慰安婦問題について、いろんな報道: 韓国朴大統領の妹「日本に学ぶべき」。

Translate

2015年8月5日水曜日

韓国朴大統領の妹「日本に学ぶべき」。

日本から帰国したソウルの金浦空港で、記者団に持論を語る
韓国の朴槿恵大統領の妹、槿令氏=30日(聯合=共同)

2015.8.5 07:05更新 産経ニュース
韓国朴大統領の妹「日本に学ぶべき」
「浮気した夫の噂立てるのと同じ」
「過去蒸し返し恥ずかしい」 ネット番組で対日擁護
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領 の妹、
朴槿令(クンリョン)氏(61)が
4日夜に配信された日本のインターネット番組で、
「日本の首相が替わるたびに謝罪を求め、
隣人を責めるのは第三国から見て
恥ずかしいことだ」と述べ、
歴史問題を蒸し返す韓国政府の姿勢に疑問を呈した。
50年前に父、朴正煕(チョンヒ)元大統領が
成し遂げた日韓国交正常化による
日本からの援助が韓国の経済発展にとって
「決定的だった」ともし、
元慰安婦女性らの支援は
自国が責任を持つべきとの認識を示した。 
 動画配信サイト「ニコニコ動画」の
日韓問題に関する特集の中でインタビューに応じた。
 冒頭、日本の印象について、
「マナーや礼儀正しさ、相手への配慮など、
日本には、韓国にない長所がある。
韓国も礼儀の国といわれたが、今は当てはまらない。
日本から学んで礼儀正しい生活をしてほしい」
と現在の韓国社会に注文を付けた。
 姉の槿恵氏とは最後にいつ会ったか、
「よく思い出せない」としながらも、
子供時代から優秀だったことなど、
姉を立てたうえで
「食事も定時にする姉と、
寝坊をする私と性格は正反対だった。
けんかをするといつも勝ち気の私が勝った」
と振り返った。

 当時、人気だった日本製の文房具などを厳格な母が
買ってくれなかったといった子供時代の思い出にも触れた。
 世論の大反発を押し切ってまで、
正煕氏が国交正常化を断行したことについては、
「国交正常化こそ
生きる道と思って推進した父を誇らしく思う」とし、
日本からの無償・有償援助が製鉄所や
高速道路建設など、韓国経済発展の
「原動力になった」と評価した。
 日本に対して過去の歴史を問い続けることは、
「浮気した夫の悪い噂を立てていることと同じ。
歴史を後退させることで、
(韓国の)国益にもよいことではない」と苦言を呈した。
 慰安婦問題についても、
日本の援助で自立経済の基盤ができたと前置きしたうえで、
「隣人を責め続けるのではなく、
自らの手で(元慰安婦である)祖母や母を
慰めて暮らしていくことが重要だ」と、
韓国が責任を持って元慰安婦らに
補償や支援をしていく重要さを強調した。
 首相ら日本の政治家が靖国神社に参拝するごとに
韓国外務省が批判することについても
「内政干渉になる」と批判。 
「子孫として祖先をまいることを拒むことはできない。
靖国参拝をして戦争を起こそうとは誰も思っていない。
そう思う方がおかしい」と
変わることない韓国世論のあり方に疑問を投げかけた。
 現在の日本については、
「他の国を侵略する憲法でもなく、
軍国主義の時代でもない」と理解を示した上で、
「(戦前)当時の『親日』と国交正常化後の
『親日』は全く変わっている」と、
いまだに親日派をつるし上げようとする
韓国の左派勢力の姿勢を批判した。
 自ら社団法人「韓国災難救護」の総裁を務めるなど、
社会支援に従事している経験から、
韓国のハンセン病患者らに対し、
人知れず、支援の手を差し伸べる
日本人が少なくないにもかかわらず、
韓国で「あまり知られていない」実態も憂えた。
 姉の槿恵氏の対日政策については、
国交正常化50年の式典で日韓関係の深化に言及し、
駐日大使を経験した李丙 ●(=王へんに其)(イ・ビョンギ)氏を
秘書室長に起用したことを挙げ、
日韓関係にとって「いいシグナルだ」とし、
「私たちは、新しいスタートを切らなければならない。
見守ってほしい」と期待を込めた。
 最後に、番組を視聴した日本のネットユーザーに向け、
「韓国では、日本を非難するニュースばかりが流れるが、
大半の国民は私と同じ考え方を持っていることを分かっていただき、
もっと韓国を好きになってほしい」と訴えた。
 この日配信されたインタビューは録画で、
槿令氏は収録を終え韓国に帰国した先月30日、ソウルの空港で
韓国の報道陣に同様の主張をしたところ、韓国内で物議を醸した。
 インタビューを終え、槿令氏はこうも付け加えた。
 「よいことをしようとすると、水を差す人がいます。
そういう人を警戒しないといけません。賢い人は分かると思います」

靖国参拝「韓国の関与は内政干渉」
 朴大統領の妹が発言
07月31日 18:22 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の実妹、
朝日新聞朴槿令(パククンリョン)氏(61)が
日本による植民地支配などについて
「天皇が謝罪したのに、
なぜ首相が代わるたびに謝罪しろというのか」と述べた。
聯合ニュースが30日、金浦空港で記者団に語ったとして報じた。
韓国では、日本を擁護しているとして物議を醸 している。 
 聯合ニュースによると、槿令氏は首相らの靖国神社参拝について
「先祖に過ちがあったからとして参拝もしないのは人の道に背くこと」
「韓国が関与す るのは内政干渉」などと話した。
旧日本軍の慰安婦問題についても
「苦痛を受けた方々については、
韓国民が国内でお世話をしなければならない」とした。
 最大野党の新政治民主連合の院内報道官は31日、
「大統領の実妹が、
安倍政権の妄動をかばうことはありえないことだ」と批判した。
 朴槿恵大統領と槿令氏の関係は良好でないとも言われる。
朴槿恵氏が与党セヌリ党非常対策委員長として
先頭に立った2012年の総選挙で、
槿令氏は同党以外から立候補。
投票日直前に候補を辞退したものの、周囲を困惑させた。
 槿令氏は、日本の動画サイト「ニコニコ生放送」のインタビューで
日本の謝罪は必要ないといった趣旨の発言をしたと韓国で伝えられた。
このため、聯合ニュースなどの韓国メディアが空港で槿令氏を取材した。
ニコニコ生放送は、槿令氏のインタビュー映像を
4日午後10時から放映する。(ソウル=東岡徹)

2015.7.30 22:47更新産経ニュース 
「なぜ日本に謝れと言う」
朴大統領の妹、槿令氏が苦言
靖国参拝批判は「内政干渉」
「慰安婦は韓国が面倒見るべき」
 【ソウル=藤本欣也】
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領(63)の実妹、
朴槿令(クンリョン)氏(61)が30 日、
「日本の神社参拝は子孫が先祖を訪ねていくものであり、
100年前の先祖が悪いことをしたから
子孫が参拝をしないというのは人の道にもとる」と
日本人の靖国神社参拝を擁護、
「韓国がそれに関与しようとするのは内政干渉である」と主張した。
槿令氏が同日、日本から帰国した後、
ソウルの金浦空港で韓国メ ディアの取材に答えた。
 聯合ニュースによると、槿令氏は
「天皇が頭を下げているのに、
なぜ(日本の)首相が替わるたびに謝れと言うのか」と韓国の対応を批判。
「日本は韓国の経済発展の基になることをたくさんしてくれたのに、
被害意識だけ抱いていては国益にならない」と主張した。
 慰安婦問題については、「元慰安婦をはじめ苦痛を受けた方々に対しては、
韓国国民が国内で面倒を見なければならない」と述べた。
 また、
「北東アジアの平和実現のために
日本は親しくつきあわなければならない隣国であり、
解放前の“親日”と解放後の“親日”では概念が違う」と強調した。
 槿令氏は現在、社団法人「韓国災難救護」の総裁を務めている。
槿恵氏は2013年に大統領に就任した後、
実弟の志晩(チマン)氏や槿令氏を大統領府から遠ざけ、
関係が疎遠になったといわれる。
槿令氏の結婚に槿恵氏が反対したこともあったとされる
 槿令氏はこれまでも日本の重要性を主張するなど、
日韓関係では肯定的な発言を繰り返している。
朴槿恵の妹・朴槿令と弟・朴志晩 

夕刊フジ朴大統領の身内に政権を揺るがしかねないスキャンダル
・・・そんな朴氏を窮地に追い込みかねない
ある事情が注目を集めている。
 韓国事情に詳しいノンフィクションライターの高月靖氏は

「朴氏には、 2歳違いの妹と、(3歳違いの)弟がいるが、
この2人がそれぞれ警察沙汰のトラブルを起こしている。
地元マスコミは、朴家の暗部を繰り返し報じており、
政権運営に影響を与えかねない醜聞になっている」と明かす。
 きょうだいとは妹の槿令(クンリョン)氏と、
弟の志晩(チマン)氏のことだ。
 槿令氏は母親が設立した
育英財団の理事長職を朴氏から引き継いだ。
だが、「財団の駐車場利権を餌に知人から7000万ウォン
(現在のレートで約700万円)をだまし取った疑いで、
刑事告訴され、起訴された」(高月氏)。
 昨年9月、この詐欺事件で、ソウル地方裁判所は槿令氏に

罰金500万ウォン(同約50万円)の判決を言い渡し、
同氏側は控訴したが同年12月、棄却されている。
 事件の前には、財団の運営上の問題から

理事長を解任されるなどトラブルが尽きず、
姉の朴氏とは絶縁状態にもなったという。
 「槿令氏は、弟の志晩氏とも対立している。
槿令氏の夫があおる形で、双方が中傷合戦を繰り広げ、
法廷闘争にまで発展した」(同)
 志晩氏もいわくつきの人物だ。
いまでこそ、韓国最大手の鉄鋼会社「ポスコ」の関連会社
「EGテック」の会長におさまっているが、
重度の薬物中毒に陥った過去がある。
「覚醒剤に溺れ、
1989年から2002年にかけて計6回も逮捕された。
韓国では、朴正煕元大統領の厄介者の息子としてマスコミに
たびたび取り上げられている」(メディア関係者)
 韓国では、歴代大統領に決まって身内がらみの不祥事が起きる。

そして、それが命取りになるケースが少なくない。

 前任の李明博氏は、実兄が収賄罪で逮捕され、
盧武鉉氏は妻が関わった不正献金疑惑を苦にして自殺した。
盧泰愚氏も、大統領在任中に
家族ぐるみで不正蓄財に手を染めて、懲役刑を受けている。
  韓国情勢に詳しい『コリア・レポート』編集長の辺真一氏は
「韓国は、儒教社会で一族の結束が非常に強い。
そのため、身内から成功者が出るとそこに一族郎党が群がり、
与えられた特権を悪用しようとする者も出てくる。
絶対的な権力を手中に収める大統領制を採用している点も、
不正を横行させる一因となっている」 と指摘する。
 「朴氏は独身を貫いており、
特に結びつきの強い夫や息子がいないという点で
過去の大統領とは違う。
ただ、両親が暗殺された というトラウマを抱えている。
『最後に頼れるのは身内』という思考回路に陥って、
親族を重用し始めると
韓国大統領の“負の連鎖”にはまり込む危険性はある」(辺氏)
 朴氏も悪しき伝統を継ぐことになるのか。

10.14統一教会の合同結婚式に朴軍事独裁政権の亡霊が・・・・・
2009-10-16 00:59:28 | 統一協会
北風と太陽・保存版 
統一教会から娘を家族のオープンな話し合いで
取り戻した父kokoroのブログ。様より
朝鮮日報2009.10.14記事より引用 
統一教 合同結婚式の様子   
14日午前、

忠清南道牙山市(チュンチョンナムド・アサン市)にある
鮮文(ソンムン)大学校芝生広場で、
統一教の国際合同結婚式
“1014真の御父母様 天主祝福式”が開かれた。
合同結婚式は、

文鮮明・世界平和統一家庭連合(統一教)総裁が主礼のもと、
160ヶ国の7500双が共に婚礼式を挙げるもので、
インターネットを通じて生中継された。
統一教側は、この結婚式で
全世界で数十万双が同時に婚礼式を挙げたと説明した。
   故・朴正熙(パク・ジョンヒ)前大統領の次女、

朴グンリョン(55)前育英財団理事長と
シン・ドンウク(41)ペクソク文化大学教授(兼任教員)夫婦が
合同結婚式に参加し、もう一度結婚式を挙げた。 
朴槿令(パク・クンリョン)氏のインタビューをニコニコで公開
 ~日韓問題を描いたニコニコのドキュメンタリー作品関連企画~ 
株式会社ドワンゴ/株式会社ニワンゴ 2015年7月29日 

株式会社ドワンゴ
(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)及び
株式会社ニワンゴ
(本社:東京都中央区、代表取締役:杉本誠司)は、
両社が 運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の
「ニコニコ生放送」で8月4日(火)22時より、
韓国朴槿恵大統領の妹である朴槿令(パク・クンリョン)氏の
インタビュー映像を公開します。
作品を見た感想や、父を中心にした朴家について語られたインタビュー映像
 「ニコニコドキュメンタリー」の
オリジナル作品第1弾として制作された、
国際的な第三者の視点から「日韓問題」を描いた作品
『タイズ・ ザット・バインド ~ジャパン・アンド・コリア~』。
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領や、
その父・朴正煕(パク・チョンヒ)
元韓国大統領についても描かれている同作品について、
朴家の次女である朴槿令(パク・クンリョン)氏への
インタビューをニコニコで実施しました。
そのインタビュー映像をニコニコ生放送ではノーカットでお届けします。
インタビューでは、
『タイズ・ザット・バインド ~ジャパン・アンド・コリア~』
を見た感想や、父を中心にした朴家について、
また、日韓関係への思いなどが語られています。
■番組概要

放送日時8月4日(火)22時
日本語版朴槿令(パク・クンリョン)氏インタビュー
聞き手:津田大介

http://live.nicovideo.jp/watch/lv229678391
韓国語版《韓国語版》
朴槿令(パク・クンリョン)氏インタビュー
 聞き手:津田大介
http://live.nicovideo.jp/watch/lv229678859

■ドキュメンタリー
『タイズ・ザット・バインド ~ジャパン・アンド・コリア~』
(全2話)ドワンゴの発案でBBCワールドワイドから推薦を受けた、
イギリスの制作会社Blakeway Productionsが制作した
全2話のドキュメンタリー作品。
数多くの受賞ドキュメンタリーを手がけてきた
Blakeway Productionsによる、国際的な第三者の視点から
「日韓問題」が描かれています。
本作品をそれぞれ上映した翌日には、「日韓問題」が
海外からどのように受け取られているのか、有識者らを招いて、
作品をベースにした討論番組を実施します。
また、作品で取り扱われている個別の注目テーマについて
更に理解を深めるため、解説番組も放送します。
【クレジット】著作:ドワンゴ / 制作:Blakeway Productions /
配給:BBCワールドワイド* 
*配給対象地域・国等は調整中
【配信日】
7月30日(木)22時~ エピソード1 放送

(日本語字幕版&韓国語字幕版)
8月7日(金)22時~ エピソード2 放送

(日本語字幕版&韓国語字幕版)
■ニコニコドキュメンタリー 
特設サイト http://documentary.nicovideo.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿