慰安婦問題について、いろんな報道: ーベル物理学賞の梶田さん、亡き恩師への感謝。#ノーベル物理学賞に#梶田隆章さん。【#ノーベル賞】 受賞の大村氏「私はラッキーだ」 。ノーベル医学生理学賞に大村智氏、熱帯の感染症に特効薬

Translate

2015年10月7日水曜日

ーベル物理学賞の梶田さん、亡き恩師への感謝。#ノーベル物理学賞に#梶田隆章さん。【#ノーベル賞】 受賞の大村氏「私はラッキーだ」 。ノーベル医学生理学賞に大村智氏、熱帯の感染症に特効薬

(07日18:01) TBS News-i
ノーベル物理学賞の受賞が決まった梶田隆章さん。
その胸の中には研究をリードした亡き恩師への感謝の思いがありました。
 2日連続となった日本人のノーベル賞受賞。
物理学賞を受賞した梶田隆章さんは、
一夜明けても不思議な感覚だといいます。
 「昨日の夜はちょっと神経が高ぶってしまって
あまり眠れなかったので、眠いです」(梶田隆章さん)

そして、7日は梶田さんの母・朋子さんの81歳の誕生日です。
最高のプレゼントになりました。  
「ノーベル賞いただいただけでも夢のようなのに、
私のお誕生日じゃないですか。
だから何十倍にもなってうれしいです」(梶田さんの母 朋子さん)
 また、梶田さんが青春時代を過ごした
埼玉県立川越高校では、7日朝・・・
   「きのう、ノーベル物理学賞を受賞されました」   
梶田さんは、
2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さんに師事し、
「スーパーカミオカンデ」で、
宇宙の成り立ちを知るカギと考えられている素粒子
「ニュートリノ」を研究。
ニュートリノに質量があると証明したことが評価され、
今回の受賞となりました。
このスーパーカミオカンデがある岐阜県飛騨市で も、
同僚などから喜びの声が・・・
 「(梶田さんが)とことんまでデータを見つめ、
抽出したすばらしいデータがノーベル賞という
栄えある賞に輝いて、本当にうれしく思います」(
東京大学宇宙線研究所 中畑雅行教授)
 そして、カミオカンデの目ともいえる
1万本以上の光センサーを開発した企業も・・・  
「宇宙線研究、
特にニュートリノの研究が世界に評価されている証し」
(浜松ホトニクス 晝馬明社長)
 「頭が真っ白」、そう話していた6日の受賞会見で、
梶田さんは真っ先にある人物の名前を挙げていました。
 「本当に戸塚先生のご功績が大きいと思います」
(東大宇宙線研究所所長 梶田隆章さん)
 戸塚洋二さん。小柴さんの後を継ぎ、
スーパーカミオカンデで研究グループを率い、
「ノーベル賞に最も近い」とまで評価されていました。
しかし、戸塚さんは2008年にがんでこの世を去りました。
2010年に取材したときには、小柴さんも・・・
 「(ノーベル賞を)とっても不思議ではないという人が
一人ではなく複数いる」
Q.戸塚先生もその一人?
 「そうそう」(小柴昌俊さん 2010年)

 受賞決定を受け、梶田さんは戸塚さんについてこう話します。

 「当然、戸塚先生がノーベル賞を受賞すべき。
若くして亡くなるべきではなかった」
(東大宇宙線研究所所長 梶田隆章さん)  
梶田さんが最も印象に残っている出来事があります。
2001年、スーパーカミオカンデで半数以上のセンサーが
壊れる大事故があったときのことです。  
「今、がく然としているところですが、
早期に態勢を立て直して、まず原因を究明して、
その上で対策を立てる」(戸塚洋二さん 2001年)  梶田さんによると、
このとき、戸塚さんはリーダーとしてチームを奮い立たせたといいます。
「皆の意見を聞いた後で自分で判断して決めて、
世界中にインターネットを通じて再建すると宣言された。
兄弟子というよりは先生。
いろんなステージでいろんなことを教わった」(梶田隆章さん)
 宇宙線物理学に関する卓越した業績が評価され、
戸塚さんは2004年に文化勲章を受章します。
 「山師的な仕事が好きですし、
後は宇宙に絡んでいるということで
面白みが倍増します」(戸塚洋二さん)  
研究の醍醐味をこう話していた戸塚さん。
その思いは梶田さんも一緒です。  「宇宙の謎解きに若い人には
是非参加していただきたい」(梶田隆章さん 6日)
 そう呼びかける梶田さんに、
戸塚さんの妻・裕子さんはこうコメントを寄せています。
「本当におめでとうございます。夫の遺影に
『梶田先生がノーベル賞とりましたよ』と報告しました。
夫もあちらで喜んでいると思います。
ストックホルムを楽しんでください。
夫も今夜は上で一杯やっていると思います」(戸塚さんの妻 裕子さん)
http://www.todai-alumni.jp/photos/uncategorized/2015/09/29/icrr_1_2.jpg
 http://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20151004%2F37%2F357037%2F25%2F400x496xc7539762eea55a75702a6028.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
NHKニュースノーベル物理学賞に梶田隆章さん
10月6日 18時54分
ことしのノーベル物理学賞の受賞者に、
物質の基になる最も基本的な粒子の1つ
「ニュートリノ」に質量があることを
世界で初めて観測で証明し、「ニュートリ ノ」には
質量がないと考えられてきた、
それまでの素粒子物理学の定説を覆した 
東京大学宇宙線研究所所長梶田隆章さんが選ばれました。
日本人がノーベル賞を受賞するのは、アメリカ国籍を取得した人を含め、
5日、医学・生理学賞の受賞が決まった大村智さんに続いて24人目で、
物理学賞の受賞は、
去年の赤崎勇さんと、天野浩さん、中村修二さんに続いて11人目となります。
ノーベル医学生理学賞の大村智氏が午後8時半から北里大学で会見
2015/10/05 に開始
2015年のノーベル賞「生理学・医学賞」は、
北里大学特別栄誉教授の大村智氏ら3氏­が受賞した。
受賞を受け、大村氏が東京の同大薬学部で
午後8時半から記者会見を開き、­喜びを語る。
http://thepage.jp/detail/20151005-000...
 
ノーベル賞を受賞した大村智・北里大特別栄誉教授
微生物の培養装置を前に説明する大村智北里大特別栄誉教授
=9月、東京都港区
訪問したアフリカのガーナで子どもたちに囲まれる大村智さん=2004年9月(本人提供)
=2004年9月(本人提供) 
 
ノーベル医学生理学賞に決まった
大村智さんは5日、ノーベル財団のインタビューに
「ありがとう。驚きました。
他に優れた研究者はたくさんいるが、私はラッキーだったのかもしれない。
とても幸せな日です」と話した。

 大村氏はさまざまな機能を持つ化合物を微生物から400種類以上も発見。

薬の開発だけでなく、生化学や有機合成化学などの研究を飛躍的に進展させた。
 授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、

賞金計800万スウェーデンクローナ(約1億1500万円)が贈られる。
ノーベル医学・生理学賞に北里大特別栄誉教授の大村氏 同賞は利根川進氏
、山中伸弥氏に次いで計3人目…医療発展に大きく貢献
「日本の若者よ もっと世界を目指せ」と中村修二氏
 ノーベル物理学賞教授と単独インタビュー 
ノーベル文学賞“オッズ” 村上春樹さんが2番手、昨年はトップ
南部陽一郎氏死去 2008年にノーベル物理学賞を受賞
【ノーベル物理学賞】青色LEDの日本人3氏に栄誉
【ノーベル平和賞】マララさん「故郷に学校建設」の夢語る
 「村には女の子が通える中学ない」

熱帯の感染症に特効薬
2015年10月5日18時52分
 スウェーデンのカロリンスカ医科大は5日、
今年のノーベル医学生理学賞を
大村智・北里大特別栄誉教授(80)らに贈ると発表した。
業績は「寄生虫による感染症の治療法に関する発見」。
大村さんは、熱帯地方で流行する感染症「オンコセルカ症」の特効薬を開発。
多くの患者を失明から救った。
 日本のノーベル賞受賞は、
昨年に青色発光ダイオードの発明で受賞した物理学賞の3氏に続き
23人目となる。医学生理学賞は利根川進・マサチューセッツ工科大教授、
山中伸弥・京都大教授に続いて3人目。
授賞式は12月10日にストックホルムである。
賞金の800万スウェーデンクローナ
(約1億1200万円)は受賞者3人で分ける。

 オンコセルカ症は線虫による感染症で、
アフリカや南米などの主に熱帯地域で流行する。
線虫を媒介するブユがヒトを刺すことで感染し、
患者の2割が失明する恐れがあるとされる。

 大村さんは北里研究所室長だった1974年、
静岡県内のゴルフ場の土壌を採取し、
線虫を殺す効果がある菌を見つけた。
これをエバーメクチンと名付け、
製薬企業メルクとの共同で発表した。
エバーメクチンの分子構造の一部を変えて効果を高め、 
抗寄生虫薬イベルメクチンの開発した。

 イベルメクチンは当初、
ウシやブタなど動物の治療薬として販売したが、
その後、ヒトのオンコセルカ症にも効果があり、
失明を防げることが分かった。
WHOはオンコセルカ症の排除計画を進めており、
現在、世界で年間1億人以上に無償投与を続けている。

■大村智(おおむら・さとし)さんの略歴
1935年 山梨県生まれ
 58年 山梨大学芸学部自然科学科卒業
 63年 東京理科大大学院理学研究科修士課程修了
    山梨大助手
 68年 薬学博士(東京大)
 70年 理学博士(東京理科大)
 75年 北里大薬学部教授
 84年 北里研究所理事・副所長
 90年 同・所長
2007年 北里大名誉教授
 12年 文化功労者
 13年 北里大特別栄誉教授
 14年 ガードナー国際保健賞 

0 件のコメント:

コメントを投稿