慰安婦問題について、いろんな報道: 空自、空中給油機KC767 6メートルの“絆”で戦闘機に燃料と「安心」を供給。海上自衛隊、最新鋭哨戒機P-1内部を初の報道公開。【最新国産哨戒機】P-1まとめ【自衛隊】

Translate

2015年6月27日土曜日

空自、空中給油機KC767 6メートルの“絆”で戦闘機に燃料と「安心」を供給。海上自衛隊、最新鋭哨戒機P-1内部を初の報道公開。【最新国産哨戒機】P-1まとめ【自衛隊】

F15戦闘機に空中給油するKC767(航空自衛隊提供)
                 KC767が主力戦闘機F15に給油する様子
 人員を運ぶ「パッセンジャー・モード」(同約200人輸送可能)
「カーゴ・モード」(最大約30トン積載可能)

米国ボーイング社製の旅客機B767-200ERを改造したもので、
20年度に実用試験、21年度に運用試験を経て、 
22年度から本格運用を開始しました。
空中給油機としては世界初の遠隔視認装置を採用し、機体底部の5台のカメラを使い
操縦席後部に位置する操作卓で給油 口から伸びる約6mのパイプの位置を
確認しながら戦闘機への給油ができます。

2015.6.26 06:00更新 2 【防衛最前線(34)】産経ニュース
空中給油機KC767
6メートルの“絆”で戦闘機に燃料と「安心」を供給
航空戦では戦闘機の滞空可能時間が長いほど戦局を有利に進めることができる。
戦闘機の性能で差をつけるのには限界もあり、
飛行中の戦闘機に燃料を供給する空中給油機の存在がモノをいう。
 航空自衛隊の「第404飛行隊」は日本で唯一の空中給油部隊だ。
平成21年3月に小牧基地(愛知県)の第1航空輸送隊に新編された。
誕生から6年という若い部隊だが、
「日本の防空作戦の選択肢を大きく広げる可能性を秘めている」
(航空自衛官)との期待を集めている。
 部隊の主力機は空中給油機「KC767」だ。
現在、4機を運用している。
米ボーイング社の旅客機 「767-200ER」をベースに開発され、
機体後方に給油ブームなどの空中空輸システムを装備している。
航続距離は、航空自衛隊の輸送機の中では政府専用機に次ぐ
7200キロ(30トン積載時)を誇る。
 KC767を運用しているのは航空自衛隊とイタリア空軍のみ。
空中給油機は他にも米空軍の「KC135」や 「KC10」などがあるが、
KC767は空中給油機として世界初の遠隔視認装置を採用
機体底部の5台のカメラを使い、操縦席後部に位置する操作卓で
給油口から伸びる長さ約6メートルのパイプの位置を確認しながら、
戦闘機への給油を行う。

 空中給油を受けることで、戦闘機の滞空時間は「数倍」(空自関係者)に伸びる。
警戒空域に戦闘機を長時間待機させ、敵機への早期対処を行う
「空中警戒待機」と呼ばれる作戦がとりやすくなるなど、防空能力が高まるとされる。
KC767の存在により、戦闘機は燃料の残量に気を取られることなく、
安心して任務にあたることができる。
 また滞空時間が長くなれば、戦闘機が母基地に帰還する回数も減る。
基地から遠く離れた訓練空域での滞空時間も長くなり、
効率的な飛行訓練を行うことが可能になった。
基地周辺の騒音軽減や離着陸時の事故防止なども期待できる。
 空中で正確、迅速に給油するためには、高度な操作技量が求められる。
そのため第404飛行隊は、毎年開催される日米共同訓練
レッド・フラッグ・アラスカ」や日米豪による共同訓練「コープ・ノース・グアム」に参加し、
空中給油部隊としての練度を高めている。
 KC767は航空輸送機としての顔も持つ。
機内は貨物や装備を輸送する「カーゴ・モード」(最大約30トン積載可能)と、
人員を運ぶ「パッセンジャー・モード」(同約200人輸送可能)に転換することができる。
 昨年12月には、西アフリカで猛威を振るったエボラ出血熱に対する
国際緊急援助隊として、個人防護具約2万着をガーナに輸送。
25年のフィリピン台風被害のときは、医療要員や医療器具を同国に送った。
東日本大震災や、22年のパキスタン洪水被害でも
人員や物資を輸 送するなどマルチぶりを発揮し、現地の復興に一役買っている。
(政治部 石鍋圭)

海上自衛隊の新型哨戒機 P-1プロジェクト various video
2015/05/22 に公開
P-3Cの後継機として開発された海上自衛隊の新型固定翼哨戒機P-1
国産哨戒機P-1の全貌!!FAJapan Cannel
2015/03/12 に公開
今や世界的に見て、高度な大型固定翼哨戒機を開発できる国は
米国と日本のみと言っても­過言ではない。
もはや、日本は国際共同開発の場に立つ技術的カードも手にしたと考えら­れるが、
我が国の防衛産業界の態勢などから、
これを直ちに実行できる環境にないことも­理解できる。

海上自衛隊、最新鋭哨戒機P-1内部を初の報道公開
06/25 22:08 FNNnewsCH
東シナ海や南シナ海で中国が海洋進出を進める中、
海上自衛隊は25日、神奈川・厚木基地で、海を見張る
最新鋭の哨戒機P-1の内部を、初めて報道陣に公開した。
海上自衛隊が、まだ10機しか保有していない最新鋭哨戒機P-1は、
操縦席の前に、これまでの哨戒機「P-3C」にはなかった
素通し式の大型表示装置が2基あり、計器類に視線を落とさなくても
操縦できるようになっている。
潜水艦を探すため、海に落とすマイクロホン、ソノブイは最大100本以上と、

P-3Cよりはるかに多く搭載できる。
さらに、航続距離が1.3倍になっており、P-1は、

P-3Cよりはるかに広い範囲で、艦船の捜索ができる。 

2015.6.25 18:42更新 産経ニュース
初の国産ジェット哨戒機P1の機内を初公開
厚木基地で海自
海上自衛隊は25日、
神奈川県の厚木基地で、初の国産ジェット哨戒機P1の機内を
報道陣に初めて公開した。
来年3月末までに運用試験を終了し、来年4月から本格運用が可能になる予定。
  公開された機体の操縦席はデジタル化により複数の画面が並んでいた。
全長約38メートルの機体の中ほどに新たに搭載された
潜水艦探知用ソナーを落とす装置があり、ソナーの情報を分析する装置が
操縦席の後ろに設置されていた。隊員は
「これまで以上に操縦しやすくなった」と話した。
 海自による と、P1は現行のP3Cに比べ巡航高度と速度が約1.3倍、
航続距離が8千キロで約1.2倍。
積乱雲より上空を飛べるため気象の影響を受けにくく、
より早 く目的の上空に到着できる。
平成25年3月から厚木基地に順次配備され、現在は10機ある。
一部は今年4月から、運用試験と並行して
領海の警戒監視任務に就いている。
【防衛最前線】(32)P1哨戒機 中国潜水艦を追い詰める最新鋭国産機 P3Cをはるかに凌ぐ探査能力
有事に秋田空港で「戦闘機」「哨戒機」使用は可能…佐竹知事「使えます。当然でしょ」
【防衛最前線】(21)哨戒機P3C 職人芸で敵潜水艦を追い詰める「世界一いやらしい部隊」
元防衛相が国産P1哨戒機売り込み ロンドンで講演「高速、操作性に優れる」
【防衛最前線】(24)「おおすみ」型輸送艦 PKO部隊派遣、東日本大震災で活躍 水陸両用作戦にも投入
【防衛最前線】(17)救難飛行艇US2 「辛坊治郎」も救った世界最高峰の国産装備

【最新国産哨戒機】P-1まとめ【自衛隊】
更新日: 2015年06月19日 NAVERまとめ
P-1哨戒機とは?
P-1は、防衛省技術研究本部と川崎重工業が開発し、川崎重工業が製造、
海上自衛隊が保有・運用する固定翼哨戒機である。
ターボファンエンジン4発の中型機で、海上自衛隊が
P-3Cの後継機として運用する。

乗組員:パイロット2人を含む計13人
長さ:38m 幅:35.4m 高さ:12.1m
最大離陸重量:79.7t エンジン:ihi xf7-10 4個 最大速度:833km
最大航続距離:約8000km 最大上昇高度:13.520km 武装:9t以上

低騒音化
エ ンジンの騒音は、プロペラ機であるP-3Cに比べて、
巡航出力で10デシベル程度、離陸出力で5デシベル程度低減しているとされ、
性能向上による発着回数の低下が予想されることと相まって、
配備が想定される基地周辺の自治体住民の負担軽減につながることが期待できる。
厚木基地周辺の大和市、綾瀬市が行った調査でP-3Cに比べ
騒音が低減されていることが確認されている
騒音訴訟で厚木基地の自衛隊機に飛行差し止めが命じられました。
訴訟の経緯と国防にどのような影響が出るのか解説しています。

武装
武装は、P-3C同様に機首の下部に格納庫(いわゆる爆弾倉)を持ち、
対潜爆弾(航空爆雷)・魚雷を投下できる。
主翼の下にはいくつかのハードポイントが設置されており、
最大8発の対艦誘導弾91式空対艦誘導弾ハープーン)などを装備できる。
また、マーベリックの運用も可能である[32]
主脚の後部には38個のソノブイ発射口が設けられており、現用ソノブイのほか、
将来登場が見込まれる新型ソノブイへの対応拡張性も持つ。

0 件のコメント:

コメントを投稿