慰安婦問題について、いろんな報道: 中国は日本にビビっていたと露呈した報道、国連総会「核武装」で日中が批判の応酬。

Translate

2015年10月21日水曜日

中国は日本にビビっていたと露呈した報道、国連総会「核武装」で日中が批判の応酬。

2015.10.21 11:55更新 産経ニュース 
「核武装」で日中批判の応酬 国連会合
中国の傅聡軍縮大使は20日、
国連総会第1委員会(軍縮)の会合で演説し、
日本が保有している分離プルトニウムは千発以上の核弾頭を
製造可能な量に達しており、
「核セキュリティーや不拡散の観点から深刻なリスクを生んでいる」と主張し、
核武装への懸念も持ち出して対日批判を展開した。

 傅大使は「日本の一部政治勢力は、

国際政治で影響力を持ちたいなら核兵器を持つべきだと主張、
核開発を絶えず求めてきた」と指摘。
演説後の発言でも「日本の技術水準と膨大な核物質の蓄積」を挙げ、
政策決定があれば日本はごく短期間で核武装可能だと述べた。

 日本の佐野利男軍縮大使は答弁権を行使し、

透明性を高める日本の努力は国際社会に認識されていると反論。
「近隣国に脅威を与える核保有国」とならず、
専守防衛に徹してきたとして
「平和を愛する国としての道を歩み続ける」と強調した。(共同)
日本のプルトニウム保有 菅官房長官「中国の批判、全くあたらず」 
【習近平訪英】習氏迎える沿道に活動家「チベットに自由を」
  中国主席10年ぶり公式訪英
【習近平訪英】中国メディア「中英関係の黄金期のはじまり」
 バッキンガム宮殿で歓迎式典
中国の“面従腹背” 首脳会談後も米企業にサイバー攻撃 米社が暴露
【靖国参拝】「誤ったやり方に断固反対」 
中国外務省、安倍首相の真榊奉納などに反発
今度は爆飲…中国の高級酒人気再燃 消費主体は高級官僚から新興富豪へ

NHKニュース国連総会「核武装」で日中が応酬
10月21日 9時01分 
国連総会で軍縮問題を扱う委員会で、
中国の軍縮大使が、
「日本は原子力発電所の使用済み核燃料から取り出した
プルトニウムを大量に保有しており、核開発に乗り出す可能性がある」
と指摘したのに対し、日本の軍縮大使は
核武装の意図はないと強く反論するなど、双方が応酬しました。

ニューヨークの国連本部では、今月上旬から国連総会で
軍縮問題を扱う第1委員会が始まり、
20日には各国が核軍縮を巡る立場を表明しました。
この中で、中国の傅聡軍縮大使は

中国が核軍縮に取り組む姿勢を強調する一方で、
日本が原子力発電所の使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを
47トン以上 も保有しているうえ、
国内には核武装を求める声も根強くあるとして、
日本が核開発に乗り出す可能性があると指摘しました。
そして、「なぜ日本はこれほど大量のプルトニウムを保有しているのか。
日本はごく短時間で核兵器を保有することができる状況にある」と述べ、
日本側に説明を求めました。
こ れに対して日本の佐野利男軍縮大使は、
日本はIAEA=国際原子力機関の査察を受け入れ、
すべての核物質を監視下においているとしたうえで、
「専守防衛を 基本方針とする日本は、
他国への軍事的な脅威になることはない。
非核三原則も堅持している」と述べ、
核武装の意図はないと強く反論しました。
NPT再検討会議 決裂の原因は キャッチ!
世界の視点 特集まるごと (5月25日)
戦後70年 “核なき世界”の行方(2) 核の不拡散と平和利用の課題
      国際報道2015 (5月14日)
戦後70年 “核なき世界”の行方(1) 
米ロ中の論理 国際報道2015 (5月13日)

検索キーワード「国連」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
検索キーワード「核兵器」に一致する投稿を関連性の高い順に表示

2015年5月23日土曜日
NPT再検討会議が決裂 核軍縮文書採択できず 。
NPT文書案、「被爆地訪問」支持10カ国以上 
中国は「なぜ訪問強要、もうたくさん」と音を上げる。
削除を取り下げたらそれですむとおもわれ・・

0 件のコメント:

コメントを投稿