慰安婦問題について、いろんな報道: 次に危険な3地域はここだ 地震学者・早川氏、予兆捉えていた。ツイッターに連日報告、「地鳴り聞いた」 「大震災の予兆では」とネット大騒ぎ。的中続出MEGA地震予測 今年は「首都圏東海ゾーン」が要警戒。

Translate

2016年4月15日金曜日

次に危険な3地域はここだ 地震学者・早川氏、予兆捉えていた。ツイッターに連日報告、「地鳴り聞いた」 「大震災の予兆では」とネット大騒ぎ。的中続出MEGA地震予測 今年は「首都圏東海ゾーン」が要警戒。

早川正士氏
3・11以来となる最大震度7を記録した熊本県の巨大地震。
夕刊フジで数々の地震を予知してきた電気通信大名誉教授で、
日本地震予知学会会長の早川正士氏は、
今回もその予兆をとらえることに成功。
現在、九州地方のほか、
全国3地域で新たな揺れが起きる恐れがあると警鐘を鳴らした。

 早川氏は12日にインターネット上の地震予測情報サービス

「地震解析ラボ」で「4月8日から19日の間に、
伊予灘から日向灘にかけて内陸でM5・0前後、海底で5・5前後、
最大震度4程度」と予測していた。
 実際に14日に熊本県で発生した地震と比べると
震源は西にそれたが、今回も発生する時期を言い当てたといえる。
 「ただ、震源は地下50キロ程度を想定して震度を予測していたので、
ここまで揺れるとは考えていなかった」(早川氏)
 早川氏は、地震が起こる約1週間前に前兆現象として起きる
地殻のヒビ割れに着目。
このヒビが発生させる電磁波が
地球上空の電離層に与える影響を分析し、
発生場所と地域を予測している。 
現在、早川氏が九州地方のほかに予測を出しているのは、次のとおり。

(1)17日までに北海道東部から千島列島以北にかけて、
内陸でM5・5前後、海底でM6・0以上、最大震度4程度
(2)24日までに茨城沖から房総沖にかけて内陸でM5・0前後、
海底でM5・5前後、最大震度4程度
(3)24日までに伊豆小笠原・沖縄・南方にかけて、
海底でM5・5前後、最大震度3程度。
 早川氏は「注意してほしいのは、今回のように
想定以上の揺れが起こる場合がある点だ。
茨城沖から房総沖で予想される地震でも、
都心部で被害が発生する恐れがある」と話す。警戒を新たにしたい。

次に巨大地震が起きるのはここだ! iRONNA
最大震度7を観測した熊本地震は、2日後に
阪神大震災に匹敵するマグニチュード7・3の「本震」を記録した。
最初の地震に誘発され、新たな地震や余震が次々と発生、
震源域も阿蘇から大分へと北東に移動を続ける。
不気味なつながりをみせる「巨大地震の連鎖」。
次に備えるべき危険エリアはここだ!


ツイッターに連日報告、「地鳴り聞いた」 
「また今日も地鳴り このゴォーーって音めちゃくちゃ怖い」
――。2016年1月5日以降、関東を中心に
「地鳴りのような音が聞こえる」との報告が
連日のようにネットに相次いでいる。
専門家は「今回の件が本当に『地鳴り』だったかは疑わしい」とみている。
しかし、正体が不明なだけに、
「大型地震の予兆では......」といった不安の声がおさまらない。

「重機を引きずるような不気味な音」
16年1月5日、ツイッター上に「地鳴りが聞こえた」

との報告が多数寄せられた。
地鳴りを耳にしたのは、主に東京都内に住むユーザーだ。
彼らの報告によると、ピークは14時20分ごろで、
「今までに聞いたことがないほど大きい地鳴り」
「重機を引きずるような不気味な音」だったという。

相当数のユーザーがツイッターに報告したようで、
ツイッターのトレンドワードにも一時「地鳴り」が登場した。
ネットで「地鳴り」を検索する人も急増し、
翌6日にはヤフーの「急上昇ワード」の3位にランクインした。

その後もツイッターには地鳴りのような音を聞いたとの報告が
連日寄せられており、8日も関東各地で「地鳴り聞こえた...」
「今朝地鳴りがすごかった」などといった声があがっている。

「2011年の東日本大震災の前にも
地鳴りが発生していた」との噂も飛び交っており、
大型地震の前兆ではないかと不安に駆られる人も少なくない。
ここ数日、細長い帯状の雲が並行に連なる「地震雲」が
関東地方で観測されていることも、
不安に拍車をかけているようだ。

また、音は東京湾の方角から聞こえてきたとの報告も多く、
15年12月26日に発生した東京湾での群発地震と関連付け、
「関東大震災の予兆ではないか」と考えるユーザーも出ている。

研究者ですら
地鳴りの音を聞いたことがある人はほとんどいない
しかし、地鳴りと地震予知の関係が科学的に証明されたことはない。
さらに、専門家は
今回の騒動そのものに懐疑的な見方をしているようだ。
東海大学海洋研究所地震予知研究センター長の長尾年恭
(としやす)教授はJ-CASTニュースの取材に対し、
「みなさんが、なぜ『地鳴り』だと断言しているのか不思議でなりません。
そもそも、研究者ですら
地鳴りの音を聞いたことがある人はほとんどいないのです。
今回のケースでは、騒音の激しい都心でこれだけ多くの人間が
同時に『地鳴り』を聞いています。
もしこれが本当だとしたら歴史上初のケースですよ」
と、今回のケースが「地鳴りだった可能性は低い」とみている。
また、現在のところ首都圏直下に異常は見られず、
そもそも「大地震の前に地鳴りが確認された」
というケースは全体の1割にも満たないという。
発生している地鳴りのような音について、
「飛行機やヘリコプターなど、人工的なものではないか」
と考えるユーザーもいる。
なかには、「米軍の飛行訓練」や
「北朝鮮の核実験の影響」といったような、
「陰謀論」に近い意見も少なくない。

前出の長尾教授は、
「今回の件が本当に地鳴りだったかどうかは分かりませんが、
これをきっかけにみなさんの防災意識が高まれば幸いです」
といっている。

NEWSポストセブン
的中続出MEGA地震予測
測量学の世界的権威である村井俊治・東大名誉教授の
「MEGA地震予測」は、抜群の的中率で
本誌読者をたびたび驚かせてきた。
GPSデータに基づく予測法は、今も日々精度を高めているが、
2016年、地震列島・日本の最警戒ゾーンはどこになるのか。
村井氏は「2016年も警戒を怠るべきではない」と語気を強める。

「昨年下半期には、7月、8月、9月、11月と複数回の
全国一斉異常変動が見られました。
過去のデータと照らし合わせると、
異常変動から半年間は
大地震の発生するリスクが非常に高くなっている。
2016年春頃までに
大きな地震が起こる可能性は高いと考えています」

 最も警戒すべきはどの地域か。具体的に見ていく。
 村井氏のMEGA地震予測は、自身が顧問を務める
民間会社JESEA(地震科学探査機構)が、
メールマガジンなどで展開する予測法だ。
全国の「電子基準点」のGPSデータから地表のわずかな動きを捉え、
地震発生との関連を分析する。
 1週間ごとの基準点の上下動による「異常変動」、
地表の長期的な「隆起・沈降」(上下動)、
地表が東西南北のどの方向に動いているかの
「水平方向の動き」の3つを主に分析し、総合的に予測する。

 村井氏が、最近の動きから警戒を強めているのが、
前記の3指標すべてで異常が見られた
「首都圏・東海警戒ゾーン」だ。

「特に注目しているのが伊豆諸島です。
昨年5月の小笠原諸島西方沖地震
(神奈川・二宮町などで震度5強)以降も
異常変動が頻発しています。
さらに昨年9月の東京湾地震以降も隆起・沈降、
水平方向の動きが拡大しており、
まだエネルギーは放出しきっていないと考えられます。
 多くの人は首都直下型地震ばかりを心配しますが、
どこが震源になっても地盤の緩い首都圏は大きく揺れる。
実際、2014年5月の
伊豆大島近海地震では震源に近い大島は震度2でしたが、
千代田区では震度5弱を記録しました」(村井氏)

 では現在、この
「首都圏・東海警戒ゾーン」で何が起きているのか。
短期的な地表の上下動データから読み取れる
「異常変動」では、2015年7月以降、
大島、三宅島、御蔵島などで5cm以上の変動が複数回見られ、
中でも八丈島は8月初旬に7.78cmの変動が確認された。
長期的な「隆起・沈降」のデータを見ると、

三宅島以北が隆起傾向にあるのに対し、
青ヶ島以南は沈降傾向を示している。

「三宅島と青ヶ島の高低差は2015年年初の4.8cmから、

同年末には7.8cmまで拡大している。
隆起と沈降の境目には大きな歪みが溜まっており、
今もエネルギーが蓄えられていると考えられます」(村井氏)

「水平方向の動き」では、千葉の房総半島南部、

神奈川の三浦半島、
静岡の伊豆半島南部が周辺地域と違った動きをしている。

「特に三宅島では複雑な動きが見られるため、

伊豆諸島を震源とする地震の発生を危惧しています」(村井氏)

 伊豆諸島以外にも気になる動きがある。

村井氏は2015年4月、神奈川県小田原市と
神奈川県足柄上郡大井町の2か所に自前の電子基準点を設置し、
リアルタイムでデータを収集している。
その分析をもとに12月9日、週1回発行しているメルマガで
初めて「緊急情報」を配信した。
ちなみに大井町は関東大震災(1923年)の震源地である。

「瞬間的ですが、大井町の基準点が

地震の前兆と思われる大きな異常変動を示したのです。
設置間もないうえ、実験段階なので軽々に判断はできませんが、
関東大震災同様、
首都圏に壊滅的な被害を及ぼす可能性があるため、
警告を発しました。しばらくは注意が必要です」(村井氏)

 その他、村井氏は「北陸・北信越警戒ゾーン」、

「北海道中央部警戒ゾーン」、「奥羽山脈警戒ゾーン」、
「南海・東南海警戒ゾーン」、「九州南部警戒ゾーン」を

0 件のコメント:

コメントを投稿