慰安婦問題について、いろんな報道: 【不倫辞職】でるわでるわ あと何人? 他の女性との関係も認める 金子議員との離婚も示唆。ゲス不倫・宮崎氏の辞職を受け、 民主・モナ男ら政界不倫男どもは一体どうする?。宮崎議員が女性問題で議員辞職。「育休宣言」の宮崎衆院議員に 不倫疑惑を週刊文春が報道へ  宮崎氏は無言のまま

Translate

2016年2月13日土曜日

【不倫辞職】でるわでるわ あと何人? 他の女性との関係も認める 金子議員との離婚も示唆。ゲス不倫・宮崎氏の辞職を受け、 民主・モナ男ら政界不倫男どもは一体どうする?。宮崎議員が女性問題で議員辞職。「育休宣言」の宮崎衆院議員に 不倫疑惑を週刊文春が報道へ  宮崎氏は無言のまま

議員辞職を表明した宮崎謙介氏
=12日、東京都千代田区

女性タレントとの不倫が報じられた
自民党の宮崎謙介衆院議員(35)=京都3区=が
12日、東京都内で会見し、
不倫を認めた上で議員辞職を表明した。
さらに他の女性と不倫関係があったことまで告白。
妻で同党の金子恵美衆院議員(37)との
離婚の可能性も示唆した。
 妻が5日に長男を出産してわずか1週間。
宮崎氏は多くの物を失った。

 会見場には約100人の報道陣が集結。
午前10時45分、黒スーツ姿の宮崎氏が現れると
カメラのフラッシュが一斉に浴びせられた。
用意した紙を神妙な面持ちで読み上げながら
謝罪の言葉を繰り返し、
「深く深く深く反省し、議員辞職する決意を固めた」と表明した。

 不倫相手のタレント、宮沢磨由(34)については、
1月4日の国会開会日に
着物の着付けをしていただいた方のうちの一人」と説明。
1月下旬の地元・京都での密会は
「自分から誘った」と関係を認めた。

 金子氏に不倫を告白したのは、
出産翌日の6日夜の病室だった。
「私が大変な時期に」と叱責され、
会見前のこの日朝には
「『政治家としてけじめをつけてこい』
と言われた」という。

 離婚についての質問が及ぶと
「私が決める話ではない。
これからも妻と一緒に生活したいが、
そんな虫のいい話はないだろうと思う」と話した。
質疑では、10日発売号で不倫を報じた
「週刊文春」の記者からも質問が飛んだ。
「他の女性との不倫は?」との追及に「否定はできません」。
人数など詳細は明かさなかったが、
別の不倫関係を認めた格好だ。

 男性の国会議員として初めて育休取得を宣言し
“イクメン”の旗手となった宮崎氏。
いまや一転して“ゲス”呼ばわりだが、
今後は育児に専念するか
それすら許されずに離婚となるか…。
道のりは険しい。(サンケイスポーツ

衆院予算委で質問する民主党の細野豪志氏=10日

イクメンを装いながら、身重の妻
(金子恵美議員)をほったらかして不倫していた
自民党の宮崎謙介衆院議員は12日に議員辞職を表明した。
国会議員の不倫は過去にも数多く報じられたが、
議員辞職に発展したのは極めて珍しい。

 何と言っても印象的だったのは
民主党の細野豪志政調会長。
平成18年10月、TBSの看板番組のキャスターだった
山本モナとの不倫・路チュー写真が「フライデー」に掲載された。
当時当選3回だった細野氏は政調会長代理などの
党の役職を辞任したが、議員辞職はせず、
21年の衆院選でも当選。
その後に環境相や党幹事長を務め、見事に“復活”している。
現在も衆院予算委などで安倍政権を舌鋒鋭く攻撃しているが、
宮崎氏の不倫疑惑については言及していない。
 女優・水野真紀の夫として知られる
自民党の後藤田正純衆院議員は平成23年に
銀座のホステスと飲食店でキスをした上、
議員宿舎に連れ込んだことをフライデーにスクープされた。
 最近では、自民党二階派の中川郁子農林水産政務官(当時)が
昨年3月、同じく二階派所属の門博文衆院議員との
「路チュー不倫」を「週刊新潮」に報じられた。

 このように男女の色恋沙汰は後を絶たない。
鴻池祥肇参院議員は、麻生太郎内閣の官房副長官だった
平成21年に議員宿舎に女性を宿泊させ
厳重注意処分を受けたにもかかわらず、
その後も熱海に不倫旅行に出かけたのがバレて更迭された。

 平成8年には船田元・元経済企画庁長官と
畑恵参院議員の不倫が週刊誌で報じられ、
「政界失楽園」と称された。
船田氏はその後離婚し、畑氏と再婚したが、
12年の衆院選で落選の憂き目に遭った。

 不倫や色恋沙汰に政界が甘いのは、
過去の大物政治家に
愛人や隠し子はつきものだったことが大きい。
自民党草創期の大者だった三木武吉や
大野伴睦は愛人の存在を半ば公言し、
元首相の田中角栄にも婚外子がいた。
外相や官房長官を務めた園田直は、
不倫の末に野党・労農党議員だった松谷天光光
(後の園田天光光)と電撃結婚し、「白亜の恋」と騒がれた。

 米国でも1998(平成10)年に当時のクリントン大統領が
不倫を告白した例がある。
ただ、時代の変遷とともに「政治家の不倫」に対して
世間の目は厳しくなっている。
宮崎氏の議員辞職に震え上がっている政治家は
与野党ともに多数いるのではないか。(政治部・S)


不倫疑惑が指摘されていた自民党の宮崎謙介衆院議員が会見を開き、

事実関係を認めて謝罪したうえで、議員辞職を表明しました。
 自民党・宮崎謙介議員:「私の不適切な行為により、
多くの皆様に多大なるご迷惑をおかけし、おわび申し上げます。
軽率に行動してしまったことのつじつまが合わないこと、
このことについて深く、深く、深く反省し…、
議員辞職をする決意を固めたところでございます」
 宮崎議員は、同じ自民党に所属する
妻の金子恵美衆院議員の出産後、男性議員として
初めて育児休暇を取る考えを示していました。
宮崎議員は当初、議員辞職する考えは持っていませんでしたが、
党のイメージの悪化を恐れた安倍総理大臣が
議員辞職を強く宮崎議員側に働き掛けたということです。
宮崎議員の辞職により、
京都3区の補欠選挙が4月に行われることになります。

衆院本会議に臨む自民党の宮崎謙介氏
=9日午後、国会・衆院本会議場(斎藤良雄撮影)

「育休宣言」の宮崎衆院議員に
自民党の宮崎謙介衆院議員が、
妻で同党の金子恵美衆院議員の出産直前に
不倫していたとする記事が、10日発売の
週刊文春に掲載されることが9日、わかった。
育児休業取得を宣言し、
国会議員の育休の制度化を推進していた
宮崎氏の不倫疑惑に、党内で批判が強まっている。

 週刊文春に掲載予定の記事によると、
宮崎氏は1月30日から31日にかけて、
自身の選挙区である京都市内のマンションに
30代の女性タレントと宿泊。
宮崎氏は京都市長選の応援のため地元に戻っていたという。
 宮崎氏は9日の衆院本会議に出席後、
国会内で記者団に不倫疑惑について問われたが、
無言のまま駆け足で車に乗り込んだ。
 宮崎氏は、文春報道について
自民党執行部に報告済みだというが、
ある幹部は「育休を訴えておきながら、
これ(不倫疑惑)では自民党どころか
国会議員全体のイメージダウンにもなりかねない」と憤った。
 宮崎氏は妻の金子氏の妊娠を受けて
育休の制度化を提案したが、党内で賛否が分かれた。
長男が生まれた2月5日には、自身のブログで
「これから2人で大切に育てていきたいと思います」
と報告していた。

0 件のコメント:

コメントを投稿