慰安婦問題について、いろんな報道: 北方領土「返さないし、お願いすることもない」 ロシア外相が発言。北方領土にもロシア不況の波。色丹島 最大手の水産加工場に破産宣告、ロ大統領指示で捜査中。その他関連。

Translate

2016年5月31日火曜日

北方領土「返さないし、お願いすることもない」 ロシア外相が発言。北方領土にもロシア不況の波。色丹島 最大手の水産加工場に破産宣告、ロ大統領指示で捜査中。その他関連。

ロシアのラブロフ外相
ロシアのラブロフ外相は31日、
日ロ間の最大の懸案である北方領土問題に関し、
「われわれは(島を)返さないし、
日本に平和条約締結をお願いすることもない」と述べた。
ロシア大衆紙コムソモリスカヤ・プラウダとのインタビューを
インタファクス通信などが伝えた。

 ラブロフ氏は1956年の日ソ共同宣言について
「平和条約を締結した後、ソ連は善意の印として
色丹島と歯舞群島の引き渡しの問題を
検討することも可能」と書かれているとの解釈を示した。
 さらに、領土問題解決に向けた交渉は、
第2次大戦でソ連が勝利した結果として島々の主権が
ソ連に移ったと日本側が認めることなしには
行えないとの考えをあらためて強調した。
 日本政府は日ロ間の平和条約締結交渉を
「北方領土交渉」と同義だと位置付け、
交渉加速をロシアに呼び掛けてきた。(共同)

ロシアのメディアによりますと、北方領土の色丹島にある
地元最大手の水産加工場が経営に行き詰まって
裁判所から破産宣告を受け、北方領土にも、
低迷しているロシア経済の
不況の波が及んでいることを示した形となっています。
この水産加工場では4月に、女性従業員が
ロシア国営テレビに出演した
プーチン大統領に給与の未払いを直接訴え、
その後工場側は一部の従業員に対して
未払い分の給与を支給しました。
しかし、水産加工場は破産宣告を受けるまでに至り、
従業員たちはプーチン大統領あてに署名を送り、
雇用の確保を求めています。
島では、地元最大手の水産加工場が破産宣告を受けたことで、
雇用をはじめ島の経済全体に
大きな影響が出かねない事態となっていて、
北方領土にも、低迷が続くロシア経済の
不況の波が及んでいることを示した形となっています。

北方領土の色丹島にある地元最大手の水産加工場が
経営に行き詰まって裁判所から破産宣告を受け、
雇用など島の経済に大きな影響が出かねない事態となっています。
13日のロシアのメディアによりますと、
この水産加工場は、北方領土の色丹島にある「オストロブノイ」で、
税金を滞納したとして極東サハリンの裁判所から
破産宣告を受けたということです。
この水産加工場を巡っては、先月、女性従業員が、
ロシア国営テレビに出演したプーチン大統領に
給与の未払いを直接訴え、その後、
工場側は一部の従業員に対して未払い分の給与を支給しました。
しかし、水産加工場が破産宣告を受けるまでに至ったことで、
従業員たちはプーチン大統領宛てに署名を送り、
雇用の確保を求めています。
経営の行き詰まりは、ロシア経済の低迷が続くなか、
不況の波が北方領土にも及んでいることを示すもので、
地元最大手の水産加工場が破産宣告を受けたことで
雇用など島の経済に大きな影響が出かねない事態となっています。

ロシアのプーチン大統領の指示で当局の捜査を受けた
北方領土・色丹島の水産加工企業「オストロブノイ」が
経営破綻の状態に陥り、裁判所の管理下に置かれた。
インタファクス通信などが13日報じた。
 プーチン大統領は先月、テレビ中継を通じた国民との対話で、
同社で働く島民から賃金が未払いになっているとの訴えを受け、
検察当局に捜査を促す発言をしていた。
この結果、検察当局が捜査に乗り出し、経営破綻が露呈した。
 解雇の恐れに直面した従業員らは
「私たちにはほかに働き口がない」として
プーチン氏に再び文書で直訴。
捜査を中止して経営破綻から同社を救済するよう求めている。(共同)


プーチン・ロシア大統領の毎年恒例の
「国民とのテレビ対話」が4月14日に行われ、
今回は500万件の質問から80をピックアップして回答しました。
芝居じみたところもあるこの奇妙なショーは、
最高指導者の意識や内外政策の方向、
優先順位が暗に示されるので重要です。
一つ気になったのは、過去14回の対話で初めて
北方領土から質問が飛び出したことでした。
色丹島のオストロブノイという缶詰工場で働く
女性の季節労働者が大統領に、
「私たちは昨年夏からここで働いていますが、
給与が一切支払われません。
労働条件、生活条件は恐ろしいほどです。
帰ろうにも、船の切符を買う金がありません」と直訴しました。
プーチン大統領はやや顔をしかめながら、やりとりしました。
「この問題を当局に提起したかね」
「はい。サハリン州の検察局に提起しました」
「それで回答は」
「何もありません」
「遺憾なことだ。
検察局や労働基準局が適切に対処せねばならない。
検事総長がこの番組を見ていたら、
直ちにサハリン州検察局が
きちんと仕事をしているか調査してほしい。
労働省もだ。あとで私に報告してくれ。
私からも謝罪したい。問題を必ず解決すると約束する」
一時間後、検察が缶詰工場の捜査を開始したと発表しました。
サハリン州知事らの一団が翌日、色丹を訪れるなど、
大統領の鶴の一声は地方指導者を震え上がらせます。
地元が処理すべき労働争議に
最高指導者が臆面もなく口を挟むのはいつものパターンで、
国民に寄り添う大統領をアピールする演出です。
問題は、経済危機のロシアでは
この種の給与未払いがあちこちで起きているのに、
なぜあえて色丹を取り上げたかです。
質問に先立ち、テレビのリポーターは
色丹の出稼ぎ労働者について、
「彼らは囚人や奴隷のような扱いを受けています」と伝え、
北方領土は問題の多い地域という印象を与えました。
今年は旧ソ連が歯舞、色丹の引き渡しを約束した
1956年の日ソ共同声明から60周年ですが、
北方領土問題で
プーチン大統領は共同声明の履行を示唆しています。
5月6日のソチでの日露首脳会談を前に、
急に対日積極姿勢を見せる大統領は、
色丹の惨状を国民に示すことで、島の印象を悪くさせ、
引き渡しの環境整備を図ったのでは-と深読みしたくなりました。

色丹島のオストロブノイ
 漁業コンビナート<<オストロブノイ>>は旧ソ連時代の1960年に
色丹島に設立された、ソ連でも屈指の規模を誇る
漁業コンビナートだったが、1992年のソ連崩壊に伴い、
経営は苦境に立たされた。
さらに、1994年の北海道東方沖地震では、
工場が壊滅的な被災をし生産はストップした。
1999年に復活し、おもにサンマの缶詰を製造している。

ロシア漁業ニュースヘッドライン
北海道機船漁業協同組合連合会
http://kisenren.com
色丹島給与未払い問題 ユーリ・ベルキンに逮捕状
2016-04-26 12:09:23 | 日記
2016年04月26日 モスクワ発
[色丹島給与未払い問題 姿を消したユーリ・ベルキン]
2016年4月14日行われた
大統領プーチンと国民との直接対話において、
色丹島サンマ・パッカー漁業コンビナート“アストロブヌイ”
(Рыбокомбинат Островной)の
給与未払い問題が指摘されたが、
この後、創業者で株主のユーリ・ベルキン
(Юрий Белкин)が姿を消していることがわかった。
ベルキンの財産は当局により押収されたとしている。
また、当局はベルキンに対して
国際捜査手配と逮捕状がだされたと発表している。


ロシアのラブロフ外相が、北方領土問題について、
4島全てが交渉対象だとする認識を示した。
しかし、従来の強硬姿勢は崩さず、
日露の立場の違いが改めて浮き彫りになった。
 ラブロフ外相は12日、日本を含む一部外国メディアと会見した。
この中でラブロフ外相は、北方領土の問題について
「4島の帰属を完全に明確にしたい」と述べ、
来月に予定されている日露首脳会談を前に、
領土問題を交渉することへ柔軟な姿勢を見せた。
 しかし、平和条約を締結した後に、
歯舞群島と色丹島の2島を返還するとした
「日ソ共同宣言」を重視するとして、
領土問題の解決を平和条約締結の条件とする
日本との立場の違いを改めて強調した。
 また、北方領土を含むクリル諸島で進めている軍備強化についても、
「国境での安全を確保する義務がある」と説明するなど、
強硬姿勢を崩していない。
ロシアのラブロフ外相は26日、北方領土問題について
「日露平和条約締結と領土問題の解決は同じ意味ではない」と述べ、
領土問題の解決を平和条約締結の前提とする
日本政府の立場を否定する考えを示した。
 「(日露)平和条約締結と
領土問題の解決は同じ意味だと考えていない」
-ラブロフ外相は記者会見でこのように述べ、
「北方四島の帰属の問題を解決して、
ロシアとの間で平和条約を締結する」とする日本政府の立場を否定した。
 その上で、
「第2次世界大戦の結果を認めることなしに前進することはできない」
と強調。領土問題を議論する前提として、
「北方領土は第2次世界大戦の結果、ロシアの領土になった」とする
ロシア側の主張を受け入れるよう、日本に迫った。
 一方で、来月に行われる日露外務次官級協議では
「日本側が提起すれば、どのような問題でも協議する」と述べ、
領土問題を含め、話し合う姿勢も見せている。
成果は首脳間の対話継続ぐらい
約10カ月ぶりとなる日露首脳会談では、
北方領土交渉のカギを握る
ロシアのプーチン大統領の訪日をめぐり
「ベストなタイミングを探る」ことで一致したが、
「年内に実現」との従来方針は明確に確認しなかった。
日本政府としては、ウクライナに加えシリアをめぐっても対立を深める
米露両国のはざまでロシアに譲歩もできず、
首脳間の対話継続を確認するくらいしか成果がないのが現状だ。
 「自民党総裁に再選を果たしたことにより、
さらに腰を据えてウラジーミルとの間で
平和条約交渉に取り組むことができる素地は整ってきた」

 安倍晋三首相は首脳会談の冒頭、
経済協力の強化を真っ先に求めたプーチン氏に対し、
ファーストネームで呼びかけ親密さをアピールしつつ、
北方領土交渉こそが最優先課題との方針を強調した。
 1週間前にモスクワで開かれた日露外相会談では、
直後にロシアのラブロフ外相が「北方領土は協議していない」と発言するなど、
ロシア側は北方領土問題を交渉のテーブルに載せることすら難色を示している。
「最終意思決定をするのはプーチン氏であり安倍首相だ」
(菅義 偉=すがよしひで=官房長官)というように、
トップ外交でしか事態は打開できないというのが首相の基本方針であり、
首脳会談の冒頭でくぎを刺した格好だ。
 交渉のカギを握るプーチン氏の年内訪日を実現するには、
ロシア側が望む経済協力も必要となる。
ただ、これに待ったをかけているのが米国だ。
米国務省のトナー副報道官は22日の記者会見で
「ロシアと“通常通りの仕事”をするときではない」と牽制(けんせい)した。

 米国が警告のトーンを強めているのは、
シリアのアサド政権への対応をめぐり
米露の主張が真っ向から対立しているからだ。
この問題が改善されない限り、
せっかく実現した日露首脳会談も話を進めようがない。

 首相周辺は「もともと会談に30分程度しか時間を取っておらず、
成果は期待していなかった」と語る。
結局、首脳会談は「安倍・プーチンの個人的関係は切れていない」
衛星で分析 プーチン氏の国連演説とも連動?

2015年09月16日 22時02分 YOMIURI ONLINEホームへ
日露両政府は、岸田外相が20日にもモスクワを訪問し、
ロシアのラブロフ外相と日露外相会談を行う方向で最終調整に入った。
 日本政府は岸田氏の訪露により、安倍首相とプーチン露大統領が
昨年11月の首脳会談で合意した「プーチン氏の年内来日」に道筋をつけ、
北方領土交渉の進展につなげたい考えだ。 
日露外相会談が実現すれば、
昨年2月のドイツ・ミュンヘンでの会談以来、約1年半ぶり。

 岸田氏は会談で、メドベージェフ首相らロシア政府要人の
北方領土訪問に遺憾の意を示すとともに、領土交渉を巡る
ロシア側の真意を探るとみられる。
ロシア側は、日本企業による極東開発投資など経済連携強化を求める見通 し。
岸田氏とシュワロフ第1副首相との会談も調整されているほか、
「貿易経済日露政府間委員会」も開かれる方向だ。
ロシア政府筋は、読売新聞の取材に「岸 田外相を来週、モスクワに迎え、
会議を開催する準備を進めている」と語った。 
(2015/09/16 15:00) テレ朝

新潮社フォーサイト   新潮社の会員制国際情報サイト。 
中国に冷遇され破たんする「プーチン戦略」:「反日外交」も裏目
更新: 2015年09月13日 15時10分 JST ハフポスト日本版
ロシアのプーチン大統領は9月3日、中国の対日戦勝70周年式典に参列、
習近平国家主席の右隣に立ち、中露の盟友ぶりを誇示した。
同大統領の訪中は、2000年の就任以来これが24回目。
この間の訪日は4回で、最近の北方領土問題での反日志向と併せ、
すっかり中国一辺倒に舵を切った形だ。
3日夜の 首脳会談では、
30近い経済協力文書が両首脳の見守る中で調印された。
だが、いずれの案件も中国の消極姿勢が目立ち、
ロシアの経済苦境を救う案件はなかっ た。
欧米の制裁で中国が頼りのロシア経済にとって、
中国の冷淡な対応は誤算だ。

口先だけのエネルギー協力
最近の中露経済交渉では、ロシアのエネルギー大手トップが
中国側と個別交渉し、
企業間で中国との近さを競い合っている印象だ。
今回、最も目立ったのは国営石 油会社ロスネフチで、
セチン社長は
「ルースキー油田など2つの大型油田開発などに中国が投資し、
総投資額は300億ドルに達する」と豪語した。
しかし、こ れは「潜在的な可能性のある数字」(同社長)とされ、
一種の努力目標にすぎない。
ロシア紙ガゼータ(9月4日)は専門家の話として、
「合意の条件はこれから詰める必要がある。
原油価格の下落を考えれば、中国側の対応は厳しくなろう」と伝えた。

大統領に近い実業家、ティムチェンコ氏が率いるガス業界2位の
ノバテクは今回、中国のシルクロード基金との間で、
北極海のヤマル液化天然ガス(LNG)計画に
中国側が10%出資することを検討する「枠組 み協定」に調印した。
欧米の金融制裁を受けるノバテクは中国の融資を期待し、
同氏は「中国が将来200億ドル出資する」としていた。
しかし、今回の協定を 含めて検討段階であり、
中国側はまだ出資を一切決めていない。

ガス生産量が今年、過去10年で最低となるなど低迷する
最大手のガスプロムは 今回、
中国側とエネルギー協力に関する覚書に調印した。
しかし、懸案のガスパイプライン西ルートについて合意に至らず、
ミレル社長は
「来年春の調印を希望 する」と述べるにとどまった。
昨年着工した東ルートも、中国側が価格引き下げを要求し、
工事が停滞している模様だ。
エネルギー以外の合意文書でも、目玉と なる案件はなかった。
今回、首脳会談後の共同記者会見が行われなかったのは、
進展がなかったためだろう。

中国が主導権
既 存油田・ガス田の枯渇化が進むロシアにとって、
新規油田・ガス田の開発が急務だ。
独立新聞(9月4日)によれば、メドベージェフ首相は
3日にモスクワで開 かれた石油業界の会議で
、「新規油田を開発して増産し、
ロシアが石油産業のリーダーとしての地位を保持することが
極めて重要だ」と強調し、新規開発を指示 した。
しかし、この会議では原油価格が今後、
1バレル=25-30ドルに下落する可能性のあることが報告され、
暗いムードが漂ったという。

欧 米諸国の対露制裁で、西側企業による
エネルギー産業への技術支援や融資が困難になる中、
ロシアにとっては中国の融資が頼りだったが、
首脳会談では中国側の冷淡な対応が目立った。
ロイター通信(9月3日)は、
「原油価格の下落、ルーブルの暴落、中国自身の経済混乱や
汚職一掃運動が、ロシアとの一連のプロジェ クトを
無期延期にする可能性がある」とする業界筋や専門家の話を伝えた。
中国政府高官も8月、インタファクス通信に対し、
「原油価格下落がガス・プロジェ クト交渉を複雑にしている。
ルーブルの下落も中露経済協力に大きなリスクをもたらした」と発言した。

英紙フィナンシャル・タイムズ(8月18日)は、
「中露のエネルギー協議では中国が主導権を握っている。
中国経済の悪化でガス需要は予想以上に落ち込み、
中国にとって一連のプロジェクトを急ぐ必要は全くない。
ロシアとの交渉で中国は非常に強い立場にある」と書いた。

「脱露入米」へ向かう中国
プー チン大統領は以前、2025年までに石油輸出全体の35%、
ガス輸出の25%を中国向けにすると語ったことがある。
現在、中国向け石油輸出は全体の 14.8%だが、
ガス輸出はまだほとんどゼロで、サハリン産LNGを
高値で大量購入する日本の方がお得意様だ。
中国は東南アジアやアフリカ、中南米など既に大量投資した
ガス田からの輸入を拡大しており、需要が低迷すれば、
リスクを伴うロシアからの新規ガス輸入を急ぐ必要はない。
ロシアの評論家、ウラジスラ フ・イノゼムツェフ氏は
モスクワ・タイムズ紙(9月2日)で、
「中露のエネルギー協力の夢は消え去った。
ガスパイプライン計画『シベリアの力』がいつ完成 するかは
誰にも分からない」と書いた。

中露両国は昨年883億ドルだった2国間貿易を、
今年1000億ドルに乗せる目標を掲げたが、ロシア の経済危機や
中国経済の混乱で、
今年上半期の往復貿易は前年同期比28.7%のマイナスだった。
中国の対露投資はまだ少なく、昨年は16億ドルにすぎな かった。
イノゼムツォフ氏は
「中国はその10倍以上をカザフスタンに投資している」
「昨年のロシアからの資本逃避総額1515億ドルは到底挽回できない」 とし、
両国の経済事情から、
「中露の経済的、政治的関係を強化することは、
かつてなく難しくなりつつある」と指摘した。

プーチン大統領は 「日本軍国主義批判」に同調するなど、
中国に政治・外交面で協調して恩を売れば、
中国から経済的配当が得られると目論んだようだが、
中国は現実的かつしたたかであり、
経済が破綻しかけたロシアに魅力を感じていない
中露間では、70周年式典相互参加や公式首脳会談、合同軍事演習など
今年の主要な交流はすべ て終わり、しばらく関係強化のモメンタムはない。
中国外務省関係者は最近、
中国外交が今後「脱露入米」に向かう可能性を示唆した。
日米を敵に回して中国に すり寄ったプーチン戦略は
裏目に出るかもしれない。(名越健郎)


名越健郎
1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。
時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、
ワシントン支局、外信部長を歴任。
2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。
国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。
著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ 関係史』(中公新書)、
『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、
『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、
『独裁者プーチン』(文春 新書)など。

択捉島
北方領土・択捉島の水産加工場で、説明を受けるロシアのメドベージェフ首相(22日)=共同
ロシア首相が択捉島訪問 岸田外相の訪ロ先送り
2015/8/22 11:28 (2015/8/22 13:03更新) 日本経済新聞
 ・・・ これを受け、日本の外務省の林肇欧州局長は22日午前、
アファナシエフ駐日ロシア大使に電話で抗議した。
外務省によると、大使はロシアの主権の範囲内の行動だとする
原則的な立場を述べたという。
8月末で最終調整していた岸田文雄外相の訪ロは先送りする。
日ロ関係への悪影響は避けられない見通しだ。

北方領土:きょう択捉訪問 露首相、サハリン到着
毎日新聞 2015年08月22日 東京朝刊 

ロシア メドベージェフ首相 択捉島に到着
8月22日 12時05分 NHK
2015年08月22日 11時37分 YOMIURI ONLINEホームへ
 【モスクワ=田村雄】ロシアのインターファクス通信によると、
メドベージェフ露首相は22日、北方領土の択捉島を訪問した。
 露首相が択捉島に入ったのは初めてで、

北方領土4島の実効支配を強化する狙いとみられる。
首相の訪問中止を求めてきた日本政府の要請を無視したもので、
日露が目指すプーチン露大統領の年内訪日に向けた調整に
影響を与える可能性がある。

 同通信によると、メドベージェフ首相は22日、
訪問先の極東サ ハリンから択捉島に到着。島内で開かれている
教育関連の会合に出席し、空港や水産加工場、港湾など
島内の社会基盤の整備状況の視察を行う。
サハリン州のコ ジェミャコ知事代行との会談も予定している。
首相にはガルシカ極東発展相が同行している模様。

 ロシアは第2次大戦終結から70年の今年、「戦勝国」としての立場を訴え、
北方領土についても強硬な態度を示している。
7月18日にスクボルツォワ保健相、8月13日には極東開発担当の
トルトネフ副首相がそれぞれ北方領土を訪問した。

 露政府は、北方領土を
「自国領」として長期的に開発する方針も強めている。
2025年までの10年間で700億ルーブル(約1500億円)を投じて
北方領土と周辺地域の道路や港湾、公共施設などを拡充し、
産業振興を図るとする「発展計画」を今月発表した。

 メドベージェフ氏は大統領だった10年11月、
ソ連・ロシアの最高指導者として初めて国後島を訪問し、
首相としても12年7月に同島を訪れた。
大統領として初めて国後島を訪問した際には、日露関係が大きく後退した。
択捉島を露大統領が訪問したことはない。

 昨年3月のロシアによるウクライナ南部クリミア半島併合で
停滞している日露関係の改善に向け、安倍首相とプーチン大統領は
昨年11月の首脳会談で、プーチン氏の年内訪日を目指すことで合意した。
その準備のため、岸田外相のロシア訪問も検討されている。
【安全保障講座】樺太・真岡に散った乙女達の真実[桜H27/1/20]SakuraSoTV

「500人が参加」
駒木明義=モスクワ、杉崎慎弥 
2015年3月20日23時58分
ロシア軍は20日、
「クリル諸島(北方領土と千島列島のロシア側呼称)で、
約500人が参加する軍事演習を開始した」と発表した。

東部軍管区の担当者は朝日新聞の取材に、
北方領土が演習場所に含まれているかは
明らかにできないと説明した。
 タス通信によると、演習は、
武装した破壊工作員約100人が侵入したという想定。
500人の軍人のほか、ヘリコプター4機を含む
約100台の軍事車両が参加している。
 日本外務省は、情報を確認中としている。
北方領土での演習が確認されれば、
ロシア側に抗議することも含めて対応を検討する。
外務省は昨年8月、ロシア軍が北方領土を含む地域で1千人以上が参加する
軍事演習を行った際には、ロシアの駐日臨時代理大使に
「我が国の法的立場から到底受け入れられない」と抗議した。
駒木明義=モスクワ、杉崎慎弥

北方領土で軍事演習
=敵潜入想定、
日刊アメーバニュース無人機投入も-ロシア
2015年03月20日 19時53分提供:時事通信
時事通信【モスクワ時事】インタファクス通信によると、
ロシア軍の東部軍管区は20日、
クリール諸島(北方領土と千島列島)で
軍事演習を行ったと発表した。
同諸島には国後島と択捉島以外に基地がなく、
北方領土で実施しているとみられる。  
演習は、ロシア軍が最近全土で開始した「戦略指揮・参謀訓練」の一環。
クリール諸島では兵員約500人、兵器最大100両、
ミル8輸送・攻撃ヘリコプ ター4機が参加した。
武装した敵の「破壊工作グループ」最大100人が島に潜入した事態を想定し、
偵察のため無人機も投入された。  
サハリン(樺太)でも20日、兵員最大1000人、
T72戦車多連装ロケット砲「グラード」など
兵器300両以上が実弾射撃訓練を実施した。  
ロシア軍は2013年7月と14年9月、
東部軍管区で10万人以上の軍事演習を行った。
今回の演習でも、
中国東北部と国境を接する沿海地方のミサイル師団が19日、
短距離弾道ミサイル「トーチカU」を発射した。

ロシア、来年5月に安倍首相招待 対独戦勝の式典に 
2014/12/29 02:00 【共同通信
 ロシアが来年5月にモスクワで開く
対ドイツ戦勝70周年記念の式典に
安倍晋三首相を招待していることが分かった。
日ロ関係筋が28日、明らかにした。

ロシアは北朝鮮の金正恩第1書記も招待しており、
共に参加すれば同席する可能性が出てくる。
ただ日本はウクライナ 情勢を受けて対ロ制裁中であり、関係筋は
「現時点で安倍首相が招待に応じるかは決まっていない。
最終的には首相判断だ」と述べた。
 首相は今年11月、北京での日ロ首脳会談で、

来年のプーチン大統領来日に向けて準備する方針で一致した。
このため式典出欠の判断が来日などへ影響を与えるのかについても、
慎重に見極めるとみられる。

検索キーワード「ロシア」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
 2014年12月18日木曜日
「中銀と政府は適切な対策」 =ルーブル暴落でロシア大統領。
ルーブル危機、「プーチン帝国」崩壊への序曲か 。
2014年12月17日水曜日
日経平均3日ぶり反発、ルーブル急落が重し。
【国家の自立】石油利権とロシア潰し、インテリジェンスと日本制圧[桜H26/12/1] 。
 ニュースの教科書編集部 OPECが原油価格暴落にもかかわらず、
減産を見送った背景。
2014年9月10日水曜日
舛添知事 ・・・ 今度はロシアですか ・・・ 
デング熱対策をほったらかして、何してるんでしょ
2014年8月24日日曜日
番外編 例の反日TBSが満終戦の番組をするらしい ・・・
2014年12月8日月曜日
イスラエル:「シリア空爆」報道 首都の国際空港と郊外。 
ウクライナ巡りロ大統領、国境付近の軍に撤収命令?・・・。
イスラム国で韓国人隊員も活動 CNN。
米軍、ウクライナで合同演習へ 地上部隊200人派遣

0 件のコメント:

コメントを投稿