慰安婦問題について、いろんな報道: 【舛添知事公私混同疑惑】退職金は2200万円 返納難しく1カ月以内に支払い。「遅きに失した」「弁明ばかり」 舛添氏辞職 都民ため息 。舛添都知事が議長に辞職願を提出 21日付で辞任へ。不信任決議案 参院選がダメになると…慌てた自民も提出の方針、辞職は不可避な情勢。自公急変 舛添知事斬り加速  猪瀬前知事追い込んだ総務委員会に招致へ。その他関連。

Translate

2016年6月15日水曜日

【舛添知事公私混同疑惑】退職金は2200万円 返納難しく1カ月以内に支払い。「遅きに失した」「弁明ばかり」 舛添氏辞職 都民ため息 。舛添都知事が議長に辞職願を提出 21日付で辞任へ。不信任決議案 参院選がダメになると…慌てた自民も提出の方針、辞職は不可避な情勢。自公急変 舛添知事斬り加速  猪瀬前知事追い込んだ総務委員会に招致へ。その他関連。

大勢の報道陣が見守るなか本会議場へ向かう、
辞表を提出した舛添要一東京都知事(中央)
=15日午後、東京都新宿区の東京都庁(寺河内美奈撮影)
東京都によると、21日付で辞職する舛添要一知事には
在任期間2年4カ月分の退職金として
約2200万円が1カ月以内に支払われる。
返納を望んでも、公選法が公職者らに禁じる
「選挙区内での寄付」に当たる可能性があり、
難しいという。

 都議会総務委員会で行われた政治資金流用問題などを巡る
13日の集中審議で、舛添氏は都政を混乱させたとして
給与全額の返上を表明。
そのための条例案を議会に提出したが、15日に撤回した。
 退職金は、給与から諸手当を除いた給料の月額や
在職月数などから算出しており、退職のタイミングで
給料がゼロなら退職金は支払われない。
ただ、仮に全額返上の条例案が可決されていても
施行日は7月1日で、
6月中に辞職か失職すれば退職金は支払われていた。
与野党後継候補選びに着手…「桜井パパ」の名も

「遅きに失した」「弁明ばかり」 舛添氏辞職 都民ため息
東京都の舛添要一都知事が15日午前、
都議会議長に辞職願を提出した。
政治資金流用疑惑の発覚から2カ月弱。
「遅きに失した」「辞めて当然だ」。
前日まで「リオデジャネイロ五輪までの猶予を」と
未練を見せた舛添氏の姿勢に、都民から厳しい声が相次ぐ。
五輪開催決定後、トップが2代続けて“途中退場”する事態。
都政の停滞や準備の遅れへの懸念も聞かれた。
 舛添氏は21日に辞職する。
15日朝、霧雨の降る都心を行き交う市民の多くは
「当然」と受け止めていた。
 東京都板橋区の男性会社員(58)は
「税金を自分や家族のために使うなんてトップとしてあるまじき姿。
絶対許せない」と突き放す。江東区の男性会社員(45)も
「遅きに失した。辞めるなら疑惑が出た直後、
1カ月前でよかった」と語った。
 東京都武蔵野市の主婦(69)は知事の説明姿勢に疑問を感じた。
「セキュリティーのこともあり、飛行機のファーストクラスくらいは
仕方ないかなと最初は思ったが、最後の最後まで弁明ばかり」
と語気を強めた。
港区の女性会計士(36)も「かなり粘ったなあ。
『ルール違反はない』とのことだったが、
徐々に不信感が湧いた」。
 東京都八王子市から通勤途中の男性会社員(57)は
「ちょっとせこいだけで辞職までするなんて」と、やや意外そう。
「選挙には何十億円もお金がかかる。次の選挙まで時間はなく、
まともな選挙にならないのではないか」と首をかしげた。
 都政を担う都職員も批判的な意見が目立った。
ある局長は「醜態をさらす前の賢明な判断だ」。
もっとも在任中の実績については
「評価する以前の段階。何も残らない」とばっさり。
「嫌な辞め方をする知事が続いている。
次こそは堅実に仕事をしてくれる人であってほしい」と漏らした。
 別の局長は「(高額の海外出張費などについて)
最後まで事務方に責任を押しつけていた。
トップの資質がない」と強調。
「知事には大きな組織を率いるリーダーシップ、
五輪という国際イベントを遂行できる能力が求められる」
と“ポスト舛添”への期待を語った。
 ある部長は「頭がいいので着想力はあるが、
やりきる力がなかった」と残念がる。
「成長戦略への志向はあった。
その路線を引き継いでいかないといけない」
と自分に言い聞かせていた。
 4年後の東京五輪・パラリンピックへの影響が
取り沙汰される中で「リオ五輪までは残りたい」と
繰り返していた舛添氏。
スポーツ庁オリンピック・パラリンピック課の担当者は
「何があろうと東京大会を成功できるよう、
着々と準備を進めていきたい」と淡々と話す。
 五輪組織委の幹部は「森喜朗会長と
舛添氏は信頼関係が強かっただけに、
次の知事が五輪開催のほか、都税を会場整備に使うことに
消極的な人がなると困る」と指摘。
「東京五輪が知事選の争点にならなければいいが……」
と声を潜めた。

2016.6.15 11:42 2【舛添知事辞職へ】産経ニュース
7月21日告示・8月7日投開票で調整

議会運営委員会の理事会に出席する舛添都知事
(14日午後、東京都新宿区)

舛添知事、続投意向を崩さず 自民も不信任案提出へ
2016/6/14 20:17 日経新聞
東京都の舛添要一知事の政治資金流用疑惑など
一連の問題を巡り、自民党は14日、都議会議会運営委員会に
舛添氏の不信任決議案を提出する方針を決めた。
知事与党の公明党を含む他の会派も不信任案を出しており、
採決すれば可決される見通し。
舛添氏は9月の定例会まで職にとどまる意向を示しているが、
辞職は不可避な情勢だ。

不信任案の可決には3分の2以上の議員が出席し、
4分の3以上の同意が必要となる。
各会派は一本化に向けて文言を調整しており、
閉会日の15日午後の本会議で審議、採決される見通し。
可決すれば舛添氏は辞職か議会を解散するかを選択する。
10日以内に判断しなければ失職する。
 辞職すれば50日以内に都知事選が実施される。
解散した場合でも、40日以内に実施される
都議選の後に開かれる議会で、不信任案が出れば、
今度は過半数の賛成で可決できる。
再び可決されて失職する公算が大きい。
 都議会の川井重勇議長は14日、議長室で舛添氏と会談し、
自主的に辞職するよう促した。
舛添氏は辞職した場合、8~9月の
リオデジャネイロ五輪・パラリンピックと選挙の
日程が重なることなどを説明し「今は応じられない」と拒否した。
自民党はなお自発的辞職も求めている。
 舛添氏は14日夕に開かれた議会運営委理事会に出席し、
不信任案の提出をリオ五輪・パラリンピックの後まで
猶予するよう改めて要請した。
 一連の問題では、舛添氏が13日の総務委員会の
集中審議でこれまでと同様の説明を繰り返したことから、
自民党を除く各会派は辞職を要求した。
自民党も幹部らが14日に協議し
「辞職は避けられない」との認識で一致した。
国政で連立を組む公明党が不信任案提出に踏み切ったため、
自民党も足並みをそろえて
舛添氏の早期辞任を迫る方針にかじを切った。
 自公両党は当初、参院選(22日公示―7月10日投開票)と
都知事選との同日選や、
解散による都議選が行われることの混乱を懸念し、
舛添氏の進退の先延ばしを容認する動きもあった。ただ、
舛添氏の答弁を受けて有権者の反発が広がり、
自公に飛び火して
参院選に悪影響が出る事態への懸念が強まった。
 菅義偉官房長官は14日の記者会見で
「政府としてコメントすべきではない。
都議会の動きを見守っていきたい」と述べるにとどめた。
与党の閣僚経験者は
「このままだと参院選への影響は避けられない。
なんとしても辞めさせるべきだ」と述べた。

舛添知事「進退は9月定例議会まで待ってほしい」
6月14日 18時23分 NHKニュースウェブ
東京都の舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題で、
都議会では、15日の本会議に向けた対応を協議する
委員会の理事会が開かれ、この中で舛添知事は現時点で
辞職はしないとしたうえで進退については9月の定例議会まで
待ってほしいという考えを伝えたということです。
一方、自民党と公明党も含めた7つの会派が
不信任任決議案を提出する方針で、
舛添知事の対応が今後の焦点となります。
東京都の舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題で、
都議会は13日、集中審議を行い、自民党を除く5つの会派が、
辞職を求めたのに対し、舛添知事は
リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックが終わるまで
不信任決議案の提出を猶予してほしいという考えを示しました。
都議会は15日の本会議に向け、
14日、議会運営委員会の理事会を開いていて、
2時間半余りの休憩をはさんで再開しました。
この中で舛添知事は現時点で辞職はしないとしたうえで
進退については9月の定例議会まで待ってほしいという
考えを伝えたということです。
理事会は、その後、再び休憩に入っています。
15日の本会議では、自民党と公明党を含む
7つの会派が不信任決議案を提出する方針で
各会派では決議案を
一本化するための協議が進められています。
一方、舛添知事は14日午後、
自民党の川井重勇都議会議長と会談し、
15日の本会議で不信任決議案が提出される前に
みずから辞職するよう促されたのに対し、
「応じられない」という考えを伝えたということです。
自民党は引き続き舛添知事に対して
速やかに辞職するよう求めているということで、
舛添知事の対応が今後の焦点となります。

スポーツ庁長官「混乱は残念」
舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題について、
スポーツ庁の鈴木大地長官は14日の記者会見で、
「オリンピックとパラリンピックの開催都市のトップリーダーが、
こういう形で混乱を引き起こしているのは残念だ」と述べました。
そのうえで東京大会の準備への影響を懸念する声については
「そういう声はあるかもしれないが、おそらく担当の部局では、
粛々と進めてくれるだろうと思っている。
われわれとしてはアスリートがよい環境で
みずからのパフォーマンスを最大限発揮できるように望んでいるし、
オリンピックとパラリンピックの運営がスムーズにいくように
最大限のサポートをしていきたい」と述べました。

同友会代表幹事「普通は辞めるべき」
経済同友会の小林代表幹事は、14日の記者会見で、
「問題外だ。本人のご判断で
普通は辞めるべきではないか」と述べました。

自民幹事長「感じが悪いとペケがつく」
自民党の谷垣幹事長は、東京都内で開かれた会合で、
「衆議院選挙は、
『政権選択選挙だ』と多くの国民が思っているが、
参議院選挙は『中間選挙だ』と思っているので、
ちょっと感じが悪いなと思ったら、『ペケ』をつける。
今、東京で苦労をしているが、こういうことが起こると
『ペケ』がつくかもしれない。
これが参議院選挙の怖さだ」と述べ、
東京都の舛添知事を巡る問題が
参議院選挙に与える影響に懸念を示しました。


参院選がダメになる…慌てた自民、不信任案提出へ
舛添都知事に自ら辞めるよう説得を試みた自民党でしたが、
結局、説得は失敗に終わり、
各会派からは
それぞれ不信任案が提出されることになりました。
 (政治部・中丸徹記者報告)
 転機は12日にあったようです。舛添都知事は12日に
自民党の都連の内田幹事長と極秘に面会をしていたそうで、
その席で舛添都知事は「給料を全部返納するので、
任期満了の2018年まで都知事をやらせてほしい」
というふうに提案したそうです。
自民党側からは、
「とてもそんな空気ではない」ということを伝えました。
先週までは、自民党本部も
「参議院選挙を避けてもらい、リオ・オリンピックに出席して
9月ぐらいに辞めてもらったらいいのではないのか」
というような少しのんびりした構えで
この問題を静観していたのですが、
あまりに都知事の説明が変わらず、
決して「辞める」と言わないことから、
都民を中心とする国民の怒りがだんだんと矛先が
自民党の方に向いてきて、
「自民党が守っているんじゃないか」
というふうに変わってきました。
実際、自民党の議員や参議院選挙の候補のもとには
「舛添都知事が辞めない限りは、絶対に応援しないぞ」
という抗議の声が殺到するようになりました。
自民党が恐れていた参議院選挙への悪影響というのが
直接、出てきてしまい、舛添都知事を説得に掛かりましたが、
13日に都議会で出てきた舛添都知事の案は
「リオ・オリンピックの後まで不信任案を待ってほしい」
というものでした。
これでは、都議会を解散するなどのカードが
都知事に残ってしまいます。
それだけは避けたいということで、
「とにかく、直ちに辞めてほしい」という説得を続けてきましたが、
頑として都知事が飲まなかったようです。
最後の手段として、不信任案を
自民党からも提出するということになったようです。
自民党としては、舛添都知事に「ノー」を出したということを
有権者に訴えて、参議院選挙で
「自民党が守っているわけではない」というふうに、
舛添都知事の問題と自民党を切り分けたいという
訴えをしていくしかないということになります。
東京都の舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題で、
都議会では、15日の本会議に向けた対応を協議する
委員会の理事会が開かれ
自民党が不信任決議案を提出する方針のほか、
これまでにほぼすべての会派から不信任決議案が出されました。
一方、自民党は舛添知事に対して15日の本会議を前に
みずから辞職するよう求めているということです。
東京都の舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題で、
都議会は13日、集中審議を行い、自民党を除く5つの会派が、
辞職を求めたのに対し、舛添知事は
リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックが終わるまで
不信任決議案の提出を猶予してほしいという考えを示しました。
都議会は15日の本会議を前に、
14日議会運営委員会を開いて対応を協議する予定で、
これに先立って各会派の幹部による理事会が行われています。
この中で、自民党が不信任決議案を提出する方針のほか、
これまでにほぼすべての会派から
不信任決議案が出されたということです。
一方、舛添知事は14日午後、
自民党の川井重勇都議会議長と会談し、
15日の本会議で不信任決議案が提出される前に
みずから辞職するよう促されたのに対し、
「応じられない」という考えを伝えたということですが、
自民党は引き続き舛添知事に対して
速やかに辞職するよう求めているということです。

不信任決議案 提出後の流れ
不信任決議案は15日に開かれる都議会の本会議で審議され、
全議員の3分の2以上が出席したうえで、
出席議員の4分の3以上が賛成した場合に可決されます。
都議会の定員は127人。現在4人が欠員です。
舛添知事を支えてきた自民党が56議席、
公明党が23議席で、全議席の60%余りを占めています。
決議案の可決には自民党の賛成が必要です。
不信任決議は辞職勧告決議と違って法的拘束力があり、
通知を受けた10日以内に、知事は辞職するか、
都議会を解散するか、あるいは解散して
辞職もするかの判断を迫られることになります。
また、こうした判断を示さない場合、
通知の日から10日で自動的に失職します。
辞職、または失職した場合、
その日から50日以内に知事選挙が行われ、
都議会を解散させた場合は、
解散の日から40日以内に都議会議員の選挙が行われます。
一方、辞職せず都議会を解散させた場合、
その後、新たに選出された都議会が再び知事に対し
不信任決議を行った場合は、
知事は直ちに失職することになります。

舛添知事 パラリンピック閉会式に出席予定
舛添知事の今後のスケジュールです。
この夏にはオリンピックのリオデジャネイロ大会が
8月5日から21日の日程で、パラリンピックが
9月7日から18日の日程で開かれます。
舛添知事は8月21日のオリンピックの閉会式に出席し、
次の開催都市の代表としてオリンピックの旗を受け取り、
東京に持ち帰ることになっています。
さらに9月18日のパラリンピックの
閉会式にも出席する予定になっています。

都知事・舛添、9月辞任、10月選挙か? 
なでしこりんブログ 2016.06.04 9:52 PM

東京都の舛添要一知事(67)を取り巻く環境が激変した。
都議会各会派が、13日の総務委員会に舛添氏を招致し、
「一問一答」方式の徹底質疑を行う方向で最終調整に入ったのだ。
首都の名誉を貶める、舛添氏の「政治とカネ」の疑惑に切り込む。
さらに強い調査権限を持つ
百条委員会(調査特別委員会)の設置も見えてきた。
都民や国民の猛反発を受け、舛添氏を支えてきた
自民、公明両会派が「舛添斬り」に方針転換した。

 舛添氏の疑惑は、ついに都議会の許容範囲を超えた。
 誠意ゼロだった所信表明(1日)に激怒し、
都議会・総務委員会の理事らが2日、水面下で協議した。
その結果、理事会を9日に開き、13日の総務委員会に
舛添氏を招致する方針が決まった。
同委員会は、事前の質問通告はなく、
「一問一答」形式で質疑が行われるのが最大の特徴だ。
 医療法人「徳洲会グループ」から
現金5000万円を受け取ったとして、2013年12月に辞職した
猪瀬直樹前知事は、この総務委員会で窮地に追い込まれた。
5000万円を模した白い箱をカバンに押し込もうとして、
チャックが閉まらない醜態をさらした、あの委員会である。
 前出の都議会関係者は「総務委員会は相当厳しくやる。
13日の答弁が不十分だった場合、
翌14日も連続で総務委員会を開き、
舛添氏を徹底追及することもあり得る」と語った。
 総務委員会だけではない。
地方自治法100条に基づいて、
地方議会が設置できる百条委員会についても、
実現の可能性が出てきた。
百条委員会は、地方自治体の事務について
疑惑があった場合、関係者に記録提出や
証言を求めることができる強力な権限を持つ。
国会の証人喚問と同様、
虚偽証言には刑事罰が適用されるため、
地方議会の「伝家の宝刀」といわれている。
 都議会では05年、当時の石原慎太郎知事の側近だった
副知事が百条委員会で「偽証」認定されて、
辞職に追い込まれた。

 ここにきて、なぜ事態が急展開したのか。
 自民党ベテラン都議は「自民、公明両会派としては、
14年の都知事選で支援したため、
舛添氏の出方を慎重に見極めていた。
記者会見や所信表明など、一連の対応をみて、
『この人はダメだ』
『人格、品性、人間性の問題だ』と見限った」という。
 新聞やテレビでは、舛添氏の
「セコくて、卑しい」疑惑が連日取り上げられている。
そして、舛添氏が居座っている背景として、
「自民、公明両会派がかばっている」
「都議会のドンが続投を了承した」などと、
誤解を受けそうな報道もみられる。
夏の参院選への影響も避けられないのだ。
 自民党の宇田川聡史幹事長は、
本紙記者の
「自民党の責任は大きいという声もあるが」という問いかけに、
「あるでしょう」と即答し、続けた。
「都政の中で(自民党が疑惑追及の)責任を果たさなければならない。
(総務委員会など)都議会が持っている『権能』がある。
(百条委員会が)なじむかどうかということもあるが、
他の会派から提案されている以上、
われわれとしても、どういう形にするかは検討する」

 宇田川氏は、重要な事実も明かした。
 夕刊フジ記者が
「舛添氏から連絡があったか」と聞くと、
「1回あった。『ご迷惑をかけてます』と。
最近電話で」と答えたのだ。
 舛添氏が最大会派のトップに電話することは珍しくはないが、
自民党の“離反”を警戒している様子もうかがえた。
 自民党以上に厳しい態度に転換しつつあるのが、公明党だ。
長橋桂一幹事長は所信表明後、
「裏切られた思いだ」と吐き捨て、続けた。
 「知事の資格があるかどうかを、しっかり問わなければならない。
都民もそこを求めている。
百条委員会を設置するのか、総務委員会で審議するのか。
これから決めていきたい」
 確実に潮目が変わってきている。
後ろ盾となってきた自民、公明両会派が見捨てれば、
舛添氏が長く知事職にとどまることは困難だ。
疑惑を抱えた舛添氏を、リオデジャネイロ五輪に
派遣するという「日本の恥」も防げる。
「Xデー」が刻一刻と近付いている。
舛添知事また「公私混同」 今度は公用車で選挙応援

都知事候補に小池百合子氏浮上に森喜朗氏が「待った」
2016.06.02 2 夕刊フジ
舛添要一・東京都知事の政治資金スキャンダルで
安倍官邸は水面下で都知事選の候補者選びを進めていたが、
その中で最有力候補に浮上してきたのが
小池百合子・元防衛相だ。
安倍晋三首相も「勝てるなら小池擁立でいい」との意向だという。
だが、そこに「待った」がかかった。
 都知事候補選びに強い影響力を持つのが
東京五輪組織委員会会長の森喜朗・元首相だ。
「大の小池嫌い」で知られる。
 「小池氏は森派時代に2回も森さんに逆らっている。
森さんが反対したのに小泉内閣の環境大臣に就任し、
2008年の総裁選にも勝手に出馬した。
森さんは五輪開催地の東京都知事には
自分のコントロールできる人物を置きたい。
 たとえ安倍総理がよくても、自分に従わない小池擁立は
絶対に認めるはずがない。
小池氏がウエイトリフティング協会会長に就任した時も、
事前に聞かされていなかった森さんは
非常に不機嫌になったほど」(旧森派=細田派議員)
 安倍首相は5月20日にその森氏と料亭で会食した。
表向きはがんの手術をした森氏の
「快気祝い」という名目だったが、
手術をした昨年の3月からは1年以上経っている。
安倍側近で舛添氏批判の急先鋒で東京選出の
萩生田光一・官房副長官が同席しており、党内でも
「舛添問題と都知事選の対応が話し合われた」との見方が強い。
この会談を転機に、改めて森氏に近い
自民党東京都連会長の
石原伸晃・経済再生担当相に白羽の矢が立った。
「都連の重鎮が石原氏周辺に
都知事選出馬の意向を確認したが、
総理総裁をあきらめていない石原氏にはその気がなかった。
次にニュースキャスターの安藤優子の名前があがったが、
フジテレビ側には番組の途中降板は無理、
10月の番組改編後でないと
彼女を手放せないという事情があった」(自民党東京都連幹部)

 候補者難に陥ったのだ。
 日程的にも舛添氏のクビを切りにくい理由がある。
東京五輪の開会式は2020年7月24日。
仮に、都知事選を参院選投票日の7月10日に実施すると、
4年後の都知事改選は五輪の2週間前になってしまう。
 「それならいっそ10月まで都知事選を先送りすれば、
安藤氏の擁立の可能性が出てくるし、彼女が辞退した場合も
参院選後の内閣改造で丸川(珠代・環境相)を
閣僚から外して都知事選に立てることができる。
4年後の改選は五輪閉会後になるから選挙態勢が組みやすい。
官邸も森さんもそういう判断です」(同前)
 自民党の都合と五輪の日程を最優先した思惑の結果、
舛添氏のクビはつながろうとしている。
 ※週刊ポスト2016年6月10日号
都知事選に安倍首相「勝てるなら小池百合子氏でも」との意向
細川都知事誕生なら森喜朗・東京五輪組織委会長の“更迭”も
次期都知事に石原伸晃氏推す声 石破茂氏と甘利明氏も賛成か
舛添氏辞任表明なら小池百合子氏vs蓮舫氏で都知事選か

新都知事候補 最有力・小池百合子氏を直撃
2016.05.30 07:00 週刊ポスト
新聞・テレビは日替わりで舛添要一・東京都知事の
新たなスキャンダルを報じ、都民からは「早くヤメロ」の大合唱。
自民党内では都知事選の候補者選びが加速している。
有力候補として小池百合子・元防衛相の名前もあがっている。
 だが、東京五輪組織委員会会長の森喜朗・元首相は
「大の小池嫌い」で知られ、
自民党の候補者選びは混迷が予想される。
森氏は五輪開催地である東京都知事には、
自分がコントロールできる人物を置きたいと考え、
「小池都知事」には反対の立場を取ると見られているのだ。
 だが、これでは国民の怒りはおさまらない。
政治アナリストの伊藤惇夫氏が指摘する。
「メディアの舛添バッシングで巧妙に隠されているが、
そもそも森さんは五輪の最高責任者として
新国立競技場やエンブレム問題、招致活動をめぐる
贈賄疑惑などの責任を問われる立場です。
その森さんが自分の意に沿う人物を
都知事に据えようと
後任選びまで影響力を持っているのだとしたらおかしい。
 国民はなぜ森さんが組織委員会会長に居座っているか
疑問に感じているはずです。
だから舛添氏が辞めて都知事選に突入すれば、
その時こそどの候補が森さんを
会長から勇退させるかが
選挙の最大の争点になるのではないか」
 森氏が小池氏擁立に
反対しているといわれている件について
東京五輪組織委員会を通じて取材を申し込んだが、
「お受けできません」との返答だった。
森氏に“天敵”視されている小池氏は
この状況になんというか。直撃した。

──次の都知事候補に名前があがっている。
「いつも幻の“候補者候補”ですから。
名前が出ていじられ損ですよ(笑い)」

──森さんが小池擁立反対といわれている。
「派閥のお作法や文化には疎く、非礼を重ねたと思います。
森会長には厳しく、温かくご指導を賜っております」

──次の都知事に必要な条件は何と考えるか。

「東京五輪だけが都知事の仕事ではありません。
都民の生活と生命を守ることが第一ですが、
最優先は舛添さんが失った都政への信頼を取り戻すことでしょう」
 果たして小池氏の出番は来るのか。
※週刊ポスト2016年6月10日号


18日夜、日本・ベルギー友好150周年記念イベントの開催式で
あいさつする舛添要一東京都知事。
式典が終わると足早に会場を後にした=東京・六本木(伊東繁撮影)

2016.5.18 22:42 【舛添知事公私混同疑惑】産経ニュース
自分の資金団体に526万円寄付
東京都の舛添要一知事が代表を務めていた
新党改革比例区第4支部が平成26年1月末に解散する直前、
舛添氏の資金管理団体に計約526万円を寄付していたことが
18日、政治資金収支報告書などから分かった。
 このうち約429万円は税金が原資の政党交付金。
政党や政治団体が解散した場合、残った政党交付金は
総務相が返還を命じることができるとされており、
専門家は「解散前に駆け込みで資金を移動させたように見える。
国民の理解は得られないのではないか」と指摘している。
 第4支部の収支報告書によると、26年1月28日と31日、
資金管理団体だった「グローバルネットワーク研究会」に、
計約526万円が寄付されていた。
第4支部は舛添氏の都知事選出馬に伴う離党により解散した。
また、グローバルネットワーク研究会も26年7月末に解散し、
資金は段階的に現在の舛添氏の資金管理団体
「泰山会」に寄付されていた。
 政治資金に詳しい日本大の岩井奉信教授は
「法に抵触しないが、税金が原資であることを踏まえると、
寄付のタイミングとしては不適切と言わざるを得ない。
政治家のモラルが問われる問題だ」と話している。
…なりすまし注文 都庁に届く

舛添都知事政治団体、事務所家賃3年間
1,600万円を妻代表の会社に
政治資金の不正流用などが批判されている
東京都の舛添知事の政治団体が、事務所の家賃として、
妻が代表を務める会社に、
3年間でおよそ1,600万円を支出しているほか、
ハウスクリーニング目的の支払いもあることがわかった。
自宅の住所と妻の会社の所在地は、同一で、
あらためて説明責任が問われるとみられる。
舛添都知事の国会議員時代からの
3つの政治団体の収支報告書によると、
2012年からの3年間で、事務所賃借料などとして、
あわせておよそ1,600万円が、
「舛添政治経済研究所」に支払われている。
この会社は、舛添都知事の妻が代表を務めていて、
所在地は、都知事の自宅と同一。
このうち、2012年と2013年には、
「グローバルネットワーク研究会」から、16万1,000円が、
「新党改革比例区第四支部」から28万1,500円が、
毎月それぞれ支払われ、2つの団体の解散後の2014年4月以降は、
合計額が「泰山会」から支払われている。
このほか、2014年1月のおよそ28万円の支払いは、
ハウスクリーニング目的となっている。
2014年11月、舛添都知事は、
「契約に基づいているので、何も問題もない」と述べていた。
舛添都知事は、これまで、
「税務上のルールにのっとって処理している」との認識を示しているが、
あらためて説明責任が問われるとみられる。

舛添知事、潔くお辞めなさい!
地方自治 iRONNA編集部
東京都の舛添要一知事が政治資金からの支出を
家族旅行に充てたなどと週刊文春に報じられた問題で、
「私的な支出が誤って計上された」として返金する意向を示した。
ただ、知事職については今後も続ける考えを表明。
舛添知事、あなたも政治家なら潔くお辞めなった方が賢明だと思いますよ。
舛添氏の私的領収書処理を認める元会計責任者の男性
2016/5/14 12:49 共同通信
東京都の舛添要一知事が家族との宿泊費や私的な飲食費を、
自身が代表を務めていた政治団体の政治資金収支報告書に
計上していた問題で、会計責任者だった男性が
14日、政治資金と知事の私的な領収書の処理を
いずれも任されていたと明らかにした。
共同通信の取材に応じた。
 知事は13日の記者会見で
「会計責任者に全て任せていた。
政治資金と個人のお金、両方の領収書を処理してもらっていた」
とした上で、私的な費用を政治資金として処理したのは
「責任者に勘違いがあった。
人間なのでミスはある。だから責める気はない」と話した。
作家のなかにし礼さんは13日夜、BS日テレの
「深層NEWS」に出演し、東京都の舛添要一知事が、
政治資金を
私的に使った疑いが持たれている問題について議論した。
 下村氏は「舛添さんは人に厳しく、自分に甘いのではないか。
実際に説明ではっきりしていない部分を、
もう一度説明する(必要がある)」と指摘した。
 なかにしさんは、「国民の税金を扱っているということで、
もっと真摯しんしに受けとめてやっていただかないと、
5月11日発売の週刊文春が報じた、舛添要一・東京都知事の
政治資金規正法違反疑惑。マスコミに対し
「精査します」を繰り返していた舛添都知事が、
13日午後2時から都庁で会見を行なった。

ちなみに、会見直前に
「舛添都知事本人に“白紙領収書”」

東京都の舛添知事が家族での旅行や飲食に
政治資金を流用したとされる疑惑で、舛添氏が、
領収書を白紙で受け取っていたことが
テレビ東京の独自取材で分かりました。(略)
という独自の重大スクープを報道したテレビ東京は、
会見を中継せずに『午後のロードショー』で
映画『エクソシスト』を放送していた。ブレない。
会見で収支報告書に私的な支出が混ざっていたことを
謝罪した舛添都知事であるが、辞任は否定。

舛添要一都知事が会見 政治資金疑惑を説明
(2016年5月14日) THE PAGE(ザ・ページ)

(2016/05/13 14:00) テレ朝ニュース

「舛添都知事本人に“白紙領収書”」
東京都の舛添知事が家族での旅行や飲食に
政治資金を流用したとされる疑惑で、
舛添氏が、領収書を白紙で受け取っていたことが
テレビ東京の独自取材で分かりました。
舛添氏が代表を務めすでに解散している政治団体の
収支報告書に記載されている舛添氏の自宅近くの飲食店は、
舛添氏が家族で会食をたびたび行い、
白紙の領収書を舛添氏本人が受け取っていたことを認めました。
舛添氏は13日午前中に予定していた日程をすべてキャンセルし、
午前9時前には自宅を出ましたが、
まだ都庁には姿を見せていません。
有志による舛添告発連続パンチを期待してます!

橋下徹「舛添さん、土下座してダメだったら辞職だね。
政治資金規正法違反の疑いがあると報じられた
舛添要一東京都知事(67)に対し、元大阪市長の橋下徹(46)は
5月11日(2016年)にツイッターで
「舛添さん、ここまで来たら思いっきり謝って、
もう一度チャンスを下さいと都民にお願いするしかないね」
と語った。
土下座でもして許されなければ辞職するしかないと言い、
「国会議員だってこの程度のことはある」と話す。
「メディアは何やってんだ。政治への監視が全くできていない。
これは記者クラブ制の悪弊。
週刊文春は嫌いだが、奴らしか本気でやってない」。
東京都民には、「もうそろそろ怒ったらどうだ?
熊本地震の被災地にふるさと納税をすべきだ。
都民の税金を被災地へ移せ!」と、
政治や行政に「お灸を据える」よう呼びかけた。

ライブドアニュース
2014年11月7日 9時1分   ハーバービジネスオンライン
東京都の舛添知事 
政治資金で絵画、美術品の類896万円購入 
事務所家賃も自宅に1516万円:計2412万円の支出
2014年11月6日09時20分
舛添要一東京都知事が、
参議院議員だった平成23年と24年だけで、
自分が代表を務める政治資金管理団体と
政党支部から「調査研究費」の「資料代」と言う名目で
画廊やアートギャラリー、高級な美術書専門の古書店などから
物品896万円を購入していることが
政治資金収支報告書の記載から分かった。
さらに舛添都知事はこの2つの団体

(グローバルネットワーク研究会と新党改革比例区第4支部)と、
もう一つの政治団体「舛添要一後援会」の事務所も
自宅において、やはり自宅に作っている
「株式会社舛添政治経済研究所」へ
平成22年から24年に家賃1516万円を支払わせて
自分にキャッシュバックし、 
合計で2412万円を支出する会計処理をしていた。
(政治資金収支報告書の一部より)
以上の団体も会社も全て、
舛添氏の自宅にあるためにつまり買った美術品は全て
舛添氏の私邸においてあることになる。
なおこの自宅は世田谷区の住宅地であるため、
1516万円の家賃は高すぎるし
自分で自分と契約するのだから値段は付け放題ではないかという指摘も、
下記の阪口弁護士によりなされている。
さらに今月中には、まだ公表されていなかった
去年分の舛添氏・参議院議員時代の
政治資金収支報告書が公表されるため、
そうすると合計の美術品代などは
より多額にのぼっていたと分かる可能性がある。 
前・東京都知事の猪瀬直樹氏は5000万円の収入が原因で辞職したが、
今回はいちおうその半額ぐらいの不適切経理と思われるため
都知事を辞める相場がどれくらいかが
真面目な政治マターになる可能性がある。
このうち事務所費の家賃については、
政治資金収支報告書で気づいてからあらためて
調べたところ、今年のはじめ都知事選の時期に、
阪口徳雄弁護士がブログ取り上げていたものの
何故か大手メディアは口を閉ざしており
色々と不思議なことがあったことになる。
ちなみに対立候補として舛添氏に敗れた細川護煕氏は現在、
陶芸家の域にとどまらず屏風絵にも進出して
東大寺などから依頼を受けており
 (「私はなぜ火中の栗を拾ったのか」文藝春秋2014年3月号による) 、
いま思えば ある意味で非常にレベルの高い選挙だったと分かる。
(舛添要一氏の自宅にある

グローバルネットワーク研究会が受け取った政治資金が
地球を一周して、舛添要一邸のにある
舛添要一氏の会社に環流している記載の一部)
なお古書店の中には
いちおう希少な数万円の歴史書・政治書も扱っているところがあり、
もしその分野の本を買っていたならば
調査研究費として支出が許されるようにも
余地があるという考え方もあるが、
他の買っている物品がアートや美術書
であること等からしてやはり舛添氏本人の趣味な可能性が高い。 
あと見方によっては、
とても幅の広い美的な造形物と接することで
あらゆる事象に対する鑑識眼を養い、
政治家としての知見を得ることに繋がるため研究の一環として
許されるのだという言い分もあるかもしれないが、
そんなことを言い始めたらどんな愚行をやらかしても
「研究のため」で許されるので理屈としておかし くなると思われる。
これらの高級な古書などはマニアや物好きの需要が高いので、
その気になったら売り払って、
買ったときと同じくらいの現金に換えることもできる
いちど手に入れた非常に珍奇な
レア物をそのまま持ち続けておきたいと思うかどうかは
人の性格によるが、購入履歴や人生のキャリアなどから見ると
何かといろいろなジャンルに舛添氏は手を出しているようなので、
気変わりは早いほうかも高いかもしれない)。
(知る人ぞ知る、その筋の有名店が名を連ねる)
平成25年分の政治資金収支報告書は政治資金規正法の定めにより
今月11月の末までに公開されることになっており、
去年分で舛添氏がいくらの美術品を購入していたかが注目され、
また都知事に就任してから同じようなことをしているかどうかや
知事交際費のレシートの中身も
真面目に都議会で今後に問題とされる可能性がある
(いちおうは普通のオンライン書店からの買い物も あるので、
それはまともな本であるかもしれないが
領収書の中身によっては宮澤経産相のように、
余計スキャンダルに発展する余地もあり得る)。
*いずれも舛添要一氏が代表で自宅においていた
団体の政治資金収支報告書は、
以下のリンクにあるので誰でも確認可能である。
なお、調査研究費の中で 「その他の支出」となっているのは
一回で1万円未満の支払のため、政治資金規正法の定めに従って、
支出を受けた相手方を省いて記載してある部分である。
・平成24年の政治資金管理団体分  ・平成24年の政党支部分
・平成23年の政党支部分

検索キーワード「舛添」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2014年8月2日土曜日
都知事が、韓国の講演会でウソを言ったらしい 
・・・ とうとうリコール運動勃発? 同行記事
2014年9月10日水曜日
舛添知事 ・・・ 今度はロシアですか ・・・ 
デング熱対策をほったらかして、何してるんでしょ
2014年9月17日水曜日
竹田恒泰氏が韓国に取り込まれていたらしい 
韓国映画をベタ褒め ・・・ 舛添要一都知事が
中国側から印鑑を授受したことを「バカじゃねーの」と批判

0 件のコメント:

コメントを投稿