慰安婦問題について、いろんな報道: 安倍首相 南シナ海で連携確認 ベトナム・ラオス首脳と。中国にらみ…スリランカに巡視船、 バングラには1735億円  安倍首相、首脳会談で表明。

Translate

2016年5月28日土曜日

安倍首相 南シナ海で連携確認 ベトナム・ラオス首脳と。中国にらみ…スリランカに巡視船、 バングラには1735億円  安倍首相、首脳会談で表明。

首脳会談を前にハシナ・バングラデシュ首相(左)と
握手する安倍晋三首相=28日午前10時2分、
名古屋市内のホテル(代表撮影)
会談を前に握手する、スリランカのシリセナ大統領(左)と
安倍首相=28日午前、名古屋市(代表撮影)
日・スリランカ首脳会談(写真提供:内閣広報室)平成28年5月28日
トンルン・ラオス首相と握手を交わす安倍総理大臣
(写真提供:内閣広報室) 
平成28年5月28日 (写真提供:内閣広報室)

安倍首相南シナ海で連携確認 ベトナム・ラオス首脳と
毎日新聞 2016年(最終更新 5月28日 23時15分)
安倍晋三首相は28日、主要7カ国(G7)首脳会議(
伊勢志摩サミット)の拡大会合に招いた
アジア・アフリカの首脳と個別に会談した。
ベトナムのグエン・スアン・フック首相との会談では、
防衛分野の協力と交流を強化することで合意するとともに、
中国が大規模な埋め立てを進める南シナ海問題で
緊密に連携していくことを確認。
ラオスのトンルン首相とも南シナ海問題で意見を交わした。
ラオスは今年の東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国。
日本は両国との関係を強化し、
9月のASEAN関連首脳会議も念頭に
中国をけん制していく構えだ。

 首相官邸で行われたフック氏との会談では、
ベトナムの海上での法執行能力を強化するため、
日本が巡視船10隻(新造船2隻と中古船8隻)の
供与に向けた調査に取り組むことや
ベトナム・ホーチミン市の鉄道インフラ整備に
約900億円の円借款を供与することを決めた。
安倍首相は「南シナ海で進む大規模埋め立てや
拠点構築を含む
現状変更の試みを懸念する」とフック氏に伝えた。
 これに先立って名古屋市内でトンルン氏と会談した
安倍首相は
「日本とラオスの関係を飛躍的に発展させたい」と述べ、
ASEAN関連首脳会議の際に公式訪問する考えを示した。
南シナ海情勢については、中国の行動に対する
深刻な懸念を伝え、関連会議で
取りまとめる議長声明に盛り込むことを求めたとみられる。
 フック、トンルン両氏は4月に首相に就任したばかりで、
今回のサミット拡大会合への招待で
中国よりも先に日本への訪問が実現した。
サミットの首脳宣言でも南シナ海、東シナ海の問題に対する
G7の「懸念」が盛り込まれており、
日本は、南シナ海問題を抱えるASEAN関連首脳会議でも
強いメッセージを出すことを目指している。
議長国ラオスや中国と領有権問題を抱える
ベトナムとの協力が不可欠と判断した。
 フック氏とは首相主催夕食会を、
トンルン氏とはワーキングランチを設けるなど
招待国の中で厚遇ぶりが目立った。
「ASEAN諸国にとっても、サミットでは
欧米の首脳と意見交換する貴重な場になる」
(外務省幹部)ため、
サミット議長国となった機会を活用した外交攻勢を展開した。
 また、南シナ海と同様にシーレーン(海上交通路)として
重要なインド洋に位置する
スリランカのシリセナ大統領との会談では、
巡視艇2隻の供与を表明したほか、送電線整備など
約380億円の円借款供与を決定。
海洋安全保障分野での協力を強化する方針で一致した。
バングラデシュのハシナ首相との会談でも
総額1735億円の円借款供与を表明した。
 政府は「質の高いインフラ投資」を全世界で推進するため、
今後5年間で約2000億ドル
(約22兆円)の資金供給を表明しており、
開発面でも中国に対抗していく構えだ。
 安倍首相は、アフリカ連合(AU)議長国である
チャドのデビ大統領、パプアニューギニアのオニール首相とも会談し、

主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の拡大会合に参加した
スリランカのシリセナ大統領と会談し、
海洋協力強化の一環として
スリランカに巡視船2隻を供与することを表明した。
送電線整備を含むインフラ整備のため
総額約380億円の円借款供与も伝えた。
 供与する巡視船2隻は政府開発援助(ODA)を活用して
新たに建造し、来年引き渡す見通し。
シリセナ大統領は、中国重視路線を取った
前政権の外交路線を見直し、
日本との関係強化に意欲を見せている。
 これに先立ち安倍首相は拡大会合に参加した
バングラデシュのハシナ首相とも会談し、
ダッカ都市交通整備計画などへ
総額1735億円の供与を伝えた。
 インド洋は、日米や中国にとり、
東南アジアと中東を結ぶ重要なシーレーン(海上交通路)。
中国は、沿岸国のスリランカ、
バングラデシュで港湾整備に乗り出し、
インド洋における寄港地を確保する
「真珠の首飾り」と呼ばれる海洋安保戦略を進めてきた。
 日本は、両国との関係を一層強化して
中国の影響力を抑えたい考えだ。
 安倍首相は、東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国の
ラオスのトンルン首相とも会談し、
中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題を念頭に
「ASEAN関連会議の声明では一体となって
力強いメッセージを発することが重要だ」と述べ、
ASEANの対中国結束に向け、
ラオスの主導力発揮に期待感を示した。
南シナ海への中国進出阻止…日ベトナム首脳が協力確認

安倍晋三首相は28日、名古屋市内で
スリランカのシリセナ大統領と会談し、
インド洋のシーレーン(海上交通路)に位置する
同国の発展と地域の連結性強化が
地域全体の繁栄に不可欠との認識で一致した。
その上で両国の海洋協力強化の一環として、
スリランカに巡視船2隻を供与することを表明した。
送電線や上下水道のインフラ整備のため
総額約380億円の円借款供与も発表するなど、
中国をにらみ関係強化を重視する姿勢を鮮明にした。
 シリセナ大統領の訪日は昨年1月に就任してから初めて。
大統領はラジャパクサ前大統領の中国重視外交を見直し、
日本との関係強化に意欲を持っている。
 供与する巡視船2隻は政府開発援助(ODA)を活用して
新たに建造し、来年引き渡される見通し。
平成26年9月に安倍首相が同国を訪問した際、
ラジャパクサ大統領(当時)と海上保安分野での
協力として巡視艇供与に向けた調査開始を決めていた。
 安倍首相はまた、同国の古都キャンディ市の
都市開発への支援決定を伝えるとともに、
スリランカによる地デジの日本方式導入の決定を歓迎した。
これに先立ち、安倍首相はチャドのデビ大統領と会談した。
同国はアフリカ連合(AU)の議長国。
安倍首相は途上国への支援強化を打ち出した
主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を踏まえ、
8月に予定される「アフリカ開発会議」(TICAD)に関し、
デビ大統領に「サミットの成功をTICADにつなげたい。
協力をお願いしたい」と述べ、連携を呼び掛けた。
 デビ大統領は、日本が力を入れる
「質の高いインフラはアフリカにとって重要」として、
道路、水、保健、食料安全保障、
女性の教育などの分野での支援を要請した。
 安倍首相はバングラデシュのハシナ首相、
パプアニューギニアのオニール首相とも個別に会談。
東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国ラオスの
トンルン首相とは昼食を共にしながら会談した。
同日午後には東京に戻り、首相官邸で
ベトナムのフック首相と会談する。
各首脳は27日に閉幕した
伊勢志摩サミットの拡大会合に招待された。
じっと注視する「中国」 複雑化する南アジアパワーバランス


バングラデシュ人民共和国、通称バングラデシュは、
南アジアにあるイスラム教徒主体の国。
イギリス連邦加盟国、通貨はタカ、人口1億5,250万人、首都はダッカ。 
北と東西の三方はインド、南東部はミャンマーと国境を接する。
南はインド洋に面する。
西側で隣接するインド西ベンガル州とともに
ベンガル語圏に属す。 ウィキペディア
首都ダッカ
設立: 1971年3月26日
人口: 1.566億 (2013年) 世界銀行
通貨: タカ
公用語: ベンガル語
最近のバングラデシュ情勢と日本・バングラデシュ関係
平成28年3月23日

南アジアの国
スリランカ民主社会主義共和国、通称スリランカは、
南アジアのインド亜大陸の南東に
ポーク海峡を隔てて位置する共和制国家。
首都はスリジャヤワルダナプラコッテ。 
1948年2月4日、イギリスから自治領のセイロンとして独立。
ウィキペディア
首都: スリジャヤワルダナプラコッテコロンボ
通貨: スリランカ・ルピー
大統領: マイトリーパーラ・シリセーナ
人口: 2048万 (2013年) 世界銀行
公用語: シンハラ語、 タミル語、 英語

検索キーワード「スリランカ」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2016年5月22日日曜日
インド首相がイラン訪問、港湾整備へ2億ドル投資 中パ蜜月にくさび、

0 件のコメント:

コメントを投稿