慰安婦問題について、いろんな報道: 韓国行政裁、日産への処分を一時停止「キャシュカイ」販売可能に。朴政権告発に日産猛反発、 外務省&経産省が援護射撃で日韓“総力戦”に。日産側は不正を否定、韓国日産に排ガス不正を指摘 当局が課徴金3千万円、814台のリコール、社長を刑事告発も。韓国環境部、日産キャシュカイの排ガス不正確認…リコール命令予定(中央日報)。

Translate

2016年7月6日水曜日

韓国行政裁、日産への処分を一時停止「キャシュカイ」販売可能に。朴政権告発に日産猛反発、 外務省&経産省が援護射撃で日韓“総力戦”に。日産側は不正を否定、韓国日産に排ガス不正を指摘 当局が課徴金3千万円、814台のリコール、社長を刑事告発も。韓国環境部、日産キャシュカイの排ガス不正確認…リコール命令予定(中央日報)。

会見する環境部関係者=16日、世宗(聯合ニュース)
日産キャシュカイは走行中にエンジンルームの温度が
35度以上になれば排ガス低減装置の作動が中断するよう設計されている。
環境部は不正が疑われると発表した。

2016.7.6 23:07 産経ニュース
韓国行政裁、日産への処分を一時停止
【ソウル=名村隆寛】ソウル行政裁判所は6日までに、
日産自動車のディーゼルエンジンを搭載した多目的スポーツ車
(SUV)「キャシュカイ」が排ガス規制を不正に逃れていたとして、
韓国環境省が韓国日産に科した販売停止やリコール
(回収・無償修理)の処分の一時停止を決めた。
 韓国日産が先月、処分取り消しを求める行政訴訟を
起こしていたことに対するもので、行政裁は
「販売停止などの処分により韓国日産が受ける
回復困難な損害を避ける緊急の必要性」を認めた。
一方、環境省が韓国日産に科した課徴金3億4000万ウォン
(約2900万円)の返還は認めなかった。
 処分の一時停止期限は、今後予定される本訴訟の
1審判決の日から14日後までで、キャシュカイは販売可能となった。
決定に対し環境省は6日、ソウル高裁に抗告する方針を示した。
…過去には日産、ニコンがやり玉 
2016.6.10 12:22 2 産経ニュース
朴政権告発に日産猛反発、
日産自動車「キャシュカイ」の排ガス規制逃れを指摘し、
韓国日産と同社長を刑事告発した韓国環境省が
さらなる逆風に見舞われている。
不正認定に猛反発する日産が、
外務省や経済産業省とも連携していく姿勢を見せているのだ。
「いわれなき」疑いを覆す戦いは、
日本と韓国による“総力戦”の様相を呈してきた。
(夕刊フジ)
 一連の問題をめぐって日産は、
韓国に改めて異議を申し立て、
認められなければ不正認定の取り消しを求める
行政訴訟を検討する方針を明らかにしている。
 「政府からリコール命令を受けた場合、
輸入メーカーは命令に従うのが一般的」
(韓国事情に詳しいメディア関係者)とされる。
こうした中、日産が戦う姿勢を鮮明にしているのは、
韓国での不正認定があたかも事実のように各国に
“飛び火”すれば、ブランドイメージを損ねる恐れがあるからだ。

 だが、問題をめぐる韓国政府と
日産の認識は大きく異なる。
 韓国環境省が問題視するのは
キャシュカイに搭載された排ガス低減装置の温度。
同車にはエンジンが壊れるのを防ぐため、
一定温度になると
排ガス低減装置が止まる機能が搭載されている。
ただ、この機能は各社も搭載している。
独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が
違法ソフトウエアを使い
不正に排ガス規制を逃れていたのとは異なり合法だ。
キャシュカイの場合、装置の停止温度が
35度と韓国で売られる車の中でも低く設定されており、
排ガスも多かった。
このため、排ガス量の観点から不正のやり玉に挙がったわけだ。
 一方、日産としては、キャシュカイは
韓国の規制でも認める欧州の排ガス規制
「ユーロ6」の適合を得ており、こうした事実からも
「不正は一切ない」との立場。
日産と韓国の意見は食い違ったまま、
全面対決へと突き進んでいる。
日産、韓国で「排ガスに不正」と販売停止命令
また、自動車メーカーの「不正」問題が浮上した。
韓国・環境省は、日産自動車(韓国日産)が販売している
スポーツ用多目的車(SUV)、
「(QASHQAI(キャシュカイ)」の排出ガス低減装置に
不正が見つかったと、2016年5月16日に発表した。
日産自動車によると、「キャシュカイ」は2015年に韓国で
1900台を販売。
このうちの814台で不正があったと指摘されたという。


日産「否定」するも、
現地法人の日本人社長を刑事告発へ
2016年5月16日付の韓国の地元紙、聯合ニュースは、
韓国・環境部が、独フォルクスワーゲン(VW)の
排出ガスの規制逃れ問題を受けて、
2015年12月から16年4月まで韓国で販売された
20車種のディーゼル車を調査したところ、
現地法人の韓国日産が「キャシュカイ」の排出ガス量を
「不正に操作する任意の設定を行ったと判断した」と報じた。
排出ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)量が
基準の10倍を超えていることがわかった。
ほかの19車種では、不正は確認されなかったという
「キャシュカイ」に搭載された窒素酸化物の排出量を減らす
「排出ガス再循環装置」が、エンジンが一定の温度を超えると
停止する設定になっていたことを確認したという。
この装置は2010年以降、
主にディーゼル車に装着されていて、
排出ガスの一部を燃焼室に再流入させて
燃焼温度を下げることで
窒素酸化物の排出量を減らす仕組み。
装置が作動すると燃費も悪くなるとされる。
この装置について、韓国・環境部は
「一般的な運転条件で排出ガス部品の機能低下を禁じる
任意設定規定に違反する」と指摘。
行政手続法に基づき、韓国日産に対して、
任意設定違反の事前通知を行った。
課徴金3億3000万ウォン(約3000万円)を賦課するうえ、
販売停止を命令。すでに販売された814台は
すべてリコール(無償回収・修理)の対象とする。
さらに、韓国日産の菊池毅彦社長を刑事告発する方針という。
「キャシュカイ」は、日本でも2014年まで
「デュアリス」の名称で販売していたSUV。
欧州では人気の車種だ。
J‐CASTニュースの取材に対して日産自動車は、
不正が指摘されている韓国を走る「キャシュカイ」は、
欧州で生産され、韓国向けに輸出している車両で、
「欧州の排ガス規制に適合していますし、
認証も得ています」と説明する。
韓国でも「認証を得ていました」が、
2015年の韓国で販売された「キャシュカイ」の一部に
不正の指摘があることから、
「欧州のEURO6(EUが定める大気汚染物質の排出基準で、
2015年秋から適用)に
適合している車両が対象車のようでもあるので、
なにかが韓国のレギュレーションに
合わなかったのかもしれません」と、困惑している。
ディーゼル車が普及している欧州では、
一般的に排ガス規制も厳しいとされる。
その欧州で適合している車両が、
韓国で不正の指摘を受けるとは
思いもよらなかったのかもしれない。
「おいおい、三菱自を救済してる場合かよ・・・」

こうした報道を受けて、インターネットには、
「またやらかしたか。最近は日本車もこんなんばっかだな」
 「韓国が自国の産業を守るためにヤリ玉にあげたんちゃうの?
別の機関が再検査すれば面白い結果になりそうわw」
 「やっちゃった日産www」
 「ホントは他車も同じじゃね? ただの嫌がらせかもよ」
 「これ日本車を追い出すためにハメられたんだと思う」
といった声が寄せられ、韓国「陰謀説」まで飛び出した。
さらには、
「おいおい、三菱自を救済してる場合かよ・・・」
「あれ、たしかヒュンダイって三菱自から
技術提供してもらったんじゃ... 
ホントは三菱自を貶めるのが目的なんじゃね?」
と、日産自動車が燃費データの不正問題で揺れる
三菱自動車を傘下に置くことにも
影響するのではないか、と懸念する声もみられる。

日産自動車は、
「当社はいかなる無効化機能も不正な機能も、
これまで、また現在も使用したことはありません」
と不正を否定。
そのうえで、
「韓国当局による結論は、
欧州での規制に基づく結論と
一致するものではありませんが、
今後の対応については慎重に評価、検討していきます」

日産「キャシュカイ」排ガス量を不正操作=韓国環境部
2016/05/16 14:26 聯合ニュース
【ソウル聯合ニュース】韓国環境部は16日、昨年12月から
今年4月まで韓国で販売されたディーゼル車、
20車種を調査した結果、韓国日産
キャシュカイ」の排ガス量を不正に操作する
任意の設定を行ったと判断したと明らかにした。
キャシュカイは昨年11月から
今年5月11日までに韓国で814台が販売された。
 同部はキャシュカイをテストする過程で
室内外の排ガス再循環装置が作動を
中断する現象を確認したと説明した。
 この装置は排ガスの一部を燃焼室に再流入させ
燃焼温度を下げることで窒素酸化物の排出量を減らすもの。
 2010年以降、主にディーゼル車に装着されている。
 排ガス再循環装置の稼動を中断させる時点の温度条件が
一般的な走行で発生し得るエンジン吸気温度の35度だった。
 同部はこれについて、一般的な運転条件で
排出ガス部品の機能低下を禁じる
任意設定規定に違反すると指摘した。
 自動車はエンジンで燃料を燃焼させるため
外部の空気をエンジンルームに吸入させる。
 通常、自動車を外部温度が20度の条件で
30分程度走行させただけでも
エンジンルームの吸気温度は35度以上に上昇する。
 同部は、キャシュカイのエンジン吸気温度、
35度以上で排ガス再循環装置の作動を中断させるよう
設定した制御方式は
正常な制御方式ではないと判断したと強調した。
 同部は行政手続法に基づき、
製作・輸入社の韓国日産に対し任意設定違反事前通知を行った。
 韓国日産から10日間にわたり聞き取りを行った後、
今月中に課徴金3億3000万ウォン(約3000万円)を賦課する予定だ。
 また、キャシュカイの販売停止命令を出した上で、
既に販売された814台については
全てリコール(無償回収・修理)命令を下す計画だ。
 さらに、韓国日産菊池毅彦社長を
製作車排出許容基準違反と
製作車認証違反の疑いでソウル中央地検に刑事告発する方針だ。
4月HV販売 過去最多の7454台=韓国05-11 11:28
VW不正事件でも輸入ディーゼル車好調=韓国04-24 15:33
最新排ガス基準対応のディーゼル車 韓国で相次いで発売02-23 07:14
検察がVW韓国法人を家宅捜索 環境関連法違反の疑い02-19 12:03

2016.5.16 13:14 産経ニュース
韓国日産に排ガス不正を指摘
韓国環境省は16日、韓国で販売されている
日産自動車のディーゼル車「キャシュカイ」について、
排ガス規制を不正に逃れていたとして、
韓国日産に対し課徴金3億3千万ウォン(約3千万円)を科し、
社長を刑事告発する方針だと発表した。

 韓国日産は「日産は法と規定を順守し、
それよりも厳格な基準を満たすべく
最善を尽くしている」と表明、不正を否定した。
 韓国環境省はキャシュカイの販売停止と
814台のリコール(無料の回収・修理)を命じる方針だとしている。
ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の
排ガス規制逃れの発覚を契機に、
他のディーゼル車に対してもエンジンの性能試験を行ってきた。
 キャシュカイはスポーツタイプ多目的車(SUV)で、
欧州市場での販売が好調。
韓国では2014年から
排気量1600ccのディーゼル車が販売されている。(共同)
朴槿恵政権へ高まる非難

フォルクスワーゲン・ティグアンに続いて
日産キャシュカイ(デュアリス)でも走行中に
排ガス低減装置の作動が中断するよう
不正操作されていたことが、環境部の調査で明らかになった。
低減装置の作動が中断すれば、
排ガスは増えるが自動車の燃費は良くなるという。
環境部は16日、「国内で市販中のディーゼル車の一つ、
韓国日産キャシュカイで排ガスを不法操作する
任意設定があったと判断し、該当車両の認証を取り消すほか、
まだ販売されていない車両は販売停止にする」と明らかにした。
環境部は昨年11月以降に国内で販売された
キャシュカイ814台に対して全量リコール命令を出す計画だ。
この車種を輸入・販売した韓国日産(株)に
課徴金3億3000万ウォンを科し、
製作車排出許容基準違反と
認証違反容疑で韓国日産社長を刑事告発する予定だ。
環境部は昨年11月、フォルクスワーゲン・ティグアンの
排ガス不正を確認した後、
国内で市販中のディーゼル車20車種を対象に関連調査をし、
その結果をこの日発表した。
環境部によると、20車種のうちフォルクスワーゲンと
類似の不正が確認されたのはキャシュカイだけだった。
キャシュカイは一般走行中によく表れる条件の
「エンジン吸気温度摂氏35度以上」状態になると、
排ガス再循環装置の作動が中断することが明らかになった。
これを受け、キャシュカイは環境部の室外道路走行試験で
窒素酸化物の排出量が室内認証基準
(0.08キログラム/キロ)の20.8倍にのぼり、
調査対象車種のうち最も多かった。
排ガス再循環装置は走行中に排ガスの一部を
燃焼室に再流入させて燃焼の温度を低めることで
窒素酸化物の排出量を減らす装置。
2010年以降に製作されたディーゼル車に主に搭載される。

日産GT-Rを支える匠の手(1)

韓国で販売されている日産自動車のディーゼル車
「キャシュカイ」の排ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)量が
基準の10倍を超えていることが判明し、
韓国当局が販売停止や強制リコール(無料の回収・修理)
などの制裁を検討していることが分かった。
28日付の韓国紙、
朝鮮日報が韓国政府消息筋の話として報じた。
 韓国国立環境科学院が国内で販売している
ディーゼル車16車種の排ガスを検査した。
キャシュカイの他にも国内外のメーカーの計13車種
認可基準を超えていることが分かったとしている。
 キャシュカイは、燃費データの改ざんが発覚した
三菱自動車が委託生産した車種ではない。
 韓国環境省は、ドイツの自動車大手フォルクスワーゲ
(VW)のディーゼル車排ガス規制逃れの発覚を契機に、
他のディーゼル車に対しても
エンジンの性能試験を行ってきた。(共同)
スズキ基準値10倍超え 排ガスNOx、日産も数倍

2016年5月12日木曜日
【三菱自動車、日産傘下へ】「不正問題解決と発展に期待」と林経産相。

0 件のコメント:

コメントを投稿