慰安婦問題について、いろんな報道: 米国へ強制送還のリックオバリー、 入管が上陸拒否「日本政府訴える」と捨てゼリフ。イルカ漁妨害の「大物活動家リック・オバリー」の入国を東京入管が不許可。 今度は和歌山で自損事故 旅券不携帯逮捕につづき 「早く出て行って」と地元民。

Translate

2016年2月6日土曜日

米国へ強制送還のリックオバリー、 入管が上陸拒否「日本政府訴える」と捨てゼリフ。イルカ漁妨害の「大物活動家リック・オバリー」の入国を東京入管が不許可。 今度は和歌山で自損事故 旅券不携帯逮捕につづき 「早く出て行って」と地元民。

 http://ecx.images-amazon.com/images/I/51zu-m7Iy4L._SY300_QL70_.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/9a/RicOBarryJun09.jpg/240px-RicOBarryJun09.jpg
産経WEST
2016.2.6 05:00 産経ニュース
反イルカ漁の大物活動家、米国へ強制送還
和歌山県太地町のイルカ漁に反対する米国籍の活動家、
リチャード・オバリー氏(76)が
東京入国管理局の上陸拒否決定に抗議し、
異議申し立てを行っていた問題で、
法務省は申し立てを認めず、
5日、入管難民法に基づき退去強制令書を発付した。
オバリー氏は千葉県内の入管の施設にとどまっていたが、
この措置を受け、米国へ強制送還される見込み。
 オバリー氏は日本のイルカ漁を批判的に描き、
2010年に米アカデミー賞を受賞した「ザ・コーヴ」に出演。
世界的に著名なイルカ保護活動家で、
毎年、イルカ漁への反対活動を行うため来日を続けていた。
先月18日、成田空港から「観光目的」で入国しようとしたところ、
訪日理由に疑義があるなどとして
入国審査官が上陸を拒否していた。
 オバリー氏は5日、産経新聞の取材に応じ
「今後、日本政府を相手に訴えを起こす」と語った。

2016.1.20 12:17 
イルカ保護活動家の入国を東京入管が不許可
和歌山県太地町のイルカ追い込み漁を批判的に描いた
米映画「ザ・コーヴ」の出演者で、米国籍のイルカ保護活動家
リチャード・オバリー氏が
成田空港から18日に日本に入国しようとしたところ、
東京入国管理局が許可せず、入管の施設に留め置かれていることが
20日、オバリー氏の弁護士への取材で分かった。
 弁護士によると、オバリー氏は2月初旬まで、
太地町でイルカ追い込み漁の調査活動をしたり、
京都観光をしたりする予定だった。
東京入国管理局成田空港支局の施設に移され待機している。
 オバリー氏は「観光目的」で入国する予定だったといい、
許可されていないことに対し法務省に異議を申し立てている。
 弁護士は
「オバリー氏は、これまでに何度となく同じ時期に同じ目的で入国してきた。
今回だけ入国できないのはおかしい」と話している。
 成田空港支局は「個人情報に関係するので答えられない」としている。

2日朝、和歌山県太地町内で自損事故を起こした反イルカ漁活動家、
リチャード・オバリー氏(写真は地元住民提供)  

2015.9.2 11:18更新 産経ニュース
イルカ漁妨害の「大物活動家」
今度は和歌山で自損事故
旅券不携帯逮捕につづき 「早く出て行って」と地元民
和歌山県太地町で9月1日に解禁された
追い込みイルカ漁に抗議するため、現地を訪れていた米国籍の活動家、
リチャード・オバリー氏(75)が2日朝、太地町内で自損事故を起こした。
和歌山県警新宮署への取材でわかった。本人や他の住民にけがはないもよう。

 オバリー氏は、太地町を舞台にした米ドキュメンタリー映画で
2010年にアカデミー賞を受賞した「ザ・コーヴ」に主演しており、
反捕鯨団体シー・シェパードをはじめ、日本を訪れる
海外の反捕鯨活動家の中でも「大物活動家」(治安当局)とされる。
 オバリー氏は2日前の8月31日、

同県那智勝浦町内で署員に職務質問を受けた際、
提示しなければならない旅券を携帯していなかったとして、
現行犯逮捕されていた。 その後、オバリー氏は容疑を認め、
和歌山県警新宮署は1日夜に身柄を釈放して、任意での捜査に切り替えた。
オバリー氏はイルカ漁の反対運動を行うため、
2日朝から、自分で運転して太地町を訪れていた。
 地元住民は「活動家のお騒がせにあきれ果てている。

はやく出て行ってほしい」と話している。

アメリカ人動物保護活動家、出入国管理法違反で現行犯逮捕
09/01 00:12 FNNnewsCH
日本のイルカ漁を批判した映画「ザ・コーヴ」の制作に関わった
動物保護活動家が、和歌山県内で、
出入国管理法違反で現行犯逮捕された。 
出入国管理法違反の旅券不携帯で現行犯逮捕されたのは、
アメリカ人動物保護活動家のリック・オバリーこと、

リチャード・オバリー容疑者(75)。
オバリー容疑者は、和歌山・太地町のイルカ漁を
隠し撮りした映画「ザ・コーヴ」の制作に関わり、
イルカやクジラの漁に反対する活動を続けてきた。
オバリー容疑者は、イルカ漁が9月1日に解禁されるのに合わせて来日していたが、

31日午後9時すぎ、那智勝浦町で車を運転中に職務質問を受け、
旅券を所持していないことが発覚したという。
また、オバリー容疑者は、

居酒屋などでビールを飲んでいたことも確認されていて、
警察は、酒気帯び運転の疑いについても調べを進めている。 (関西テレビ)

「ザ・コーヴ」出演者、
日本経済新聞旅券不携帯容疑 和歌山で逮捕
2015/9/1 1:37
和歌山県警新宮署は31日、
入管難民法違反(旅券不携帯)容疑で、
米国籍のリチャード・オバリー容疑者(75)を現行犯逮捕した。
同容疑者は同県太地町のイルカ追い込み漁に関する米映画「ザ・コーヴ」出演者。
 逮捕容疑は31日夜、同県那智勝浦町で新宮署員から職務質問を受けた際、
パスポートを持っていなかった疑い。
太地町では9月1日にイルカの追い込み漁が解禁になり、
同署が関連を調べている。
 新宮署によると
「飲酒運転のレンタカーが走っている」との通報を受けた署員が
オバリー容疑者の車を見つけ発覚した。
呼気検査での酒気は基準値以下だった。〔共同〕

Dolphin Project Ric O’Barry arrested in Japan
Tony aka: PropagandaBuster Propaganda Buster
Ric O’Barry arrested:

クジラ映画製作の日本人女性監督を
シー・シェパードのポール・ワトソンが“攻撃” 脅迫のメッセージも 
 「どんな妨害にも負けない」と意気込む監督

11.1 ザ・コーヴと異なる視点の映画
11.1.1 Town of Sun, the Black Tide and Whales
11.1.2 Behind "THE COVE"
11.1.3 The Whale Movie
The Whale Movie[121](仮題:クジラ映画)は、佐々木芽生監督が、
2016年に公開予定のドキュメンタリー映画。太地町でも撮影[122]
日本で映画の資金集めを行い、製作中からメディアに報道された。

WAZAに圧力をかけているのはリック・オバリー、エルザ自然保護の会、
オーストラリア・フォー・ドルフィンズなどイルカ解放思想を持つ一連のオバリー勢力。 
/ “katabire JAZA と WAZA の問題 - 反イルカ漁団体の暗躍”
  

2015年5月14日木曜日
イルカ問題は「世界からのイジメ」 和歌山知事発言に「もっともだ」の声。
二階さんがクジラ料理を食ってる間にこんなことになってたとは・・・、
動物園・ 水族館 イルカ巡り会員資格停止。
「称賛する」シー・シェパードのワトソン容疑者 
イルカ漁めぐる日本の世界動物園水族館協会資格停止で。 

2015.5.20 23:33更新
【水族館イルカ問題】
「追い込み漁の終わりの始まりだ!」産経ニュース
圧力かけた豪イルカ保護団体が勝利の声明
世界動物園水族館協会(WAZA)の
禁止勧告を受け、
日本動物園水族館協会(JAZA)が和歌山県太地町の
追い込み漁で捕獲したイルカの入手停止を決定した問題で、
オーストラリアのイルカ保護団体
オーストラリア・フォー・ドルフィンズ」の代表は20日、
英紙ガーディアンに対し、JAZAの決定は
 「追い込み漁の終わりの始まり。太地町のイルカ漁が終焉に向かう
最初の大きなステップだ」と語った。
 豪団体は今年3月、WAZAの本部があるスイスの裁判所に、
WAZAのJAZA除名を求める訴訟を起こした。
日本の関係者はこの法的手段を
「WAZAへの圧力」と指摘しており、WAZAが日本側に除名勧告を行う
遠因になったことを示唆している。
  この豪団体は豊富な資金力をもとに運動を多方面に広げており、
昨年はメンバーが日本を訪れ、太地町を相手に訴訟を起こしている。
さらに、オーストラリア国 内でも、太地町と姉妹都市にある
北西部のブルーム市に圧力をかけ、太地町との姉妹都市提携を
破棄するよう迫っている。(佐々木正明)
殺戮の入り江(豪チャンネル9)(日本語字幕)

2015.5.20 21:30更新 2/2ページ)
【水族館イルカ問題】
背後に反捕鯨団体の圧力 JAZA・荒井会長
「追い込み漁を否定したわけではない」
日本伝統の追い込み漁によるイルカ入手を続行するのか否か。
世界動物園水族館協会(WAZA)による改善・除名通告に対し、
日本動物園水族館協会 (JAZA)が20日、
会員投票の結果から導き出した結論は「否」だった。
多くの水族館は厳しい運営を強いられるが、
世界での希少動物のやり取りなどには、
WAZAとのつながりは欠かせない。
「追い込み漁を批判、否定したわけではない」。
JAZAの荒井一利会長は苦悩の表情を浮かべた。
 20日夕、東京・霞が関で開かれたJAZAの会見には、
幹部ら5人が顔を並べた。荒井会長は、
鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)の館長も務め、
追い込み漁での入手をやめる決断が与える影響と
水族館側の苦境は手に取るように分かる。
  また、JAZAは、WAZAの求めに応じ、再三にわたり正当性を主張、
漁の方法を変更するなど譲歩もしてきた。
会見で荒井会長は
「追い込み漁は、WAZA が指摘している残忍なものでは決してはない。
その考えは今も変わらない」と繰り返し、
「残念ながらJAZAの姿勢を受け入れてもらえなかった」と唇をかん だ。
 ただ、会員の多数が選んだのはWAZA加盟継続。
これにより、追い込み漁によるイルカ入手はやめることになる。
荒井会長は
「WAZA の通告の裏には
(一部動物愛護団体の)反捕鯨キャンペーンあったと思う。
いじめという言葉が妥当かは分からないが、
(愛護団体の)圧力があったのは間違 いない」と本音をのぞかせた。
WAZAは、動物の血統を管理するほか、
世界の動物園間の動物のやり取りに関与している。
中国や韓国などはWAZAに加盟せず繁殖や個別の関係で動物を入手するが、
WAZAの情報網は希少動物の繁殖、入手に有利に働く。
  関東地方の動物園の担当者は
「海外と組んで希少動物の繁殖計画を立てているところは
影響を懸念したのだろう」と推察。
別の担当者も「希少動物などの情報は 刻一刻と変わる。
情報共有ができなければ、繁殖などで他国との協力関係の構築が難しくなる」
とWAZA加盟継続の利点を語る。
 JAZA も、こうした実情を訴え、今回の決定への理解を求める。
荒井会長は「イルカの問題だけで単純に離脱することはできない事情もある。
イルカ入手で非常に不利 な状況になり物理的に数が減っていく傾向にあると思うが、
繁殖の協力体制構築に力を入れていきたい」と語った。
【水族館会員資格手停止】追い込み漁のイルカ購入困難に
 WAZA加盟継続99票 離脱43票
【水族館会員資格手停止】「日本の水族館に極めて不利」とJAZA会長
 イルカショー消える施設も…
【水族館会員資格停止】全国の水族館、
追い込み漁のイルカ入手不可能に イルカショーに支障も
 WAZAの改善勧告受け入れへ 
バナナの肥料は「ゾウ」と「オットセイ」のふん
…京都の水族館、動物園、植物園が連携イベント
【水族館会員資格停止】続行か中止か 
イルカ入手問題で揺れる水族館 
日本文化否定に「中止なら捕鯨にもしわ寄せ」
21日までにイルカ問題を回答 日本動物園水族館協会、会員投票で
太地町立くじらの博物館に訴状を届けるAFD(日本語字幕) redfox2667
2014/06/12 に公開
日本語字幕は画面右下の [cc] マークをクリック。
2014年5月14日、オーストラリアの反イルカ漁団体
オーストラリア・フォー・ドル­フィンズのサラ・ルーカスCEOと
リック・オバリーが太地町立くじらの博物館に
「外国­人が入国拒否された」と主張した裁判の訴状を届けた際の動画。
この動画は翌日海外特派員協会で行われた記者会見で使用された。
オバリー&ルーカス くじらの博物館裁判の記者会見(日本語字幕)redfox2667

0 件のコメント:

コメントを投稿