慰安婦問題について、いろんな報道: 4〜6月期GDP、GDP上方修正、年率1.2%減。-0.4% 3四半期ぶりのマイナス成長。日本の「稼ぐ力」回復…経常黒字8兆1835億

Translate

2015年9月8日火曜日

4〜6月期GDP、GDP上方修正、年率1.2%減。-0.4% 3四半期ぶりのマイナス成長。日本の「稼ぐ力」回復…経常黒字8兆1835億

内閣府が8日発表した
2015年4~6月期の国内総生産(GDP)の2次速報は、
物価変動の影響をのぞいた実質成長率が前期(1~3月期)より0・3%減った。
年率換算では1・2%減で、
8月発表の1次速報(年率1・6%減)から上方修正された。
 ただ、修正の主な要因は在庫の増加によるもので、
GDPの内容が改善したとはいえない。マイナス成長は3四半期ぶり。

 製品や原材料などの在庫の寄与度を、1次速報後に発表された

「法人企業統計」などをもとに計算し直した結果、
1次速報のプラス0・1%からプラス0・3%に上方修正された。
在庫の増加はGDPではプラスに計算されるが、
「企業が販売増を見込んで在庫を増やしているというより、 
個人消費がふるわずに在庫が積み上がっている可能性がある」
(SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミスト)という。

 GDPの約6割を占める個人消費は0・7%減と、

1次速報(0・8%減)からほぼ横ばいだった。
設備投資は1次速報の0・1%減から0・9%減へと大幅に下方修正された。
化学工業や食料品製造、鉄鋼業の減少が影響した。
設備投資は1~3月期に2・6%増と高い伸びを示していたが、
今回の2次速報では中国経済の減速の影響がさらに色濃く出た。

 物価の動きを反映した名目GDPは0・1%増(年率0・2%増)。

1次速報の0・0%増(年率0・1%増)から上方修正された。(大内奏) 
1次速報値と2次速報値の比較(四半期値、実質、季節調整済前期比)
(出典:内閣府Webサイト)

4~6月の"GDP改定値"、小幅に上方修正
--設備投資は下方修正
御木本千春  [2015/09/08] マイナビニュース
海外投資家、日本株を3カ月連続売り越し--売り越し額は4年ぶりの大きさ [16:13 9/8]
9月の見通し--中国の減速懸念に揺れる市場 [15:38 9/8

08/17 12:51 FNNnewsCH
4月から6月期のGDP(国内総生産)が、17日午前に発表された。
2014年7月から9月期にマイナスを記録したあとは、
2四半期連続でプラスだったが、今回、再びマイナス成長に転じた。
内閣府が発表した、4月から6月期のGDP速報値は、
物価変動の影響を除いた実質で、前の3カ月に比べて、0.4%のマイナスだった。

そのままの成長が1年間続いた年率に換算すると、
1.6%減と、3四半期ぶりのマイナス成長。

6月の天候不順に加えて、賃金の伸びが、
物価の上昇に追いついていないことから、消費の落ち込みが、
事前予想より大きかったほか、輸出も、中国などアジアや、
アメリカ向けを中心に落ち込んでいる。
甘利経済再生相は、
「政府としては、過去最高収益を経済の好循環につなげる努力が、
もう一段必要。賃上げと設備投資」と述べた。
今回の発表を受けて、市場からは、日銀による追加の金融緩和や、
新たな経済対策を望む声も出てくるとみられる。  

GDP実質年1.6%減
4~6月、3期ぶりマイナス
2015/8/17 11:35
内閣府が17日発表した
4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた
実質の季節調整値で前期比0.4%減、年率換算で1.6%減となった。
マイナスになるのは昨年7~9月期以来3四半期ぶり。
個人消費と輸出の落ち込みが響いた。
 甘利明経済財政・再生相は発表後の記者会見で
「(マイナス成長は)一時的な要素がかなり大きい。
7月以降のプレミアム付き商品券の発行や真夏日が続いているのを考えれば
回復の見込みは高い」との認識を示した。
 生活実感に近いとされる名目GDPは、前期比0.02%増、年率で0.1%増だった。
1~3月期の実質GDPは4.5%増の高成長で、今回は反動が出た面もある
  内訳を見ると個人消費は実質で前期比0.8%減と4四半期ぶりにマイナスとなった。
円安や原材料高で食料品の値上げが相次ぐ中、
賃金が伸び悩み、消費者が 財布のひもを締めた。
軽自動車の販売が4月からの増税で落ち込んだ。
6月に長雨・低温が続き、エアコンなどの家電や衣料品の販売が減ったのも響いた。
  輸出は4.4%減と、6期ぶりのマイナスだった。
中国景気が見込みよりも下振れし、アジア全体に波及して輸出減となった。
輸入も国内消費の縮小で2.6% 減り、輸出から輸入を差し引いた
外需のGDPへの寄与度はマイナス0.3%だった。
訪日外国人観光客による消費は6.1%増えたが、
GDPへの寄与度は 0.03%分の押し上げにとどまった。
 設備投資は0.1%減。
企業収益が過去最高水準に達しているのに照らすと投資は鈍い。
甘利経財相は
「企業経営者には、政府の政策効果であげた収益を
自力の競争力につなげていくという意識を持ってもらいたい」との見解を示した。
  企業が手元に抱える在庫の増減を示す民間在庫はGDPを0.1%分押し上げた。
前期末からの減り幅が小さくなり、GDPのプラス要因となった。
住宅投資は 1.9%増えた。
2期連続のプラスとなり、増加幅も1~3月期(1.7%)より広がった。
消費増税後の反動減の一巡や、低金利が続いたことで、
着工戸数の 持ち直しが鮮明になっている。
 政府消費は0.4%増、公共投資は2.6%増だった。
国内需要のGDPへの寄与度はマイナス0.1%となった。

日本の「稼ぐ力」回復…経常黒字8兆1835億
2015年08月10日 10時58分 YOMIURI ONLINEホームへ
財務省が10日発表した2015年上半期(1~6月)の国際収支統計によると、
日本が外国とやり取りしたモノやカネの収支を示す「経常収支」は、
8兆1835億円の黒字となり、上半期として2年ぶりの黒字となった。
 原油価格の下落や海外景気の緩やかな回復などで、輸出額から輸入額を
差し引いたモノの取引を示す貿易収支の赤字が縮小したためだ。

 半期ベースでは、東日本大震災前の10年下半期(9兆5692億円)以来の
黒字水準で、日本の「稼ぐ力」が回復しつつあることを示している。
14年上半期の経常収支は4977億円の赤字で、
比較可能な1985年以降で初めて赤字に転落していた。

 経常収支のうち、投資した海外の子会社からの配当金や
債券収入などのやりとりを示す第1次所得収支は、
前年同期比26・1%増の10兆5114億円の黒字で、
85年以降、半期として最大となった。

0 件のコメント:

コメントを投稿