慰安婦問題について、いろんな報道: 仏博物館で「南京事件」展 記憶遺産の登録後初 日本軍の「残虐性」を印象付け  「中国の視点。真実かどうかは別」と館長【南京で国家追悼式典】ユネスコ世界記憶遺産への登録は 「世界の人々への警鐘」、「石碑」は公開せず。南京事件 中国政府が現地で追悼式典。南京事件で「虚偽」の残虐行為を証言した元日本兵のビデオ  米高校が教材に使用

Translate

2016年11月24日木曜日

仏博物館で「南京事件」展 記憶遺産の登録後初 日本軍の「残虐性」を印象付け  「中国の視点。真実かどうかは別」と館長【南京で国家追悼式典】ユネスコ世界記憶遺産への登録は 「世界の人々への警鐘」、「石碑」は公開せず。南京事件 中国政府が現地で追悼式典。南京事件で「虚偽」の残虐行為を証言した元日本兵のビデオ  米高校が教材に使用

第二次世界大戦中の「南京事件」をテーマにした企画展が
12月15日まで開かれている。
中国が昨年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の
「世界の記憶」(記憶遺産)に関連資料を登録後、初の海外展示となる。
欧米人の証言などを強調する内容で、
中国の主張への共感を呼びたい狙いも垣間見える。
(カン 宮下日出男)

 カンでの企画展「1937南京大虐殺 南京の6週間」は
10月23日に開幕し、中国の「南京大虐殺記念館」が提供した
写真270点以上や文書などがパネル展示されている。
会場には遺産登録を告知するパネルも設けられていた。

 会場では「犠牲者30万人以上」との中国側主張が改めて掲げられ、
日本軍に殺害された」とする遺体の写真のほか、
2将校が日本刀で「百人斬り」を行ったとする当時の報道も展示された。

毎日新聞社が1989年(平成元年)に刊行した
『昭和史全記録 Chronicle 1926-1989』には、
向井少尉が負傷して不在であったことを理由として、
この記事の百人斬りは事実無根だったと記載している[2][130]

百人斬りがありえない理由(1)
本宮ひろ志先生の『国が燃える』
南京事件捏造問題を考察してみるHP

百人斬りの大ウソ 電脳日本の歴史研究会

日本兵から性的暴行を受けたとする若い女性や、
「慰安所前に群がる日本兵」とする写真などもあり、
日本軍の「残虐性」を印象付けようとしている。

 展示はまた、「共通の証人」と銘打ち、
当時南京に滞在していた欧米人に焦点をあてる。
記憶遺産に登録されたという16ミリフィルム映像を撮影した
米国人宣教師ジョン・マギーについては
「危険を冒して日本の戦争犯罪の証拠を記録した」と説明。
大半は病院の風景。東京裁判、証拠として提出されず。

関連とみられる短い映像も流されていた。
このほか、「虐殺」に関する証言が同様に
遺産登録されたとされる南京大学の米国人教授
マイナー・ベイツ、シーメンス社南京支社長だった
ドイツ人ジョン・ラーベら欧米人や、

日本語訳への批判 

その多くは、他人から聞いた内容、
あるいは推測等によるラーベの後日の「創作」なのである。

「虐殺」を伝える欧米メディアの当時の報道の紹介にも
大きなスペースが割かれた。
 カンは大戦中の1944年、連合軍を勝利に導く分岐点となる
ノルマンディー上陸作戦時の戦闘で町の大部分が破壊され、
博物館は88年、その記憶をとどめるため開設された。
「戦勝国」にとって象徴的な場所を活用しつつ、
欧米人による南京での「正義と真実を守る」
(展示記述)取り組みを伝え、
中国の論拠の正当性を訴えているようでもある。
 博物館によると、欧州だけでなく
アジアの大戦中の状況も伝えるため、
中国側の交流先を探した際、記念館側が応じ、
展示物の相互紹介を提案。
2014年に協議がまとまり、今回の特別展が実現した。
博物館の資料の展示会も今後、中国で開く計画という。
 展示内容については、来館者に理解しやすいよう
説明文の一部改訂を求めたが、
中国側が基本的にすべて用意した。
博物館のステファン・グリマルディ館長は産経新聞に、
「(展示内容は)今の中国の視点であり、
真実かどうかは別の話だ」と語った。
 館長は「虐殺の歴史には各国の見方があり、
どうしても対立をはらむ。
議論があるのは当然」とも強調。
博物館は日中開戦80年にあたる来年、
「集団犯罪」に関する国際シンポの開催を計画しており、
日本の歴史家にも参加してもらい、議論する考えを示した。

【歴史戦】「南京事件」番組、日テレは本紙検証に抗議も、

2016年11月6日日曜日
【歴史戦】産経、「南京事件」番組、日テレは本紙検証に抗議も、 
賞の選奨委ですら「虐殺写真」と認識。朝日新聞、日本テレビが
産経新聞に抗議 「南京事件」番組めぐり。
産経、「南京事件」記事、本紙に日テレ抗議。【歴史戦】産経、
「虐殺」写真に裏付けなし 同士討ちの可能性は触れず 
日テレ系番組「南京事件」検証。
「南京事件 兵士たちの遺言」のデタラメぶり。
清水潔氏、書評・インタビュー、聞き手「本の話」編集部 
「南京事件は『あった』?『なかった』? 
『知らない』と言う人が一番無責任。」

検索キーワード「記憶遺産 南京事件」に一致する投稿を
関連性の高い順に表示

ユネスコ事務局長が明言。その他関連。

【南京=河崎真澄】日中戦争時の1937年に
旧日本軍による南京占領で起きたとされる「南京事件」から
78年となった13日、江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」で、
地元政府レベルから国家レベルに

主催者が格上げされて2回目となる追悼式典が開催された。
10月に国連教育科学文化機関(ユネスコ)が「南京大虐殺資料」を
世界記憶遺産に登録してからは初の開催。
式典で演説した全国人民代表大会(全人代)の
李建国・常務委員会副委員長は、
「(記憶遺産に登録されたことで南京事件が)歴史の“教科書(教訓)”となり、
世界の人々に警鐘を鳴らした」と強調した。
李氏はまた、
「旧日本軍による殺戮(さつりく)で30万人が命を奪われて
国が憤り、世界が驚いた。
時間が経過しても歴史がこの日を忘れることはなく、
どの国であっても事実を否定することはできない。
戦争を美化する国と人は許さない」と警戒感を示し、
南京事件をめぐる歴史認識で強く牽制(けんせい) した。

 南京の地元中高生や事件の生存者とされる住民など
約6千人が式典に参加。
中高生78人が「中国人民の勝利」をテーマとした重厚な詩を朗読した。
一方、ユネスコ世界記憶遺産登録を記念した
「石碑」などはこの日、公開されなかった。

 昨年は式典に出席した習近平国家主席は姿を見せなかった。
一方、習指導部は今年を、
「抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年」と位置付け、
さまざまな反日行事を展開。
「南京大虐殺記念館」では新館も建設され、
14日からは一般入場者にも開放される。 
「南京大虐殺」の追悼式典 中国、記憶遺産後初めて

旧日本軍が多くの中国人を殺害したなどとされる
「南京事件」について、中国政府は、
13日、現地で追悼式典を開き、出席した共産党の幹部は、
ユネスコ=国連教育科学文化機関の「記憶遺産」に
ことし中国が申請した事件に関する資料が登録された意義を強調しました。 
中国政府は、去年から12月13日を「南京事件」の国家追悼日と定めていて、
南京にある「南京大虐殺記念館」では、
13日午前、追悼の式典が開かれまし た。
式典には去年は、習近平国家主席が出席しましたが、
ことしは、中国共産党の最高指導部のメンバーは出席せず、
これに次ぐ地位の政治局委員で、
全人代= 全国人民代表大会の李建国副委員長が演説しました。
この中で、李副委員長は、ことし、ユネスコの「記憶遺産」に
中国が申請した「南京事件」に関す る資料が登録されたことに触れ、
「南京大虐殺は世界的な意義と重大な影響力を持つ歴史教科書だ」と述べ、
登録の意義を強調しました。
一方、日中関係については
「歴史をかがみとして未来に向かう精神で、
隣国どうしの友好と協力を絶えず推進し、共同で世界の平和に貢献する」
などと述べました。
式典が開かれた記念館では、ことし敷地を拡張して新館を設立したほか、
ユネスコの「記憶遺産」に登録されたことを記念する石碑を作り、
近く公開することにしていて、中国政府としては、
歴史認識を巡る中国側の主張をアピールしていくねらいです。 

・中共老幹部が認めた「毛沢東の真相」
――日本軍との共謀・言論弾圧を強化する中国
 ――80歳、鉄流氏拘束とウイグル族学者の無期懲役。
ビデオで南京での蛮行を証言する元日本兵 
 【ロサンゼルス=中村将】
南京攻略戦(昭和12年12月)での旧日本軍の「残虐行為」について
証言した元日本兵が出演する米テレビ番組のビデオが、
カリフォルニア州の公立高校の世界史の授業で
教材として使用されていることが分かった。
この元日本兵は、過去に発表した 中国戦線での
旧日本軍の蛮行に関する著書の内容が「事実でない」として訴えられ、
日本の最高裁から「真実と認められない」との判断を下されている。
しか し、米国の教育現場では証言は「真実」として扱われており、
生徒らに旧日本軍の偏った印象を植え付ける恐れがある。
 問題の番組は1999(平成11)年から全米で放映された
ケーブルテレビ局ヒストリー・チャンネルの
「ザ・セン チュリー/アメリカズ・タイム」(全15回)で、
同州ロサンゼルスや近郊の複数の高校で番組のビデオが
継続的に使われていることが在米日本人らによって確認されている。
 ビデオのうちの1本で証言しているのは、
陸軍歩兵として中国戦線に派遣された東史郎氏(平成18年死去)。
東氏は 「南京で軍務についている間、日記をつけていた」と紹介され、
「隠れている女の子を見つけると、100%犯した。
1人ではなく5人で犯した。その後は殺 し、火をつけて燃やした。
罪悪感はなかった」などと述べている。
 東氏は昭和62年から平成元年にかけて、
南京攻略戦の際の日記を基にしたとされる3冊の著書を出版。
上官だった元 陸軍第16師団歩兵第20連隊伍長の男性が、
「中国人を郵便袋の中に入れ、ガソリンをかけて火をつけ、
手(しゅ)榴(りゅう)弾(だん)を袋のひもに結びつけて
沼の中にほうり込んだ」などと描写した。
 男性は東氏や出版社を名誉毀(き)損(そん)で提訴。
裁判は最高裁まで争われたが、東氏らが敗訴した。
裁判では、著書の基になったとされる日記の多くの記述も
「疑問が生じる」と指摘され、
「主要な部分を裏付ける証拠はなく、真実と認めることはできない」とされた。
 同じビデオでは、日本の歴史家や研究者から
証言の信(しん)憑(ぴょう)性を疑われている別の元日本兵(故人)も
「多くの中国人女性らを焼き殺した」などと語っている。
 この元日本兵の証言は、中国系米国人作家、
アイリス・チャン氏(故人)の著書「ザ・レイプ・オブ・南京」にも載っ ている。
同書は多数の事実誤認や写真の誤用が指摘されているが、
ビデオは南京での旧日本軍の行いを
「“ザ・レイプ・オブ・南京”として知られる」と紹介し ている。

2015年1月8日木曜日
「南京大虐殺」「慰安婦」…誤った史実ひとり歩き  米高校で試験にも 
日本人生徒「英語でも反論を」。米出版社、日本政府の教科書訂正要請を拒否。

2015年5月11日月曜日
南京事件「虐殺30万人」に疑念 日本軍元少尉の日記が明かす「士気」と「規律」、
中国匪賊の「蛮行」。習主席が「南京で30万人殺害」と
盛った数字で国家哀悼日行事でウソをつく。
撤去方 針のはずが…一転「南京事件」映像展示へ ピースおおさか。
【水間政憲】南京大虐殺陥落!本多勝一、写真捏造を認める![桜H26/9/18] 

2014年11月24日
南京事件、慰安婦の記憶遺産登録申請は「政治的利用」 政府答弁書
産経. 記者団の質問に答える新党大地の鈴木宗男代表(右)と
長女の鈴木貴子前衆院議員 =23日午後、北海道根室市. 
記者会見する新党大地の鈴木宗男代表(左)と ...

2015年4月21日
南京加害者の元日本軍兵士の告白」コーナーがあり、 
さらに「史学研究」を行った功労者として、サングラスをかけた
元朝日新聞記者、本多勝一の写真も登場する。 
「日本人自らがすべてを認めた南京事件」との強い印象を参観者に与え、

2015年2月17日
証言】南京大虐殺は無かった!。
【歴史戦第9部 南京攻略戦 兵士たちの証言】
「婦女子に手をかけてはいけないと厳命されていた」
憲兵配置、掃討では合言葉も。
厦門の占領地で復興に尽力した堀内大佐 中国人から転勤延期の嘆願書も。

2014年12月26日
中国内外で南京事件などを使った「宣伝戦」が活発に繰り広げられている。 
歴史戦第8部はこれらの動きに焦点をあてる 産経ニュース 
【歴史戦 第8部 南京「30万人」の虚妄(3)後半】
「40万人虐殺」米の教科書に堂々と載る屈辱 誤りは断てる ...

2014年12月07日
あの反日シナ人、童増がまた動いた模様・・・。
日中戦争時の強制連行で賠償要求。 
中華人民共和国の反日活動家 童増(どう ぞう)の動き ・・・ 
日本政府・皇室にもアプローチ. 
産経ニュース 南京事件で「謝罪と賠償」求める書簡を日本に送付、

0 件のコメント:

コメントを投稿