慰安婦問題について、いろんな報道: ナチス旗デモ「首相支持」朝日編集委員が書き込み。朝日新聞社、報道姿勢に疑念抱かせおわびします 朝日新聞社特別編集委員、不適切なツイッター

Translate

2015年8月5日水曜日

ナチス旗デモ「首相支持」朝日編集委員が書き込み。朝日新聞社、報道姿勢に疑念抱かせおわびします 朝日新聞社特別編集委員、不適切なツイッター

ナチス旗デモ「首相支持」朝日編集委員が書き込み
共同通信) 2015/08/05 11:48
朝日新聞社の冨永格 (とみなが・ただし)・特別編集委員が、
同社公認の自身のツイッターに、
ナチスの旗や旭日旗を掲げてデモする人たちの写真を掲載し、
英語とフランス語で「東京での日本の国家主義者のデモ。
彼らが安倍首相と保守政権を支持している」と
書き込んでいたことが4日分かった。
既に削除し、謝罪した。
一方、自民党は朝日新聞社に抗議し、 
謝罪と訂正を徹底するよう文書で申し入れた。

 冨永氏は2日に問題の書き込みをし、ネット上で批判を受けた。
その後、「嫌韓デモに参加する人たちには安倍首相の支持者が多いという
趣旨でしたが、『一般的に』の言葉が抜けていたので、
彼らがこぞって首相を支持しているかの印象を与えるツイートになってしまいました」
と釈明、謝罪の言葉も書き込んだ。
 同社広報部によると、冨永氏が掲載した写真はネット上で見つけたものだった。
社は冨永氏に厳しく注意し、自身のツイッターにおわびを記すよう指示したという。
冨永氏は2013年から特別編集委員。
 自民党は「(冨永氏の釈明と謝罪は)不十分で、
欧米のフォロワー(読者)の誤解が解けるものではない」と指摘。
朝日新聞社に対し、冨永氏にツイッターできちんとした訂正と謝罪をするよう
指示した上で、同社のホームページにもそれを掲載するよう求めた。

報道姿勢に疑念抱かせおわびします
2015年8月5日05時00分 朝日新聞デジタル
朝日新聞記者の冨永格特別編集委員が2日、
ツイッターに不適切な投稿をし、削除しました。
本社は、報道姿勢に疑念を抱かせる行為だったと重く受け止め、
社名などを名乗ってツイッターを利用できる「公認記者」から外すとともに、
コラム「日曜に想(おも)う」の執筆者からも外す措置をとります。  
今回の経緯について説明いたします。
 冨永記者はツイッターにナチスの旗などを掲げてデモをする人たちの写真を載せ、
英語で「東京であった日本の国家主義者のデモ。
彼らは安倍首相と保守的な政権を支持している」と投稿し、
フランス語でもほぼ同様の内容の投稿をしました。
 冨永記者は投稿について、事実関係の裏付けをしておらず、
写真も撮影者の許可をとらずに転載していました。
 この投稿に対し、多くのみなさまから批判を受け、冨永記者はおわびをし、
英語、フランス語の投稿を削除しました。
 本社は、冨永記者に厳しく注意し、冨永記者は改めておわびの投稿をしました。
 本社の記者ツイッターは記者個人の責任で発信していますが、
このような事態を招いたことについて、みなさまにおわびいたします。
記者に対する研修の強化などを通じ、ソーシャルメディアの適切な利用を進めます。

日曜の池袋に白昼堂々「ハーケンクロイツ」
 ヒトラー誕生日に「ナチス賛美」デモ
2014/4/23 18:56 J-CASTニュース 
中国や韓国を批判しながら「大東亜共栄圏」の復興を主張する集団が
2014年4月20日午後、東京・池袋でデモ行進を行った。
   中国や韓国を批判するデモは、しばしば「ヘイトスピーチ」だとして問題にされるが、
今回のデモで特異なのは、先頭集団がナチスドイツの象徴と して知られる
ハーケンクロイツ(カギ十字)の旗を掲げ、ナチスドイツの再評価を主張したことだ。
ドイツでは公の場でハーケンクロイツを掲げることは原則と して違法だとされており、
波紋を広げそうだ。
「大日本帝国もナチスドイツも、敗戦したからこそ悪者にされてしまった」

デモの様子はユーチューブでも公開されている。
先頭集団がハーケンクロイツの旗を持っているのがわかる
   デモは、「支那朝鮮のいない大東亜共栄圏実現・国民大行進!」と題して、
「護国志士の会」を名乗る団体が主催。集合場所には、
東條英機元首相らA級戦犯7人の死刑が執行された
巣鴨プリズンの跡地にあたる、東池袋中央公園を選んだ。

主催者の男性は、
「先人の功績を無駄にせず、過ちを繰り返さないために我々ができることは、
支那・朝鮮を抜きにした大東亜共栄圏を実現すること」 とあいさつ。
4月20日はヒトラーの125回目の誕生日にあたり、ナチスドイツについても、
「大日本帝国もナチスドイツも、敗戦したからこそ悪者にされてしまったのであり、
ドイツに関しては、ナチスを賛美するだけで投獄 されてしまうという状況になっている。
かつて共に戦った日本が、言論の自由がある日本が、
河野談話の再検証とともにナチスドイツの再検証もして、いい部分 は取り入れて、
名誉を挽回しようではないか」 と主張した。
日本が大東亜共栄圏構想を提唱した時期に同盟国だったナチスドイツを
称賛する狙いがあるようだ。
主催者が主張するナチスドイツの「いい 部分」が何かは必ずしも明らかではないが、
シュプレヒコールの内容から判断すると、アウトバーンの建設など、
主にインフラ整備の面を念頭に置いているよう だ。

朝鮮日報「見るだけでぞっとする赤い旗がはためいた」
その後、約40人が、
「支那、朝鮮のいないアジアと、仲良くしようぜ~!」
「日本はナチスドイツのいいところを見習うぞ~!」
「総統閣下ばんざーい!」

などとシュプレヒコールを上げながら約20分間にわたって公園の周辺を行進。
参加者はハーケンクロイツ、日の丸や旭日旗を掲げていたが、
東南アジア 諸国連合(ASEAN)の連合旗、チベットの旗、台湾の民主進歩党
(民進党)の旗など、デモの趣旨とは関係なさそうなものも確認できた。
   デモ行進は警察車両が先導する形で行われ、
終了時にデモに抗議しようとした人と
小競り合いになった以外は大きな混乱はなかった。
デモの終わりには、主催者が、
「オバマ(大統領)が来日するということで、

『警備の関係で、本当は日にちをずらしてほしい』と警察の方から言われていたが、
 『どうしても、この日(ヒトラーの誕生日)にやるしかないだろう』ということで、
無理を押してお願いした。皆さんで警察の方にお礼を言いたいと思いま す!」
と警察にあいさつするという珍しい一幕もあった。

このデモが近隣諸国などの反発を招くのは確実で、韓国の朝鮮日報は、
「東京の代表的繁華街の一つである池袋に、
見るだけでぞっとする赤い旗がはためいた」などと批判している。
警察の対応についても
「『事前に届け出があった』との理由でデモ隊守る」と非難した。

検索キーワード「ナチス」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2014年9月13日土曜日
ナチスにシンパシーは感じません しょせん白人ドイツのものです。 
ソースロンダリングしてNYTの田淵ひろ子記者も絡んでた模様・・・ 
中独合作 (ちゅうどくがっさく、中: 中德合作、(「徳」はドイツのこと)
独: Chinesisch-Deutsche Kooperation
英: Sino-German cooperation 
Chineseを用いないので注意)
とは、1910年代から1940年代にかけての
中華民国とドイツの一連の軍事的・経済的協力関係を指す。独中合作とも。
日中戦争直前の中華民国で、産業と軍隊の近代化に役立った。
1912年に中華民国が成立した直後の中国では、軍閥が跋扈し、
列強の侵略に苛まれていたが、1928年の 中国国民党による北伐の完成により
一応ながらも国内統一された。
しかし、その後満州事変などの日本の進出により、「中華民国による国家統一」が
脅かされるようになった。

そのような背景において、軍隊と国防産業の近代化を必要とする中華民国と、
資源の安定供給を必要としていたドイツの思惑が一致し、1920年代の終わりから
1930年代の終わりにかけて、両国の関係は最高潮に達した。
ナチスがドイツを支配するとさらに関係が強化された[1]
日独防共協定締結されると関係は弱められた。
中国の近代化に大きな影響を与え、第二次上海事変で成果を発揮した。


ドイツが仕組んだ上海戦秘史 阿羅健一 
桜プロジェクト 平成20年12月22日 日中戦争はドイツが仕組んだ 
根拠が無いジョンラーべ証言 waa5001 さんのチャンネル

- YouTube - trimmed SakuraSoTV

2015年7月21日火曜日
史実を知ればありえない設定のSFドラマ

2014年12月5日金曜日
 ・・ ゴールデンブック 樋口季一郎将軍

2015年7月28日火曜日
アウシュビッツとの友好協定中止を決定 反対論続出「勉強不足でした…」
 知覧・南九州市。特攻隊が見た「最後の本土」 鹿児島県・開聞岳

0 件のコメント:

コメントを投稿