慰安婦問題について、いろんな報道: 【今世界で何が起きているのか】抗日軍事パレードで証明された、 金の切れ目が縁の切れ目[桜H27/9/7]。もとのもくあみに、「パレードブルー」から一転、1日で灰色の空に 北京。中国軍事パレード、江沢民・元国家主席が健在示す。

Translate

2015年9月7日月曜日

【今世界で何が起きているのか】抗日軍事パレードで証明された、 金の切れ目が縁の切れ目[桜H27/9/7]。もとのもくあみに、「パレードブルー」から一転、1日で灰色の空に 北京。中国軍事パレード、江沢民・元国家主席が健在示す。

【今世界で何が起きているのか】抗日軍事パレードで証明された、
金の切れ目が縁の切れ目[桜H27/9/7] SakuraSoTV
【信用と信頼?】G20と国連の限界、ファシストブルーの後始末[桜H27/9/7]
結局どうなる 中国経済   iRONNA
 失速する中国経済が最大の焦点だった
20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、空虚なメッセージに終始した。
6月に発生した中国株バブル崩壊は、マクロ経済の綻びを示す1つの事象にすぎない。
習近平政権は、共産党体制を維持するための政治政策と、
経済政策の間で揺れている。

http://image.news.livedoor.com/newsimage/vender/cnn.jpg「パレードブルー」から一転、1日で灰色の空に 北京
2015.09.05 Sat posted at 12:30 JST
北京(CNN) 終戦70年の記念式典が
3日に行われた中国・北京で4日、
この2週間近く青空が広がっていたのが一転、
大気汚染に見舞われた灰色の空が戻ってきた。

中国当局は抗日戦争勝利70年を記念する
巨大パレードの背景を青空とするため、大規模な施策を展開。
このため北京では8月下旬から、
珍しく澄み切った空が広がっていた。
数百軒の工場を操業停止にしたほか、北京に登録されている
車500万台の半数を路上から追放したのが奏功し、
パレード当日の朝、大気汚染の程度を示 す大気質指数(AQI)は
非常にきれいな大気を意味する17(最も悪い数値は500)にまで下がった。
喜んだ市民は「パレードブルー」という言葉も作っ た。
しかし現在は車が通行を再開し、「北京グレー」が回帰。
4日のAQIは「健康に悪い」とされる160に跳ね上がっている。
米環境保護局(EPA)の説明によると、この水準の大気汚染では
「全ての人が健康に悪影響を感じ始め、
敏感な人にはより深刻な影響がある」という。
中国政府は大気汚染の批判に神経をとがらせており、
この数日、パレードブルーという言葉も
中国のインターネットから消えているようだ。
CNNが中国版ツイッターの新浪微博(ウェイボー)を検索したところ、
出てきた投稿は3件のみだった。
パレードブルーの前には「APECブルー」があった。
昨年11月に北京で
アジア太平洋経済協力会議(APEC)が行われた際の2週間、
青空が実現し たことを指している。
各国首脳が立ち去るとすぐに煙まみれの空が戻ってきたため、
中国のインターネットでは、すぐに消え去ってしまう
美しいものを指す言葉として「APECブルー」が使われ始めた。
中国 「抗日戦争勝利70年」軍事パレード Kaola new
中国軍事パレード、江沢民・元国家主席が健在示す
2015年 09月 3日 13:42 JST
[北京 3日 ロイター] - 中国で3日開かれた
抗日戦争勝利70年の軍事パレードの場に、江沢民・元国家主席が姿を見せた。
江氏をめぐっては、習近平・現国家主席との政策をめぐる
確執があるとのうわさが流れていたが、
影響力を保持していることが示唆された。

江氏は2002年に共産党総書記、
03年に国家主席からそれぞれ退いたものの、
04年まで軍トップにあたる
党中央軍事委員会主席の座にとどまった経緯がある。
国営テレビが映した画像では、

やや弱々しく見えるが、健康そうな様子で、
各国首脳らとともに天安門広場を見渡せる檀上に立っていた。
隣には胡錦涛・前国家主席が並んだ。
壇の中心には習近平国家主席が立ったが、

江氏と言葉を交わしたかは不明。
温家宝・前首相、朱鎔基・元首相、李鵬・元首相も姿を見せた。  

2015.9.3 13:11更新 【抗日70年行事】産経ニュース
「記者を平等に扱うのは民主国家として当然」
菅官房長官、本紙記者への取材証不発行で対中批判
菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で、
北京での「抗日戦争と
世界反ファシズム戦争勝利70周年」の記念行事について、
本紙中国総局の矢板明夫記者に取材証が発行されていないことについて
「記者の扱いは平等に行うことは民主国家として当然だ」と批判し、
「(北京の日本)大使館を通じ平等に扱うべきだと中国 側に強く求めている」と語った。
【抗日70年行事】中国が本紙特派員に対する取材証発行せず
【抗日70年行事】習近平国家主席「中国軍を30万人削減」
【抗日70年行事】朴槿恵大統領、満面の笑みで登場 中韓関係の強化印象づけ
【抗日70年行事】江沢民元主席が健在アピール 天安門広場に礼砲70発 
            北京市内は厳戒態勢に
【抗日70年行事】パレード控え戦闘機やヘリが待機
【抗日70年行事】プーチン大統領、「大戦の結果」誇示 北方領土で日本を牽制 
軍事パレードに参加した女性儀仗隊=3日、北京(AP)

更新 【抗日70年行事】
軍事パレードに美女軍団 中国国内でも注目、元モデルもいる女性儀仗隊
【北京=川越一】中国の抗日戦争勝利70年を記念する軍事パレードが
3日、北京の天安門前を東西に走る目抜き通り、長安街を舞台に行われる。
中国の最新兵器とともに、パレード前から中国国内で最も注目を集めたのは、
初めて軍事パレードに参加の“美女軍団”だった。
 美女軍団の正体は、軍事パレードの先導役を務める、
陸海空3軍の儀仗(ぎじよう)隊に華を添えた51人の女性兵士。
昨年2月に北京軍区の女性兵士の中から選抜されたという。
女性儀仗隊は、中国人民解放軍の創設から62年の歴史で初めてという。
  「軍での経歴よりも身長、
端正な外見が優先された」と伝えられる女性儀仗隊員。
中国共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙、
環球時報(電子版)によると、
軍事パレードに参加する51人の平均年齢は20歳。
平均身長は178センチで、大卒以上の学歴を持つ兵士が88%を占める。
 特に脚光 を浴びているのは、中国中央テレビ(CCTV)の
「全国モデル大会2014」でトップ10に選ばれた元モデル、門佳慧さん(23)。
身長179センチ、体 重53キロ。スリーサイズは上から82-60-87で、
チャームポイントは「微笑」だとか。
昨年7月に北京服装学院(大学)を卒業後に入隊し、
その2カ月 後に儀仗隊員に抜擢されたという。
門さんを含む女性儀仗隊員は、
男性儀仗隊員と同様の訓練を積んできたという。
本番に向けた練習で、銃など3キロ以上の装備を持って歩いた距離は
年間 8千キロ以上。
訓練メニューには、立ったまま3時間不動の状態を続けたり、
40秒以上まばたきを我慢するといった項目もあった。
 中国の短 文投稿サイト「微博」上では、女性衛生兵の人気も高い。
数十年前の衛生兵の写真と並べて掲載されていたのは、
胸の部分が強調された現在の衛生兵の整列写真。
サイト上には「本当は全員モデルだ」
「身長だけでなく、胸のサイズも選考基準になった」といった投稿もみられた。
【抗日70年行事】中国首相、日中韓首脳会談の早期再開を希望
【抗日70年行事】中国が露大統領に最高の“おもてなし”、

蜜月アピール プーチン氏も同調「歴史改竄しようという者いる」
【抗日70年行事】台湾の馬総統、「抗日戦は国民政府が主導」と改めて強調 

「抗日」喧伝の中国当局に「遺憾」表明
【抗日70年行事】中韓首脳が会談、「日中韓首脳会談」を10月にも開催で合意 

対北朝鮮で連携緊密化もアピール
【抗日70年行事】「北京で爆発起こす」ネット投稿で男拘束 

大紀元天津爆発事故
天津爆発の黒幕? 

習主席が江沢民を軟禁か
2015/08/18 01:23 
中国天津市で起きた大規模爆発の事故原因は
不明のままで様々な推測が広がるなか、
大紀元中国語版は15日、北京指導部に近い情報筋の話として、
爆発は事故ではなく江沢民派が仕掛けたもので、
習近平・国家主席は発生後、江沢民・元国家主席及び長男の
江綿恒氏の身柄を拘束したと報じた。
報道によると、今回の爆発は、習近平陣営との権力闘争で
敗北しかけている江沢民派が仕出かした猛攻撃だったという。
爆発の報告を受けた習主席は、二日連続で徹夜して対抗措置を講じ、
江沢民父子の身柄拘束に踏み切った。
江沢民グループの中心人物、曾慶紅・元国家副主席をも自宅に軟禁したという。
習主席はもともと、今年後半に経済と株式市場の問題を先に解決し、
「最後のトラ」である江沢民氏に対しては「その後、徐々に攻めていく」
と取り締ま りを遅らせるつもりだった。
しかし、爆発の発生により双方の戦いがいっそう激化、
一刻の油断もできない習主席は江沢民らを先に取り押さえたという。

天津の爆発、証拠隠滅のためか
米華字ニュースサイト・博訊網は14日、匿名情報筋の話として、
天津の爆発は「起爆装置を仕掛けたトラックで危険物倉庫を
発火・爆発させた」と伝えた。当日夜遅く、何者かが
問題のトラックを倉庫の近くに放置してから約十数分後、
その車ごと爆発したという。

その狙いは証拠隠滅だという。
同情報筋によると、当初、北戴河会議を終えて帰京する
党指導部主要幹部らを暗殺するため、その列車が通る
津冀(天津・ 河北省)の都市間鉄道を爆破する計画だったが、
幹部らが突然日程を変更、暗殺計画の情報が漏れたとみられる。
証拠となる爆発物を完全に消すため、
今回の天津大爆発が実行されたという。
中国共産党の元最高幹部ら「長老」や指導部の主要幹部は
毎年8月上旬ごろ、河北省の有名避暑地・北戴河に集まって
非公式の「北戴河会議」を開き、重要政策や人事を協議する。
帰途で天津市を訪問し、会議の一部決定を発表するのが慣例だ。
博訊網によると、爆発が起きた倉庫を保有する「瑞海公司」の
実質的な総責任者は中国共産党序列7位の張高麗副首相の親戚である。
天津市のトップだっ た張氏は江氏から厚い信頼を受けて
最高指導部入りを果たした、江氏の側近である。
今回の爆発に、張一族が関与した可能性も高いとされる。
中国政府は16日、死者数112人、行方不明者は95人に上ったと発表した。
中国国内のみならず世界にも衝撃を与えた
天津の大規模な爆発事故は、いったいただの偶発的な事故か、
それとも権力争い絡みの陰謀なのか、
今後の動向が注目される。

0 件のコメント:

コメントを投稿