慰安婦問題について、いろんな報道: 【激震・朴政権】ソウルで「20万人」抗議集会、 朴槿恵氏への辞任圧力強まる 検察は聴取時期を検討。 朴氏の支持率5%に、朴大統領、捜査受け入れ 親友逮捕で涙浮かべ「国民の皆さんに許しを請います」と謝罪 新興宗教傾倒と退陣は否定。すでに幕引きか、「ナッツ姫」のように糾弾されるも 国民感情は峠越える、本質は朴槿恵大統領との“共犯関係”解明。韓国検察、崔順実氏を逮捕へ 朴槿恵大統領から機密資料提供、国政介入疑惑。“秘密漏洩”で韓国ソウルで大規模2万人デモ、当初予定の10倍に。その他関連。

Translate

2016年11月5日土曜日

【激震・朴政権】ソウルで「20万人」抗議集会、 朴槿恵氏への辞任圧力強まる 検察は聴取時期を検討。 朴氏の支持率5%に、朴大統領、捜査受け入れ 親友逮捕で涙浮かべ「国民の皆さんに許しを請います」と謝罪 新興宗教傾倒と退陣は否定。すでに幕引きか、「ナッツ姫」のように糾弾されるも 国民感情は峠越える、本質は朴槿恵大統領との“共犯関係”解明。韓国検察、崔順実氏を逮捕へ 朴槿恵大統領から機密資料提供、国政介入疑惑。“秘密漏洩”で韓国ソウルで大規模2万人デモ、当初予定の10倍に。その他関連。

광화문 광장 분노한 20만 국민들 엄청납니다 Iconic
"밧데리도 5%면 갈아야 한다" "박근혜 퇴진" "경찰은 퇴근
光化門広場怒った20万国民すごくます 
バッテリーも5%綿ひくする「パク・クネ退陣」警察は退勤
【ソウル=名村隆寛】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の
友人である女性実業家、崔順実(チェ・スンシル)容疑者が
職権乱用の共犯容疑などで逮捕された問題で、
ソウル中心部では5日夕方から夜にかけて
大規模な抗議集会が開かれ、市民らが疑惑の真相究明や
朴氏の退陣を求めた。
朴氏に辞任を要求する韓国世論の圧力は日増しに強まっている。

 集会の参加者数について主催者側は、
約20万人との推計を明らかにした。
警察は、推定約4万3千人が参加したとしている。
 一方、5日付の韓国紙ハンギョレは、企業関係者の話として、
崔容疑者が私物化したとされる2つの財団への資金拠出で、
朴氏が当初目標の計600億ウォン(約54億円)から
計1千億ウォンへの増額を自ら指示した疑いが浮上したと伝えた。

 同紙によると、朴氏は昨年7月にサムスン電子の
李在鎔(イ・ジェヨン)副会長や、韓国ロッテグループの
重光昭夫(韓国名・辛東彬=シン・ドンビン)会長らと会い、
財団への支援を要請。
昨年10月には要請する企業を増やしたという。
朴氏への事情聴取については、検事を大統領府に派遣し
聴取する方法が有力視されている。
崔容疑者の拘束期限が切れる今月後半までに
聴取が行われるとの観測も出ている。

 検察は、崔容疑者が私物化したとされる財団への
資金提供を財界に強要した職権乱用の疑いで
安鍾範(アン・ジョンボム)・前大統領府政策調整首席秘書官の
逮捕状を裁判所に請求。
朴氏の最側近のチョン・ホソン前付属秘書官についても、
公務上機密漏洩容疑で逮捕状を請求した。
 職権乱用共犯などの疑い 7億ウォン詐取容疑も 

2016.11.4 13:16 【激震・朴政権】産経ニュース
朴槿恵大統領、涙浮かべ「国民の皆さんに許しを請います」
「もう一度、私の過ちを率直に認め、
国民の皆さんに許しを請います」-。
韓国の朴槿恵大統領は4日、テレビカメラの前に立ち、
親友の崔順実容疑者の国政介入疑惑に激怒する国民に頭を下げた。

 3回声を詰まらせて反省を強調。
目に涙を浮かべながら捜査を受け入れると表明したが、
崔容疑者に絡む容疑への自身の関与は明言せず、
質問も受け付けなかった。

 崔容疑者が大統領府高官と共謀し
企業から大金を集めたとして逮捕された事件について
「特定の個人」が悪用したとの構図を強調。
自身の関与を否定することで、検察の捜査を早くもけん制した。

 朴氏は、崔容疑者の父で新興宗教を主宰した
故崔太敏氏に傾倒したとみられ、何らかの宗教的な信念が
崔容疑者の専横を許したとの見方もある。
朴氏は「私がカルトにはまっているとの話まで出ているが、
絶対事実ではない」と主張した。(共同)

【ソウル=名村隆寛】韓国の朴槿恵大統領は4日、
職権乱用の共犯容疑などで前日夜に逮捕された
友人の女性実業家、崔順実容疑者(60)の国政介入疑惑をめぐり、
国民向け談話を発表した。
朴氏は国民に謝罪した上で「検察の捜査に最大限協力する」と述べ、
自らへの捜査にも応じる考えを示した。
「捜査で過ちが明らかになれば
私もすべての責任を取る覚悟ができている」と述べる一方、
国政の空白が生じてはならないと強調し、
現状では退陣する意思がないことを明らかにした。

 朴氏は10月25日に、崔容疑者に内部資料を提供し
意見を聞いていたことを認め、国民に謝罪したが、
わずか10日で再び釈明、謝罪する事態に追い込まれた。

朴氏の支持率5%に
 韓国の世論調査会社「韓国ギャラップ」は
4日、朴氏の支持率が1~3日の調査で5%になったと発表した。
同社の調査では、1987年の韓国民主化以降、最低。(共同)


2016.11.4 10:54 2 【激震・朴槿恵政権】 産経ニュース
朴槿恵大統領、捜査受け入れ表明

相関図
ソウル中央地検に出頭した韓国の朴槿恵大統領の親友、
崔順実氏=31日(共同)
韓国大統領の機密資料が外部に渡っていた事件は
朴槿恵大統領の友人、崔順実氏の身柄拘束で新たな段階に入った。
だが在京の韓国紙特派員は「国内の空気は
崔氏拘束を機に微妙に変化し、大統領の責任追及という
基本軸を離れる動きを見せている」と指摘する。
政権と検察は事件の幕引きへ動き始めたというのだ。
 韓国では政治家や実業家はもちろん、検察、メデイアなども
「国民情緒」に寄り添うことを要求される。
 「悪」と認定されると、衆人の面前で謝罪したり、
罵倒を受け入れたりしなければならない。

 韓国検察は崔氏が出頭した10月31日、
ソウル中央地検の玄関に派手な花道を用意したうえで
崔氏の“引き回しショー”を演出した。

 熱狂したメディアが殺到、庁舎玄関には横断幕を掲げた
“正義の市民”が登場して糾弾し、崔氏の足から脱げ落ちた靴が
イタリアの高級ブランドだったことをメディアが取りあげると
「崔順実=傲慢、悪」のイメージが固まった。

韓国では「虎の威を借るキツネ」のキツネに対する視線が厳しい。
政界でも経済界でも大統領や金持ちの親の威光を背景に
傲慢な振る舞いをするキツネは“ナッツ姫”のように批判され排除される。
国民はそこに留飲を下げ、一件落着となる。

 崔氏はすでに「死ぬほどの罪だ」と認めて国民に許しを請うた。
その意味で今回の事件は峠を越えたとみることもできる。

 今回の事件は一方、キツネを寄せ付けず、
弟や妹すら大統領府に接近させなかった朴氏にも、
やっぱりキツネがいたことをあらわにした。
韓国政権と検察は、失墜した
大統領の権威・イメージの回復を果たしたいところだ。
検察は「憲法の規定で大統領は訴追されない」と主張。
大統領は捜査対象外だとの認識を示した。

 幕引きの前兆は、政界を中心とする事件の呼び方にも表われる。
韓国では政治権力にからむ大型の不正は
「◯◯ゲート」と呼ばれることがあるが、今回、事件名は
「崔順実ゲート」であって「朴・崔ゲート」とは呼ばれない。
崔氏は大統領記録文書管理法に違反した疑いがあり、
流出元の朴氏自身、流出を一部認めている。
文書を受け取った側と渡した側の双方が捜査対象であり、
国政への介入者と介入させた者の両方に
責任があると考えるのが普通だ。
問題の本質は大統領と40年来の友人の“共犯関係”の解明にある。
(社会部編集委員 加藤達也)
挙国一致内閣の動きも

【ソウル=名村隆寛】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領から
機密資料を提供され、国政に介入疑惑がある友人の女性実業家、
崔順実(チェ・スンシル)氏が31日、ソウル中央地検に出頭した。
検察は崔氏を容疑者として事情聴取。
身柄を拘束し逮捕する方針だ。

 崔氏は出頭の際、報道陣に
「国民のみなさん、許してください。申し訳ありません。
死んで償うほどの罪を犯しました」と語った。

 朴氏は10月25日に崔氏への資料の一部提供を認めており、
最大の焦点は、崔氏が国政にどこまで介入していたか。
検察では、崔氏が朴氏の演説草稿に手を加えたり、
大統領関連の資料を受け取った疑いについて追及したとみられる。

 また、崔氏は大統領の友人である立場を利用し、
大統領府が設立に関与した疑いのある2つの財団に
資金を出すよう財界に要求し、企業から約800億ウォン
(約74億円)を提供させた疑惑がある。
財団を私物化し資金を流用した疑いがあるほか、
娘の大学への不正入学などの疑いが浮上している。
検察はこれらについても集中的に聴取したもようだ。
崔氏は10月30日に欧州から帰国。
帰国前の韓国メディアとのインタビューで、
国政介入や財団の私物化などは否定しており、
検察の聴取に対しても疑惑を否定していたとみられる。
 韓国では朴氏と崔氏への非難の一方で、
検察の捜査が遅れたことへの批判が強い。
検察は崔氏逮捕の方針だが、
真相解明がどこまで進むかは依然、不明だ。
 朴槿恵さん、あなたもか… 

“秘密漏洩”で大規模デモ 朴氏、厳しい政権運営に
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の機密情報漏洩(ろうえい)問題で、
検察はついに大統領府の捜索に乗り出しました。
ソウルでは朴大統領に抗議する大規模なデモも始まります。
 (高橋政光記者報告)
 韓国の警察は、大統領府や政府高官の自宅などを捜索しています。
機密漏洩の裏付けや情報を伝えていたとされる
知人女性の疑惑解明が狙いとみられます。
一方、ソウル中心部にある広場には、デモに向けて
すでに多くの市民が集まってきています。
3000人もの警察官や警備車両が配置に付いて厳戒態勢です。
このデモには2000人の市民らが参加する予定です。
このデモを前に局面の打開を図ろうとしたのでしょうか、
朴大統領は28日深夜になって側近の大統領府の
首席秘書官10人全員に辞表を提出するよう指示しました。
ただ、新たな人事で国民の不満をかわすのは難しい状況です。
朴大統領は在任中に立件されることはありませんが、
捜査が周辺に及んでいることもあり、さらに強まる国民や
メディアの批判にさらされながら
厳しい政権運営を続けることになりそうです。

2016.10.29 19:44 【激震・朴政権】産経ニュース
朴槿恵大統領の退陣求めソウルで2万人集会
韓国ソウルの中心部で29日夕、朴槿恵大統領が
親友の崔順実氏に機密資料を提供し
国政に介入させていた疑惑を巡り、
真相究明と朴氏の退陣を求める集会が開かれた。

 集会は労働組合や農業者団体が主催。
当局への届け出では約2000人が参加見込みとしていたが、
朴政権への批判の高まりにより規模は拡大、
主催者によると集会開始時点で2万人超が参加した。

 一方、最大野党の「共に民主党」と第2野党の「国民の党」は、
所属議員の集会参加は認めつつ、現段階での
大統領退陣は社会を混乱させるとして、
指導部は参加しなかった。

 主催者側は11月12日に数万人規模の大集会を
ソウルで行うと宣言し、この日まで毎日小規模な
ろうそく集会を開くとも明らかにした。(共同)

ソウルの青瓦台で行われた行事に出席した
韓国の朴槿恵大統領=26日(聯合=共同)
2016-10-25 16:36 KBSワールド

朴大統領、「チェスンシル「関連対国民謝罪 午後4時頃 TBC News
【チェスンシルさんPCで発見された大統領演説公開]
2016-10-24 21:31 韓国JTBCテレビ
朴槿恵大統領=韓国大統領府(聯合=共同)

対日外交資料も知人に? 朴大統領“漏えい”問題
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が
政府の機密情報を知人に漏らしていた問題で、
日本との外交に関する資料も
漏洩(ろうえい)した疑いがあることが分かりました。

 韓国メディアによりますと、朴大統領が就任する前の
2013年に安倍総理大臣の特使として韓国を訪れた
額賀元財務大臣と面会する際の対日外交資料が
親友の崔順実(チェ・スンシル)氏に
事前に渡っていたということです。
資料には慰安婦問題などへの対応がまとめられていて、
「『歴史に対する日本の正しい認識が関係発展の基本だ』
と言及することが望ましい」と書かれていました。
崔氏が外交にまで関与した可能性が指摘されています。
また、世論調査会社によりますと、
朴大統領の支持率は26日で17.5%に急落しました。

2016.10.27 07:51 2 【激震・朴政権】産経ニュース
政権最大級のタブーとは…
朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を毀損したとして
ソウル中央地検で取り調べを受けた際、
記者に検事がしつこく聞いてきたことの一つが
崔太敏(チェ・テミン)、順実(スンシル)親子に関することだった。
朴氏の抱える最大の急所なのだと、間もなく気づいた。

 韓国検察は26日、朴氏の友人の崔順実氏の自宅などを家宅捜索した。
これは朴氏の政治生命の終焉につながる可能性がある。
崔親子との交友こそ、朴氏が隠さなければならなかった事柄であり、
政権最大級のタブーなのだ。

 「つらかったときに助けてもらった」。
演説草稿や閣議資料を事前に崔順実氏に
渡していたことが明らかになった25日、朴氏は
崔氏についてそう説明し、謝罪した。
言い換えれば、他に助けてくれる人がいなかったことを意味する。
朴氏は孤独なのだ。
それは朴氏の人生と、政治家としての成長過程に起因する。

 朴氏は自叙伝『絶望は私を鍛え、希望は私を動かす』で、
幼少期の母が
「どんなに小さい間違いでも心から反省しなければ厳しく叱った」と記し、
両親は他者への礼儀や配慮に厳しかったと述懐している。
学業でも小中高から名門、西江大を卒業するまで学年首席で通した。
自著には、朴氏が「完全無欠」を志向する過程が描かれている。
ただし政治家になると、独善に転化した。
ハンナラ党代表当時の報道官、田麗玉氏は著書で、
朴氏は「私が原則」という思考回路の持ち主だと批判した。
 父の朴正煕元大統領は在職中に腹心に射殺された。
朴氏は父の死後、父の側近や親友とされる
多くの人々がよそよそしくなったと感じていたという。
 人一倍疑い深く成長した朴氏の中で、
崔親子は特別な存在だった。
崔太敏氏は朴元大統領に
大きな影響力を持つ相談相手だったとされる。
「つらかったときに助けてくれた」関係は親子二代に及ぶ深いものだ。
朴氏は国会議員当時、
崔順実氏の夫の鄭ユンフェ氏=すでに離婚=を
側近として受け入れてもいた。
 朴氏は就任当初、登用した高官人事で失策を繰り返した。
訪米中にわいせつ事件を起こした大統領府報道官までいる。
当初、崔順実氏に頼っていたという朴氏は、
これらの人事をだれにも相談せず実施したと指摘されたが、
背景に崔氏がいたとすれば話は別だ。
崔氏をめぐるスキャンダルは、
朴氏の「孤独」と深くつながっている。(社会部編集委員)
25日、親友とされる崔順実氏(60)に演説草稿などを
提供していた疑惑に関し、
「一部の資料について意見を聞いた」と述べ、
自らが崔氏に機密資料を提供したことと
崔氏の国政介入を認め、国民に謝罪した。

 演説原稿を外部に流出させたことは、
大統領記録物管理法などに違反する可能性がある。
野党は朴氏への捜査要求を強める構えで、
朴政権の国政運営は行き詰まりつつある。

2016.10.25 14:03 2 産経ニュース
韓国JTBCテレビは24日夜、朴槿恵大統領の演説草稿や
閣議資料のファイル44点が、演説や閣議の開始前に、
朴氏の「親友」とみられる女性に
提供されていたことが分かったと報じた。
女性のパソコンデータの分析で判明したという。

 演説前の内容などは重要機密で、
政権内でも大統領やごく少数の高官しか接することができない。
機密提供は違法で、提供を受けたこの女性が継続的に
国政に影響力を行使した疑いがあり、
朴政権で最大級のスキャンダルに発展することは必至だ。
朴氏がこの事実を知っていたかどうかや
提供の経緯が焦点になる。
 女性は、1970年代に朴氏が事業を共にした宗教家、
故崔太敏氏の五女の崔順実氏(60)。

2014年の旅客船セウォル号沈没当日に

朴氏と密会していたとの根拠のないうわさが出た
朴氏の元側近チョン・ユンフェ氏の元妻で、
大統領府が財界に要求して
多額の資金を出させた疑いがある
二つの財団を私物化したとの疑惑も拡大している。

 同テレビによると、データの記録から、
崔氏は草稿ファイルを朴氏の演説の1~3日前に
開いていたことが判明。
草稿には修正候補箇所を示す可能性がある
赤文字で表示された部分が多数あった。
この中で朴氏の実際の演説では
表現が変わった箇所があるため、
崔氏が原稿を添削していた疑いもある。(共同)
朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は24日、
国会での施政方針演説で、韓国政治について
「大統領選挙を行った翌日から、
次の大統領選挙が始まるという政治システム」と語り、
改憲の議論を始めたいと提案した。
朴大統領は「極端な政争と対決の構図が日常になっている。
政府に憲法改正のための組織を設置し、
改憲案を整備したい」と演説した。

 1987年の大統領直選制導入改憲で始まった
5年単任大統領制(再任を認めない)が根本的な限界に突き当たった、
という指摘は以前からあった。
大統領の一方的な独走と与野党の極端な対決が続き、
このまま行くと本当に国が駄目になるのではないか、
という懸念を誰もが抱くようになった。
韓国国民の過半数、国会議員の3分の2近くが、
改憲の必要性そのものには共感しているのもそのせいだ。

 しかし、これまで政界の改憲議論を拒んできた最大の力は、
朴大統領自身だった。
朴大統領は「国政のブラックホールになりかねない」という理由で、
与党などで持ち上がっていた改憲論を抑えてきた。
今年4月には
「いま改憲をやったら、経済はどうやってよみがえらせるのか」と語り、
2週間前にも、与党の院内代表が改憲の必要性を提起すると、
大統領府は「今はその時期ではない」と否定した。

 そんな大統領と大統領府が突然態度を変えたのだから、
その意図は何だろうかという問いが出るのも当然だ。
チェ・スンシル氏問題やチャ・ウンテク氏、
禹柄宇(ウ・ビョンウ)民生首席の問題にふたをしようとして
改憲を持ち出したのではないか-というわけだ。
朴大統領は、改憲をめぐる国民的コンセンサスが形成されているなど、
状況が変わったからだという形で説明した。
しかし状況変化の中身は、
「チェ・スンシル氏、チャ・ウンテク氏疑惑」で
朴大統領の危機が深まっているということだけだ。
ミル財団・Kスポーツ財団に関連して、
名前も知られていなかったチェ氏やチャ氏が行ってきた
傍若無人な専横が毎日のように明るみに出ており、
韓国国民は舌打ちしている。
世間には「チャ(左)スンシルにウ(右)ビョンウ」という
言い回しまで出回っている。
疑惑の捜査と改憲の推進を並行させるのも難しい状況だ。
検察は現在、禹民生首席の指揮を受けており、
きちんと捜査がなされると信じる人はほとんどいない。
大統領の意図は別にして、
とにかく改憲というせきが切れたことは事実だ。
改憲を国民投票にかけるためには、
国会で3分の2以上の賛成を必要とする。
これは、最大野党の「共に民主党」が反対するだけでも不可能、
ということを意味する。しかし野党側では、
「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)元代表や
「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)元代表を含む
全ての大統領選ランナーはもちろん、
これまで改憲を主張してきた人々さえもが
「大統領が乗り出すと、うまくいっていたことも駄目になる」
と反発している。
改憲には野党の参加と国民的同意が欠かせず、
そのためには大統領が一歩引くべきだ。
 それでも、期限は差し迫っている。
来年の大統領選挙に乗り出す人々が具体的な改憲公約を提示し、
政権を取った後にできるだけ早く改憲を実現できるようにする案の方が、
説得力があるように思える。
「任期中の改憲」を打ち出した朴大統領が
独自の改憲案を打ち出す可能性もあるが、
そうしても議論の渦が大きくなるだけだろう。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


2016.10.24 20:59 【朝鮮半島情勢】産経ニュース
朴槿恵大統領の友人が財団私物化か
【ソウル=名村隆寛】韓国財界の資金提供で設立された
スポーツ・文化支援を目的とする財団を、
朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人とされる女性が
私物化したという疑惑が浮上している。

 韓国メディアによると、この女性は
崔順実(チェ・スンシル)氏(60)。朴氏の父、
朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領が存命中の
1970年代、朴親子に近かった故崔太敏(チェ・テミン)牧師の娘だ。
昨年10月以降、「ミル財団」と「Kスポーツ財団」が
相次いで設立されたが、
崔氏の側近が理事長に就任している。

 財団への資金は全国経済人連合会(全経連)が
企業から集め、総額約770億ウォン(約70億円)にも上り、
サムスン電子など財閥系も出資したという。
また、大統領府高官が設立に関与し、
全経連に資金を集めを
指示したとの会社役員の証言も、国会で公表された。

 さらに、財団への企業からの資金を、
崔氏所有の企業に出資させるよう要請した疑いもあり、
財団が事実上、崔氏によって運営されていたとの報道もある。

 朴大統領とは40年来の仲といわれる崔氏は
「朴政権の陰の実力者」(朝鮮日報)との別称さえある。
検察は調べを進めているが、
証拠隠滅も伝えられ、捜査の難航が予想されている。

パク大統領 元慰安婦関係者に直接説明する可能性示唆
1月13日 18時41分 NHKニュースウェッブ
韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領は慰安婦問題を巡る
日本との合意について、元慰安婦の女性たちの希望を
反映させた妥当なものだとして、
国民に重ねて理解を促すとともに、
今後みずからが関係者に直接会って
合意内容などを説明する可能性を示唆しました。

韓国のパク・クネ大統領は13日午前、
ソウルの大統領府で国民向けの談話を発表したあと、
記者会見に臨みました。
この中で、パク大統領は慰安婦問題を巡る
日本との合意について
「元慰安婦の女性たちが健在であるうちに
日本から謝罪を受けて名誉を回復するため、
切迫した気持ちで努力した」と説明しました。
そのうえで「韓国政府は事前に元慰安婦の女性たちから
希望を聞き取り、共通する内容を忠実に反映させた結果だ」と述べ、
今回の合意は妥当なものだとして国民に重ねて理解を促しました。
さらにパク大統領は
「元慰安婦の女性の心の傷を癒やしていく過程で、
会う機会もあるのではないかと思う」と述べ、
今後みずからが関係者に直接会って
合意内容などを説明する可能性を示唆しました。
一方、日本に対しては「韓国政府も最善を尽くすが、
日本側がどうするのかも非常に重要だ。
元慰安婦を傷つける言動が繰り返されれば、
韓国国民の説得が難しくなる」として、
日韓両国がともに努力する必要があるという考えを強調するとともに、
安倍総理大臣との首脳会談について
「ことしは機会が多くあるのではないか」と述べ、
期待を示しました。

官房長官「合意を着実に実施が極めて重要」
菅官房長官は午後の記者会見で
「日韓の合意を着実に実施していくことが極めて重要だ。
日韓の最大の懸案であった慰安婦問題について、
まさに最終的、不可逆的解決をお互いにみたわけで、
日韓が新しい時代に入ると安倍総理大臣も発言しているが、
そういう思いだろう」と述べました。
また、菅官房長官はソウルの日本大使館前に設置された
慰安婦を象徴する少女像について
「外相合意に基づいて
韓国政府が適切に対応されると考えている」と述べました。

元慰安婦団体は支援事業を拒否
元慰安婦を支援している団体、
挺対協=挺身隊問題対策協議会が
13日、ソウルの日本大使館前で、
水曜日恒例の抗議集会を開き、
元慰安婦の女性たちは日韓両政府の合意を改めて批判しました。

また、韓国政府が設置する財団に
日本政府がおよそ10億円を拠出することについて、
挺対協のユン・ミヒャン(尹美香)代表は
「われわれは日本政府からの10億円の受け取りを拒否する」と述べ、
日韓両政府が合意した
元慰安婦への支援事業をあくまで拒む姿勢を示しました。

 「言いたいことしか言わない」と韓国
2015.1.17 22:05 2/2ページ) 産経ニュース
【ソウル支局】16日に
韓国ギャラップが発表した世論調査で、
朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率が
35%と就任後もっとも低い数字となった。
 韓国各紙は支持率落下の要因に、
12日に行われた年頭記者会見をあげている。
朝鮮日報(日本語電子版)は、「朴大統領の支持率最低に 
年頭会見が逆効果」との見出しが
ついた17日の社説で、
「改革を推し進める原動力を得るために行った年頭会見が、
むしろ大統領の支持率を
引き下げるきっかけを招いてしまった」と指摘した。
 朴政権の支持率は昨年末、
元側近の国政介入疑惑を受けて、一時37%にまで落ち込んだ。
年初には40%台に回復したが、
年頭会見後にまた落ちてしまった格好だ。
 韓国メディアは、国政介入疑惑を招いた元凶と指摘される
朴政権の「秘書官3人組」が交代せず、
朴大統領が人事刷新を
はかろうとしなかったことに国民が失望したためと分析。
 「国民からすると朴大統領は国民が聞きたい話よりも
自分が言いたいことしか言わなかった
ように映ったはずだ。
この結果、
朴大統領と国民との意思疎通の欠如と認識のズレが
再び大きな問題となる状況を招いてしまった」
(朝鮮日報)と批判した。
さらに朴大統領には衝撃的な事実もある。
固い支持基盤とされた大邱・慶尚北道での支持率が、
前回調査から15ポイントも下がって5割を切り、
「評価しない」が「評価する」を上回った。 
ギャラップの調査によると、
朴大統領を否定的に評価した回答者は
「不十分な意思疎通」(19%)
「人事問題」(13%)などをその理由に挙げたという。 
「元側近」人事介入疑惑で大揺れ「朴槿恵・韓国」 目に余る綱紀の乱れ
「月に太極旗をはためかせる」朴槿恵大統領“公約”の
韓国悲願「ロケット開発」の冷ややか“理想と現実” 
【本紙前ソウル支局長公判】朴大統領元側近19日に出廷 
「噂」を全面否定へ…証言の信憑性めぐり攻防
朴槿恵大統領が「年にたった一度」の記者会見 
12日に年頭会見、対日関係発言に注目
【慰安婦問題】朴槿恵大統領、慰安婦問題は
「現在と未来の問題」と日本の対応要求 マイク・ホンダ米下院議員に
朴大統領親戚絡む?殺人事件報道 
弟が告訴した記者に無罪判決 裁判長が「言論の自由の価値」強調

韓国国政介入、流出容疑で捜査受けた警官が自殺
2014年12月13日 18時34分  YOMIURI ONLINEホームへ
 【ソウル=吉田敏行】聯合ニュースによると、
韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の元側近による
国政介入疑惑で、韓国検察の捜査を受けていた
ソウル地方警察庁の警察官(45)が13日、
ソウル近郊の路上にとめた自家用車内で遺体で発見された。
 練炭に火を付け、手首を切って自殺したとみられる。
警察官は大統領府に出向し、文書を作成した警察幹部の部下だった。
文書の一部をコピーして
外部に流出させた疑いがあるとして9日に拘束されたが、
裁判所が検察の逮捕状請求を棄却し、
12日に釈放されていた。

2014.12.10 22:20更新【韓国国政介入疑惑】産経ニュース
「陰の実力者」鄭ユンフェ氏とは
…元妻通して朴大統領と知り合う
その後は「一度電話しただけ」
韓国メディアによると、
鄭(チョン)ユンフェ氏は59歳でソウル出身。
大統領府に1970年代以降、
出入りしていた牧師の崔太敏(チェ・テミン)氏の5女、
スンシルさんと結婚(今年離婚)したのが、
大統領府と深く関わるきっかけになった。
 79年の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領暗殺後、
失意のうちに大統領府を後にした20代後半の朴槿恵氏の
話し相手になったのが、スンシルさんだったとされる。
鄭氏が朴槿恵氏と知り合ったのも、
スンシルさんを介してと報じられている。
  鄭氏は90年代に江南(カンナム)で日本食レストランを経営。
97年前後から朴槿恵氏の秘書となり、
2004年まで秘書室長を務めた。
鄭氏によると、07年に「すべての役職を辞めた」という。
それ以降、朴槿恵氏とは、朴氏が12年の大統領選で当選した際に
「一度電話で話をしただけ」と主張している。
 この点に関し、朴大統領も
「鄭氏はずっと前に私のもとを去り、連絡も途絶えた人だ」
と強調する。
  しかし野党勢力は鄭氏について、
朴大統領の実弟の朴志晩(チマン)氏、
大統領府総務秘書官の李在万(イ・ジェマン)氏とともに
「マンマンフェ」という会を つくり、
人事などに介入していると批判してきた。
ただ実際にどう関与しているのか明らかでなかったため、
鄭氏が李氏ら朴大統領の側近たちと月に2、3回密会し、
国政に介入していたと
具体的に報じた世界日報の記事は注目を集めた。
 一方で韓国メディアは、鄭氏と朴志晩氏の関係が悪化し、
鄭氏が、朴志晩氏の尾行を何者かに命じたとも報じている。
今回、鄭氏を窮地に追い込むような疑惑が表面化した背景に、
鄭氏と朴志晩氏の暗闘があったとの説も流れているが、
朴大統領は「あり得ない話だ」と一蹴している。
(ソウル 藤本欣也)

2014.12.10 20:41更新 【韓国国政介入疑惑】
1/2ページ2/2ページ) 産経ニュース
朴政権直撃で支持率は初の30%台 
鄭氏が出頭、検察「密会なし」「文書虚偽」判断へ
【ソウル=藤本欣也】韓国政界を揺るがした
朴槿恵(パク・クネ)大統領の元側近、
鄭(チョン)ユンフェ氏の国政介入疑惑をめぐる捜査は
10日、鄭氏 の出頭で大きな山場を迎えた。
韓国メディアによると、検察側は大統領府から流出した
内部文書の内容については「虚偽」と判断。
捜査の重点を文書の流出解明 に移す構えだ。
しかし、朴大統領の支持率が30%台に落ち込むなど、
元側近の疑惑が政権を直撃している。
 鄭氏の国政介入疑惑をめぐる捜査には2つのルートがある。
疑惑を記載した内部文書の内容の真偽を調べるルートと、
同文書が大統領府からどのように外部流出したかを探るルートだ。
  内部文書には、
鄭氏が大統領府秘書官らと昨年10月以降、毎月2、3回、密会し
国政に介入していたと記載されている。
しかし報道によると、検察当局は、
関係者の携帯電話の通信記録や会合場所とされた
飲食店への家宅捜索などの結果、「密会はなかった」と判断。
文書内容は「虚偽」との結論を近く出すという。
  文書を作成したのは、当時、大統領府に出向していた警察官だ。
警察官は検察の捜査に対し、
密会などの話は、大田(テジョン)地方国税局の元局長から
聞いたと証言しているという。
元局長の背後関係は明らかでないが、警察官の上司だった
趙応天(チョ・ウンチョン)元大統領府秘書官は、
朴大統領の実弟、朴志晩 (チマン)氏に近い人物とも報じられている。
一方、文書の流出ルートをめぐっては、情報がなお錯綜(さくそう)している。
鄭氏の介入疑惑に関する文書を作成した警察官が、
警察庁に復帰した今年2月、大量の内部文書を
ソウル地方警察庁情報分室に運び出して保管。
別の警察官2人が文書約100件をコピーし、
メディアや企業に流出させたとの見方が広がっている。
 朴大統領は鄭氏の国政介入疑惑について
「根拠のない話」と断定する一方で、内部文書が
大統領府から流出したことに関しては 
「国家の規律を乱す行為」と厳しく非難。
実際、検察の捜査状況は大統領の意向通りにもなっており、
野党勢力は
「大統領が捜査のガイドラインを示した」と激しく批判している。
 今回の疑惑は支持率にも影響を及ぼしている。
世論調査機関リアルメーターによると、最新の調査で
朴大統領の支持率は39・7%だった。
先週の調査では42・2%。
同社の調査で朴大統領の支持率が30%台に落ち込んだのは、
2013年2月の就任後初めてという。

検索キーワード「朴槿恵」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2014年11月14日金曜日
孤立回避へ「カード」か=日中韓首脳会談に意欲-朴大統領。
年内の首脳会談可能=「日本が努力する姿見せれば」
-韓国高官← 偉そうに( ´,_ゝ`)ハイハイ。 
・・・ 朴槿恵大統領、あたしの「恋愛」噂話をするなと野党に怒り、
日本の勇気ある決断必要とせまる

2014年12月26日金曜日
中国の掌の上で踊り出した韓国、日本の無力化狙う韓国の「衛星外交」 。
 「分水嶺の韓国」を木村幹教授と読む(3) 鈴置 高史

2014年8月7日木曜日
番外編 朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、
七時間ほど行方不明だったらしい ・・・ いとこの息子は詐欺の指南役

0 件のコメント:

コメントを投稿