慰安婦問題について、いろんな報道: トイプードル「アンズ」が警察犬に、殺処分免れ、審査に合格!シェパードと一緒に訓練のすえ

Translate

2016年1月15日金曜日

トイプードル「アンズ」が警察犬に、殺処分免れ、審査に合格!シェパードと一緒に訓練のすえ

茨城県警の嘱託警察犬に選ばれた
茨城県警の嘱託警察犬に
トイプードルの「アンズ」(雌、3歳)が選ばれ、
15日の嘱託式で、警察犬章のメダルを授与された。
飼育放棄されて殺処分になるところを引き取られ、審査会で合格。
嘱託期間の1年間、
行方不明者の捜索や犯人捜査で活躍する予定だ。
 アンズは生後間もない平成25年春、
県動物愛護推進員で警察犬の指導もしている
茨城県東海村の鈴木博房さん(65)に保護された。
当初は最低限のしつけを受けるだけだったが、
一緒に飼っていたシェパードの訓練に興味を示し、
ともに訓練を受け始めた。

 これまで日本警察犬協会が指定した大型犬種から
嘱託警察犬を選んできた茨城県警は優秀な犬を採用するため、
昨年から全犬種の参加を認め、10月の審査会で
小型犬のアンズが合格した。
鈴木さんは「鼻が地面に近く、ボタンや錠剤といった小さなものを
高い確率で見つけ出すことができる」とアンズの強みを話している。

「職務全うし、ありがとう」 

0 件のコメント:

コメントを投稿