慰安婦問題について、いろんな報道: 【イスラム国(IS)】ネット空間で続く壮絶な対テロ戦 欧米各国のサイバー攻撃受け  ISは戦闘員のネット教育を宣言したが…。#アノニマス 厚労省HPにサイバー攻撃=アノニマスか、閲覧停止。アノニマスの狙うIS弱体化策、実効性のほどは?。#IS戦闘員のツイッターアカウント5500件をサイバー攻撃。パリのテロリストら、連絡にPlayStation4を使用か。

Translate

2016年5月5日木曜日

【イスラム国(IS)】ネット空間で続く壮絶な対テロ戦 欧米各国のサイバー攻撃受け  ISは戦闘員のネット教育を宣言したが…。#アノニマス 厚労省HPにサイバー攻撃=アノニマスか、閲覧停止。アノニマスの狙うIS弱体化策、実効性のほどは?。#IS戦闘員のツイッターアカウント5500件をサイバー攻撃。パリのテロリストら、連絡にPlayStation4を使用か。

 米サイバー軍が置かれているメリーランド州のフォートミード陸軍基地
=2013年6月(AP)

2016.5.5 13:00 2 3 4 5 6 7【イスラム国(IS)】産経ニュース
イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)と
各国の治安当局とのインターネットを舞台にした攻防が激化している。
ISはSNS(交流サイト)に、プロパガンダ(宣伝)を拡散させる
巧妙なネット戦略が特徴だ。
各国の対テロ機関は、不当コンテンツの削除や
通信傍受を強化して、影響力をそごうとしている。
だがISも戦闘員のセキュリティー能力を向上させて対抗し、
網の目をかいくぐる構えだ。(塩原永久)


さながら「社員教育」

 「IS戦闘員たちの『ヘルプデスク』が作られたようだ」。
今年2月ごろ、イスラム過激派のテロ対策専門家の間で、
そんなニュースが駆け巡った。
 一般企業などでパソコンをはじめとする電子機器の技術支援を担い、
社員の使用法などの問い合わせに応じる「ヘルプデスク」。
そんな部署さながらに、戦闘員のネット空間での
“安全確保”を手助けする組織がIS内に立ち上げられたというのだ。
 ISのメンバーらは、仲間同士の連絡や
戦闘員の勧誘にSNSを用いている。
ただ、無防備なセキュリティー対策でフェイスブックや
ツイッターに投稿すれば、欧米の情報当局に
所在が把握される危険がある。
場合によってはドローン(無人機)による空爆という憂き目に遭いかねない。
米ワシントンの調査機関「中東報道研究機関」(MEMRI)によると、
新たに作られた組織「電子領域財団」は、過激派組織の
サイバー専門家で構成。具体的な陣容や技術レベルは不明だが、
主に最近、戦闘員らが好んで使う高セキュリティーの
メッセージアプリ「テレグラム」向けに、欧米情報機関による
監視を避ける方法や、通信の暗号化など、
ネットに「足跡」を残さないようにする利用法を伝授しているという。
 これまでISをめぐっては、数十ページにわたる
通信暗号化マニュアルが出回っていることが知られていた。
新組織は、こうしたセキュリティー支援を
一段と加速させるものになる。
 欧米各国はISのプロパガンダ戦略を危険視し、
昨年8月にはシリア北部ラッカで、プロパガンダを担当していた
英国人ハッカー、ジュナイド・フセイン容疑者(21)を
ドローンで爆殺したとみられる。
これに前後してイラク北部モスルでは、
組織宣伝の関連施設が集積した場所を重点的に爆撃してきた。
 同財団の立ち上げに際して、ISは声明文で
「ムジャヒディン(戦闘員)の電子空間での安全を確保するため、
今こそネットの危険を教え、セキュリティー向上支援に
向き合わなければならない」と、
戦闘員たちの「ネット教育」を宣言した。

謎のアブドゥラX登場
 ISは「テロ組織史上、最も効果的なネット戦略」
(テロ専門家)を駆使しているといわれる。
拘束した人質を殺害する凄惨(せいさん)な動画をネットに流し、
ISに対する恐怖心を人々に植え付け、SNSを経由して
動画を無限に拡散させ、
それが組織の存在感を誇大に伝えることにつながっている。
 社会から阻害され、社会に強い不満を持つ“テロリスト予備軍”が、
拡散したISのプロパガンダに感化され、
単独で行動する「ローンウルフ(一匹おおかみ)」型の
テロを引き起こす懸念も根強い。
 こうした問題に対抗するため、米政府は
SNSサービスの民間企業と連携し、IS系が流す
コンテンツの削除に力を入れてきた。
3月18日付のロサンゼルス・タイムズ(電子版)によると、
ツイッターはテロに関連したとみられるアカウントを、
これまで12万以上も削除したという。
 ただ、アカウントやコンテンツの削除は、
消されてはIS側が新たに立ち上げる
「いたちごっこが延々と続く」
(中東調査会の高岡豊・上席研究員)と指摘される。
IS側は無数に新たなサイトやアカウントが作り、
完全に根を絶つことは難しいという。
 そんな中、昨年、ユーチューブに
「アブドゥラX(エックス)」と名乗るアニメキャラクターが登場した。
Tシャツ姿で「英国のイスラム教徒」だと名乗るその架空の人物は、
シリアの行方を暗じつつ、ISのプロパガンダについて
「間違った情報だ」などとネット利用者に呼びかける。
 アブドゥラXは、一部のSNS企業などによって
、ISのプロパガンダを打ち消すような内容を訴え、
ネットの視聴者に自問するよう呼びかけるために作り出された。
ISの宣伝を無力化する狙いだ。
 これに慌てたIS側は、IS系メディアなどに
「アブドゥラXへの反論」を緊急掲載したと伝えられている。

サイバー攻撃に本腰
 「われわれはサイバー爆弾を落としている。
これまでに使ったことがないようなものを」
 本格的な対ISサイバー攻撃の開始について語った
米国防総省のロバート・ワーク副長官の言葉を、
今月24日の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は伝えた。
 カーター国防長官も2月末の記者会見で、
米軍が持つサイバー能力を投入し、ネット空間で
ISに攻撃を加えていると表明していた。
多くは秘密裏に実施される
米軍のサイバー攻撃を明らかにするのは異例だ。
 同紙によると、サイバー軍を持つ米軍は最近、新たに
特殊作戦部隊のような小規模チームを設けた。
詳細は明らかではないが、ISの指揮官レベルが
どのような指示の出し方をするかを把握し、偽情報によって
IS戦闘員を地上軍やドローンによる攻撃をしやすい場所に
誘導するような作戦が計画されているもようだという。
 また、ロサンゼルス・タイムズ(3月18日付電子版)によると、
ホワイトハウスもネット空間の対テロ戦を一段と強化するため、
新組織を国務省内に設立する計画だ。
 同紙の取材に対し、組織立ち上げを統括する
元海軍のマイケル・ランプキン氏は「ISはブランドだ。
だからわれわれも、それをブランドとして
取り扱わなければならない」と語った。
 新組織では、NGOなどの各種組織に専門知識や
資金を提供する取り組みを通じ、官民のネット上のテロ対策を
幅広く後方支援することを目指すとしている。

オフラインへ退却
 シリアやイラクなど中東地域で活動するISは、
米国を中心とした有志連合による
空爆強化によって次第に劣勢に傾いている。
 軍事情報企業IHSが今月18日に発表した報告書によると、
ISが掌握する地域は直近の15カ月間で約22%減少し、
支配下にある住民も同時期に300万人減の約600万人となった。
 一方、こうした実際の戦況に合わせて、
IS側の宣伝戦にも微妙な変化がみられるという。
 米ブルッキングス研究所のサイトに
3月末に掲載されたジョージア州立大学の
チャーリー・ウインター氏の記事によると、
ISは劣勢にある中東地域の戦況について、
ネット上で「別の地域に戦略上の重点を置いたため」と説明し、
支配地域の減少を正当化しているという。
 同時に、残された強固な支配地域では、
FMラジオ放送を使って住民の「歴史教育」や
洗脳を強化しているという。
また、かつて年1回発行だったニュースレターは、
日曜発行の週刊の新聞となり、
IS関係者の「独占インタビュー」なども掲載されている。
 さらに、シリアのある地域ではISが“実験的”なメディア戦略を実施。
市街地に広報拠点を設け、プロパガンダ映像が入った
USBメモリーなどを配布し、インターネット環境がない地域でも
より波及しやすい宣伝」(ウインター氏)を可能にしているという。
 こうしたFMラジオや紙媒体、ネット接続を必要としない
記憶媒体による「オフライン」のメディアによって、
欧米機関による通信傍受やサイバー攻撃の
手が届かないプロパガンダ戦略を進めているとみられる。
 欧米各国による追撃に対し、柔軟に対抗策を講じてくる
ISとの「テロとの戦い」は、モグラたたきの様相を呈している。
対テロ専門家の多くは、空爆などの軍事攻撃と、
サイバー空間での対策が両輪となってはじめて、
ISに有効な打撃を与えることができる指摘する。
 今月26日には、有志連合によるIS掃討作戦司令部の
ガーステン副司令官(米空軍少将)が、ISに合流するため
イラクとシリアに入国する外国人戦闘員が、
1カ月に約200人にまで減ったと明らかにした。
1年前には1500~2000人だったといい、大きな成果といえる。
だが、ISはリビアなどで、
政府の統治が及ばない地域で勢力を伸ばしているとみられ、
各地で活発なテロ攻撃を続けている。
今後も息の長い対策がIS掃討に求めらるのは間違いない。



=アノニマスか、閲覧停止 
2015/11/21-08:30
 厚生労働省のホームページ(HP)がサイバー攻撃を受け、
20日深夜からほぼ閲覧できない状態になった。
同省はHPの閲覧を停止し、復旧策を検討するとともに、
詳しい原因と被害状況を調べている。
 同省によると、20日午後10時15分ごろから、
HPに外部からの大量の通信データが送りつけられ、
つながりにくい状態が続いた。
サーバーに負荷を掛けて機能を停止させる
DDoS(ディードス)攻撃」を受けたとみられる。
 国際的ハッカー集団「アノニマス」に関係するとみられるツイッターに
サイバー攻撃を示唆する書き込みがあったといい、
同省は関連についても調査している。
サイトの書き換えや情報流出の被害は確認されていないという。 
 国内では、鉄道会社や出版社、新聞社などに
アノニマスによるとみられるサイバー攻撃が相次ぎ、被害が出ている。

ISを追い詰めることはできるのか?NewSphere
アノニマスの狙うIS弱体化策、実効性のほどは?
ハッカー集団「アノニマス」は、テロ組織
「IS(イスラム国)」の戦闘員らが使っている
ツイッターアカウント5500件へのアクセスを手に入れた。
ツイッター指導部は、
すでにそのうちの900件のアカウントを閉鎖した。
「アノニマス」が入手したデータは、公表された。

また「アノニマス」は、ISとのバーチャル戦争も宣言した。
その第一段階が、今回の行動だ。
「アノニマス」は、ISに対する警告メッセージの中で、
大規模なサイバー攻撃が行われるので
「待っていろ」と指摘していた。
Anonymous - Operation Paris #OpParis Anonymous Official

ISにサイバー攻撃予告 「アノニマス」名乗るNHKニュース
11月17日 7時10分
パリで起きた同時テロ事件を受けて、
国際的なハッカー集団「アノニマス」を名乗る人物が、
過激派組織IS=イスラミックステートに対して
大規模なサイバー攻撃を仕掛けると

予告する動画をネット上に公開しました。
国際的なハッカー集団「アノニマス」を名乗る人物は14日、
動画投稿サイト「You Tube」上で、

およそ2分30秒の動画を公開しました。

動画では、画面の右側に

パリの同時テロ事件のものとみられる映像が
小窓で映し出されるなか、
黒い服を着て白い仮面をかぶった人物が登場し、
フランス語のナレーションで声明が読み上げられています。

そ れによりますと、

「アノニマスは罪のない人々を殺すという
パリでの行為を放っておけない。
世界中の仲間がISを追い詰めていく」としています。
そのうえで 
「報復としてこれまでで最も大きなサイバー攻撃を仕掛ける。
宣戦は布告された。覚悟しろ」と述べて、
ISに対してサイバー攻撃を仕掛けると表明しました。
アノニマスは、ことし1月にパリの新聞社

「シャルリ・エブド」が襲撃される事件が起きた際も、
ISの活動に関わっているとされるツイッターを
閉鎖に追い込むなどの攻撃を行っています。 

ハッカー集団「アノニマス」 ISに宣戦布告
http://jp.sputniknews.com/life/20151116/1175877.html#ixzz3riagGuzy
2015年11月16日 20:46(アップデート 2015年11月17日 00:07) Sputnik 日本
http://jp.sputniknews.com/life/20151116/1175877.html#ixzz3riaT3z9F
パリのテロリストら、連絡にPlayStation4を使用か

http://jp.sputniknews.com/life/20151116/1177499.html#ixzz3ridVGwyE
13日夜、パリでテロを実行した犯人たちは、
弾薬の授受などに関する情報を
ゲーム機PlayStation 4でとっていた可能性がある。
フォーブス誌が報じた。
http://jp.sputniknews.com/life/20151116/1177499.html#ixzz3riejplQF
携帯電話やEメールといった通常の連絡手段には
国家機関がアクセスするかも知れないので、
テロリストらはより安全な手段である
PlayStation 4を使用していた可能性がある。
多数のプレイヤーが参加する膨大かつ
多様な内部コミュニケーションを追跡するのは極めて困難で、
ほとんど不可能に近い。

捜査では、犯人らはブリュッセルを拠点にしていたと見られている。

そこで行なわれた家宅捜索で、
あるPlayStation 4ユーザーが逮捕された。
ベルギー内務省のヤン・ヤムボン大臣によれば、
「PlayStationがテロリストの通信手段としてポピュラーになりつつある」。
続きを読む
http://jp.sputniknews.com/life/20151116/1177499.html#ixzz3rif8uwB7

Did Paris terrorists use the Playstation 4 to plan their attack?
By i24news
Published: 11/16/2015 - 09:13pm, updated: 09:34pm
credits/photos : Leon Neal (AFP/Archives) Playstation 4
グーグル翻訳
匿名ハッキングネットワークは
イスラム国家に戦争を宣言しています

死者129を残した金曜日にパリのテロ攻撃は、

おそらくいくつかの過激派は、検出を恐れることなく、
それらの間で通信するため、
ますます一般的な方法になってきていると言う
ソニーのプレイステーション4ゲーム機にリンクされています。

容疑者のために狩りをし、

プレイステーション4は、襲撃の1つの間に
発見された可能性があることを未確認の報告と、
ベルギーになるように、注意がパリの娯楽施設の
協調​​攻撃に数日前にベルギーの内務大臣の言葉になっています。

ブリュッセルでいえば、ヤンハムが

イスラム国家武装グループに
ゲームコンソールをリンクしました。

「プレイステーション4はさらに困難を追跡するために

WhatsAppよりも、「内務大臣は語りました。

「これらのテロリストの間で最も難しい通信は

プレイステーション4を介してである、 "と彼は言いました。
「プレイステーション4を介して行われている通信を復号化する
 - - ベルギーのサービスが、国際的なサービスだけでなく、
それは私たちのサービスのために非常に、非常に難しいです」

ユーザーが解読することは困難と選手の間で渡される

データの膨大な量を与えられた監視することは
非常に困難である方法で、
他のプレイヤーと通信するための
コンソールを使用することができます。

また、 テレグラフは、メッセージが 、

そのような弾丸の発火パターンとして創造的な方法では、
書かれたのではなく、
ゲーム内で示すことができることを推測しています。 
これは、セキュリティサービスで使用される
時代遅れのテキストフ​​ィルタリングソフトウェアを
レンダリングすることになります。

プレイステーションネットワークのプライバシーポリシーは、

それが法律当局と情報を共有すると述べ、
「私たちは誠実に信じているときに法律が開示を要求しているか、
その開示は、保護したり、自分自身や他人の権利、財産、安全、
またはセキュリティを強化する必要があります」。
匿名は、ISを脅かします

匿名ハッキングネットワークはジハード主義グループの

関連会社からの闘争の応答をスパーク、
月曜日YouTubeのビデオにイスラム国家の戦争を宣言し、
セキュリティ専門家は述べています。

「政治的ハッカー」集団は、それらのいくつかが非常に、

死者129を残し、数百人が負傷したISが主張
金曜日にパリの攻撃のための復讐を誓いました。

黒のフード付きの図

「世界のどこでも匿名で、あなたを追い詰めるために起こっている」、
グループの署名ガイ・フォークスマスクを
身に着けていることはフランス語で言いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿