慰安婦問題について、いろんな報道: 中国検察当局、人民日報サイト幹部を拘束 贈収賄容疑で。その他、中国関連

Translate

2015年8月28日金曜日

中国検察当局、人民日報サイト幹部を拘束 贈収賄容疑で。その他、中国関連

 
画像は抗日戦争勝利70年記念特集の日本語版(新華社HPより引用)
史実違うと批判 党は統制強化 
 北京=林望  2015年8月28日20時21分

中国が繰り広げる
の宣伝キャンペーンで、史実から脱線気味の演出が現れ、
批判を集めている。
一方、当局は「抗日英雄」を疑う声を封殺するなど、 
共産党の歴史観にそぐわぬ情報の排除に余念がない。 
 「監督は歴史を知らないのか、それとも政治家にこびを売っているかだ」
 中国軍系の映画会社がこのほど制作した
大作映画「カイロ宣言」のポスターを発表すると、
ネット上にこんな批判があふれた。
 カイロ宣言は第2次世界大戦中の1943年、
米英中の首脳が集まり、第1次大戦後に日本が占領するなどした
土地の放棄や返還を目指し、
日本が無条件降伏するまで戦うことを確認した。
 問題は、カイロ宣言に署名したルーズベルト米大統領や
チャーチル英首相役の役者が大きく映ったポスターがあるのに、
当時、中国を代表して署名した国民党の蔣介石はなく、
会議に出ていない毛沢東役の役者が大写しになっていたことだ。
台湾メディアによると、これを知った台湾の馬英九(マーインチウ)総統
(前国民党主席)は「とんだお笑いぐさだ」と手厳しく批判した。
 中国国内では、70周年に向けた宣伝が強まるのと比例するように、
抗日戦争で超人的な活躍をした「抗日英雄」たちを疑問視したり、
やゆしたりする書き込みが続いた。 
 たとえば、
河北省の山地で日本軍を迎え撃ち、
大打撃を与えたとされる「狼牙山五壮士」。
9月3日の軍事パレードにも関係する部隊が登場するが、
ネットでは「5人は兵士ではなく、山賊だった」
などといった書き込みが現れた。
 党・政府はこうした事態を問題視。
国営メディアが「歴史虚無主義」と厳しく批判したうえ、
宣伝部門がネット世論に影響力のある人気ブロガーら52人を
「抗日英雄」ゆかりの部隊などで合宿させ、
批判や疑問を打ち消す書き込みをさせた。
 国家インターネット情報弁公室は23日、
「パレードをおとしめ、歴史をねじ曲げる情報発信は許さない」
との通知を出した。(北京=林望)  

中国検察当局

人民日報サイト幹部を拘束 贈収賄容疑で朝日新聞デジタル
北京=倉重奈苗  2015年8月28日19時33分
中国検察当局は28日、 
共産党機関紙・人民日報傘下のニュースサイト「人民網」の
廖●(●はおうへんに工)総裁兼副会長と陳智霞副総裁を
贈収賄の疑いで拘束したと発表した。
 検察当局は贈収賄容疑の具体的な内容を明らかにしていないが、
複数の中国メディアによると、記事掲載をめぐる恐喝と汚職の疑いで、
今年5月から当局の調査を受けている徐輝副編集長との関係を指摘する見方がある。
インターネット上では徐氏のほかにも複数の幹部が
関連で連行されたと報じられたが、報道はすぐに削除された。
 中国では国営メディアと経済・金融業界との癒着や汚職が指摘されており、
今後、摘発の動きが広がる可能性もある。
 廖氏は2010年6月から人民網の総裁兼副会長を務め、
今年4月まで編集長も兼務していた。
今月20日には人民網でネット業界の
協力強化を呼びかける文章を発表した。(北京=倉重奈苗)
2015-08-28 13:08
地震予測検証 NEWS 防災情報中国国営の新華社
「天皇は謝罪すべき」
…岸田外相が強く抗議 
中国国営の「新華社」が天皇陛下に対して先の大戦について
「侵略行為を謝罪すべき」だと主張する記事を掲載したことについて、
岸田文雄外相は28日 の会見で「天皇陛下に対する礼を著しく失しており、
これまで表明されてきた中国側の立場とも相容れない」として、
中国側に抗議したことを明らかにした。
 新華社は今月26日、
『日本の侵略戦争の犯罪行為を謝罪すべきなのは誰か』
という見出しの記事を配信。
そのなかで「天皇裕仁は日本が侵略した被害国と国民に、
死ぬまで謝罪の意を表したことはなかった」として、
先の大戦について天皇陛下に謝罪を要求した。
 中国では来月「抗日戦争勝利70年」を記念して各国首脳を招いて
大規模な軍事パレードを開催する予定で、国営のメディアでも、
連日さまざまな特集記事や番組を組んでいる。
 これを受けて岸田外相は28日午前の記者会見で、
「中国国内の報道とはいえ、天皇陛下に対する礼を著しく失しており、
これまで表明されてきた中国側の立場とも相容れないものである」と不快感を示し、
外交ルートを通じて中国側に強く抗議を申し入れたことを明らかにした。  
2015年08月28日 12時30分 YOMIURI ONLINEホームへ
http://si.wsj.net/public/resources/images/AI-CR734_CWORLD_P_20150825043326.jpg
戦時下の中国を率いていた蒋介石(1938年) Photo: AP
 http://si.wsj.net/public/resources/images/AI-CR735_CWORLD_P_20150825034141.jpg
蒋介石(左)、ルーズベルト米大統領(中央)、チャーチル英首相(1943年) Photo: AP 
 
【愚の骨頂】天皇陛下に謝罪を求めた中共と、
浮世離れした戦後日本の大学教員[桜H27/8/27] SakuraSoTV
日中関係に全く益のない「天皇陛下の謝罪」を求めてきた中国と、
そのようなファシスト­に呼応するが如き行動を取る一部の大学教員。
共に冷静な判断能力が欠如していると言わ­ざるを得ない、
その愚かな行動について批判していきます。 

中国の国営新華社通信は25日、
「だれが日本の侵略戦争の罪を謝罪すべきか」との評論を配信し、
「昭和天皇は亡くなるまで被害国とその国民に謝罪を表明したことはなく、
その皇位継承者は謝罪で雪解けを、
悔いることで信頼を手に入れなければならない」などと主張した。 

 同評論について、中国外務省は27日、朝日新聞が
「この評論が共産党や中国政府の立場を示すものなのか」と質問したのに対し
「メディアが報道した観点について、我々は評論する立場にない」
と述べるにとどめた。(北京) 

■日本政府は抗議
政府は27日、新華社通信の論評を受け、外務省局長と

在北京大使館の公使がそれぞれ中国側に電話で抗議した。
天皇陛下への謝罪要求は新華社が25日に配信し、

中国紙・光明日報が26日付で掲載した。
外務省幹部は「国営の通信社が配信したことと、

あまりに問題が大きい内容であることを考慮し抗議した」と説明した。
中国側は「関連部署に報告する」と応じたという。
日本政府は同日、中国海軍が、尖閣諸島を背景に
領土防衛を呼びかける兵員募集の動画を作成したことも抗議した。
(松井望美) 
この記事に関するニュース
(この人をたどって 戦後70年:10)昭和天皇 あの時代に何を学ぶ(8/21)
(新ポリティカにっぽん)償い、反省、伝えてこその戦後(8/18)
昭和天皇の「玉音放送」 原文と現代語訳(8/14)
「玉音放送」原盤巡る宮城事件、元近衛兵が語ったその時(8/14)
戦争映画「知らない世代」意識 感動狙い、強まる創作性(8/13)

片面的な中国政府の歴史認識、草の根レベルで是正の動きも
ANDREW BROWNE ウォールストリートジャーナル
2015 年 8 月 27 日 13:28 JST
 日本軍が中国で暴れていた1938年、戦時下の中国を率いていた
蒋介石は敵軍の進軍を阻止するため、黄河の決壊を兵士に命じた。
中国中央部の豊かな平原に大量の水が押し寄せ、すべてを呑み込んだ。

大規模な洪水は約50万人の命を奪い、500万人の住民が家を失った。
 戦時下の中国で、国家の未来がかかっているときに、

この破滅的な決断をしたのは紛れもなく蒋介石だ。
  中国国民党のトップだった蒋介石は国民党軍を率いて、

はるかに優勢な敵軍と対峙(たいじ)した8年にわたり、
ほぼ全ての戦闘を戦ってきた。
終戦後、アジア の戦後処理について話し合うために
ルーズベルト米大統領やチャーチル英首相と
同じテーブルについた蒋介石は、
世界の列強国と並ぶ勇敢な抵抗者の象徴となっ た。
  だが、「抗日戦争勝利70周年」を記念する

大規模な軍事パレードを来週に控えた今の中国政府は、
蒋介石という非凡な人物の評価を下げ、歴史の脇役として位置づけている。
抗日戦争で最初の戦闘が行われた北京郊外に、
規模を拡大して新たに開館した抗日戦争記念館では
蒋介石のことがほとんど紹介されていない。
  日本を打ち負かしたのは蒋介石ではなく、
毛沢東と共産党軍だということになっている。
確かに共産党軍は軍勢80万の日本軍を食い止める上で、
主に後方支援 ながらも重要な役割を果たした。
だがそれに続いた内戦で、共産党軍は残しておいた戦力で
国民党軍を相手に戦い、1949年に勝利を収めた。
  中国政府の歴史解釈は2つの目的を持っている。
一つは最大のライバルである日本の戦争責任を強調することと、
もう一つは日本の軍国主義を打ち負かす上で
共産党が果たした役割を底上げすることだ。
この両方が習近平国家主席の野望を支えている。
習氏はアジアの戦後秩序を放棄し、
より精力的に自己主張する中国を目指している。
  それが来週の軍事パレードで中国が送ろうとしているメッセージだ。
パレードでは北京上空を空軍機が飛び、ミサイルや戦車が披露され、
膝を曲げずに歩く兵士たちが天安門広場を行進するだろう。

習氏は、米国と日米同盟によって支配されている

地域の安全保障体制への挑戦に余念がない。

 確かに中国にはファシズムとの戦いで
連合国に勝利をもたらすために、1400万人の死者と
8000万人の難民という多大な犠牲を払ったことを
世界に思い起こさせるもっともな理由がある。
西側では、こうした犠牲の記憶は新たな共産党政権に向けられた
冷戦時代の敵意の中に埋もれてしまっている。
現在の中国でも、

国民党の役割について似たような記憶喪失が起こっている。
  だが、「Forgotten Ally: China’s World War II, 1937-1945
(忘れられた同盟国:中国の第2次世界大戦 1937~1945)」の
著者であるラナ・ミッター氏は、
共産党と国民党の単なる対立を超えたところで、
戦争を適切に解釈しなければならないと指摘する。
同氏は「一方がすべてを行い、
もう一方は何もしなかったという議論は成り立たない」と言う。
加えて、米国が太平洋のこの戦争に介入していなければ、
どちらの党も主流にはならなかったはずだと指摘した。
 習氏の課題は、
世界の大半が中国政府の公式な歴史認識を信用していないことだ。
  まず、中国の解釈は年月を経る間に変化した。
冷戦時代の中国は、米国との同盟関係から日本を引き離そうとして、
日本の戦時中の残虐行為については何ら言及していなかった。
それが変化したのは
1989年に民主化運動に参加した学生を力で弾圧した後だ。
共産党は当時、国民の支持が弱まっていた党の正統性を、
反日ナショナリズムを盛り上げることで後押ししようとしたのだ。
  さらに、平和を愛する民主国家になった
戦後の日本を非難する声(韓国はよく知られた例外だが)や、
中国の軍事台頭を歓迎する声は中国以外からはほとんど聞かれない。
だからこそ、天安門で予定されている軍事パレードに
参加する世界の首脳は少ないのだ。

その会場も興ざめの一つだ。
天安門といえば、1989年に 民主化を訴えるデモ隊を
軍隊が弾圧した場所として西側は記憶している。
 また、アジア諸国は中国の台頭に合わせて
米国の役割が薄れていくのを見たいと思っているわけでもない。
その反対に、中国の自己主張の強まりを契機に周辺国・地域からは
米国の軍事プレゼンスの強化を求める声が出始めた。
 このままいけばどうなるのか。
戦時中の歴史をめぐる苦い論争はアジアの政治を混乱させ、
新たな悲劇の種を蒔くことになりかねない。
地域全体でナショナリズムが目立つようになれば危険が高まることになる。
  だが、希望がないわけではない。
中国では信頼できる歴史認識を求める圧力が
社会の草の根レベルから出てきているとミッター氏は指摘する。
ある驚くべき情報源が新たな歴史認識を提供している。
オンラインゲームが数百万人の若者たちに、
国民党軍の戦時中の最高司令官らと、
その戦闘ぶりや勝利について
詳細に知ることのできる機会を提供しているのだ。
マンガ本なども同じような役割を果たしている。

  歴史的なカイロ会談に出席する毛沢東が登場する
中国の戦争映画「カイロ宣言」のポスターは今月、
ソーシャルメディア上で激しい非難を浴びた。
カイロ会談は戦後アジアのあり方を協議するため
連合国の首脳が出席したが、毛沢東は当然その場にはいなかった。
当時は蒋介石が中国を代表していたからだ。
 蒋介石が国民党を率いて亡命政府を樹立した
台湾の終戦記念行事はもっと地味だ。蒋介石は台湾で1975年に死亡した。
 中国の歴史家らは、蒋介石は愛国者であったが、
黄河を決壊させる決断は日本軍の進軍阻止には
ほとんど役に立たなかった無謀な作戦だったととらえている。
北京の抗日戦争記念館の副館長は
「客観的に言って、(黄河の決壊は)甚大な人道的大惨事をもたらした」と話す。
 だが、戦争映画のポスターをめぐるオンライン上の騒動は
中国の一般市民が、
でっち上げられた歴史にいかに抵抗しているかを示している。
これこそが、
アジアが喫緊に必要としている和解へ向けた最初の一歩だ。


関連記事
中国、戦勝軍事パレードの出席者名簿を公開 金正恩氏は参加せず
軍事パレードに備える北京、市民生活に多くの規制
安倍談話と中国軍事パレード、北京住民に聞く
中国軍事パレード、欧米諸国の頭痛の種に
中国、戦時中の役割「過小評価」修正狙う-9月の軍事パレードで
中国の戦後70年軍事パレード、日本も招くのか 

検索キーワード「新華社」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2015年2月1日日曜日
新華社 事件利用して安倍政権批判
「反テロを口実とする政治的な私利強奪だ」
とブーメラン記事をだしていたらしい・・

2014年9月5日金曜日
中国食文化にタブーなし、だからこその報道。 
「慰安婦を殺して、その肉を食べた」 
旧日本兵による「信じがたい」証言を新華社が報じる

2014年7月26日土曜日
番外編 逆に言うと、現在の中国は清朝末期と言っているわけですね
 ・・・ 清はそもそも満州族が支配層で漢民族は支配されていた側。

0 件のコメント:

コメントを投稿