慰安婦問題について、いろんな報道: 韓国の人気女流作家  三島由紀夫の「憂国」からのパクリ盗作認め謝罪、 執筆活動の自粛を発表。【メガプレミアム】韓国「ポテトチップ」狂騒曲 「日本のパクリ」「竹島陰謀論」浮上

Translate

2015年6月23日火曜日

韓国の人気女流作家  三島由紀夫の「憂国」からのパクリ盗作認め謝罪、 執筆活動の自粛を発表。【メガプレミアム】韓国「ポテトチップ」狂騒曲 「日本のパクリ」「竹島陰謀論」浮上

                         申京淑さん
産経ニュース2015.6.23 18:32更新 2
韓国の人気女流作家 
三島由紀夫の「憂国」からの盗作認め謝罪、
執筆活動の自粛を発表
 【ソウル=名村隆寛】韓国の著名な女性作家に、
三島由紀夫の作品「憂国」からの盗作疑惑が持ち上がり、
この作家は23日付の韓国紙の紙面で盗作を事実上認めた
作家は謝罪した上で執筆活動の自粛を発表、
韓国きっての人気作家の不祥事だけに、韓国内で波紋が広がっている。
 盗作を認めたのは作家の申(シン)京淑(ギョンスク)氏
申氏が1994年に発表した短編小説「伝説」の一部が、 
三島由紀夫の「憂国」に極めて似ていることを今月16日に、別の韓国人作家が指摘。
「憂国」で主人公の青年将校夫妻が情交する場面を描いた部分のうち、
5つの文章を申氏が盗作した疑惑が持ち上がった。
 この騒動について申氏は当初、盗作を否定していたが、
韓国紙、京郷新聞(23日付)とのインタビューで
憂国と何回か照らし合わてみた結果、盗作であるという気がした」などと
事実上、盗作を認めた。
 「すべでは私の責任」と読者に謝罪した申氏は「執筆はできない。
当分の間、自粛する」と述べ、文学賞の審査委員も辞退する考えを示した。

 一方で「記憶をたどっても『憂国』を読んだ記憶は出てこないが、
今では自分の記憶を信じられない状況になった」
と歯切れの悪い回答もしている。
 「伝説」は韓国国内で文学賞を受けた作品。
申氏は出版社と相談し、作品集の中から削除するという。
 1985年に文壇デビューした申氏は、韓国国内ではトップ級の人気作家。
2008年に発表した長編「母をお願い」は22カ国で出版され、
200万部以上の売り上げを記録した。

申 京淑(シン・ギョンスク、1963年1月12日 - )、は韓国の小説家。
作中人物を通して人間の内面を洞察する申は独特の文体を創り出し、
1990年代を代表する女性作家として韓国文壇での支持を得ている。 

・・・ 一方で盗作疑惑がしばしば持ち上がる作家でもあり[5]
2015年6月には韓国の小説家・詩人のイ・ウンジュン(ko:이응준 (작가))が、
申の短編小説「伝説」(전설)[6]の一部が、三島由紀夫の「憂国」を 
盗作しているとの疑惑を主張した [7][8]
この疑惑について、申は、三島由紀夫の「金閣寺」は読んだことがあるが、
「憂国」は読んだことがないと反論している[9]
なお、この騒動で「金閣寺」が韓国内で注目を集め、注文が急増した[10]

憂国(ゆうこく)は、三島由紀夫の短編小説。
原題は旧漢字の『憂國』である。
仲間から決起に誘われなかった新婚の中尉が、叛乱軍とされた仲間を
逆に討伐せねばならなくなった立場に懊悩し、妻と共に心中する物語。
三島の代表作の一つで、二・二六事件の外伝的作品である。
1961年(昭和36年)1月の小説発表の4年後には、
三島自身が監督・主演などを務めた映画も制作され、
ツール国際短編映画祭劇映画部門第2位を受賞した。

大義に殉ずる者の至福と美を主題に、皇軍への忠義の元、
死とエロティシズム、夥しい流血と痛苦をともなう割腹自殺が
克明に描かれている[1][2]
60年安保という時代背景と共に「精神と肉体、認識と行動の問題」を
あらためて思考するようになっていた三島が、その反時代傾向を
前面に露わにした転換的な作品である[2][3]

【メガプレミアム】韓国「ポテトチップ」狂騒曲 「日本のパクリ」「竹島陰謀論」浮上
2015.4.27 06:00

0 件のコメント:

コメントを投稿