慰安婦問題について、いろんな報道: News Up ネットで丸見え? 防犯カメラ、日本国内6000か所も。監視(防犯)カメラの映像をネット配信しているロシアのサイト 「Insecam」

Translate

2016年1月21日木曜日

News Up ネットで丸見え? 防犯カメラ、日本国内6000か所も。監視(防犯)カメラの映像をネット配信しているロシアのサイト 「Insecam」

渋谷区の防犯カメラ

街頭や屋内のさまざまな場所に設置されている防犯カメラ。
その映像がインターネットの海外のサイトで、
いつでも閲覧可能になっていることが分かりました。
その数は日本国内のものだけで、およそ6000。
世界全体ではおよそ2万8000か所に及びます。
なぜこのような事態が起きているのでしょうか。

日本国内6000か所も
街頭、オフィス、飲食店内・・・。
さまざまな防犯カメラの中継映像が、
海外のサイトで、いつでものぞき見ができる状態に。
閲覧が可能になっているのは、
世界各地の街頭や屋内に設置されている
およそ2万8000か所の映像です。
日本国内でもおよそ6000か所に及びます。

散髪中の客 口を開けた患者も
人が映り込んでいたり、
場所が特定できる可能性のある映像もありました。
理容店の店内に設置されたカメラの映像は、
画面が4分割され、
散髪中の客の姿がはっきりと映っています。
店の入り口に敷かれたマットには
「カットショップ」という文字とともに、店名が記されています。
東京都内の老人ホームとみられる施設の映像には、
お年寄りたちが
食堂のテーブルについて食事をしている様子が。
一人一人の顔まで識別できる状態となっています。
さらに、都内の歯科クリニックとみられる映像では、
室内が奥まで映っていて、
患者があおむけになって口を開けている様子が分かります。

パスワードの設定 確認を

情報セキュリティーの専門家によりますと、
防犯カメラの映像は、所有者がインターネット経由で
別の場所で見られるようにしていることが多く、
通常はパスワードを適切に設定していれば、
第三者に勝手にのぞき見られるおそれはないということです。
しかし、映像の流出が起きているケースでは、
カメラのパスワードが
簡単な初期設定のままになっていたり、
パスワードが
適切に設定されていなかったりしている
可能性があるということです。

情報セキュリティー会社「ネットエージェント」の
会長を務める杉浦隆幸さんは、次のように指摘しています。

今ではありとあらゆる場所に防犯カメラが設置されていて、
外出先や離れた場所からパソコンや
スマートフォンで映像を確認しようと、
インターネットに接続しているケースも多い。
ただ、ネットに接続する場合、
パスワードを設定しなければならないのに、
のぞき見られる状態になっている6000台余りのカメラについては、
パスワードが設定されていなかったり
初期設定のままになっていたりしているとみられる。
本来は、防犯カメラを設置した際に
パスワードを適切に設定すべきだが、
カメラを取りつけた業者が設定の作業を行わず、
カメラの所有者も
パスワードを設定しなければならないことに気づかずに、
そのままになっているケースが多いとみられる。
今後は、防犯カメラ以外にも
インターネットにつながる機器は家電なども含めて
いっそう増えるとみられ、利用者側も、
インターネットに接続する以上は
世界中につながっているという意識を持って、
セキュリティー対策をしっかりと行う必要がある。

無防備なカメラ設定に要注意
2014年にも話題になりましたが……。
監視(防犯)カメラの映像をネット配信しているロシアのサイト
「Insecam」が、1月中旬になってから大きな注目を集めています。
Japan Thousands of cameras and security systems available to .

同サイトでは世界各地の監視カメラ約2万8000台について、
現地の様子を大まかな座標付きでストリーミング配信しています。
しかし、これらは本来の持ち主に無断で行っているため、注意が必要です。

 一般的な監視カメラには、
インターネット経由でアクセスできる機能があり、
初期設定のID・パスワードを使用している場合、
実質誰でもアクセスできます。
同サイトではこの仕組みを利用し、
他者のカメラに“侵入”しているのです。

 こうした問題については
2014年11月にもメディアで大きく取り上げられ、
「イギリス政府が同サイトの閉鎖をロシア当局に求めた」
とも伝えられたのですが、
1月21日現在、より規模を増して稼働しています。

 ちなみに、広く公開されている
初期設定のID・パスワードを入力することは
基本的に“不正アクセス”にはなりません。
同サイトの管理人は
「非倫理的な映像は発見すれば削除する」
「初期設定のパスワードを変更すれば
そもそも表示されない」とコメントしています。
なお、日本の映像も現在、パナソニック製を中心に
6000台以上が公開されています。
匿名掲示板では無防備な映像の情報交換も行われています。
意図せず情報漏えいをしているケースは
多々あると思われるため、
カメラを利用している方は
いま一度設定を見なおしてみてはいかがでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿