慰安婦問題について、いろんな報道: 「最終決着方は日本が持ってこい」 韓国紙の慰安婦問題社説「強制連行認めよ」と“妥協”拒む。会談前の「根拠ない報道」遺憾=日本側の誠意に疑念-韓国外務省。少女像移転、韓国が検討 慰安婦問題の妥結条件、来年2月ごろまでに妥結、挺対協は反発。なぜ、この年末ぎりぎりに?、28日に日韓外相会談 外相が正式発表。その他関連

Translate

2015年12月26日土曜日

「最終決着方は日本が持ってこい」 韓国紙の慰安婦問題社説「強制連行認めよ」と“妥協”拒む。会談前の「根拠ない報道」遺憾=日本側の誠意に疑念-韓国外務省。少女像移転、韓国が検討 慰安婦問題の妥結条件、来年2月ごろまでに妥結、挺対協は反発。なぜ、この年末ぎりぎりに?、28日に日韓外相会談 外相が正式発表。その他関連

ソウルの日本大使館前に設置された
従軍慰安婦の被害を象徴する少女像
=2011年12月(共同)

産経ニュース
2015.12.26 19:59 【岸田外相訪韓】2
「最終決着方は日本が持ってこい」 
韓国紙の慰安婦問題社説 
「強制連行認めよ」と“妥協”拒む
【ソウル=名村隆寛】韓国の26日付の主要各紙は、
28日にソウルで行われる日韓外相会談の議題となる
慰安婦問題に関する社説を一斉に掲載した。

 朝鮮日報
「政治的決断だけで解決するような問題ではない。
(解決策は)被害者の元慰安婦女性らが受け入れ、
韓国国民も納得できるものでなければならない」と指摘。
「焦点は、日本が国家次元での法的責任を
どこまで認めるかに集約される。
安倍首相に覚悟があるのなら、最終決着の方策を
日本側が持ってこなければならない」と求めた。

 また、東亜日報
「国際社会が日本を注視している」とした上で、
「慰安婦問題を本当に解決するならば、
安倍首相と日本政府が問題を『国家的責任』と認めることを
明確にすることが必須条件だ」と主張した。
さらに「慰安婦の強制動員が個人的、道義的な水準を超え、
日本国と軍の責任だったということを明確にしなければならない」とも訴え、
「問題解決は基本的に日本の態度にかかっている」とした。
中央日報は、外相会談で前向きな結果が出ることに期待しつつも、
「村山談話と河野談話で言及された慰安婦強制連行の事実認定などが、
守るべき最小限」とし、
「交渉内容には慰安婦被害者の意見も
反映されなければならない」と強調した。
ソウルの日本大使館前に違法設置された
慰安婦像の撤去に関しては
「ほとんどは韓国政府が処理できるものではない。
海外で設置された(慰安婦の)少女像に
韓国政府が何ができるのか」と撤去不可能を示唆した。
【岸田外相訪韓】「安倍首相が来てひざまずいて謝れ」 
元慰安婦支援団体の挺対協 「像の移転は不可能」と反発
2015/12/26-19:19) 時事通信社
【ソウル時事】韓国外務省報道官は26日、
慰安婦問題決着に向けた28日の日韓外相会談を前に
「何も決まっていない状況で、
日本側から根拠のない報道が相次いでいる」
と述べ、遺憾の意を表明した。
 報道官は「日本側の真意が何なのか、日
本側が誠意をもって会談に臨むのか、
疑問を持たざるを得ない」と指摘した。
 韓国外務省は在韓日本大使館高官を呼び、
「根拠ない報道」について抗議、再発防止を求めた。
 岸田文雄外相の訪韓日程や日本側提案などが
日本メディアから流れていることに対し、
韓国では韓国側を圧迫するための「言論(メディア)プレー」
(聯合ニュース)ではないかという見方が出ている。
 別の韓国外務省当局者は、
慰安婦問題を象徴する少女像の移転が検討されているという
一部報道を取り上げ、「民間団体が設置したもので、
政府があれこれできる事案ではない」と述べ、
「根拠のない報道だ」と批判した。

2015年12月26日11時39分 (更新 12月26日 14時15分)
【ソウル共同】旧日本軍の従軍慰安婦問題で
日韓が妥結した場合、ソウルの日本大使館前に設置された
被害女性を象徴する少女像について、
韓国政府が別の場所への移転を検討していることが
26日分かった。韓国政府筋が明らかにした。

 日韓外相は28日にソウルで会談し、この問題も協議する見通し。
韓国政府は、朴槿恵大統領が第三国の首脳と会談する際に
慰安婦問題を取り上げることを含め、
他国での日本非難活動を
日本の要求通り自制することも検討している。

 ただ聯合ニュースによると、少女像を設置した
元慰安婦の支援団体は「撤去や移転は不可能だ」と反発した。

■360°パノラマで見る「ソウルの“少女像”に集まる若者たち」
(2015年8月15日撮影)産経フォトニュース

日本 ― USA ― 韓国
2015年12月26日 14:21  Michael Yon JP
日本はやってもいないことについて
謝罪するべきでは無いし賠償もしてはいけない。
河野談話は戦略的に大失敗だった。
この件で安倍談話も出すべきでは無い。
日本が賠償や謝罪すれば
この問題は解決する、という考えは、根本から間違っている。

第一に、日本が関与したとして
非難されている犯罪だが、日本は関与していなかった。

第二に、韓国は、日本側が謝罪すれば、
罪を認めた証拠だとして、
調子に乗ってさらに要求してくるにきまっている。
ソウルは日本に何の敬意も払わないだろう。
これは政治というよりも民族文化の問題だ。
アラブなどには、ユダヤにたいして憎悪をかき立てる
事実無根の中傷誹謗をする文化があるが、
同じようなものが韓国にもある。これには終わりがない。
韓国の幼稚な民族文化が成熟するまでは。

日本は謝罪すべきでは無い。
補償もすべきで無い。はっきりするべきだ。
韓国への対応は毅然とするべきだ。
韓国よ、成長せよ、赤ん坊のふりをするな、
これ以上くだらないことはやめろ、と。

米国人として韓国に言いたいことがある。
気持ちの悪い慰安婦像や空涙を流す偽善者たちを動員した
哀れっぽい争い事に、我々を引きずりこむな。
http://www.bbc.com/news/world-asia-35178296

韓国政府は、少なくとも来年2月ごろまでに
慰安婦問題を妥結させることを改めて日本側に求める方針です。
 韓国政府の関係者は「物事にはタイミングがあり、
来年2月ごろまでに妥結できなければ決裂してしまう」と述べ、
日本側の一部にある「来年初めの妥結にこだわる必要がない」
という意見にいまだ強い警戒感を示しています。
韓国政府としては、元慰安婦の名誉回復が最優先の課題であるため、
日本側が検討する基金や安倍総理大臣の手紙について
慎重に見極めたい考えです。
慰安婦像については「最終妥結した後に撤去することは可能」
という考えで、像を設置した市民団体に働き掛けて
別の施設に移す案などを検討しています。
産経ニュース
2015.12.26 06:00 【2015人気プレミアム 1月】
「韓国はなぜ日本だけを標的にする?」 
朴政権の反日は激しさを増すばかり
 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は年頭記者会見で
慰安婦問題の早期解決を要求するなど、
反日は年が明けても変わることなく…。
さて、2016年の年頭記者会見はどうでしょうか。
【阿比留瑠比の極言御免】「韓国はなぜ日本だけを標的にする?」
 “反日”と“国難”で軋む韓国
 
慰安婦問題はもうウンザリです iRONNA
久しぶりに来日したドイツのメルケル首相が慰安婦問題に言及したとか、
言及していないとかで、またも大騒ぎになりました。
せっかくの歓迎ムードをぶち壊した左派勢力の人々には
呆れるしかありませんが、それにも増して勢いづく韓国の反応をみていると、
さすがにもうウンザリです
ついに来た。もう挺対協には往年の勢いはない。
社会党は消滅、朝日新聞は謹慎中。
日韓友好の足を引っ張る勢力が衰え、
日韓関係改善の好機となった。
日韓両政府が歩み寄りを開始したのは当然か。

挺対協は、この期に及んでグダグダ言っているが、
以前のようには韓国政府も言いなりにはなってくれないだろう。
日本政府からも適当に突き放されるだろう。
反日の少女像の移転先は、
ついでに水曜デモの場も移すよう日本政府は要求すべきだろう。
日韓外相会談の開催について、韓国メディアは
25日、「日韓がすぐに合意に至るとは展望しがたい」
(ハンギョレ新聞)などと慎重な見方を示した。

問題解決には当事者である元慰安婦のほか、

支援団体への説得が必要となる。
韓国メディアは、元慰安婦らが求める
日本の「国家責任」の明確化をめぐって、
日韓が折り合えるかどうかに注目している。

 聯合ニュースは、28日の外相会談が
慰安婦問題の最終的な妥結に向けた
「決定的な分岐点になる」との見通しを示す一方、
外交筋の話として
「両国間に隔たりが残っており、楽観できない」
との見方を伝えた。
 韓国側はこれまで、日本政府の責任認定や首相の謝罪、
元慰安婦への賠償などの「誠意ある措置」を求めてきた。
日本側は賠償問題については、
1965年の日韓請求権協定で
「解決済み」とする立場を崩していないが、
人道的な見地から
元慰安婦への支援を拡大することを検討している。

産経ニュース
2015.12.25 19:28 【岸田外相訪韓】
韓国で高まる期待も…
【ソウル=名村隆寛】2
日韓外相会談が28日に行われる韓国では、
慰安婦問題の早期妥結に向けて
「安倍晋三首相の特命を受けた
岸田文雄外相がどんな妥協案を持ってくるか」
(韓国紙)に関心と期待が集まっている。
ただ、慰安婦問題をめぐる
韓国側の“期待値”は相当高く、
一気に妥結に向かうかどうかは微妙だ。

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は
11月2日、ソウルで安倍首相に対し
「被害者(元慰安婦)が受け入れられ、
韓国国民が納得できる水準」の解決策を求めた。
元慰安婦らは日本政府に対し、
公式謝罪、国の責任認定、法的な賠償を求め続けている。
 これらは事実上、元慰安婦の支援団体である
「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が
高齢となった元慰安婦を“代弁”し要求しているものだ。
端的に言えば、挺対協が納得する解決内容でない限り、
受け入れられない状況にある。
 要求のうち、日本にとってハードルが高いのは法にかかわる部分。
国の法的責任を認め、これに従い
日本政府による賠償(金銭給付)をすることだ。
慰安婦問題に対し日本政府は、
1965年の日韓国交正常化の際に締結された
日韓請求権協定で「解決済み」との立場で一貫している。
韓国側の要求に応じれば、
日本政府の誤りを認め協定自体が脅かされかねない。
日韓外相会談を前に挺対協は公式にコメントしていない。
要求内容に変わりはなく、外相会談の結果に関係なく
ソウルの日本大使館前で毎週行っている
抗議デモも続ける意思を、一部メディアに明らかにしている。
また、「解決案は元慰安婦に先に示すべきだ」という
支援者の意見もある。
日本政府が要求を完全にのまない限り、
一歩も引かないというのだ。
 慰安婦問題の解決に向け、日本では
1995年に官民合同による
アジア女性基金(2007年に解散)が発足し、
運営に際し日本政府も出資した。
現に韓国では60人余りの元慰安婦が
同基金による「償い金」を受けている。
しかし、韓国では日本政府出資の事実は
ほとんど知られていない
 朴槿恵政権は日韓国交正常化50年の今年のうちに、
慰安婦問題を解決させることにこだわってきた。
解決を急ぐ韓国だが、日本政府が求めるように問題を
二度と蒸し返さず最終決着させるには、
韓国側が解決すべき国内での課題は少なくない。
日韓関係での拙速は新たな禍根を残しかねない。
【岸田外相訪韓へ】慰安婦問題で韓国メディア、

慰安婦問題で妥結案…本気度は?韓国、注目と期待
(2015/12/25 17:00) テレ朝news ANNnewsCH
28日にソウルで行われることになった日韓外相会談。
年末ギリギリという異例のタイミングの背景には
一体、何があるのでしょうか。

 (大野公二記者報告)
 (Q.韓国側は今回の外相会談をどのようにみている?)
 韓国政府関係者は
「岸田外務大臣がどんな妥結案を持ってくるのかに注目している」
と話していて、日本の本気度を見極めようとする一方で
期待もしているという状況です。
韓国外務省は25日午後、28日に日韓外相会談を行うこと、
さらに前日の27日にもソウルで局長級協議を行うことを発表しました。
尹炳世(ユン・ビョンセ)外相も23日、
「もう少し待ってくれれば、それなりの結果を報告できる」などと述べ、
妥結に向けた進展があることを示唆していました。
韓国メディアは「産経新聞前ソウル支局長の無罪判決など、
最近の2つの司法判断が慰安婦問題の交渉に
プラスの影響を与えた」などと分析しています。
慰安婦問題の協議に携わる韓国政府関係者は
「すでに議論は尽くされていて、
残されているのは両首脳の政治決断だけだ」と話していました。

なぜ、この年末ぎりぎりに? 慰安婦問題で外相会談
(12/25 16:58) テレ朝news ANNnewsCH 
28日にソウルで行われることになった日韓外相会談。
年末ぎりぎりという異例のタイミングの背景には一体、何があるのでしょうか。
 (政治部・千々岩森生記者報告)
 そのタイミングですが、なんといっても今年は

日韓国交正常化50年という節目の年です。
日韓双方とも「今年中にケリをつけたい、このタイミングを逃すと
この問題が漂流してしまう」という思いを抱えていました。
ただ日本側は、いったん妥結してもまた蒸し返されたら最悪だと、
中途半端に妥協するぐらいなら
来年でも構わないというのが本音です。
取材していても、
年内というタイミングに強いこだわりは感じませんでした。
今回の外相会談は、
すでに1週間前にはほぼ固まっていました。
岸田大臣は、産経新聞前ソウル支局長が無罪となった
翌日の18日、周辺に「仕事納めは28日だ」
「出張になりそうだ」と話していました。
今回、水面下で調整にあたったのは、
安倍総理側近の谷内国家安全保障局長と、
朴大統領側近で菅官房長官とも太いパイプを持つ
李丙ギ(イ・ビョンギ)大統領秘書室長で、
1カ月ほど前から動いていました。
じゃあどんな条件で妥結するんだということですが、
日本側は元慰安婦の方々に現在行っている人道支援の拡充や、
新しい基金の創設を念頭に置いています。
また、日本の歴代総理が続けてきた、
元慰安婦の方々へのおわびの手紙に類するものも検討しています。
安倍総理がこうした方々に
どんな労いの言葉をかけるのかというのも大きなポイントとなりそうです。

「残るは政治決断」 韓国、慰安婦問題の進展示唆
(2015/12/25 11:47)
日韓外相会談へ「大きな節目」慰安婦問題で決着は
(2015/12/25 11:47)
安倍総理、慰安婦問題を議論へ 年内の訪韓を指示
(2015/12/24 23:05)
慰安婦問題めぐり妥協策探る 日韓局長級協議
(2015/11/11 16:10)
慰安婦問題、溝深く…協議難航か 日韓局長級協議
(2015/11/11 11:54)
12月25日 16時52
 岸田外務大臣は外務省で記者団に対し、
いわゆる従軍慰安婦の問題について、
韓国政府との間で最終的な妥結を目指すため、
今月28日に韓国を訪問してユン・ビョンセ(尹炳世)外相と
会談することを正式に発表しました。
この中で岸田外務大臣は「安倍総理大臣の指示を踏まえ、
慰安婦問題など日韓の間の懸案事項について、
ことし最後の協議を行うため韓国を訪問し、
ユン・ビョンセ外相と会談を行うことになった」と述べ、
今月28日にソウルで日韓外相会談を行うことを正式に発表しました。
そのうえで、岸田大臣は
「慰安婦問題は非常に難しい問題だが、
何ができるかギリギリの調整を行いたい。
日韓国交正常化50年という年の年末に当たるので、
ぜひ日韓関係を前進させるべく全力を尽くしたい」と述べ、
外相会談で、いわゆる従軍慰安婦問題の
最終的な妥結を目指す考えを強調しました。
また、外務省は、外相会談に先立って、
27日にソウルで両国の外務省の局長による協議を行うことを発表しました。


産経ニュース
岸田文雄外相は25日午後、TBSのCS番組の収録で、
慰安婦問題に関する日韓外相会談について
「それぞれの立場はあるが、未来に向けて
(両国が)どうあるべきなのかという結論を出すことが大事だ」と強調した。
岸田氏は安倍晋三首相の指示を受け
28日に訪韓し、外相会談に臨む予定だ。
 収録では、慰安婦問題は日韓請求権協定で
「完全かつ最終的に解決済み」とする日本政府の立場について
「まったく変わっていないし、これからも変わらない」と指摘した。
その上で「国際社会にとっても重要な二国間関係の安定化のために
議論し、結論を出したい」と述べた。
日本政府は、28日にも開かれる日韓外相会談で、
慰安婦問題に関する合意文書に
最終的な決着であることを明記するよう韓国側に求める方針を固めた。
 韓国側が要求を受け入れれば、
元慰安婦への人道的支援を行う新たな基金を創設する方向だ。
岸田外相が尹炳世ユンビョンセ外相との会談で提案する。
 日本政府は、合意文書を交わす条件として
慰安婦問題の妥結が
「最終かつ不可逆」的なものであることを明記するよう要求する。
 これに関連し、菅官房長官は25日午前の記者会見で、
慰安婦問題について「日本が主張してきたのは最終的解決だ」と語り、
協議の妥結には、
韓国側が問題を蒸し返さない確約が必要との認識を示した。
 韓国政府は、慰安婦問題を反人道的な不法行為と位置付け、
1965年の日韓請求権協定の対象外だとして、
日本側の責任の認定と賠償を求めている。

安倍晋三首相は24日、首相官邸で岸田文雄外相と会談し、
旧日本軍による従軍慰安婦問題の早期妥結に向け、
年内に韓国を訪問するよう指示した。
28日に訪韓し尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談する。
妥結案として日本は元慰安婦への支援を広げるため、
政府支出での新たな基金を設立する方向で検討に入った。

日本政府は元慰安婦への支援として、
2007年に解散したアジア女性基金のフォローアップ事業で、
人道支援目的で元慰安婦に医薬品などを届けている。
15年度予算では約1500万円を計上した。

 政府筋は24日夜、同事業について
支援規模が小さいことなどを理由に
「日本側の気持ちが伝わりにくい」と指摘。
「10年分の資金を一括して拠出し基金をつくる案もある」
と語った。実現すれば1億円を超す基金となる計算。
日本側はこうした案を28日の外相会談で韓国側に伝える考えだ。

 韓国は元慰安婦の名誉回復に向け
(1)日本の責任に言及した安倍首相のおわび
(2)日本政府の財政支出による元慰安婦支援――を重視。
日本政府内には、元慰安婦への手紙などの形で、
首相が「責任」や「おわび」に言及する案がある。
日本の駐韓大使が元慰安婦に面会する構想も取り沙汰されている。

 日本は最終解決の確約を求めており、
韓国では朴槿恵(パク・クネ)大統領が
最終解決の意思に言及する案が浮上。
朴大統領が来日したり、米国が立ち会いの下で、
合意文書に署名する構想がある。
ソウルの日本大使館前の慰安婦を象徴する少女像の撤去は、
妥結後に韓国が自主的な形で記念館などに移す案が出ている。

 外相訪韓は11月初旬のソウルでの首相と朴大統領の
初の首脳会談の開催に合わせて訪問したとき以来。
首脳会談では年内を含めて
早期妥結をめざして交渉を加速させる方針で一致していた。

2015/12/24 05:24 続・慰安婦騒動を考える
韓国の外相のこの自信をどう取るか。
ブラフか、ある程度の手応えを日本側から得ているのか。
像の撤去もありえると?

韓国外相、慰安婦問題「もう少し待てば結果も」
韓国の尹炳世ユンビョンセ外相は23日、
韓国の放送記者クラブ主催の討論会に出席し、
従軍慰安婦問題をめぐる日本との協議について
「もう少し待ってくれれば、
それなりに結果を見てもらえる時が来るだろう」と述べ、
解決に自信を示した。具体的な時期には触れなかった。 
尹氏は、「(協議に)確実な方向性がある」とする一方、
今はやや行き詰まり」があると語った。 

日本がソウルの日本大使館前に設置された少女像の
撤去を求めていることについて、尹氏は
「本質的な問題で進展があれば(撤去でも)進展がありうる」と述べ、
日本側の対応を見ながら、
元慰安婦や支援団体の意見を聞く考えを示した。 
読売 2015.12.24 

追加: 産経の打ち消し報道
菅官房長官、韓国外相の慰安婦協議進展示唆
「そのような報告は受けていない」 
菅義偉(すが・よしひで)官房長官は24日午前の記者会見で、
韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が慰安婦問題協議が
進展する可能性を指摘したことに関し、
「そのような状況について報告を受けていない」と述べた。

菅氏は、外務省局長級で進める慰安婦問題に関する協議に関し
「できるだけ早期に妥結するために協議を加速することが
両首脳間で確認されている。
協議を継続、加速する方針は変わっていない」と説明した。 
産経 2015.12.24 13:31


しかし、夜になるとNHKなどが外相の年内の訪韓を速報。
それにしても、アメリカの慰安婦像のことなら、
アメリカ政府に言うのが筋だろう。韓国政府は関係ない。

首相 岸田外相に年内の訪韓を指示
安倍総理大臣は、先の日韓首脳会談で一致した、
いわゆる従軍慰安婦問題の早期妥結を目指す立場から、
岸田外務大臣に対して年内に韓国を訪問するよう指示しました。
安倍総理大臣としては、いわゆる従軍慰安婦問題の
最終的な決着を図りたい考えで、こうした点を含めて
韓国側と合意できるかどうかが焦点となります。

日本と韓国の関係改善に向けて課題の1つとなっている、
いわゆる従軍慰安婦の問題について、
安倍総理大臣は先月のパク・クネ(朴槿恵)大統領との
初めての日韓首脳会談で、
早期妥結を目指し協議を加速させることで一致しました。

これを受けて日本政府は、韓国政府との間で
外務省の局長級の協議などを行い、
財産・請求権の問題は完全かつ最終的に解決済みだという
日本の立場を維持しながら、
双方が折り合える方策を探ってきました。

一方、韓国では、パク・クネ大統領の名誉を傷つけたとして
在宅起訴された産経新聞の
前ソウル支局長の無罪が確定するなどし、
日本政府内では関係改善に向けた
前向きな動きだとして歓迎する声が出ていました。

こうしたなか安倍総理大臣は、
パク大統領が従軍慰安婦問題を
日韓国交正常化から50年の節目である
ことし中の解決を目指したいという考えを
示してきたことも踏まえ、
24日夕方、総理大臣官邸で岸田外務大臣と会談し、
年内に韓国を訪問するよう指示しました。

従軍慰安婦の問題を巡って、安倍総理大臣は先月2日、
「多くの日本の方々は韓国側の対応を
『ゴールポストが動いている』と思っている」などと述べ、
妥結する際は韓国側との間でこの問題を蒸し返さないことを確認し、
最終的な決着とする必要があるという考えを示していました。

また日本政府は、韓国政府に対して、
韓国国内だけでなくアメリカなどで、
いわゆる従軍慰安婦問題を象徴する
銅像を設置する活動が続いていることは容認できないとして、
こうした活動が続くことがないよう対応を求めてきました。

このため今回の岸田外務大臣の韓国訪問では、
従軍慰安婦の問題の最終的な決着なども含め、
韓国側との間で合意することができるかどうかが焦点となります。 

時事
「前向きに進む環境になければ、
外相を出すわけにいかない」という政府関係者の発言を報道。
・・・進展とは、慰安婦像のことか?
谷内正太郎国家安全保障局長が今月22、23両日に訪韓し、
韓国側の当局者と協議した結果、外相会談を行うことが固まった。
政府関係者は
「前向きに進む環境になければ、外相を出すわけにいかない」
と述べ、一定の進展があるとの見通しを示した。

日本側は、元慰安婦への財政支援など
人道措置の拡充を柱に慰安婦問題の打開を探っている。
妥結に当たっては、再び蒸し返されることのないよう、
日韓両国で最終決着であることを確認したい考えだ。
先の日韓首脳会談では、ソウルの日本大使館前に
設置されている慰安婦問題を象徴する少女像の撤去のほか、
米国にある慰安婦像についても、韓国側の対応を求めている。
時事(一部)2015.12.24 21:47

産経は反対に悲観的。
「安倍晋三首相が岸田文雄外相に対し訪韓を指示したのは、
慰安婦問題の妥結に向けた
韓国の決意の固さを見極めるためだ」と(12.25 06:13)。
政府筋が「『ハードルは高い。話を聞いてみなければ、
結果は分からない部分がある』と指摘した」と報じている。
おそらく、産経新聞としては面白くないのだろう。
日韓交渉2015
検索キーワード「日韓首脳会談」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2015年11月6日金曜日
「日本が加害者として解決策示せ」 韓国政府が慰安婦問題で
2015年10月28日水曜日



2015年10月17日土曜日
続・慰安婦騒動を考える、「(慰安婦問題については)

0 件のコメント:

コメントを投稿