慰安婦問題について、いろんな報道: マイケルヨン氏ブログ、賞金一万ドルに…。原作者の発言の証拠を見つけた人に賞金千ドル。アンブロークンの裏の赤い人脈。「反日」と批判のアンジー監督作「アンブロークン」、来年2月に日本公開。

Translate

2015年11月2日月曜日

マイケルヨン氏ブログ、賞金一万ドルに…。原作者の発言の証拠を見つけた人に賞金千ドル。アンブロークンの裏の赤い人脈。「反日」と批判のアンジー監督作「アンブロークン」、来年2月に日本公開。

 原作者のローラ・ヒレンブランド
2015年11月2日月曜日 14:14 Michael Yon JP 
賞金一万ドル
日本 — 米国:今から24時間以内(日本時間で午前11時から24時間)に、
1944年にティニアン島で日本人が五千人の朝鮮人を殺害したという
ローラ・ヒレンブランドの主張を立証できた方には一万ドルを進呈しよう。

彼女が嘘つきであることを我々は既に知っている。
だからこの一万ドルを手にする人はおそらく いないであろう。

御支援感謝します。
我々 マイケル ヨン チームも日本を支援します。


2015年10月31日土曜日14:35Michael Yon JP 
賞金千ドル
賞金 1000 ドル:UNBROKEN の筆者
 ローラ・ヒレンブランドの主張する
 「日本軍の大量虐殺」の証拠を見つけた人には 1000ドル進呈

ベ ストセラー作家のローラ・ヒレンブランドは、

本の中で、1944年、日本軍がテ二アン島で
5千人もの韓国人を殺したと2度も書いている
出版社にも連絡を取ったが、
これに関する回答は得られなかった。 
ヒレンブランドの取材も拒否してきた。
(私は10年ほど前に別の件で彼女に取材したことがある。)

彼女が大量虐殺があったとする1944年の直後、

米国は南洋の小島であるティニアン島に侵攻した。
ティニアン島はすぐに、世界で最も忙しい空港となり、
日本への焼夷弾や
原爆を積んだ爆撃機はこの島から飛び立った。
島は米軍の部隊で溢れていたが、

当時、侵攻前に大規模な殺人が行われた、
との報告は無かったし、
多くの朝鮮人がまだ島に居たことを
ニューヨークタイムズ紙が報道している。

「これはヒレンブランドの本だから( 間違いないだろう)・・」と、

多くの人がそう言う。それもそうだ。
そこで我々は本の巻末資料のリストをチェックしてみた。
するとその資料はゴミ箱に捨ててあった
書き損じの紙を拾ってきたようなものだった。 
彼女は物書きとして、明らかに素人である。
ヒレンブランドは二つの情報源をあげている。

一つは、推定するとそうかもしれない、という詐欺話みたいなもので、
もう一つは、推定証拠になるかもしれない噂話の類だ。
彼女は情報源 となる資料をなにもあげていないし、
我々もヒレンブランドを支持する文書を見つけることはできなかった。
ティニアン島に関する1945年のニューヨークタ イムズの記事は、
ヒレンブランドに対する直接の反証である。

無罪を立証する証拠を示す責任は責められる側

(この場合は日本軍)にある、という者もいる。
そういう理屈はまるで昔の東ドイツか北朝鮮のようでナンセンスだ。
そうかと思うと、

またとんでもない想像の飛躍から、こう言ってくる。
「あれ?お前は日本人がなんの戦争犯罪も
犯さなかったとでも言いたいのか? 
バターン死の行進や死の鉄道のことはどうなんだ?」
私は今年、バターンと死の鉄道について調査してきた。
戦争犯罪は確かにあったし、調査地のひとつ、ビルマでもあった。
正義と真実が重んじられる国では、

全てのケースは理非曲直に取り扱われなければならない。 
十分に吟味されなければならない。
ましてや5千人を殺したとの申し立ては
少なくとも5千件の戦争犯罪に相当する。 戦争犯罪に時効は無い。

戦い続けるか、黙るか、どちらにするか決めるべきときに来ている。

私は 自分の金を出して自分の説を証明する。
米国公文書館など信頼性の高い情報源から証拠を見つけた人は、

千ドルを受け取って、ヒレンブランドの無実の罪を晴らすことになる。
しかし誰も証拠を見つけられなかったら
—我々は見つけることができなかった— 私はその千ドルを、
十分な証拠も無しに(誰かを陥れるような)
申し立てが行われるたびに使用する。
 

さあどうだ。千ドルの賞金だ。
誰か挑戦してみないか?


「アンブロークン」に書かれた
「日本はテニアン島で
五千人の朝鮮人を皆殺しにした」という虚言
2015/10/26 12:39  ミツジのブログ より
 「アンブロークン」原作の嘘で、
早くから指摘されていたものの一つに、
「テニアン島での日本軍による朝鮮人5千人殺害」がある。
… このように、
ヒレンブランドが朝鮮人5千人殺害の根拠としたものは、
すでに削除されて存在しない

ウェブページの写真のキャプションと、
退役軍人が書いた寄稿文の一節だけで、

どちらも一次情報ではない。

…私自身、アンブロークンについて

1年ほど調べてきたが、ヨン氏と同じ意見である。
ヒレンブランドは、

日本軍がいかに残虐であったかを主張するために、
その信憑性はまったく考慮せず、
それこそ、便所の落書きのようなものを、
情報源として採用することをよくやっている。
そして、それを否定する一次情報の存在を知っていても、
一次情報の方は使わないのである。

san diego confidential氏は、この朝鮮人5千人殺害が

事実ではないことを論証しているが、私なりにまとめてみる。

テニアン島の朝鮮人慰霊碑には「約5千人の朝鮮人が

マリアナ諸島で亡くなった」と書かれており、
「テニアン島で5千人が虐殺された」という話は、
その慰霊碑の文が間違ってエドモンソン中将に伝わったか、
中将が間違って脳内変換した。

韓国政府機関は

「戦前の南洋諸島に5千人強制動員」と公表しており、
虐殺数以前に死者数も5千人ではない。
それもテニアン島だけでなく、南洋諸島全体の話である。

テニアンの朝鮮人は米軍上陸前の1944年6月時点で2700人、

米軍占領後の1945年2月の時点では2400人であり、
5千人もの虐殺は確実に嘘である。

エドモンドソン中将自身が、終戦までの数ヶ月テニアンにいたのに、

当時虐殺の話を知らず、最近聞いたという。

なお、藤岡信勝氏によると、

テニアン島での戦闘による朝鮮人死者数は50人である。
https://www.facebook.com/rekishi.mirai/posts/252820308251290

<資 料1>は、對島秀子著「北マリアナ諸島からの引揚者」

という論文です。東洋大学社会学研究科の
紀要『白山人類学』第11号(2008.3)に掲載されてい ます。
この中で、1977年の厚生省援護局の資料で、
テニアン島での戦闘による死者の統計があり、
約4000人で、朝鮮人が50人となっています。

結局、大元のソースは、死者数を過大に書いた

韓国人慰霊碑の文章であり、
それを、日本の残虐性を示す根拠としたい米国人が
虐殺の話に変換し、そしてそれを、 
同じく日本軍の残虐性を主張したいヒレンブランドが、
根拠薄弱な情報であることを知りつつも、
ノンフィクションをうたう書籍の中で
「日本軍が朝鮮人5千人 を皆殺しにした」と断言して、
それが大ベストセラーとなり、
世界中に拡散されてしまった、というわけだ。

アンブロークンの裏の赤い人脈(改定復刻版)
 ワケアリで記事が削除されてしまったので改定復刻版
関連記事はこちらから→

【アンブロークン the unbelievable BROKEN story】 
…「ザンペリーニ氏は嘘を語っていない」研究会の
笹本妙子秘書長はこのほど、
記者の電話取材を受けた際に、このように明確に回答した。

 戦争捕虜に関する文献資料は、日本の敗戦時に

日本軍に焼却され、日本政府も
歴史的事実の追及に努めていないため、
日本戦争捕虜研究会は終始、先の戦争捕虜などの
関係者との交流に力を入れ、
この時期の埋もれた歴史の真相を探求してきた。

 笹本氏は『アンブロークン』の作家、

ローラ・ヒレンブランド氏に執筆の参考となる
一部の素材を提供しており、『アンブロークン』と深い縁がある。 
戦争捕虜研究会の共同代表を務める内海愛子氏
記者の取材を受けた際に、日本軍は第二次世界大戦中に、
欧米の白人捕虜約13万人を収容し、
27%の高死亡率に達していた、と述べた。…
(新華網日本語)2014.12.23
http://jp.xinhuanet.com/2014-12/23/c_133871277.htm


【wiki】内海愛子 (うつみ あいこ、1941年10月20日 - )は、
日本の社会学者。恵泉女学園大学名誉教授。
大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター所長。
夫は村井吉敬

POW研究会 POW Research Network Japan
笹本妙子・田村佳子会員
世界が尊敬する日本人100人に 
第2次大戦中、
日本に収容されていた戦争捕虜に関する情報を
集めてきた当会の活動が評価され、2006年5月、
笹本妙子、田村佳子両会員に、
駐日英大使館より名誉大英勲章MBEが授与された。
詳細は下記リンクからNewsweek日本版掲載の当該記事

(2006年10月18日付)をご参照ください。

田村佳子(活動家)・笹本妙子(活動家)
戦争捕虜の魂を救う
2009年6月29日(月)15時39分
コリン・ジョイス ニューズウィーク

#アンブロークン と 金日成に会ったビリー・グラハム
「おかわいそうに―東京捕虜収容所の英兵記録」 その1
天晴!にっぽん   2014-12-27 
ついに "Is every detail in ‘Unbroken’ really true?"
 と言われたLauraとAngelina
産経ニュース2015.10.22 11:33更新
「反日」と批判のアンジー監督作
「アンブロークン」、来年2月に日本公開
米人気女優、アンジェリーナ・ジョリーさんの監督作
「不屈の男 アンブロークン」が、
来年2月の日本公開が決まったことが22日、分かった。
配給元はビターズ・エンド(東京都渋谷区)で、
渋谷の「シアター・イメージフォーラム」で上映される予定。

  「不屈の男 アンブロークン」は、

五輪でも活躍した元陸上選手のルイス・ザンペリーニさんが、
第二次大戦で日本軍の捕虜となり、
収容所での虐待に耐え抜いた半生を描く物語。
ビターズ・エンドの定井勇二代表は
「批判の声があったのは承知しているが、反日というより、
戦争という厳しい状況で生き抜いた人間を描 いた作品だと理解している。
日本の観客にも触れる機会を提供すべきだと考えた」と話した。

 同映画は、原作小説に日本軍による

残虐な捕虜虐待が描かれていることなどから、
一部で「反日」という声が上がり、
ネット上で公開中止を求める署名活動が行われるなど波紋を広げていた。

(有)ビターズ・エンド Bitters End, Inc.
Bitters End, inc ビターズ・エンド
<社名由来> 最後まで(to the bitter end)屈しない者(bitter-ender)
Roxy Musicの1stアルバム『Roxy Music』に収録されている曲『Bitters End』
映画配給・宣伝・製作
映画関連パンフレット、関連書籍の編集出版
セルビデオの発売 
「アンブロークン」を観た人の声を集めました
togetter.com
反日映画ではないとされている
アンジェリーナ・ジョリー監督の映画
 「アンブロークン」を見た人の声を集めてみました。 
2014年12月28日日曜日
どうやら、 駄作、アンジー、『Unbroken』のGG賞ノミネート落選と
メールのリーク事件で精神が不安定に? 。
初日以降のランキングは3位・・・。
戦没者の60%強140万人は餓死なんですが? 
アンジェリーナ・ジョリー監督の戦争映画を米メディアが辛口評価。
アンジェリーナ・ジョリー監督の反日低モラル、
「残虐日本兵」映画『アンブロークン』、米などで公開   
「アンブロークン」制作会社にソフトバンクが270億円出資。
/「米国のすし職人、実は韓国人だった!」のノリですか ね?。
/ 「徳留絹枝」「潮」「ディスカウントジャパン」 これらを知ってますか?。
/アンジー監督作品に日本の右翼が難癖?  
「日本人代表とはとらえていない」。
反日招く?旧日本軍描いたアンジー監督の米映画。 
公開見送りに! ネトウヨが作る検閲社会。
サイゾーのリテラが今度は神社本庁を極右団体呼ばわりし、
批判が殺到も更にネガキャン記事。 
・・・リテラ エンジョウトオルのサヨク脳的な暴走記事 
朝鮮日報の記事で、奈良橋陽子氏が
アンジェリーナ・ジョリーの反日プロパガンダ映画
「アンブロークン」に関与されていたと知りました。
米国ハリウッドは、イスラム圏で
モーセの映画を上映しようと思っていたのですかね? 

0 件のコメント:

コメントを投稿