慰安婦問題について、いろんな報道: 上海で50代女性も拘束 摘発は中国国家安全省 スパイ容疑か、計4人に。中国人弁護士が接見 公安庁「スパイ活動を行わせるようなことはしていない」。中国で日本人がスパイ関与疑いで拘束か。

Translate

2015年10月11日日曜日

上海で50代女性も拘束 摘発は中国国家安全省 スパイ容疑か、計4人に。中国人弁護士が接見 公安庁「スパイ活動を行わせるようなことはしていない」。中国で日本人がスパイ関与疑いで拘束か。

3人は脱北日本人妻の子、愛知の会社員、「日中友好人士」
…日本政府が情報提供依頼も
産経ニュース2015.10.11 07:00更新
上海で50代女性も拘束
摘発は中国国家安全省 スパイ容疑か、計4人に
中国・上海で6月、50代の日本人女性が、
スパイ活動を取り締まる国家安全省に拘束されたことが
10日、日本政府関係者などへの取材で分かった。
中国当局に逮捕、拘束されたことが判明した邦人は計4人となった。
詳細な背後関係などは不明で、
日本政府は解放へ向けて情報収集を急いでいる。
 国家安全省は政府の情報機関で、
日本の警察に当たる公安部門とは違う組織。
海外の情報収集を担うほか国内でのスパイ活動を監視、摘発する。

 これまで逮捕、拘束が明らかになっているのは、
札幌市在住の60代の男性▽愛知県在住の51歳の男性
▽神奈川県在住の55歳の男性-の3人。
  60代の男性の関係者によると、
男性は元航空会社員で中国に豊富な人脈を持ち、
コンサルタントとして日中間を頻繁に行き来していた。
帰国予定日を過ぎても 連絡が取れないため、
知人が6月下旬に男性の関係先に問い合わせると、
「本人から『2~3日帰国が遅れる』と連絡があった」と言われた。
その後、外務省か ら妻に身柄拘束の連絡があったという。
 55歳の男性は中朝国境に近い遼寧省丹東市周辺で、
51歳の男性も浙江省温州市の軍事施設周辺で、
警察当局に強い権限 新法乱発…習政権、治安維持に躍起
【中国邦人拘束】外務省報道官「日本側に状況を通知した」 

2015.10.3 09:01更新 【中国日本人拘束】
中国人弁護士が接見
中国で日本人が拘束されていることについて、
日本政府は冷静に対応しながら、
今後の中国国内での手続きを注視している。

 日本政府高官によると、

拘束されている日本人には日本の領事が接触し、
差し入れなども行っている。
現段階で中国当局による扱いは問題ないとして、
「中国は法律に基づ いて対応している」との認識を示している。
日中関係筋によれば、外務省は日本人に中国人の弁護士を手配し、
接見させている。
 ただ、日本政府は中国側に不当な対応が確認されれば
ただちに改善を申し入れる方針だ。
 一方、拘束された日本人に情報提供を依頼していたとされる公安調査庁は、
「事柄の性質上、答えは差し控える。
いずれにしても公安調査庁において民間人を外国に送り込んで、
いわゆるスパイ活動を行わせるようなことはしていない」とコメントした。
警察当局に強い権限 新法乱発…習政権、治安維持に躍起
【中国邦人拘束】外務省報道官「日本側に状況を通知した」 

スパイ容疑で中国で逮捕の日本人 公安庁依頼を示唆
[ 2015年10月3日 05:30 ]  スポーツニッポン
 中国当局がスパイ容疑で日本人男性2人を逮捕した問題で、
日本の公安調査庁が2人に、中国や北朝鮮の動静について
中国内での情報収集を依頼していた可能 性が高いことが2日、
日本政府関係者への取材で分かった。
日中外交筋によると、2人は中国当局に対し、
公安庁からの依頼を示唆しているもようだ。
  日中外交筋によると、2人は神奈川県在住の55歳と愛知県在住の51歳で、
いずれも民間人。日本政府関係者によると、
2人はこれまでもたびたび中国に入国。
公安庁からの依頼内容は、中国の軍事や中朝国境付近で北朝鮮動静のほか、
邦人拉致被害者や脱北者に関する情報収集だったとされる。
 2人は5月に拘束された。
51歳の男性は、浙江省温州市の軍事施設周辺で、
55歳の男性は中朝国境に近い遼寧省丹東市周辺で身柄を確保された。
55歳の男性は脱北者。 

NHKニュース中国で日本人がスパイ関与疑いで拘束か
9月30日 9時49分
中国東部の浙江省で、
日本人1人が
スパイ行為に関わった疑いで
中国当局に拘束されているほか、
複数の日本人が中国の別の場所で
スパイ行為に関わった疑いで拘束されているという情報があることが、
関係者の話で分かりました。 

関係者によりますと、
ことし5月、日本人の男性1人が、
中国・浙江省の沿岸部にある軍事施設周辺で、
中国の反スパイ法や刑法などを根拠に、当局に拘束されたということです。
男性は民間人で、日本から渡航して現地を訪れていて、
拘束は現在も続いているということです。
また、このほかにも、2人の日本人が、
中国と北朝鮮の国境地帯などで、スパイ行為に関わった疑いで、
それぞれ拘束されているという情報もあるということです。
中国では、去年11月にスパイ行為を具体的に定義した
「反スパイ法」が施行されて、当局が取締りや監視を強めており、
今月には、アメリカ人の女性がスパイの疑いをかけられて、
半年前から中国当局に拘束されていることが明らかになっています。

0 件のコメント:

コメントを投稿