慰安婦問題について、いろんな報道: 福島香織氏、政治利用され続ける中国“元慰安婦”たち 誰も救われない現状をいかに越えるか。

Translate

2015年11月18日水曜日

福島香織氏、政治利用され続ける中国“元慰安婦”たち 誰も救われない現状をいかに越えるか。

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」
11月12日、山西省陽泉市盂県の西煙村で
一人の老女が亡くなった。

中国メディアはこれを一斉に手厚く報じた。
彼女の名前は張先兎
山西省の"元慰安婦"として90年代後半から
2007年にかけて日本の東京地裁、最高裁で行われた
中国戦時性暴力被害対日損害賠償訴訟原告の
16人の"元慰安婦"の一人 であり、
最後の生存者だったからだ。
折しも、その数日前、
東京大学駒場キャンパスで上映された
中国人"元慰安婦"たちの証言と人生を記録した
ドキュメンタ リー映画「太陽がほしい
班忠義監督)を見たばかりなので、
なおさらこのニュースが心に刺さった。
先の日中韓首脳会談で、中韓が日本を牽制する
切り札と して持ち出した
"慰安婦問題"について改めて考えてみたい。 

中国元慰安婦対日損害賠償訴訟原告、最後の一人
 中央ラジオなどによれば、11月12日午前9時15分ごろ、

張先兎は西煙村の自宅で亡くなった。
長らく病の床にあった。享年89歳。
彼女は90年代から2000年代に東京で
三度にわたって行われた
中国元慰安婦対日損害賠償訴訟の原告16人の一人でもあった。

 彼女が日本軍に連行されたのは1942年の旧正月二日で

当時16歳。新婚4日目で、夫は13歳だった。
その朝、銃剣を持った日本兵がやってきて彼女を連行したという。
夫が日本兵の腕にすがって、連れていかないでくれ、と訴えると、
日本兵は夫を銃剣で刺さそうとした。
彼女も顔を何度もビンタされた。 
そして山の上のトーチカにつれていかれ、
約20日にわたって監禁され何度も強姦されたという。

 20日後、夫が金を用意して彼女を"買い戻した"。

まだ少年ともいえる夫は、この時の恐怖で
PTSD(心的外傷後ストレス障害)になったようで、 
一生、腕や顔の震えが止まらず、
仕事も勉強もままならなかったという。
彼女も心と体に傷を負い、
ほぼ一生貧しい山村から外に出ることもなかった。
万愛花 Wan Aihua
1930年内蒙古生まれ(2013 年逝去)

万愛花(ヴァン・アイファ)   従軍慰安婦問題を考える
【信憑性】 信憑性なし
同村で同じように日本兵の被害者となった劉面換
陳林桃の証言と比べても明らかに異色で突出した内容です。
恐らく同女が日本兵と漢奸

 (※日本人の手先となった中国人)に
酷い暴行を受けたことがあるのは事実だと思いますが、
あまりにも誇張や創作を挿入し過ぎです。

 だが、1992年、中国で最初に旧日本軍から受けた
性暴力被害を公に証言した元共産党少女幹部、万愛花
山西省盂県の小学校教師・張双兵や日本の人権派、

リベラリストらの支援を受けて活動を開始、
彼女も1995年、山西省の他の"元慰安婦"たち15人とともに
日中民間の支援を受けて日本政府に謝罪賠償を請求する
訴訟を起こすことを決意した。
1998年に提訴、2007年の最高裁の判決は請求棄却であったが、
彼女らが戦時性暴力の被害者である事実は 認められた。

 この16人の山西省の"元慰安婦"たちは

これですべてこの世から去った。
張先兎は亡くなる40日ほど前から病が重篤化。
最後の瞬間まで、日本政府に謝罪と賠償を求め続けていたが、
ついに、彼女の求めていた一言は聞けなかった、
と多くの中国メディアは結んでいる。
中国には、張先兎のような農村女性は数多くいた。

そうした"元慰安婦"ら約80人の生活や証言を
記録してきたドキュメンタリストの班忠義は、この夏、
その記録フィルムを一本のドキュメンタリー映画に仕上げた。
「太陽がほしい」というタイトルは、
劉面換 Liu Mianhuan
1922年山西省盂県鳥耳荘生まれ(2012 年逝去)

【慰安所までの移動時の公権力・軍の関与等】
慰安所には入れられておらず、近くの村の石洞に監禁される。
【考察】 同女の家まで来て連行したのは、3人の「漢奸」で、
最初に同女を強姦したのも「漢奸」です。
日本兵ばかりでなく、
積極的に「漢奸」が参加していたことが分かります。

「ガイサンシーとその姉妹たち」には、以下の通りの記述があり、
同女が監禁された進圭社には多くの「漢奸」がいたようです。 
【信憑性】
同村や近くの村で同様の被害にあった女性達の証言と
内容の齟齬はなく、信憑性はあると思います 

その中に出てくる"元慰安婦"の一人、劉面換が、
真っ暗なヤオトンに監禁され強姦される日々を回想し、
外に出たかった、
太陽の光がほしかった」と訴えた言葉から引いている。

 山西省の"慰安婦"の存在について、 

班忠義はドキュメンタリー映画
「ガイサンシー(蓋山西=山西一の美人)とその姉妹たち」
(2007年)を発表 しているが、その最初の取材が始まった
1995年から2015年まで何度も現地に足を運び、
日本で寄付金を募り、その資金で貧困や性暴力の後遺症に苦しむ
"元慰安婦"たちを病院に連れていくなどの支援活動の傍ら、
記録を撮り続けていた。

 劉面換は2012年4月12日に病で亡くなった。

最初に日本軍による性暴力を告発した
万愛花も2013年9月5日に83歳で死亡。
彼女は山西省盂県羊泉村に童養媳(農村の幼嫁)として売られ、
11歳で共産党に入党、抗日戦線に身を投じ
15歳で少女幹部になった革命少女だった。
1943年に三回日本 軍に捕まり、強姦と拷問を経験したという。
班忠義が取材した80人の"元慰安婦"たちは、
10人ほどを残して、もうほとんどこの世にいない。 

戦争、日本軍、中国政府、中国人
 厳密にいえば、

張先兎万愛花劉面換らを"慰安婦"というのは違う
山西省から国民党軍が撤退したのち、
日本軍が村々に駐屯すると、兵士たちは女性を"現地調達"した。
それは軍令違反であるが、混乱の戦時下、誰がそれを気に留めよう。
比較的裕福な家の娘が狙われたという。
トーチカがしばしば"強 姦所"となった。
村人も村の一時的平和とわが身の安全を守るために、
彼女らの監禁に手を貸した。

 中国人慰安婦もいた。

「太陽がほしい」には、元慰安婦・遠竹林が登場している。
15歳で結婚し出産するも、夫は日中戦争の混乱期に失踪。
幼子と老 父の生活のために
「旅館の雑務の仕事」を引き受けるが、
行ってみると慰安所であった。
彼女を騙したのは同じ中国人女性である
彼女は監禁状態で、まさこと いう"日本名"で体を売らされ、
その間に幼い娘と老父は餓死してしまう。
望まぬ妊娠をし、
堕胎薬の副作用で一生子供の産めない体にもなった。

 その後、とある戦場から逃亡した日本人兵士と相愛になり、

慰安所を脱出することに成功するが、
終戦とともに兵士は帰国し、
彼女は「敵と寝た女」というレッテルを張られて
戦後、差別と迫害に苦しめられ続けた。
映画の中で、彼女は中国政府への恨みを何度も口にしていた。
彼女の人生を狂わせたのは戦争で あり、
日本軍だが、戦後になっても彼女を苦しめ続けたのは
中国政府であり同胞であるはずの中国人であった
袁竹林は、PTSDに苦しめ続けられながら、 
2006年に脳溢血で亡くなった。 

こうした"慰安婦"たちに旧日本軍や日本政府が

公式に関与していたかというと、
これは異論がある人もあるだろうし、
実際に慰安所を運営していたのは
 傀儡政権下の中国人商人であろう。
だが、そこに旧日本軍に
道義的な責任がなかったわけではない。
そう考えると、"慰安婦"ら戦時性暴力被害者に
日本人とし て無関心ではいられはしない。

 ただそれは個人としての、

人間としての心情であり、
外交問題となるとまた様相が変わって来る。
外交上は、日本の"戦争犯罪"は国際軍事法廷で裁かれ、
その責任を負った戦犯約1000人が
死刑判決(後日の減刑を含む)を受けた。
戦後賠償問題も各国との間で交わされた
条約・協定で国際法規上、決着して いる。
中国への戦時賠償は日中共同声明で、
中国側から放棄すると言明している。 

タブーから、煙のない戦争のカードへ
 それを今なお、歴史認識問題として蒸し返され、

謝罪要求が繰り返されているのは、この歴史が
外交カードとして利用されているからに他ならない。
戦争は外交の一種の手法(禁じ手ではあるが)だが、
外交もまた煙のない戦争だ。
いずれも戦いであり、負ければ国益を損ない、
国民が貧困や社会不安に陥る。
相手国が明らかに政治として
慰安婦問題を持ち出してくるのならば、
こちらも政治として対処するほかない

 そもそも、中国において

慰安婦問題は90年代、タブーであった。
 「太陽がほしい」の中で

中国民間対日賠償請求連合会会長の童増がそう語っている。
「92年、二つのタブーがあった。慰安婦問題と三峡ダム問題だ」。

 戦後、中国は"元慰安婦"の存在を無視し、

彼女たちも、同じ中国人からの
差別と迫害の対象になることに耐えられず、
ひっそりと息を潜めていた。
そ ういう時勢の中で、
山西省の農村小学校教師の張双兵
1982年に蓋山西と呼ばれる伝説的元慰安婦・侯冬娥と知り合い、
元慰安婦支援活動と調査を開始した。
92年に万愛花に日本政府へ損害賠償請求訴訟を行うよう勧め、
支援したのも彼だ。
山西の農村の一介の教師であった張双兵は、
地元紙で対日戦時損害賠償 請求を訴える
童増の署名記事を見て、連絡を取り、
"元慰安婦"の対日賠償訴訟が実現に向かうのだった。

だが、この時、中国政府はこの民間の動きを弾圧した。

天安門事件の学生鎮圧で国際社会が中国の敵となったとき、
経済制裁をいち早く解除し苦境にあった中国に
手を差し伸べてくれた日本との関係を
損なってはならないという政治的理由からである。
"元慰安婦"支援活動に関わったことで
童増張双兵も公職を失った。
この中国政府が抑え込もうとした"元慰安婦"の
賠償訴訟を支援したのは、日本の民間人だった。
日本の人権派弁護士、研究者、フェミニストらが現地に赴き、
戦時性暴力被害の聞き取り調査を行い、
提訴に必要なだけの資料・証言を揃え、民間からの寄付に
よって彼女らを東京に招いて証言させた。

 最終的に敗訴で終わったが、

日本の最高裁で、彼女らが受けた
性暴力の実態は事実と認められたことは、
長らくその存在すら抹殺され、
その苦しみを口にすることすら許されなかった
彼女らの環境を大きく変えた。

 今の中国は"慰安婦問題"を

韓国と共闘で日本を牽制する外交カードとして
積極的に利用するようになっている。
日本が良心の呵責も感じないでいる
非道な国家だというイメージを国際的に喧伝し、
日本の発言力、影響力を削ごうということだ。
中国政府にとってのパンドラの箱

 "元慰安婦"たちに、日本政府は謝罪をしていない、

謝罪が欲しい、と訴えさせているが、
日本は村山富市内閣の時、日本国民から集めた「償い金」と 
首相の「おわびの手紙」を世界の元慰安婦に届けた。
中国の"元慰安婦"たちに、
この金と手紙が届けられなかったのは、
中国政府が「元慰安婦」の存在を認定せず、断ったからだ

 なぜか。班忠義

「金さえ出せばよいという
日本政府の上から目線が気に入らなかった」と説明するが、
私が日中関係者から私的雑談の場で聞いた話では、
「そんなものを受け取ると
パンドラの箱を開けることになる」という趣旨の言葉を聞いた。

 戦時性暴力の加害者は旧日本軍だけではない。

国民党軍も慰安所は利用しており、
兵士が村々で暴力的に軍糧や女性を調達した。
共産党軍内にも性暴力はあり、
誰も公言は出来ないが、
党のため、革命のためという理由で、
性をささげることを強要された女性同志も少なくなかった。
それは一見、女性たちの自発的奉仕に見えて、
その実、性搾取である。
旧日本軍から性暴力を受けた女性だけに償い金があると、
収拾がつかなくなると考えたのかもしれない。
いずれにしろ、それは中国の政治判断であった。

日中共同宣言で中国は戦時賠償を放棄したが、

その暗黙の代償として日本は巨額の対中ODAを続けて来た。
それが中国の経済発展に貢献したのなら、
それで豊かになった中国は、
国家として自国の戦時性暴力被害者を救済すべきであった。
中国が政治判断で彼女らへの賠償金ではなく、
日本からの開発援助を選ん だのなら、
中国にも彼女らの救済の義務が生じるだろう。
だが、中国はそれをしない。 

傷つけられた女性たちの心に寄り添う
 班忠義は言う。

「中国政府と民間は断絶している。
この映画も、中国ではこのまま上映できない。
元慰安婦支援の活動も今は政府が認めても、
大きな市民運動になれば圧力をかけてくるだろう。
…日本人と協力して
日本政府に賠償と謝罪を要求する方が(結果を)期待できる」

 戦争という外交に痛めつけられ、

外交と言う戦争に翻弄され続けている
女性たちの苦しみを思うと胸が張り裂けそうになる。
もし、彼女らを前にして、 その心を少しでも
慰めることができるのなら100万回でも
「対不起(私が悪かった)」と言いたい。
それは一国の首相でも私人としての感情ならば同じだろう。
だが、そうしても、おそらく外交として、政治として
この問題が利用されている限り、誰も救われはしない
謝罪すれば、口先だけだといわれ、さらなる要求が重ねられる。
政治である以上、
駆け引きであり、下手な妥協はできないのだ
だから、政治と無縁の個人として、
張先兎はじめ亡くなった女性たちとその家族に哀悼をささげ、
"慰安婦問題"を振り返りたい。

 8月の安倍内閣が発表した歴史談話の中の一節

「私たちは、二十世紀において、戦時下、多くの女性たちの
尊厳や名誉が深く傷つけられた過去をこの胸に刻み続けます。
だからこそ、我が国は、そうした女性たちの心に、
常に寄り添う国でありたい」という思いは、
政治家であれ民間人であれ、ほとんどの日本人の
嘘偽りのない本心であることを繰り返したい。


「元・従軍慰安婦」証言者一覧 <韓国以外>
2007/01/02 (Tue)  従軍慰安婦問題を考える
陳林桃(ツェン・リンタウ)
李秀梅(リ・シュウメイ)

検索キーワード「福島香織」に一致する投稿を関連性の高い順に表示 
2015年3月18日水曜日
中国とISILの微妙な関係 恐怖の反テロリズム法案
真の対象は誰?、福島香織氏。

2015年6月4日木曜日
中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス 
赤い帝国主義下の言論出版統制作家たちは
権力とせめぎ合い、自粛心と戦 

2015年11月6日金曜日
世界記憶遺 産、制度見直しへ ユネスコ事務局長が明言。
記憶遺産審査見直し、ユネスコ着手…事前協議案。
ユネスコ委に日本人派遣へ…記憶遺産に発言力。
馳文科相のユネスコ派遣 萩生田副長官「日本側の提言に期待」。
福島香織、南京事件「世界記憶遺産登録」の教訓
歴史的事実の追求か、政治的視点の戦略か。

2014年12月4日木曜日
台湾地方選挙「馬英九NO」の意味。
馬総統、党主席を辞任へ。ザ・ボイス 勝谷誠彦 ニュース解説。
台湾地方選挙のこの結果の背景に、
香港 デモ隊と警察の間で大規模な衝突もありそう?

2015年8月26日水曜日
天津大爆発 習近平政権が隠蔽する「5つの疑惑」
~実は犠牲者千人超、 経済政策の失敗をうやむやに?

0 件のコメント:

コメントを投稿