名誉を回復する義務が日本にある」と訴えた。

 朴大統領は2013年2月の就任以降、
日本政府に対して慰安婦問題の解決を訴えてきた。
また、その解決を安倍首相との首脳会談の前提条件としている。

韓国大統領府関係者によると、インタビューは大統領府で11日に行われた。
     ◇
 朴大統領の発言について、日本の外務省幹部は12日、
「日韓の 協議では具体的な進展はなく、
何を指して『進展』と言っているのか分からない」と述べた。
日本政府関係者の一人は
「韓国が日韓関係改善のため汗をかいてい るということを、
米国向けにアピールする狙いがあるのではないか」と指摘した。

産経ニュース2015.6.13 00:24更新  【慰安婦問題】
朴大統領
「慰安婦協議はかなりの進展があり最終段階」
「名誉回復の義務、日本にある」
韓国の朴槿恵大統領は、米紙ワシントン・ポスト(電子版)が
12日までに掲載したインタビューで、
慰安婦問題をめぐる日本との協議について「かなりの進展があり、
最終段階にある」と述べた。協議の詳しい内容は語っていない。

 聯合ニュースによると、インタビューは11日に韓国大統領府で行われた。

東京で同日行われた日韓の外務省局長協議との関連は不明。
ワシントン・ポストの記事によると、朴氏は
「われわれは非常に意味のある韓日国交正常化50周年を期待できると思う」と述べた。

  「安倍晋三首相が何らかのおわびをすることを望んでいるか」との質問に対し、

朴氏は「われわれが前進するために、日本や世界の歴史家が、
日本の指導者へ過 去に日本が何をしたかを明確にするよう求めている」と指摘。
その上で元慰安婦の女性らが
「亡くなる前に傷を癒やし、名誉を回復させる義務が日本にある」と 強調した。(共同)

0 件のコメント:

コメントを投稿