慰安婦問題について、いろんな報道: 「腕に注射、あぶって吸う方法で」清原容疑者、供述。一昨年春からマーク 1年以上の内偵捜査で逮捕。元プロ野球選手の清原和博容疑者が 覚醒剤で逮捕されることもドラクエの復活の呪文は予言していた!。その他関連。

Translate

2016年2月3日水曜日

「腕に注射、あぶって吸う方法で」清原容疑者、供述。一昨年春からマーク 1年以上の内偵捜査で逮捕。元プロ野球選手の清原和博容疑者が 覚醒剤で逮捕されることもドラクエの復活の呪文は予言していた!。その他関連。

元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が、
東京都内の自宅で、
覚せい剤を隠し持っていたところを現行犯逮捕された。
清原容疑者の捜査は、2年以上続いていた。
警視庁の地道な捜査を経ての逮捕となった。
警視庁は、清原容疑者宅の捜索のタイミングを、
慎重のうえに慎重を期して選び、
結果として十分すぎるほどの証拠を得ることに成功した。
警視庁が、清原容疑者の内偵捜査を始めたのは、
週刊誌で薬物疑惑が報じられるより前の、
およそ2年前からだが、
2015年の8月ごろに、急きょ、捜査が本格化していた。
一時期は、薬物捜査を担当する
警視庁の組織犯罪対策5課が総動員で、
行動確認にあたったともいわれている。
これは、清原容疑者の立ち回り先の捜査から、
覚せい剤を使った疑いが強まったからで、
このころは、逮捕が秒読みとみられていた。
ところが、その後、テレビやCMに出演するなど、
芸能活動を再開し、
一時、覚せい剤使用の形跡が見られなくなったことから、
いったん、捜査の規模は縮小したようにも見えた。
ただ、捜査員は、そのあとも着々と行動確認を積み重ねていて、
2日夜、覚せい剤を持っているという確証を持って、
自宅の家宅捜索に着手した。
捜査員が踏み込んだ時、清原容疑者は、
左手に袋に入った注射器とストローを持っていたということで、
警視庁が、いかに緻密に準備を進めたうえで、
このタイミングをはかっていたかということがわかる。

「腕に注射、あぶって吸う方法で」清原容疑者、供述
清原和博容疑者(48)の身柄が置かれている警視庁から報告です。
 (社会部・持丸彰子記者報告)
 警視庁によりますと、清原容疑者は取り調べに対し、
「自宅にあった覚醒剤は
私が使用するために持っていたものに間違いありません」
「誰かに渡すためではなく、
誰かと一緒に使用するためでもない」
と容疑を認めているということです。
また、覚醒剤を使用する時は
「注射器で腕に注射する。
ガラスパイプであぶって吸う方法でやっていた」
と話しているということです。
捜査員が清原容疑者の自宅に踏み込んだ際、
清原容疑者は左手に袋に入った注射器とストローを持っていて、
捜査員からこれをテーブルに置くよう促されると、
素直に従ったということです。
部屋からはほかにも、ビニール袋に入った覚醒剤0.1グラムや
先端が黒ずんだガラスパイプなどが見つかっています。
警視庁は、清原容疑者の尿鑑定などを進め、
清原容疑者が
覚醒剤を使用していたとみて裏付けを進めることにしています。

今回の捜査はどのように進められてきたのでしょうか。
球界のヒーローだった清原容疑者の薬物疑惑について、
おととしの週刊誌報道に対し、事務所側は
「糖尿病のための入院治療だった」などと完全否定していました。
 一方、警視庁では、週刊誌報道の前後にあたる
同じ年の春ごろから清原容疑者をマークし、捜査を進めてきました。
そして、去年からは確度が高い情報を得て、
薬物事件を専門とする「組織犯罪対策5課」が本格捜査に着手。
清原容疑者の行動確認や、どういった人物と接触しているかなど
1年以上に及ぶ内偵捜査を行ってきました。
ある捜査関係者は、
「逮捕するのであれば起訴まで持っていきたい」
と以前、話していました。
そうしたことから、警視庁が2日、強制捜査に踏み切った背景には、
捜査の過程で覚醒剤に関する
何らかの確度が高い情報を得ていたとみられます。
逮捕された時、清原容疑者は自宅マンションで1人でした。
逃げたり暴れたりすることなく素直に応じたといいます。

元プロ野球選手の清原和博容疑者が
元プロ野球選手の清原和博容疑者が
覚せい剤取締法違反で逮捕されたというニュースが飛び込んできた。
以前から週刊誌などで覚醒剤の使用が疑われていただけに
「火のないところに煙は立たぬ」ということを立証してみせてしまった。

このニュースについて「8bitの預言書」である
ドラクエの復活の呪文を調べてみたところ、
清原容疑者が覚醒剤で逮捕されるという
そのものズバリの呪文があったので公開したい。
・清原和博 覚醒剤で逮捕され
その呪文とは
「きよはらか ずひろかくせい ざいでたい ほされ」
(清原和博 覚醒剤で逮捕され)。
ドラクエの復活の呪文は
清原が覚醒剤で逮捕されることも予言していたのだ。


・バットしか持っていない番長
復活する勇者はレベル15の「ういほよ」。
離婚しているので王女はいない。
装備を見ると「炎の剣」だけを持ち、鎧と盾がない。
バットだけしか持っていない勇者なのである。
後ろ盾など守ってくれるものがなかったのだろう。
アイテムにはお決まりの「薬草」。
3つと少量だが、所持は所持だ。
また「戦士の指輪」を装備しているのも番長らしい。
そして「死の首飾り」と「呪いのベルト」を2つずつ持っている。
自分で自分の首を絞めたのだ。
野球選手としての輝かしい活躍を表した
「ロトのしるし=伝説のしるし」ではなく、
逮捕状となってしまったのだ。覚醒剤、ダメ、絶対!
Report:麟閣 Photo:RocketNews24.


1月11日、名球会ベースボールフェスティバルの試合に出場した
清原和博容疑者=福岡市のヤフオクドーム
覚せい剤所持の疑いで現行犯逮捕された
清原和博容疑者=3日未明(撮影・春名中)
清原容疑者逮捕! 覚せい剤所持容疑
2016.2.3 01:23 産経フォトニュース
甲子園で誰よりも輝き、西武時代は6度、
巨人時代も2度、
日本一に貢献した
プロ野球界のスーパースターが現行犯逮捕された。

警視庁は東京都港区の自宅マンションで
覚せい剤を所持していたとして、
覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、
清原容疑者を現行犯逮捕した。
警視庁によると「覚せい剤は
私のものに間違いありません」と容疑を認めている。
逮捕容疑は2日午後8時48分ごろ、
港区東麻布1丁目の自宅マンションで、
覚せい剤約0・1グラムを所持していた疑い。
 警視庁組織犯罪対策5課は2日午後8時ごろから、
清原容疑者の自宅の家宅捜索に着手。
間もなく白い結晶が入った袋が見つかり、覚醒剤と確認された。
清原容疑者は当時、自宅内に1人でおり、
暴れたり、抵抗したりする様子はなかったという。
 清原容疑者は同日午後11時ごろ逮捕され、
自宅から警視庁本部に移送された。
その後、病院に移され、診察を受けた。

◆引退後には不安定な時期も
清原容疑者は2008年にオリックスで現役生活を終えた後、
解説者、タレントとして活躍。
2014年には週刊誌に薬物使用疑惑を報じられた。
清原氏側は糖尿病の治療による体調不良として
全面否定していたが、体重の変動が激しく、
精神的にも不安定な時期もあったという。
その後は一時テレビ局などでの露出は減っていた。
 同年9月に夫人と離婚したことを公表。
精神的に不安定な日々を送っていた模様だ。
その一方で病気の母親の回復を祈り、
四国にお遍路に出かけるなどしていた。
 昨年4月ごろからテレビ番組などにも復帰。
年明けの1月11日には、
ヤフオクドームで開かれた名球会イベントにも参加していた。
 清原容疑者は昨年ブログを開設し、
日々の心境を綴っていた。
別々に暮らす息子たちの少年野球チームに
応援にいった様子や名球会イベントで再会した
ライバルたちとの2ショット写真などを掲載していた。


大阪府出身で西武のほか、巨人、オリックスにも所属。
PL学園高時代には桑田真澄氏とのKKコンビで
甲子園に5季連続出場し、優勝2度、準優勝2度。
甲子園通算最多本塁打記録(13本)を持つ。
 ドラフト会議では希望の巨人から
指名を受けることができず、西武に入団。
巨人との日本シリーズで流した涙は感動を呼んだ。
「番長」と呼ばれた独特のキャラクターでも人気を博していた。
 プロ野球はキャンプインを迎え、
開幕に向けて動き出したばかり。
その矢先のショッキングすぎる不祥事発覚となった。

高校時代からスター街道を進んだ
元プロ野球選手の清原和博容疑者が
2日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された。
PL学園時代は桑田真澄投手との「KKコンビ」で甲子園を沸かせ、
プロ入り後は新人時代から西武や巨人で活躍。
衝撃的な事件で、
現役時代には予想できなかった転落となった。
 ドラフト会議で希望の巨人から
指名を受けることができず西武に入団。
巨人との日本シリーズで流した涙は感動を呼んだ。
「番長」と呼ばれた独特のキャラクターでも人気を博した。
 ただ、現役引退後はテレビ番組などの芸能活動で活躍する一方、
プロ野球の現場からは遠ざかっていた。
週刊誌では薬物使用が取り上げられ、
夫人との離婚なども含め、報道をにぎわすことが多かった。
 1月31日の公式ブログでは、自身の高校時代の写真を掲載し
「少年達が甲子園を夢ではなく目標にしてほしい」と記していた。
PL学園OB会【たまっチ】 No Baseball No Life!
野球。名球会ベースボールフェスティバル2016
清原対佐々木 大分英伍
野茂が登板
<名球会ベースボールフェスティバル2016>
【清原容疑者逮捕】「応援していたのに」 ファンから驚きの声

元プロ野球選手の清原和博容疑者を逮捕 覚醒剤所持容疑
2016年2月3日00時31分 朝日新聞社
元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が
自宅で覚醒剤を所持していたとして、警視庁は
2日、覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。
捜査関係者への取材でわかった。
 捜査関係者によると、清原容疑者は2日午後8時50分ごろ、
東京都港区東麻布1丁目の自宅マンションで、
覚醒剤約0・1グラムを所持していた疑いがある。
「私のものに間違いありません」と容疑を認めているという。
警視庁は、清原容疑者が覚醒剤を使用していたかどうかも調べる。
 清原容疑者はPL学園の主力として
夏の甲子園で2度優勝。
1986年にドラフト1位で西武ライオンズに入団した。
96年にFAで巨人に移籍し、
08年にオリックス・バファローズで現役引退した。
引退後は、テレビやCMに出演していた。

清原元選手
覚醒剤所持容疑で逮捕
毎日新聞 2016年(最終更新 2月3日 00時04分
警視庁は2日、西武や巨人で活躍した元プロ野球選手、
清原和博容疑者(48)を
覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した。
【写真特集】清原和博の軌跡 〜高校時代から引退まで〜


 清原容疑者を巡っては、一昨年3月以降、
週刊誌で薬物使用疑惑が報じられていた。
昨年8月28日に放送されたテレビ番組では、
出演者に疑惑について問われ、
「(薬物を使用したことは)ないですよ」
と全面的に否定していた。
 清原容疑者は大阪府岸和田市出身。
高校野球の名門・PL学園で春夏合わせて5度甲子園に出場し、
優勝、準優勝各2回。
1986年にドラフト1位でプロ入り後は西武、巨人で
10回のリーグ優勝、8回の日本一に貢献した。
2004年に通算2000安打を達成、
08年にオリックスで現役を引退した。
プロ23年間で2338試合で
清原和博氏、ラジオ生放送で語った!

0 件のコメント:

コメントを投稿